もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤TRIMBACH / トリンバック AOCアルザス「リースリング」2015 




2018_12_15TRIMBACH6502.jpg
 ▲ババア、グラスに氷をバコバコ入れて高級ワインを一気飲み。「金」ではなく、もはや「人生」の無駄使い。


 photo: 酒類の総合専門店 フェリシティー




 毎度アクセスありがとうございます。


 フランスのアルザス地方のワインですね。ライン川を挟んでドイツと国境を共にするので、縦長の瓶やブドウ品種など、ドイツワインとの共通点も多いゆえか、フランスワインとしての地位は〝やや低め〟です (笑) 。AOCも「アルザス (1962年制定) 」「アルザス・グラン・クリュ (1975年制定) 」「クレマン・ダルザス / Cremant d’Alsace (1976年制定) 」のみと、ブルゴーニュやボルドーのように微に入り細に入り分類はしません。

 その他には「ヴァンダンジュ・タルディヴ / Vendanges Tardives]」(遅摘みのブドウを使用。糖度=ゲヴェルツトラミネル/ピノ・グリ:257g/1L、リースリング、ミュスカ:235g/1L) や「セレクション・ド・グラン・ノーブル / Sélection de Grains Nobles]」(貴腐菌の着いた果実だけを選定。糖度=ゲヴェルツトラミネル/ピノ・グリ:306/1L、リースリング、ミュスカ:276g/1L) という甘口ワインもありますが、AOCは「アルザス」と「アルザス・グラン・クリュ」に含まれます。

 基本的には単一品種 (モノ・セパージュ) で造られるのがアルザスワインの特徴ではありますが、その他、ブレンド (混醸) で造られる「エーデルツヴィッカー / Edelzwicker」や、より規定の厳しい「ジャンティ / Gent」もあります。[参考





2018_12_15TRIMBACH6504.jpg





◤TRIMBACH / トリンバック AOCアルザス「リースリング」20152,111 円

Tag Link



2018_12_15TRIMBACH6473.jpg



 かれこれ10年以上使ってる西荻窪の「飫肥屋」で初めて見た「カンパチの中落ち」を先ずは日本酒で軽くつまみます。これで500円です。かなりレアな部位のようだけど、これはマジで旨いです。

篠峯 秋晴」も悪くないですね。酒単体でグイグイ飲むタイプではないけれど、上質エレガントな食中酒という感じで、もうこれ以下の日本酒は口にしたくない感じではあります。



2018_12_15TRIMBACH6481.jpg



 立ち香──クッキー系の甘香ばしいニュアンスが来てる。あんまリースリングっぽくないな。でも徐々に来たな。リンゴ系の明るいトーン。爽やかそう。

 ♡☺♡「あああ。分かりやすい味です。これを『不味い』と言う人はいないね。親しみやすい。

 クセがない。そこそこコクもあり、バランス──酸、果実味、ミネラルの配分が良い。まあまあかな。オーストリアやドイツのリースリングよりクリア (淡麗) だけど、一緒に飲んでる「ツィント・フンブレヒト」よりはジューシイというか、量感は豊か。酸にはリースリング的なギラつきがあり、オレの中では、どちらかと言うと「レモン」よりも「お酢」に近いニュアンス。

 例えばフレンチレストランでボトルを入れる際、3,000〜5,000円のブルゴーニュやボルドーの地方名アペラシオン (AOCブルゴーニュ、AOCボルドー) はハズレの確率がグワンと上がるわけだけど、そんな時、同じ値段でそれなりの高品質が確約されるのが老舗のAOCアルザスということにはなるものの、別にココはレストランではないので、気にせず、もっと旨いヤツを飲みたい感じではある。





── 2日目。

2018_12_15TRIMBACH6541.jpg
 ▲名字が「一番合戰 (いちばんがっせん) 」!!!



 トリンバックは、なんか重くなったというか、雑味がワラワラと沸いて来たような。少し味が口の中で暴れる。特に余韻が少しゴチャゴチャしてる。

 ♡☺♡「親しみやすさがなくなった・・・。

 ツィント・フンブレヒトの方は香りも落ち着いてまずまず。シルキーなテクスチャーで相対的な上等さはある。とはイエイ、両方ともこの値段。別に進んで買うことはヌワイですね。

 たぶん、飲み飽きしないのがトリンバック (よく行く定食屋 or 大手の缶ビール) で、何度も飲んでると飽きるのがツィント・フンブレヒト (タマに行くから美味しく感じるレストラン or 個性的なクラフトビール) という感じ。ただし──です。別にどちらも何度も飲むことはヌワイので、今だけに限定すれば──そして値段を考えなければ、ツィント・フンブレヒトを貰っておきます。


moukan1972♂moukan1973






アルザス リースリング

Comment

Add your comment