もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 チャリは寒いけど (逆に汗が冷えてスースー) 、お燗用の1800mlを買って来た。これでしばらくは安心。その店、去年から〝あの銘柄〟を扱うようになったのでオレにとっては更に便利。他に気になったのは「諏訪泉 阿波山田錦 Vintage 2015」とか、もはや「生酒コーナー」なんか見向きもしなかったよ (笑) 。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤Pierre Callot (ピエール・カロ) AOC Champagne Brut「Millésime 2009」“Les Avats” Vigne Anciennes (Vigne Vierge) Grand Cru Avize 2本目! 




2019_2_2Pierre_Callot9020.jpg




 毎度アクセスありがとうございます。


 Pierre Callot / ピエール・カロはコート・デ・ブランのアヴィーズのRMで、今でもボランジェにシャルドネの栽培を区画単位で任されているほどの実力者。ブドウ栽培家としてアヴィーズ村に定住したのは1784年で、自ら瓶詰めを始めた──レコルタン・マニピュランになったのは1955年。グラン・クリュ100%の上質NVブラン・ド・ブランが4,000円ちょいで買える数少ないドメーヌ。



Cote_des_Blancs_Avize.jpg



 この2009は2本目です。2017年の8月に飲んだ1本目はまだまだ細くて薄かったけど、あれから約1年半、同じ店でリピートした2本目は、自家熟成を経て、大満足の1本に仕上がってました



ピエール_カロ1




 このサイトによると、グラン・クリュのNVはアヴィーズとクラマンのシャルドネ100%で、リザーヴ・ワイン (秘伝のタレ=蔵が大切にストックしてきたブレンド用の熟成ワイン) を34%も注入しているの対し、当然このミレジメは2009年のブドウのみ、しかもアヴィーズにある0.4haのリュー・ディ (命名畑) 「Les Avats / レ・ザヴァ」に1952年に植樹された古樹 (Vignes Anciennes=Vieilles Vignes) のシャルドネ100%で造られたということで、土壌から養分をオッパイ吸い上げた濃厚エキスフルなキュヴェになってます。




2019_2_2Pierre_Callot9034.jpg





◤Pierre Callot / ピエール・カロ ブリュット「Les Avats / レ・ザヴァ」ヴィーニュ・アンシエンヌ (ヴィエイユ・ヴィーニュ) アヴィーズ グラン・クリュ ミレジメ 20095,378 円

Tag Link



2019_2_2Pierre_Callot8958.jpg
 ▲佐藤仁美にだって初々しい時代はあったさ──ビジュアルはあんま変わってないけど (笑) 。



 立ち香──清く正しくシャルドネ林檎。少し焦げたアップルパイのような、まるで鼻毛も笑い出す、こそばゆくも心地良いアロマ。ナッツな熟香もあるにはあるが、まだまだフレッシュな表情もある。

 間違いヌワイ──。

 ♡☺♡「旨いっ!!! 結局シャンが一番ウマひ。」
 dಠಠb「コノスルの約5倍の値段 (笑) 。」



2019_2_2Pierre_Callot8964.jpg



 こりゃAY (ええわい) 。1本目では正しく感じられなかった古樹由来のエキス感がオッパイスッパイ溢れてます。もはや泡力は大人しめに弱体化してるけど、ワイン本体に美しく溶け込んだそれは、目を潤ませるほどにキメ細かく、まるで舌の表面を羽毛で撫でられたかのようにベルベッティー。

 アヴィーズらしい塩気豊かなミネラル感が濃醇ファイヤーな果実味を優しくも力強く抱き締める様は「今オレたちはコート・デ・ブランのブラン・ド・ブランを飲んでいるんだ!」という底なしの充実感を容赦なく突きつけて来る。温度が上がると、これまたアヴィーズらしいオイリーな撓み (たわみ) のある液性が、その高い粘性を引き連れて、舌全体にドロリとしたテクスチャーを纏わせつつ、蠱惑のフルーティネスでそれらを包み込む。

 ♡☺♡「ナニコレ。超旨い、超旨い!

 現行ヴィンテージは既に「2011」に移行してるので、もう「2009」は簡単には買えないけど、どこかで見かけたら是非。後悔はさせません。







 同じアヴィーズのRMの2009比較で言うと、やはりFranck Bonville / フランク・ボンヴィルは黄昏リッチな焦げた熟味が明確に前に出てます。そういう意味で、ピエール・カロはフルーティー&ジューシイな若々しい表情を保ったまま熟成してます。

 たしかに5,378円は決して安くはヌワイ。それでもオレは同じ値段の日本酒は怖くて買えない。その点、シャンパーニュは商品選びさえ慎重であれば、まずハズさないので、やはり伝統が培った技術と品質には紛うことなき信頼感がある。

 いや、ホント、コレ旨過ぎなサンジュリアンさんアリガチュウ (笑) 。


moukan1972♂moukan1973






コート・デ・ブラン Pierre_Callot シャンパン シャンパーニュ Champagne

Comment

Add your comment