もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤深夜の1曲♪【DEEP HOUSE】Kim Beacham - True Love (4 A.M. Deep Dub/1993) #Austin Bascon/Abacus 

genre tag:INST/DUB HOUSE, DEEP HOUSE, TECHNO
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎昨日のつづき。Abacusの過去作でスゲえ好きなヤツ、ありました。まさかココで繋がるとは。ただし、こちらの名義はAustin Bascomです。111 East Records (ワン・イレブン・イースト) はJames Brattonが主宰していた、1991〜1993年という短い期間ながら初期90'sのトラッドなNY/NJハウスの正しいシルエットを伝えていた貴重なレーベルで、中でも「Redd - Mr. Right」はこの時代のこのレーベルだけが体現できた奇跡の美メロ。当時はTony Humphriesもヘヴィープレイしてましたね。さて、この「4 A.M. Deep Dub」はそんな111 East Recordsとはまるで関係のない、かなりエキセントリックかつアヴァンギャルドなChicagoサウンドに仕上がってます。本人的にも自信作なのか、以前に紹介した「The Foot Therapy EP」にも実は別名義 (リメイク?) で収録されてます。











 ▶︎4 A.M. Deep Dub
 

 ▶︎Abacus - Come On (1995) ←ほとんど↑コレと同じ (笑) 。
 

 ▶︎Redd - Mr. Right (1992)
 

 ▶︎Austin Bascon (Abacus)
music_Austin_Bascom_Abacus_Axus1.jpg


DEEP_HOUSE INST_HOUSE TECHNO

Comment

Add your comment