もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤Felix Solis Avantis / フェリックス・ソリス・アヴァンティス DOバルデぺーニャス「Diego De Almagro / ディエゴ・デ・アルマグロ」レゼルバ 2012 




2018_12_22Almagro6904.jpg
 ▲徒歩6〜7分の「馬場FLAT HANARE」という通し営業のパン飲み系カフェに1,080円で持ち込み。パンはお通し扱いの540円でオカワリ自由。料理は素人レベル (カノジョ料理系) だけど、パンはそこそこ旨いです。



 ▲田舎の大工場。



 毎度アクセスありがとうございます。


 ムカーシムカーシ (昔々) タマに買ってmoukan1973♀と飲んでたスペインの赤ですね。今から10年以上も前の話なので正確にはカウントしてないし、当然ブログ等の記録もないけれど、トータルで10回以上は買ったような記憶もあります。先日コレのクリアンサを飲んだので、今回は熟成期間の長いレゼルバです。



スペインワイン熟成定義
 photo: AsahiWine.Com



 後から知ったけど、どうやらこのブランドが一躍有名になったのは、コレの「グラン・レゼルバ」が『芸能人格付けチェック!』(当時は「人気者でいこう!」の中のワンコーナー) のプロ野球選手大会で、あの高級ボルドーの頂点「シャトー・ペトリュス」を破ったこと──厳密には「破った」のではなく、より多くの飲み手たちがこっちを勝手に「ペトリュス」だと推察しただけ (笑) ──にあるみたいね。

 セパージュはテンプラニーリョ100%、醸造後に樽で12ヶ月熟成、瓶詰め後に24ヶ月以上熟成。ちなみに、これが「グラン・レゼルバ」になると、樽で24ヶ月、瓶で36ヶ月に格上げされるけど、それでも値段は1,600円ちょいなので、これでようやく普通の日本酒レベル。さすがは大手企業ですね。完成までに5年以上の歳月を費やしてもこのお値段。



2018_12_22Larrivet_Haut-Brion6902.jpg





◤Felix Solis Avantis / フェリックス・ソリス・アヴァンティス DOバルデぺーニャス「Diego De Almagro / ディエゴ・デ・アルマグロ」レゼルバ 20121,242 円

Tag Link



2018_12_22Almagro6883.jpg



 立ち香──店で開けてブショネだと面倒なので、飲む前にまずは抜栓だけして瓶口から確認。ちょいアンモニア系の香り。これ、前にも一度スペインの赤 (カ・ネストラック) であったな。遅れてミルクチョコやバニラ。ああでも、ガス抜けしたのか、徐々に穏やかになって来た。クリアンサよりダークカラーなアロマですね。



2018_12_22Almagro6893.jpg
 ▲「素人料理あるある」──タレ (ソース) が安っぽく甘い。



 あああ、はいはい、確かこんな感じでした。とはイエイ、この瓶は正しいコンディションではないような気も。この値段にしてはシカーリ濃いけど、やはり、少しアンモニア系の不快な香りが付いて回る。まあ、機会があれば近所のマルエツではなく、ちゃんとしたワイン屋で買い直してもいいかな。

 クリアンサはキビキビと酸っぱフルーティーだったけど、さすがにレゼルバはジュワンとタンニックです。それでも暖ったかジューシイなまろやかさまでは手に入れてヌワイ。ま、リアルにそのへんの気軽な外食で頼んだ1本2,000円のボトルワインという感じです。我々も10年前とは異なり、つくづく普段からイイ酒を飲むようになったということを改めて実感。

 きっと正しいコンディションであれば、もう少しキレイな果実感と出会えたんだろうけど、どうにも馬小屋系の野獣アロマが (笑) 。





── 2日目。

2018_12_22Almagro6937.jpg



 なんとなく飲める、ただそれだけの酒。どうにも一緒に開けた約5倍の値段のシャンパーニュ (Eric Rodez) がスゲえ旨くてさ。ただ、泡モノは移動の際に液が暴れるから持ち込みには適さないんだよな。外飲みはいろいろ難しいわ──雰囲気を1%も重視しないオレのような人間にとっては。


moukan1972♂moukan1973






スペイン赤 Felix_Solis

Comment

Add your comment