◤Schuchmann / シュフマン「SAAMO / サーモ」ムツヴァネ ホワイト・ドライ (クヴェヴリ) 2014 




2019_1_19Schuchmann8057.jpg




 毎度アクセスありがとうございます。


 何年か前、moukan1973♀が父親と一緒にロシアを旅行した時に飲んで、♡☺♡「グルジアワイン旨い!」と言ってたので、ようやく先日3本ほどお取り寄せ。今は国名が「ジョージア」に変わってます。

 旧グルジアは「ワイン発祥の地」としても知られ、なんと8,000年以上も前からワインが飲まれていたんだとか。中でも特に有名なのが「クヴェヴリ」と呼ばれる素焼きの壷に潰したブドウを入れて発酵・熟成させるスタイルで、これを白ブドウ品種で行うと、今で言う「オレンジワイン」や「スキンコンタクト (マセラシオン) 系の白ワイン」のような味わいになるんだとか。




 photo: ジョージアワイン専門店 KAKUIDA WINE




グルジアワインの酷造方法「Qvevri (クヴェヴリ) 」製法

 世界3大長寿国のひとつ、グルジア。大陸性気候に恵まれ、「ぶどうのルーツ」とも言われるところ。この地で生まれたワインの歴史は紀元前8000年までさかのぼる。シルクロードの西の端、コーカスの山から湧き出たミネラルウォーターで育った世界最古のブドウの原種からワインが誕生した。最古から受け継がれてきたグルジアのワイン酷造方法で最も鍵となるのが「Qvevri(クヴェヴリ)」と呼ばれる大型の壺である。

 このクヴェヴリ製法とは、ブドウを壺の中で(この壺の内側はオーガニックの蜜蝋でコーティングされていてる)発酵させるのだが、さらに壺を地中に埋めることで一定の適温での発酵が実現されるという。この製法こそがワイン作りの起源になったのだが、今なお行っているのは唯一グルジアだけ。樽での発酵では絶対に生まれない豊かな果実感を持った身体に優しいワインが出来上がる。タンニンも豊富に含まれており、活性酸素をも抑制する効果も持つ健康にも良いワインだ。完全な手作りだからこその無添加で個性的なワインの仕上がり。まさに歴史と伝統、品質の良さ、酷造技術、3拍子そろった本物のワインの味わいを生み出す壺なのである。

出典




 面白いのは、このワインを輸入しているのがナゼカ「福山黒酢」という会社で、なんでも「ジョージア (グルジア) ワインの壷造り製法は、ユネスコの無形文化遺産に登録されています。壷の中で発酵・熟成が進み、ワインが出来上がるというこの神秘的な製法は、弊社の壷仕込みの黒酢造りに通ずるものがあり、学ぶところも多く、興味を抱きました。」ということでジョージア産のワインに特化してワインの輸入をしてるようです。



2019_1_19Schuchmann8062.jpg





◤Schuchmann / シュフマン「SAAMO / サーモ」ムツヴァネ ホワイト・ドライ (クヴェヴリ) 20142,754 円

Tag Link



2019_1_19Schuchmann8072.jpg



 前回はこのワイナリーの普通の白を飲んだけど、今回は倍以上の値段のするオレンジワインをいただきます。

 ちなみに「オレンジワイン」という言葉に厳密な定義はヌワイです。平たく言えば「白ブドウで醸したロゼ」みたいなものだけど、たとえば「スキンコンタクト (マセラシオン・ぺリキュレール) 」を施したボルドー白などはそこそこ色がオレンジなケースも散見されるけど必ずしも「オレンジワイン」とは呼ばれないし、白品種と黒品種の中間とも言える「Gris (グリ=灰色) 品種」を使った少し色の濃い白ワインは「オレンジワイン」と呼ばれたり呼ばれなかったりもするけど、それも「どこからがオレンジで、どこからが白」なのかの厳密な線引きはヌワイです。[グリ品種のオレンジ寄りの白

 立ち香──スモーキーな、やや曇り気味の自然派ワイン (笑) 。グラスに注ぐと自然派ワイン的な根菜系のアロマ。漢方というか紹興酒というかお茶というか。

 ♡☺♡「紹興酒みたい。香りに比してスッキリしてる。なかなか良いです。」



2019_1_19Schuchmann8081.jpg



 干し杏をつまみながら焙じ茶を飲んでるみたい (笑) 。一連の「自然派ワイン」とは異なり、日本酒で言う〝火入れ感〟があるので不自然さは感じない。なんか酵母無添加の「山廃」や「生酛」みたいなカロリーオフ感。結構な厳しめのタンニンの先生だけど、余韻には上等なお茶のような自然な甘みもあるんだよな。

 ♡☺♡「まあなんか、思ったよりスッキリしてて薄いっちゃ薄いけど、これはこれかな。嫌いじゃない。ノーストレス。軽くていい。次のシャンに向けての程良い準備体操 (笑) 。」

 酒単体で飲んでどうのこうのではなく──そのへんも「紹興酒」的ではあるけれど──、まさに「お茶」的な距離感で食事に接するタイプのワインですね。まあ、面白いっちゃ面白いし、一連の「不自然派」よりはコチラ側の酒。「木戸泉」の「Afrugeシリーズ」あたりが好きな人なら普通に飲めると思うし、むしろコレを飲めば「Afruge」が如何に普通の酒かがよく分かると思います。実はコレもシレっと26BY (2014) だし、日本酒換算で言えばゴリゴリに熟感あるしね (笑) 。


moukan1972♂moukan1973






グルジア Schuchmann オレンジワイン

Comment

Add your comment