もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 低アル志向の「菊鷹」は一定の成果を上げているだけに、山本杜氏の移籍は痛い・・・。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤Feudo Arancio / フェウド・アランチョ DOCシチリア「Inzolia / インツォリア」2017&2018 



2019_7_2Feudo_Arancio9596.jpg
2018_12_24Feudo_Arancio7016.jpg






 毎度アクセスありがとうございます。


 フェウド・アランチョはイタリアはシチリアの、トレンティーノに拠点を置く「Mezzacorona / メッツァコロナ」グループ (※1904年に創業、グループ全体でイタリア国内第6位の規模を持つ) が2001年に新天地を求めて新たに創業した旨安ワイナリーですね。先日飲んだ「Dalila / ダリラ」がそこそこ良かったので、次は上級キュヴェでも買おうと思ってたんだけど、実はそれが上級レンジで、この「な品種違いシリーズ」の方が安かったというわけです。




 photo: イタリアワイン専門店 トスカニー



 知識や情報というのは──それが自分にとって重要ならば特に努力して覚えようとせずとも──勝手に枝葉のように伸びながら増えて行くもので、今までは全く気にも留めてなかったけど、実は近所の佐々木酒店にも置いてあったというわけです (笑) 。ここには白だと「インツォリア」と「ピノ・グリージョ」しかなかったけど、他に「グリッロ」と「シャルドネ」があるみたいね。

 実は先に「インツォリア」を開けたら思ってたより良かったので、それで翌日に残りを「ピノ・グリージョ」と味クラーヴェしてみました。なので、一部記事の内容が重複しますが、評価が異なるのでバラバラにUPしてます。



2018_12_24Feudo_Arancio7002.jpg





◤Feudo Arancio / フェウド・アランチョ DOCシチリア「Inzolia / インツォリア」20171,018 円

Tag Link



2018_12_24Feudo_Arancio6961.jpg



 オレ自身の慣れの問題もあるかもしれないが、やっぱ安い割りにはシッカリしたワインだと思うな。店によっては税込で1,000円もしないんだろ? さすがは巨大資本のALL自社畑、品質管理は最上クラス。そこらのスーパーには売ってないけど、ラベルもカワイイし、置けばヒット間違いなし。それこそ「無印良品」なんかに置いてあれば勝手にガンガン売れると思うわ (笑) 。





── 2日目。

2018_12_24Feudo_Arancio6987.jpg


 ※「インツォリア」と「ピノ・グリージョ」の味クラーヴェです。

 立ち香──「ピノ・グリージョ」はちょっとネコンジェ (クセが強いミネラル香の暴発) ですね。色は「インツォリア」の方が緑がかってるし、香りもちょっと旨そうなラムネっぽさもある。

 旨いのは「インツォリア」の方──異論は認めない。少し骨格が緩めだけど、広がりのあるジュースの実体がある。「ピノ・グリージョ」はスゴく塩気のあるミネラル感があって酸の握力も強めなんだけど、なんか平面的で意固地なジュースという印象。これは迷わず「インツォリア」です。「ピノ・グリージョ」はまるで「軽薄なシャブリ」という感じ (笑) 。



2018_12_24Feudo_Arancio6991.jpg



 とはイエイ、やはり、税抜き980円でこの品質 (特に「インツォリア」の方) は素晴らしいと思います。オレの中で「日本酒の本醸造より安い」ということは大いなる評価材料。冷たいと「ピノ・グリージョ」はテクスチャーにザラついた滑りの悪さを感じるんだけど、温度が上がると意外に丸い甘みも顔を出しますね。

シャルドネ」は鬼門のような気もするけど、一度はトライしてみるか。そして、やはり「Dalila / ダリラ」(グリッロ:80%、ヴィオニエ:20%) の方が旨いです




2018  (2019/7/2に開栓)


2019_7_2Feudo_Arancio9596.jpg



 立ち香──まずは開けたての瓶口から。青や緑のフルーツ感もありつつ、ライトなヨード感も。割りとアロマの出力は清楚ですね。特にイヤな印象はないかな。

 グラスに注いで──いいっすね。値段が値段なので、イヤな雑味だのネコーシだのがなければそれでいいという感じです。徐々に優しく花の香りが開いて来た。なんか〝はんなりしたソアーヴェ〟というニュアンス。

 うん、こんなもんでしょう。優しく嫌味なくクドくなくフローラル。口どけの良いふんわりとしたミネラリティ、余韻は少し苦みもあるけれど、旨み&コクも酸に寄り添いつつシッカリ。何というか、優秀なグラスワイン500円という感じ (笑) 。





──「2018」の2日目。

2019_7_2Feudo_Arancio9645.jpg



 立ち香──フローラルだったりパウダリーにフルーティーだったり、イタリアワインとしての愛らしさの金太郎飴なんだけど、値段が1,000円ちょいだからなあ。そこは素直にスゴいと思う。

 アリだね。例えば、旨安 (1,000円) ワインの代名詞の「コノスル」、これ、まあ別にそれなりなんだけど、飲んでて「チリだぜイエ〜イ!」みたいなものはヌワイんだよね。そこへ来ると、イタリアの「フェウド・アランチョ」は、何より「イタリアだぜイエ〜イ!」という表情はちゃんとワインの中に含まれてるんだよね。そう考えると、この価格帯でも、キチンとテロワール的な何かは表現されていて、そこに一廉の満足感がある。

 ♡☺♡「これで1,000円はアリ。ていうか、普通に旨かったんだけど (笑) 。」


moukan1972♂






シチリア Feudo_Arancio 浜辺美波

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - 2018


「2017」をリピしたつもりが、帰ってから見たら「2018」でした (笑) 。

やっぱこの価格帯のワインはフレッシュな方が旨いですね。というのも、このレンジのワインをいちいちセラーで管理してる酒屋はまずヌワイので、結局、2〜3年すると劣化しちゃうんだよね。

楽天最安値は950円 (笑) 。

https://item.rakuten.co.jp/sake-beans/feudo-3/


2019.07.04 Thu 17:22
Edit | Reply |  

Add your comment