◤Domaine Valerie & Philippe Jeannot / ヴァレリー&フィリップ・ジャノ AOC Santenay / サントネイ 1er Cru「Passetemps / パスタン」2016 




賭ケグルイ浜辺美波
 ▲ドラマ『賭ケグルイ』のシーズン1は深夜1時半のオンエアで、しかも東京&関西ローカルだったので平均視聴率が1.1%だったけど (笑) 、さすがにシーズン2は状況が変わるのだろうか。[劇場版・特報


Philippe_Jeannot.jpg




 毎度アクセスありがとうございます。


 前回、同ワイナリーの、味の薄っすぅ〜〜〜〜〜い地域名アペラシオン (AOCブルゴーニュ) のキュヴェを飲んだけど、プルミエ・クリュの「サントネイ」も同梱してました。ちょうど最近、同じ村名アペラシオンのパトリック・クレルジェの1999も開けたので、その流れで。

 結論から言うと、シャンパーニュと比べて、そこまでの〝お得感〟はないものの──全く同じ値段でフィリポナのNVが送料無料で買えるわけだし、もしもタダで貰えるなら当然フィリポナを頂くわけだけど──、どうせ口に入れるなら、まあ、このへんのレベルがスタートラインという気はしました。つまり、仮にそれがどんなに安くても、これ以下のブルゴーニュ・ルージュ (ピノ・ノワール) は口に入れたくはヌワイという感じです。開けたのは1月3日で今は1月8日になったばかりの深夜だけど、今も空き瓶からは官能的なアロマがグイグイ漂ってるあたりは流石か。



2019_1_3Philippe_Jeannot7385.jpg





◤Domaine Valerie & Philippe Jeannot / ヴァレリー&フィリップ・ジャノ サントネイ 1er Cru「Passetemps / パスタン」20164,298 円

Tag Link



2019_1_3Philippe_Jeannot7352.jpg



 立ち香──さすがにこれまでのモノとは香りの重層性 (複雑性) が違うな。なんか分かりやすいフルーティネスに出会えないんだけど (笑) 。ややビターにフローラルというか、力強い凝縮感の先読み。

 グラスに注ぐと、ソムリエ用語で言うところの「馬小屋」ならぬ、モウカン新語が指すところの「ホームセンター」──石材、木材、土、ペンキ (絵の具) 、ステンレス棚 (鉄分) ──な香りが広がる (笑) 。これがブルゴーニュならではのミネラル感なのだろうか。

 ♡☺♡「薄いは薄いけど、この薄さが自分自身の存在の薄さとリンクする (笑) 。なんか控えめな感じが美しい。ピノ、いいかも。中年だから、ガツンと来ないこの感じがちょうどいい。



2019_1_3Philippe_Jeannot7357.jpg



 同じ値段のシャンパーニュ以上の満足感はないものの、まあまあ良い。薄いけど旨みと酸はあるんだよな。まさに「鰹だし」というか。2016年と、まだまだ若いヴィンテージながら、アロマの複雑みは、むしろパトリック・クレルジェの1999よりも上のような気もする。つうか、もしもこの瓶が2036年まで眠りに就いたのなら、一体どんだけ香りがグニョグニョするんだよ──っていう (笑) 。

 ♡☺♡「重くないから撃沈せずに長く飲める。結構気に入った。

 しかしなんだろうね、仰け反るほど旨いわけでもないのに、このスイスイ飲めてしまう感じは。ボトル1本なんか、道端のハトが寂しいオジサンに貰った餌をチョンチョンつまんでる間に飲み切ってしまうよ。


moukan1972♂moukan1973






サントネイ Philippe_Jeannot ブルゴーニュ赤 浜辺美波

Comment

Add your comment