◤Brun Servenay / ブリュン・セルヴネイ 「Melodie en C. / メロディ・アン・セー」NV 




2018_12_16Brun_Servenay6651.jpg


 職人的生産者6人の作品を集めた「極上のシャンパーニュ体験セット」29,799 円 (送料&税込)

 ▲1本平均にすると必ずしも楽天最安値の寄せ集めにはならないが、セレクト内容が素晴らしいのと、この6本を同時に買える店が今のところ他にヌワイのと、新規登録者のみ使える1,000円OFFクーポンがあるのとで、一応オレはこのセットを推す。この6本があれば正月休みの酒ライフは一気にゴー☆ジャスなものとなる。写真を見てるだけでヨダレが出る。今すぐにでも飲みたい。[販売ページ






 毎度アクセスありがとうございます。


 もはや我が家の定番&鉄板銘柄になってます、毎度ブリュン・セルヴネイです。コート・デ・ブランのアヴィーズ/Avize (グラン・クリュ) に拠点を置くRMです。アヴィーズには日本でもお馴染みの実力派RMがひしめく、まさに現代ブラン・ド・ブランにとっての聖地中の聖地ですね。ある意味、メニルのRMより野心的でキャラの濃い造り手が多いかもしれない。



Cote_des_Blancs_Avize.jpg


 ▲やっぱロゼもあんのかいな。日本には入って来てヌワイ。フィッチの宮崎社長に入れてもらおうかな。飲みたい。。

 ▼以前は入っていたようだけど、今は「Brut Reserve」も輸入されてない。




 詳しい経緯や意図は知らないけど、本ロットからキュヴェ名 (商品名) が「Selection」→「Melodie en C.」になりました。とはイエイ、中身もレシピも同じです。アヴィーズ、クラマン、オジェのシャルドネのアッサンブラージュ。このドメーヌのポリシーである「ノンマロ=マロラクティック発酵をブロックする=1960年代に入ってから定番化し2基あるリンゴ酸の片方を乳酸に変えるた醸造メソッド」&「発酵/貯蔵はステレンスタンクを使用」も変わらず。ドザージュは7g/1L、瓶熟は36ヶ月。

 ま、RMゆえ、大手のように大量のベースワインを仕込むわけでも、豊富なリザーヴ・ワインの備蓄があるわけでもないので、ロットごとの内容はベースワインに使われるブドウのヴィンテージに大きく左右されるわけだけど、今回も問題のない〝らしい仕上がり〟になってます。



2018_12_16Brun_Servenay6663.jpg





◤Brun Servenay / ブリュン・セルヴネイ 「Melodie en C. / メロディ・アン・セー」NVRM6本セット29,799 円

Tag Link



2018_12_16Brun_Servenay6578.jpg



 ブショネのマグナムと今回の瓶も含めればもう6回も飲んでるので、今更アーダコーダイーダヨーダ言っても仕方ありません。今回もアタリですので、気になる人は黙って飲んで下さい。1,500円の日本酒を適当に3本買ったくらいじゃこのレベルのモノにはなかなか当たりませんので、別に高くはヌワイです。5,000円以下のRMブラン・ド・ブランとしては極めて理想的なバランスと完成度です。ノンマロなので、少し素っ気ないジューシネスに出会うかもしれないけど、逆に活き活きした透明感に出会えます。

 ♡☺♡「旨い!!!!!
 dಠಠb「これぞアヴィーズのシャルドネ。もはやこれはブラインドでも産地を当てる自信があるくらい典型的。ヌメりのある、ややオイリーなテクスチャー。そして、まるで味のしないラムネをガリガリと噛み砕きながら濃いレモン汁を飲んでるかのような酸とミネラル。こんなもん飲んだら、もう一生シャンパン以外のスパークリングなんか飲めなくなる。」←いや、飲んでガッカリの繰り返し。

 本ロットの特徴としては、リザーヴ・ワインの表情に少し過熟のニュアンスがあるものの、全体にはシャープで背筋のピンと伸びた味筋なので、この酒としては今が飲み頃というか、NVらしいフレッシュさと、少しミレジメ的な熟味が強めに出ており、逆に初心者にとっては好ましいバランスの味わいだと言える。これでも普段よりは若干「旨口」な量感で、全体的には毎度のようにラーメン換算だと「塩味」だとは思うが、今日はいつもより焦がし玉ねぎが多めなのと、少しだけメンマの味が甘くて濃いみたいな (笑) 。



2018_12_16Brun_Servenay6581.jpg



 慣れてないと「薄い」と感じる瞬間があるかもしれないけれど、その場合は〝酸の立体性〟を探してみよう。〝味としての酸っぱみ〟が舌にジュリっと沁み込むテクスチャーが極めてジューシイ。果汁はあくまでもノンマロらしい透明感に満ちた輝かしいものでありつつも、この滲むような酸と迸るミネラルが、小さくてシンプルだが、とても堅牢で美しい果実の構造物を築き上げる。

 同じアヴィーズのヴァルニエ・ファニエールのようなスタイリッシュさはヌワイが、まるで一流料理人が仕事を終えて人知れず一杯やりに行く、堅実で隙のない品の良い肴が並ぶ、老舗の旨い居酒屋のような存在と言える (笑) 。

 4,000円台のコート・デ・ブランのブラン・ド・ブランとしては鉄板中の鉄板──初めて飲んだ時からそう思っていたが、175本以上も家で開けて来た今でもそう感じるということは本当なのだろう。予算を少し上げて、更にジューシイで分かりやすい味わいを求めるなら──これもいつも言ってることだが──、オレはクラマンギィ・ラルマンディエ (5,379円) のブラン・ド・ブランを薦める





「Melodie en C.」の2本目!
2019_8_3Brun_Servenay9721.jpg


 2019年8月3日 (土) に再飲──。

 2019年6月1日にウメムラで手配した瓶なので、おそらく去年の12月に飲んだのとは別のロットかも。というのも、今回の方が綾瀬はるかに素晴らしい出来映え。このNVはこれまでに何本も開けて来たけど、これは1位2位を争う完成度。下らないシュワシュワ日本酒なんか買ってないで、覚悟を決めてコレ行っとけ。

 ♡☺♡「これ旨いっしょ! 味は濃いけど爽やか。何度も飲んだけど、今回のは相当いいんじゃないか!?

 アンダー5,000円のブラン・ド・ブランとしては文句のない完璧な1本。日本酒3本分以上の価値はある。もしもこれが純吟プライス (1,600〜1,800円) で買えるのなら、もう日本酒なんか飲まない。


moukan1972♂moukan1973






コート・デ・ブラン Brun_Servenay シャンパン シャンパーニュ Champagne

Comment

Add your comment