もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 今季の「山鷹 (山廃の菊鷹) 」は軽く仕上がってるヤツが多そうな予感。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤篠峯 - 純米 雄町66 山廃仕込 生原酒 29BY <奈良> ── dಠಠb「チヨメン6組の〝たおやか〟担当」#Fruity/Clear/Well-Cured 




shinomine_yamahai_omachi29by1.jpg
 ▲ (自分で作った方が綾瀬はるかに旨いから) なかなか食べる機会のないレトルトカレー。早く消化しなきゃ。



 基本、自画自賛する人は大好きです──無闇に謙遜するヤツは逆に信用できない (本心を掴みきれないから途中から話がどうでもよくなる) ──、篠峯 (しのみね) の、隠れ生熟酒山廃雄町66」です。実は常温保存から冷蔵庫に戻して、しかも、珍しく先にTOPの写真まで撮っておいて〝いつでも飲める状態〟にしておいたら、何の前触れもなく堺杜氏から「早く飲めや、コノヤロウ!」──※実際には「29BYの山廃雄町の出番が中々ないようですが、是非ブログの登場お待ちしております。」──というメッセージを頂いたので (笑) 、その日に開けました。

 28BYに初登場した商品ですが、29BYは予め「蔵熟を経てからの秋の出荷」がアナウンスされており、それなりに注目してましたが、思っていた以上に柔らかく愛らしい味わいで、少し意表を突かれました。 (あまり「チヨメン6組」っぽくはないけれど) 素直に旨い酒です



shinomine_yamahai_omachi29by2.jpg
 bottle size:720ml





【745】篠峯 -しのみね- 山廃 純米 雄町 無濾過生原酒 29BY <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:赤磐産雄町/66%
▪︎酵母:協会6号
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+7/2.4/1.0 ←別に全然「辛く」ヌワイ
▪︎ALC:17%
▪︎処理:山廃仕込生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2018年9月 (※蔵熟後、秋に出荷。)
▪︎管理状況:2018/12/3に購入、常温 (15-18℃) で管理。飲む2週間前に冷蔵庫に移動。
▪︎試飲日時:2019年2月7日 (木) / 伊勢錦うすにごりの次に2本目として開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




shinomine_yamahai_omachi29by3.jpg



 立ち香──思ってたより愛らしい乳酸。若干のヨード感 (海藻系のヌメり) 。全体にはクワナリ穏やかでクセのない香り。グラスに注ぐとナタデココや寒天的なテクスチャーのヒントも。これはオレの好物なので大歓迎です。

 これまた、いいかも──。

 旨いです。オレが常温 (15-18℃) で約2ヶ月ほど追熟させたこともあるけど、液性がスゲえ柔らかいのと、後は捌けと口どけが凄まじく流麗。あんまチヨメン6組っぽいキャラ (篠酢) はないし、それこそ「山廃」っぽさすらオレにはあまり感じられないけれど──もっと言えば「篠峯」っぽさまでもそれほど強くは感じないけれど、素直に単純にハイグレードな日本酒ですね。なるほど、これなら自画自賛するもアリですね (笑) 。そういや、珍しくガスは〝ほぼ〟ヌワイな──ま、そんなもんはオマケなのでどうでもいいけど。

 なんだろうなあ。ここまで優しく、そして〝たおやか〟なチヨメンはちょっと記憶にないかも (笑) 。むしろ甘いとすら感じるんだけど、決してその甘みを酸が暴力的に潰すわけでもなく、なんかちょっとした温度でサラっと溶けてしまうアイスクリームのような時間表現でホロっとほどけちゃう感じ。



shinomine_yamahai_omachi29by4.jpg

shinomine_yamahai_omachi29by5.jpg
 ▲僅かにガスの粒子。



 ワイングラス──。

 まるで「黒澤 直汲みイエロー」をしなやかにしたようなニュアンス。清楚ですねえ。このワイングラスだと酸も直線的にスっと入って来るので、この酒のポテンシャルや表情を正確に表現しますね。旨みが筋肉質になりつつも、キビキビとしたフルーティネスも、よりビビッドに。

 旨みのプロポーションに女性的で柔らかな肉感もありつつ、まるでシュガーレスな甘みがそこと癒着することなく、スルりと抜け落ちるニュアンスに、他のチヨメンとの違いを感じる。まさに〝ふんわり〟と〝たおやか〟な仕上がり。

 常温くらいになると、キッチリ山廃っぽさが全開になりますね。それでもチヨメン6組的な、ある種モード系の化粧っ気やスタイリングはなく──これの極端な例が29BYの「Blanc」という認識──、どこまでも愛らしい味わい。ま、こういう表情が通例の6号酵母的ではあるのかな。白いキャラメルというか甘酸っぱいイチゴゼリーというか。





── 2日目。

shinomine_yamahai_omachi29by6.jpg
 ▲やや唐突気味に山形風の「芋煮」を作ってみた。問題なく旨いです。



 土曜にmoukan1973♀に飲ませnightイケないので、軽くね。

 なんか酸が立って元気になっちゃったなあ (笑) 。しかし何と言っても、このヨード感ですね。旨みの歯ごたえがナタデココというか、寒天というか。

 それと、このヨード感の奥に、エキスへの色づけとして、珍しく微かにカプロン酸エチル系の芳香が出てます。分かりやすい例で言うと「雪の茅舎」ライクというか、やや洋ナシ系のエキス感というか。これが山廃的な乳酸と結びつくと、イチゴゼリーっぽいニュアンスも。一連のやり取りの中で、堺杜氏は「割りと分かりやすく美味しいと思います!」とか「素性の良いお酒かなとは思っておりました。」とか言ってましたね。

 29BYのチヨメン雄町は、全体に「少し煮詰めた」ようなニュアンスの甘塩っぱさがあって、そこに木香ライクな渋みがコネクトすると重さや硬さを感じるケースもあったんだけど、この「山廃」だけは少し異質な仕上がり。28BYも「煮詰り」や「干物っぽい閉じこもり」があったんだけど、そこからもまた違う方向性。個人的な興味で言えば、30BYの「旭興 雄町 五割磨き 生原酒」なんかをコレと並べて味クラーヴェしてみたいかな。





── 3日目。

shinomine_yamahai_omachi29by7.jpg



 ♡☺♡「ナニこのクリア感。旨い!

 もう少し熟れ茶けた表情があってもいいので、タイミングが合えばリピートして追熟させてもいい。今のところ、特に邪魔な熟香や熟味は育ってないです。やや生老ねライクなヨード感 (ボンタン飴までは行ってない) もあって、これを苦手とする人も多いようだけど、そのくせ派手でケバい吟醸香は好きとか、オレにはまるで理解できん。


moukan1972♂






日本酒 生酛 山廃 雄町 on_list_excellent

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん

ま、読者さんの試飲&ストック状況を本人より僕の方が正確に把握しているのがうちのブログの醍醐味ですので、別に気にしないで下さい (笑) 。

「純大 生酛」の新酒コンディションは味も素っ気もなかったので、寝かせているのなら、それは幸いです。割りと細マッチョに筋肉質だとは思いますが、重いとか、そういうのはヌワイと思います。



2019.02.12 Tue 22:18
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

あれれ?あ、ああ!呑んでました!思い出しました(笑)
確かにちょっと堅くて寝かせ甲斐がある感触でした。美味しかったようで何よりです(笑)

このお酒は我が家にはもうないんですが、生酛 純大はまだ寝かせてます。

棚卸しをしないと在庫が分からないくらいに買い過ぎていて(笑)
2019.02.12 Tue 22:13
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──このお酒はノーマークでした。

は? ご冗談を。めいさん、先に飲んでるはずですが (笑) ?

http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-657.html#comment3907


というより、そもそも僕は、めいさんの「うっかり開けちゃいましたが、吞み頃はもう少し先立ったかも知れません。」というコメントを参考に「常温追熟」に踏み切ったわけですが。。


旭興 雄町」の30BY、もう出てるんですか。それなら拾いに行きますかね。

旭興 特別純米 直汲無濾過生原酒 ひとごこちver」──これは多分どうでもいい酒だと思います。


2019.02.12 Tue 21:56
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今夜はお伝えするほどでないお酒を買ってしまった反省をしているところです(笑)

このお酒はノーマークでした。ただ、文章中に一昨日届いたばっかりの「旭興 純吟 雄町 磨き五割 無濾過生原酒」が出てきてびっくりしました(笑)

大阪の黒澤・篠峯・旭興を同梱できるという全国でも稀な酒屋さんから「旭興 特別純米 直汲無濾過生原酒 ひとごこちver」「旭興 純米吟醸 醴もと 無濾過生原酒(29BYは美味しゅうございました)」と同梱して届いたのでした。

「米鶴 辛口純米 超しぼりたて 生」も日本一日本酒が充実している、かのコンビニから無事届き、どれから開けたものか、口角が上がっております(笑)
2019.02.12 Tue 21:22
Edit | Reply |  

Add your comment