もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤Bodegas Pedro Escudero / ボデガス・ペドロ・エクスデーロ VTカスティーリャ・イ・レオン「Fuente Milano / フエンテ・ミラノ」ヴェルデホ 2014 




2019_1_6Pedro_Escudero7448.jpg






 毎度アクセスありがとうございます。


 スペインはカスティーリャ・イ・レオン (Castilla y León) 州の「ルエダ」のワイナリーだけど、格付けは「DOルエダ」ではなく、より広域の「VTカスティーリャ・イ・レオン」になってます。エチケット (ラベル) を見るなり、moukan1973♀が、♡☺♡「自然派!?」と訝りましたが (笑) 、事実そういう括りで取り扱ってるショップもあり、厳密な線引きは難しいんですが、①値段が1,000円台であること②味わいが不自然ではヌワイこと──以上のことから、ココでは「自然派ワイン」には分類してません。逆に言えば、日頃3,000円前後の「自然派ワイン」を好んで嗜んでる人にとっては、もう一つ何かが足りない印象を受ける思います。

 セパージュはルエダの伝統品種ヴェルデホ100%ながら、マセラシオン (スキンコンタクト) を施したワイン、プレスワイン (シャンパーニュにおける「タイユ (二番搾り) 」、日本酒における「責め」のような部分) 、樽熟ワイン、 残糖のあるワインの4種類をアッサンブラージュするという、値段の割りに少し手の込んだ醸造方法を採用してます。
 



2019_1_6Pedro_Escudero7543.jpg





◤Bodegas Pedro Escudero / ボデガス・ペドロ・エクスデーロ VTカスティーリャ・イ・レオン「Fuente Milano / フエンテ・ミラノ」ヴェルデホ 20141,728 円

Tag Link



2019_1_6Pedro_Escudero7456.jpg



 開いてるワインだけじゃ足りなそうだったから何の気なしに開けたんだけど、これ、そこそこオモロイです。まるで甘い緑茶のような味わい (笑) 。とても透明感のあるアタックの少ない液性で「旨み」より「コク」で飲ませるタイプの白。我々としては酸に魅力の感じるワインではないものの、この値段なら大いにアリです。

 ♡☺♡「ナニコレ? 面白ぉ〜い!

 自然派的なアプローチも奥で感じつつ、全体としてはノーマルなスティルワインですね。オレンジワインっぽいニュアンスもそんなに強くはないし、基本的にはクリアかつチャーミングな軽い白。女子ウケ抜群系だけど、中年のオッサンとしても悪くない感じ。なんかスイスイ飲んじゃったな。ギラギラしてないトロピカルネスが程良い。

 日本酒で言うと「笑四季」とか、あんな感じの立ち位置?


moukan1972♂moukan1973






Pedro_Escudero スペイン白 ルエダ

Comment

Add your comment