もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤Schuchmann / シュフマン「SAAMO / サーモ」ムツヴァネ 2015 




2019_1_1Schuchmann7288.jpg




 毎度アクセスありがとうございます。


 何年か前、moukan1973♀が父親と一緒にロシアを旅行した時に飲んで、♡☺♡「グルジアワイン旨い!」と言ってたので、ようやくお取り寄せ。今は国名が「ジョージア」に変わってます。旧グルジアは「ワイン発祥の地」としても知られ、なんと8,000年以上も前からワインが飲まれていたんだとか。中でも特に有名なのが「クヴェヴリ」と呼ばれる素焼きの壷に潰したブドウを入れて発酵・熟成させるスタイルで、これを白ブドウ品種で行うと、今で言う「オレンジワイン」や「スキンコンタクト (マセラシオン) 系の白ワイン」のような味わいになるんだとか。




 photo: ジョージアワイン専門店 KAKUIDA WINE



 面白いのは、このワインを輸入しているのがナゼカ「福山黒酢」という会社で、なんでも「ジョージア (グルジア) ワインの壷造り製法は、ユネスコの無形文化遺産に登録されています。壷の中で発酵・熟成が進み、ワインが出来上がるというこの神秘的な製法は、弊社の壷仕込みの黒酢造りに通ずるものがあり、学ぶところも多く、興味を抱きました。」ということでジョージア産のワインに特化してワインの輸入をしてるようです。

 今回は普通の白ワインだけど、クヴェヴリ仕込みのオレンジワインも一緒に買ってるので、それはまた今度。



2019_1_1Schuchmann7291.jpg






◤Schuchmann / シュフマン「SAAMO / サーモ」ムツヴァネ 20151,285 円

Tag Link



2019_1_1Schuchmann7282.jpg



 立ち香──なんかスパイシーで、どういうわけか、開けたての瓶口からは「豚肉のリエット」や「豚レバーのパテ・ド・カンパーニュ」みたいな匂いがしたんだよな (笑) 。アロマの出力は全体に控えめで、過激にフルーティーでもないし、どちらかというと物静かです。

 ♡☺♡「薄っす (笑) 。まあでも、これはこれで他とは違う感じのワインだからアリっちゃアリ。
 dಠಠb「ま、本命はクヴェヴリ仕込みのオレンジワインだから。これは安いから同梱しただけ。

 普通の透明な白ワインだし、ムツヴァネ品種は果皮が薄くタンニンは控えめということだけど、オレには果皮由来の渋みが少し強めに感じられ、そこにエキゾチックなお茶やスパイシーなアロマが薄っすらと重なるので、なんか「自然派ワインの火入れ」みたいなイメージ──ワインは火入れはしないけど日本酒換算で言うと。

 あとは、なんかピノ・グリの水割りみたいな印象がなくもないけど (笑) 、フランスやイタリアの白ワインとはまるで異なる表情があるので、道に落ちてれば拾ってもいいかな。酸はそこそこシッカリ。


moukan1972♂moukan1973






グルジア Schuchmann

Comment

Add your comment