もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤Cantina Sociale Di Monteforte D'alpon / モンテフォルテ・ダルポーネ地区のカンティーナ協同組合 DOCソアーヴェ・クラシコ「Clivus / クリヴス」2017 



SPA浜辺美波
 2本目 (2019/4/22)


 今年のお値打ち「ヴェネトNo.1」!イタリアで最も権威あるガンベロロッソ誌『ベーレベーネ2018』で州第1位!
2018_12_17Clivus6713b.jpg
 ▲ラベルが違うけど中身は同じです。




 毎度アクセスありがとうございます。


 イタリアのヴェネト州の「ソアーヴェ地区」で作られる辛口の白です。それこそムカーシムカーシ (昔々=約20年くらい前) 、サイゼリヤなんかにも安いだけが取り柄の旨くも何ともない甘苦くて薄いソアーヴェのボトルが1,000円ちょいで飲めたはずだけど、安くても旨いヤツは旨いもので、それがこの「Clivus / クリヴス」だ。売る側の朗らかな煽りや華やかだが得体の知れない受賞歴なんかは全く気にも留めないオレではあるが、ポイント15倍以上で買えたし、この値段で旨けりゃルワッキー (Lucky) くらいにしか考えてなかったけど、確かにこれは安くて旨いです







 今は時間ないので販売ページに用意された輝かしい晴れ舞台は後でウンコをしながらじっくり読むとして、ここにはオレが白ワインに求める酸とミネラルが十分に備わっていると言える。別に感動するほど旨いわけでもないけど、普段飲んでる日本酒より安い値段でマトモな白が飲めることの喜ばしさと言ったらヌワイだろう。

 販売店のトスカニーが自社輸入。やるじゃねえか。ここの上級レンジも是非入れてくれ。



2018_12_17Clivus6722.jpg





◤Cantina Sociale Di Monteforte D'alpon / モンテフォルテ・ダルポーネ地区のカンティーナ協同組合 DOCソアーヴェ・クラシコ「Clivus / クリヴス」20171,360 円

Tag Link



2018_12_17Clivus6703.jpg



 というわけDE、先ほど開けたアルト・アディジェの白がイマイチだったので、お値打ちというソアーヴェ・クラシコを緊急開栓です。これ、どエリャあ安いんだけど、三大ソアーヴェの大御所たち (ピエロパン、ジーニ、イナマ) と比べてどうなんでしょうか。日本では全くの無名みたいだけど。


dagasore.jpg 立ち香──あああ、オレが好きなのは、やっぱこの焦げ感だよなあ。シャンパーニュのブラン・ド・ブランなんかにも通じる、鼻毛そよぐ甘香ばしいタッチね。そして、ギュっとインサイドへ香りの肉が引き締まってるイメージ。

 さて──。

 やはり、オレが好きなのは、この鉱物的ミネラル感! 舌に滲む力強い酸! 値段は600円 (約30%) も安いが、断然こっちだわ。この内へ向かう集中力だわな。moukan1973♀も絶対にこっちを支持するでしょう──そうじゃなかったら破門だ!

 結構ドライでシャープな (フローラル&フルーティーに寄る味わいではない) ソアーヴェだけど、だが、それがいい。当然にして「Inama / イナマ」よりもいい。



2018_12_17Clivus6706.jpg



 味クラーヴェ──。

 色はソアーヴェの方が濃い。アルト・アディジェ (コルテレンツィオ) はフローラルで、酸も弱く、コクで飲ませるタイプ。そして、ややヌメりのある苦みがオレの中で安くて旨くないサイゼリヤのワインを想ひ出させる。ソアーヴェはあくまでも酸とミネラルで味筋を引っ張る、まさに我々好みの流れ。分かりやすく味が出てるのはアルト・アディジェだけど、オレにはやや鈍重に (締まりなく) 感じられる。まあ、いわゆる女子供が「飲みやす〜い」と言うのはこっちだとは思うけど。

 洗い物が増えちゃったけど、なかなか有意義な味クラーヴェでした。





 1973チャレンジ!!!
2018_12_17Clivus6752.jpg
 ▲島本先生のアッパーなウザさは中毒性あるな (笑) 。



 dಠಠb「明日飲む酒、好きな方を選びなよ。どっちが旨いかは既に決まってることだから、ハズすと破門だよ。
 ♡☺♡「マジか。じゃあ、とりあえず右のヤツ (アルト・アディジェ) から。あああ、これは分かりやすい味。嫌いな人はいない感じ。じゃあ、次は左のヤツ (ソアーヴェ) を・・・。

 そしてmoukan1973♀は口に含んだ瞬間、♡☺♡「こっちです。」と言うのであった。こうして彼女は今日もオレの一番弟子であり続けている。

 dಠಠb「ソアーヴェの方が味わいにシャンパン的な輪郭あるだろ?
 ♡☺♡「わかるぅ〜。

 このソアーヴェはそのへんじゃ売ってないはずだけど、これ1本だけをトスカニーで買うことは決して薦めない。だけど今後もしココでワインをドカっとまとめ買いすることがあるのなら、その際に同梱することは大いに薦めておきます。決してキャッチーにフルーティーではないけど、とにかく酸とミネラルの口への納まり具合が我々には非常に馴染みの良いタッチだ。たぶん、また買う





── 2本目。

2019_4_22Clivus8020.jpg
 ▲4月23日 (火) 発売『週刊SPA!』で表紙。必殺の左アングル&やや眠たげな上目遣いの微笑。2019年の美波ちゃん表紙の雑誌/フリーペーパーの中では間違いなく一番良い出来映え。しかし髪伸びるの早いな (笑) 。[インタビュー記事][表紙の画像


 2019年4月22日 (月) に同じ店で買った「2017」を再飲


 立ち香──ああ、ええ香りや〜。花びらの入った丸ごと林檎ゼリーみたい。むしろ前回より印象がイイくらい。なんか麗しのソアーヴェだな (笑) 。そうか、今わかったな。ソアーヴェの「お花感+ミネラル感」って、要するに「香る花粉」だよな。

 グラスに注いで──この柔らかく優しい苦みこそソアーヴェ的なミネラル香。酸の発散はそれほどでもなく、ややマットなフルーティネス。

 やっぱコレ当たりだわ~。うん、含むと前回と全く同じ印象。ピエロパンがフルーティーに寄るタイプなら、こちらはミネラリーな塩気を伴う少しドライなソアーヴェ。ところが温度が少し上がると、ふくよかな丸く柔らかい旨みが口オッパイに広がり、水っぽさをギリギリ回避するようにコクが横に伸びる。改めて飲むと、実は酸はそれほどでもないかな。それもあって、骨格は少しユルめで、だがしかし浮遊感のある、五味がひらひらと風に揺られて舞い散るような、この揺蕩うテクスチャーが瑞々しい。



2019_4_22Clivus8037.jpg
 ▲こちらは4月22日 (月) 発売の『週刊ビックコミック スピリッツ』。アイライン濃すぎの美波素人メイク。これ以上目をデカくしてどうすんだよ。[表紙の画像][メイキング



 必ずしもオレの嗜好のド真ん中を射抜くソアーヴェではないものの、それでもこれは安くて旨いと言い切れる。保管スペースに余力があれば、缶ビール感覚で常に冷蔵庫に常備させておきたいです。なにせこの値段なので、いつでもどこでもクイクイ&スイスイ飲みたい。同じ値段のブルゴーニュ・ブラン (シャブリも含めて) に勝ち目ナシゴレン。

 いやー、素晴らしいコスト・パフォーマンス。どうせ旨くもない日本酒の新規銘柄に当たりに行くなら、買った酒が飲み頃に育つまでコレ飲んで時間を潰しますわ──そんな感じの良酒。

 ドライでミネラリーな味筋が楽しめる冷たい温度帯、ふくよかなコクが膨らむ少し上めの温度帯、それらのどちらも楽しめる。これで税込1,360円です。信じられない。トスカニーの独占直輸入。やるじゃねえか


moukan1972♂






ソアーヴェ 浜辺美波 イタリア白

Comment

Add your comment