◤Chateau Larrivet Haut-Brion / シャトー・ラリヴェ・オー・ブリオン AOCペサック・レオニャン「ブラン」2015 




2018_12_22Larrivet_Haut-Brion6888.jpg






 毎度アクセスありがとうございます。


 フランスワインの場合 (特にブルゴーニュやボルドーの場合) 、理屈は非常に単純で、AOCが「ボルドー (地方) >グラーヴ (地域) >ペサック・レオニャン (地区) 」と、エリアが狭く限定的になればなるほど高級になるというのが基本的な考え方。よく例えられるのが「米」で、その場合も「国産>新潟県産>新潟県魚沼産>南魚沼市産」と、生産エリアが限定されて行くに従って値段が上昇傾向になる点が似たような理屈と言われる所以だ。

 ただし、それはあくまでも値付けにおける査定基準なわけで、当然、一つ下のAOCが品質的な下剋上を果たすことはよくある話で、それこそシャンパーニュだって、味のしないLe Mesnil-sur-Oger / ル・メニル・シュール・オジェ (グラン・クリュ) のシャルドネをMontgueux / モンギュー (格付けナシ) のそれが打ち負かすことは普通にある話だ。ま、少し横暴な論をカマせば、こうしたAOC的ヒエラルキーというのは、ベラボウに高い値段のワインに対しての諦め材料としては非常に有効な方便ではあるので、今は無駄で邪魔だとは思わない。もはや誰もモンラッシェのグラン・クリュのシャルドネを10,000円で買えるとは思ってはいないわけで、そうした諦めに対する慰撫の仕草だけは静かに親切である。




 photo: 酒好きおかみの独り言



 ペサック・レオニャングラーヴの北に位置し、かのシャトー・オー・ブリオンもこのエリアに居を構える。ボルドーも白ならシャンパーニュ的な価格マップ内で上等なヤツが買えるので、ポイントが26倍くらいだったし、ちょっと拾ってみた次第。

 よく買ってる近所のパン屋 (馬場FLAT) が今年の夏に「馬場FLAT HANARE」という通し営業のパン飲み系カフェをオープンさせたので、1本1,080円で赤白を持ち込んでみた。ちなみに店のボトルワインも「仕入れ値+1,080円」で提供していて、夜はお通し540円で自家製パンが食べ放題というシステムになってる。なにげに旅行以外でmoukan1973♀との夜の外食は今年初めて。もちろん、オレ一人でも今年初めての夜の外食。



2018_12_22Larrivet_Haut-Brion6902.jpg





◤Chateau Larrivet Haut-Brion / シャトー・ラリヴェ・オー・ブリオン AOCペサック・レオニャン「ブラン」20155,810 円

Tag Link



2018_12_22Larrivet_Haut-Brion6884.jpg



 立ち香──店で開けてブショネだったら面倒なので、飲む前にまずは抜栓だけして瓶口から香りを確認。なんか草っつうかホコリっつうか、思ってよりフルーティーじゃないんですけど (笑) 。やたらミンティー。若い樽のツンとした香りが少し強いような。これ、ポイント26倍くらいで買ってるはずだけど、やや心配。ただ、磯臭いタッチのアロマはないからブショネではないと思うけど、前にもサンセールでこういうのあったような。ややクミン系のスパイシーなアロマ。



2018_12_22Larrivet_Haut-Brion6891.jpg
 ▲料理はどれも素人レベル (※オレ用語で「カノジョ料理系」) です。調理場は若い女性スタッフが3人で担当。



 グラスに注ぐと特に問題ない感じで、いつもの柑橘ファイヤーが鼻毛を梳かしに襲い掛かります。

 ♡☺♡「問題ない。旨い。香りは結構クセが強いけど、味には反映されてない。
 dಠಠb「柚子の入浴剤的なアロマ (笑) 。このワインにとっての最高の状態ではないが、特に問題ないな。



2018_12_22Larrivet_Haut-Brion6890.jpg
 ▲もしも2度目があるとすれば、次は自分で作ったドレッシングを持ち込みたい (笑) 。気が向いたら今度教えてやるよ。



 極めて立体的で奥行きのある味わいクロ・フロリデーヌなんかと比べると別にそこまで味が濃いわけじゃないけど、2,000円台のペラいボルドー白とは異なる景色を見せてくれる。ただし、少し樽のニュアンスがキリキリと初々しく、まだまだ練習の素振り段階なので、蠱惑のアロマは微塵もヌワイです。そうかと言って、キビキビとフレッシュな状態で飲むのがベターとも思えないという。今は鉄筋の骨組みだけが完成してる感じだけど、不思議と味わいに奥行きと立体感だけはある。

 一定以上の上質さ (フィネス) は十分に感じれるけど、同じ値段を出せばシャンパーニュなら間違いなくこれ以上に旨いワインを簡単に拾えることを思えば、やはりボルドーやブルゴーニュは割高だと言わざるを得ない。ま、別に普通以上には旨いから、貰えるものなら貰っておくけど (笑) 。





── 2日目。

2018_12_22Larrivet_Haut-Brion6916.jpg
 ▲セブンプレミアムの「国産大豆日光名水油揚げ」に「ごはんですよ!」を塗ってサンドにして焼いただけ。旨い。サクサクです。ただ、どことなく味わいが「どん兵衛」の揚げに近づきます (笑) 。



 凄まじくミネラリー。半分くらい残しておけば良かったな。やはり、うちの高級ワイングラスで飲んだ方が綾瀬はるかに旨い。ま、AOCペサック・レオニャンの白は今後もタイミングが合えば拾って行きます。アンダー6,000円でオレを泣かせてみろよ。無理か (笑) 。


moukan1972♂moukan1973






ボルドー白

Comment

Add your comment