もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤あたごのまつ (愛宕の松) - 純米吟醸「ささら」おりがらみ生酒 30BY <宮城> #Nigori 




atagonomatsu_sasara30by1.jpg
 ▲「生酒」は「軽快なめらかタイプ」だそうです。最近よく日本酒関連の特集をテレビで観るんだけど、もしかして今、日本酒ブームなの (笑) ?



atagonomatsu_sasara30by2b.jpg 別にそんなに嫌いなワケでもない、あたごのまつです。むしろ「伯楽星」よりも飲んでる。とはイエイ、たぶん生酒ジャンルは初めてかも。ま、今季は本格的に「ハクラー (伯楽星を飲む人) 」デビューしチャオっかなー。

 宮城地酒そのものも実はそんなに相性悪くはヌワイです。基本的には淡麗でキリっとした辛みを感じる酒が多いように思うけど──宮城酵母 (=浦霞酵母=元・協会12号酵母) は7号酵母に通じる何かを感じる──、そのくせ清楚にフルーティーだったしするし。ただ、生酒はどうでしょうか。なんとなーく喉ティンコファイヤーなイメージがあるんだけど、さっそくこれから飲んでみたいと思います──久々に先に前説を書いてる。



atagonomatsu_sasara30by2.jpg
 bottle size:720ml





【739】愛宕の松 -あたごのまつ- 純米吟醸 「ささら」おりがらみ生酒 30BY <宮城>

株式会社 新澤醸造店 (by 中村酒店) :http://www.nakamurasaketen.com


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:富山県産 五百万石 一等米/55% (※2ndロットは蔵の華。)
▪︎酵母:宮城酵母
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+4/1.6/─
▪︎ALC:16%
▪︎処理:おりがらみ生
▪︎酒造年度/出荷日:H30BY/2019年1月
▪︎管理状況:2019/1/14に着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2019年1月30日 (水) /1本目に開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




atagonomatsu_sasara30by3.jpg




 立ち香──イイ感じに匂わん (笑) 。まるで静岡吟醸が何も喋らなくなってしまったかのような静かな吟香。ややハッカ系の、この浮き気味なアル感は想定内。

 うっすら粉苦く退けは喉ティンコファイヤーなのでしょうか?──。

 思ったよりギュインと味が出てます。割りとデロっと粘性のある甘みで、かつニュルニュルした旨みの立体。舌先に微かなガス感。そこまでキレ良くスパっと辛みが駆け上がる流れはなく、何となく甘みがスローテンポにホドけて、口に含んだ瞬間ほどには味の情報量を感じることもなく、そこそこな口どけを成し遂げます。



atagonomatsu_sasara30by4.jpg
 ▲高橋一生のことが明らかにどうでもいい雰囲気を醸し出す川口春奈 (笑) 。♡☺♡「アタシ、このコ嫌いじゃないよ。」──だそうです。



 ま、普通に「良酒」という感じですかね。別にイヤじゃないです──少なくとも香りにクドケバ (クドさ&ケバさ) はないもの。「もうちょい味としての酸っぱさがあればなあ」とは思うけど、元々これはこういう酒なんでしょ?

 特に何かが際立つような酒質でもないので、これを「個性がない」とする向きもあるだろうけど、オレに言わせれば、単に似合わない服を着て悪目立ちしてる、まるで勘違いな (実は) 個性 (でもなんでもない痛々しい凡庸さ) を剥き出しにしてるだけの田舎者みたいな酒ばかりであることを思えば、別にこれはこれでいいよ。



atagonomatsu_sasara30by5.jpg



 おりがらみ──。

 バナメロ (バナナ&メロン) が膨らみますね。ただ、渋み (柑橘系の苦みに寄せる酸の到来) が増して酸の出番が増えるので、珍しくオレとしてもこっちの方がいいかな (笑) 。余韻が短くなるので、味わいに集中力が増して逆にジューシイ。それでもオレには〝やや砂糖甘い〟んだよな──西條鶴よりはマシだけど。とはイエイ、この時期の似たような商品設計の「静岡吟醸 (正雪 別撰 山影純悦 うすにごり生 藍ラベル) 」よりはマシかな。

 しかしこれ、結構酔うな (笑) 。少し割り水したらバランスが良くなった。この手の酒はALC.度数を下げることで酸がキビキビする (酒質が若返る) ケースが多いので、是非お試しあれ。蔵元なんか、別に所詮は 飲みの素人 ですから。たとえば「カルピスの製造責任者」がカルピスの飲み方について誰よりも熟知してると言えるわけ?──それとこれとは話が別じゃん。

「自由」とは「リスク」のことだけど、別に買って来た酒を人知れず家で飲むだけの話。過度に蔵元を奉る必要はヌワイ。連中ってば、信じられないくらいホント何もわかってないから (笑) 。


moukan1972♂






日本酒 愛宕の松 伯楽星 not_on_list_good

Comment

Add your comment