もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 日本酒を飲んで心底「面白い」と思ったのは久しぶりかも。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤井筒長 (黒澤) - 純米吟醸 (速醸) 自社栽培米ひとごこち 直汲み生原酒 30BY<長野> ── dಠಠb「安定感バツグンな早飲みタイプの速醸酒!」#Fresh/Fruity 




izutsuchou_jikagumi30by1_1.jpg
izutsuchou_jikagumi30by1_2b.jpg



 意外に売ってない井筒長 (いづつちょう) の直汲み生原酒です。「井筒長」は黒澤酒造の地場ブランドですね。直売所のネエちゃんの話だと、これの普通酒が「地元のオジ様たちに人気です ♡」だそう。

 29BYとの比較で言うと、そこまで大きなブレはないものの──ブラインドで飲んでもピタリと当てられるレベル──、それでも相対的に味はより出てるとは思います。去年より早い時期に開けてるので、これが新酒ならではの〝味の暴れ〟なのか〝単なる情報量〟なのかは少し判断に困るけど、いずれにせよ、あまり長く持つことは薦めません。5℃以下の冷蔵管理なら、どんなに遅くとも桜が散る頃までには開けてしまった方がいいでしょう



izutsuchou_jikagumi30by1_2.jpg
 bottle size:720ml





【734】井筒長 (黒澤) -いづつちょう- 純米吟醸 (速醸) 自社栽培米ひとごこち 直汲み生原酒 30BY <長野>

黒澤酒造 株式会社:http://www.kurosawa.biz


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:長野県佐久穂産 自社栽培 ひとごこち/麹55%・掛59%
▪︎酵母:14号 (※正式アナウンス無しなので真偽不明。)
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:非公開 (※+1〜2/1.6〜1.7/0.9のイメージ。)
▪︎ALC:18%
▪︎処理:直汲み生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H30BY/2018年12月
▪︎管理状況:2018/12/30着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2019年1月20日 (日) /1本目に開栓。
▪︎特記事項速醸です。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




izutsuchou_jikagumi30by1_3.jpg



 立ち香──dಠಠb「Niceセメダイン。」♡☺♡「Goodセメダイン。」マスカット的な甘やかさも感じるし、液性に豊かな粘度のヒント。これはおそらく、すでに味がしっかり出てそう。ある種の7号酵母的なテカりもあるんだけど、そこまでツンとした酸の張りや、粉っぽい苦みのヒントはヌワイ。

 問題ないでしょう──。

 ♡☺♡「旨いっ。ヤバイ。ブドウ来た。あああ、結構味出てる。超絶ジューシー。ボキャ貧のアタシが頑張って表現すると〝ダレない甘み〟がいい。ブドウだよブドウ、なぜか。米なのに。見た目の田舎臭いラベルに比してホント洗練されてる (笑)。」



izutsuchou_jikagumi30by1_4.jpg



 輝けるセメダイン酒 (笑) ──とはイエイ、そこまでギラギラもしてないんだけど。ガスは僅か。あらばしり的なテクスチャーでクリアな液性ではあるが、らしいミネラル感はしっかり。去年より旨みのボディサイズが一回り大きいような気がするので、あまり育てても真価を発揮しないだろうね。

 赤い果実を感じるには少し酸が柔らかいのと、すでにグラマラスに味が出てるので、ややシロップ的な甘み。この時期の「生酛の黒澤」が「茹でる前の麺」だとすれば、速醸のコレはもう、すでに「茹で上がった麺」のようなもの。

 そうね、酒そのもののレベル (出来の良さ) は「米鶴 辛口純米 超しぼりたて生」の方が上だけど、甘みと味がしっかり出てるのはコチラなので、そこは飲み手の感性との噛み合わせにも依るでしょう。





── 2日目。

izutsuchou_jikagumi30by1_5.jpg



 ぐいぐい味が出てきたな (笑) 。最後がドスンと苦いけど、基本的にはキャンディーのような光沢感のある甘みがデロんと絡みつくテクスチャー。まあ、早飲みタイプの速醸新酒としては十分な完成度。とはイエイ、この酒は初日で飲み切った方がいいだろうね。

 少しギスギスした暴れを液に感じるので、酸の力でこれらが内へ向かって収斂すること──「茹で上がった麺」を冷水で締めるような効果──に期待して、飲み頃は2月中旬〜3月初旬頃と予想。冷蔵組は少なくとも桜が散る頃までには消化した方がいいだろうね。気長な氷温組はロックで夏酒なんてのもアリ。

 他、質問あればどうぞ。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 黒澤 on_list_good 井筒長

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──いやー、美味いですね。香りも落ち着いていて、速醸とは思えぬ軽さ、入手するのに苦労したことを思うと報われた気分です。日本酒愛好家の99%はこのお酒を知らないと思いますが、mouokanさんのおかげさまで味わえて大感謝です。

これはこれでイイですが、同じ組の酒であれば「米鶴 辛口純米」の方が出来は上なので、これが気に入れば是非。


──美味しい煎餅でも差しあげたい気分です(笑)

100〜250円で済みます (笑) 。


2019.02.02 Sat 22:03
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今夜はこのお酒を呑んでます。
昨日、飲み足りなかったので酔いに任せて開けてはみたものの、当然真っ当な感受性を失っていたので今日は楽しみでした。

いやー、美味いですね。香りも落ち着いていて、速醸とは思えぬ軽さ、入手するのに苦労したことを思うと報われた気分です。

日本酒愛好家の99%はこのお酒を知らないと思いますが、mouokanさんのおかげさまで味わえて大感謝です。

美味しい煎餅でも差しあげたい気分です(笑)
2019.02.02 Sat 20:11
Edit | Reply |  

Add your comment