もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 チャリは寒いけど (逆に汗が冷えてスースー) 、お燗用の1800mlを買って来た。これでしばらくは安心。その店、去年から〝あの銘柄〟を扱うようになったのでオレにとっては更に便利。他に気になったのは「諏訪泉 阿波山田錦 Vintage 2015」とか、もはや「生酒コーナー」なんか見向きもしなかったよ (笑) 。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤Domaine Audiffred / オーディフレッド AOCブルゴーニュ「Pinot Noir」2016 




2019_2_16Audiffred9609.jpg
 ▲ある意味、マッケンよりイイ面構えをしてるのが名も無き謎の割れサラセンの色味 (焼き目) 。茨城の「株式会社シンコウ」というところが作ってる。知らん。


2019_2_16Audiffred9609b.jpg




 毎度アクセスありがとうございます。


 安物サプリのDHCじゃないよ、高級ワインの代名詞DRC (Domaine de la Romanée-Conti / ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ) の元社員が実家に戻って手掛けるワインで、これはエントリークラスの地方名アペラシオン「AOCブルゴーニュ」です。ここのドメーヌのキュヴェの中では一番安いけど、それでも3,000円以上します (ウギャー!) 。

 まだ少しだけアルゼンチンチリのピノ・ノワールが残ってるので、せっかくの機会だし、軽く味クラーヴェですね。ブラインドでmoukan1973♀に飲ませてどれを選ぶかに注目 (笑) 。



 Embed from Getty Images



 セパージュは当然「ピノ・ノワール100%」で、使用するブドウはヴォーヌ・ロマネ村内の「La Croix Blanche / レ・クロワ・ブランシュ」(0.15ha) と「Les Lutenieres / レ・リュトニエール」(0.27ha) のもの、平均樹齢は約30年とまだまだ若いです。樽熟成は約15ヶ月間。 他のキュヴェともなると、樹齢50年のヴィエイユ・ヴィーニュ (古樹) から採れたブドウを使用するので、お値段も一気に倍以上になります。



2019_2_16Audiffred9614.jpg





◤Domaine Audiffred / オーディフレッド AOCブルゴーニュ「Pinot Noir」20163,283 円)←常連は実店舗から直買いすると5%OFF

Tag Link



2019_2_16Audiffred9615.jpg



 立ち香──まずは瓶口からの1stインプレッション。あれ〜??? だいぶ想像とは違う。開けた瞬間は還元臭なのか、結構臭い (笑) 。色の濃い花びらに黒酢をかけた感じというか。若干アンモニア系の香りも取れる。なんかクセが強めにフローラルで、愛らしいフルーティネスはヌワイです。さらには漢方みたいな香りもあるんだよな。なんか粗野なスペインワインみたいだ。これ、ちょっとカビ臭いのか!?

 2時間後、グラスに入れて──わかった、つうかこれ、ウコンの香り (笑) 。あとは含むと赤紫蘇とか、ふりかけの「ゆかり®」とか。



2019_2_16Audiffre9628.jpg


 ※moukan1973♀には以下の順番でブラインド試飲させて一番好きなワインを選んでもらいます。


ドメーヌ・デ・グラス「Leyda」2017 (チリ/1,835 円)

 ♡☺♡「あ、イイ匂い。可愛らしい香り。ああ。なんかスゴいベリー系。素直な味。」←コレが一番安くて〝雑味ファイヤー〟だし、別に素直でもなんでもヌワイ。



カテナ「Alamos Selección」2016 (アルゼンチン/1,944 円)

 ♡☺♡「ん? さっきより香るなあ。こっちの方がクセがある。タンニンの先生が利いてる。さっきの方がソフトだな。ちなみにさっきのよりこっちの方が好き。」←明らかにこっちの方がクセはヌワイ。



オーディフレッド「AOCブルゴーニュ」2016 (フランス/3,283 円)

 ♡☺♡「ああ、全然違うじゃん、香りが。スゴいブドウの匂いがある。まさにブドウの匂い。逆にこれが一番安かったりするんじゃないの? どれもまあ・・・。」←ブドウの匂いなんかしない。さすがは石田純一の舌を持つ女。
 dಠಠb「決まった?

 ♡☺♡「好みを言っていい? 上から②、①、③。」
 dಠಠb「ちなみに値段の順位は分かる?

 ♡☺♡「そんなの分かるわけないじゃん (笑) 。」



2019_2_16Audiffre9620.jpg
 ▲moukan1973♀の付けた順位は「アルゼンチン」>「チリ」>「フランス」です。ある意味、金のかからない女ですね。夫婦円満の秘訣として前向きに捉えておきます。



 ♡☺♡「マジか。ブルゴーニュが3位か (笑) 。」
 dಠಠb「やっぱアンタ、マジでスティルワインに対する味覚がヤヴァイ。日本酒とシャンパーニュの当たりハズレはそこそこ分かっても、スティルワインはマジでメチャクチャ。ま、普段EXILEとかドリカムとかミスチルとか聴いてる人にNY/NJハウスを聴かせて『どれも同じ』に感じるのと同じ理屈なんじゃねーの (笑) ? マニアというのは僅かな違いを大きな違いとして認識する人間のことを言うんだと思うし。」

 ♡☺♡「でも、そこは好みもあるじゃん!
 dಠಠb「残念ながらそういう問題じゃない。ワインそのものの出来の良さやブドウのポテンシャルは好みとは関係ない。」──さしものブス専だって、自分の好きな女がブスであることや、その痘痕 (あばた) がエクボじゃないことくらい、ちゃんと分かってる。



2019_2_16Audiffre9630.jpg



 香りは微妙だけど、実は含むとさほど気にならない。むしろ透明感とミネラルの抜け感は他の2本とは次元が違う。まさに部屋の隅々まで明るく照らす「光の酸」ですね。そして遂にわかった、この香り!!!

 dಠಠb「これ、ビタミン錠剤とかアリナミン錠剤とかキューピーコーワ錠剤とかの香りじゃん (笑) ! ある種の硫黄っぽさというか、くぐもった黄色い粉というか。」
 ♡☺♡「アハハ。言われると確かに。アンタの鼻ヤバイよ (笑) 。」

 これもある種のブルゴーニュらしいミネラル感なんだろうよ。そして広がるバラの石鹸のアロマ (笑) 。食事に合うのはアルゼンチンだし、日々カジュアルに飲むならオレもコレをチョイスする。格上なのは認めるけど、ブルゴーニュは酒単体でじっくりやる系だわな。

 ♡☺♡「チリはマズイ。やっぱブルゴーニュ旨いな (笑) 。」
 d++b「・・・・・。」


moukan1972♂moukan1973






ブルゴーニュ赤 ヴォーヌ・ロマネ

Comment

Add your comment