もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤Gini (ジーニ) DOC Soave Classico 2017 




2018_12_12gini6386.jpg






 毎度アクセスありがとうございます。


Pieropan / ピエロパン」「Inama / イナマ」と共に「三大ソアーヴェ」として名前の上がる「Gini / ジーニ」のエントリークラスの定番商品です。改めてセパージュ (使用品種) を確認すると、イナマジーニが「ガルガーネガ100%」で、ピエロパンだけが「ガルガーネガ85%、トレッビアーノ・ディ・ソアーヴェ15%」のブレンドでした。一般的にトレッビアーノ・ディ・ソアーヴェの方がアロマティックな品種と言われてるみたいだけど、イナマとの比較で言えば、今回のジーニの方がフルーティーかつアロマティックで、個人的には断然こっちが好みでした。

 蔵の所有する最上畑「サルヴァレンツァ」の樹齢100年以上のブドウから造られるトップ・キュヴェでも4,000円ちょいで買えるので、近いうちに同じくピエロパンのトップ・キュヴェ「ラ・ロッカ」と味クラーヴェしてみます。




2018_12_12gini6391.jpg
 ▲同期で同い年 (2000年2月生まれ) の上白石萌歌 (第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』グランプリ) は姉ちゃん (萌音) が当確ということで「2019年版 東宝カレンダー」から漏れちゃいましたが──必ずしも東宝芸能の女優だけとは限らない──、これには少し同情できるかな。だって山村紅葉なんかどう考えたって要らねえもの (笑) 。これで2年連続の美波ちゃんは9月です。ちなみに表紙は長澤まさみが15年連続だけど、近い将来、この連勝記録を止めるのは間違いなく美波ちゃんです。[長澤まさみが17〜19歳 (2005-2007年) の時の表紙





◤Gini / ジーニ DOCソアーヴェ・クラシコ 20172,116 円

Tag Link



2018_12_12gini6378.jpg
 ▲いわゆる一つの「心に闇を抱える社会性に乏しいダメなヤツほど子供には優しい」の法則ですね。そう言えば、矢吹丈も子供と犬に好かれる設定でした (笑) 。ちなみにオレはどちらかと言うと子供には好かれない方だけど、なぜか犬と3歳以下の子供には (こちらが照れるくらいのレベルで) 凝視されます。背後に死神でも見えるんでしょうか。



 立ち香──こっちの方がハチミツ的なコクをしっかり感じれる。ピエロパンに近いのはこっちだな。トースティーなアロマもあるしね。いろいろと馴染みがいい。華美にフローラルではないが、品良く清楚に白い花のアロマ。醸造中に酸化防止剤 (SO2=二酸化硫黄) を一切使用せず、瓶詰め時に僅かの量しか使わないようだけど、不自然な (自然派な) 香りは全くありません

 さて、どうだ──。

 薄いけど、こっちの方がより酸の美しさを感じれるし、バランスいいっすねえ。微かにチリっとガス感。この表現はどうかと思うけど、超サイゼリヤ (そんなものがあるとして高級版の試験店舗) というか、つまり、このレベルのグラスワインがもしもサイゼリヤで出てきたらビビる (笑) 。moukan1973♀も間違いなくこっちを支持するだろうね。今夜、帰ったら試すか。イナマはミネラリーだけど、ちょい安っぽく苦いよ。



2018_12_12gini6400.jpg
 ▲ほぼ当確レベル (全回転への移行はほぼこの予告を経由) の「タケル (瑛太) 二人きり予告」の内容── (切なく狂おしい声音で) アタシ、ミチルのことが好きだ!──は、もちろん部屋の外で美知留 (長澤まさみ) が聴いてます。



 今のところ、一番味が濃く感じるのはピエロパンかな──しかも3本の中では一番安い。ジーニは日本酒で言ったら淡麗なんだけど、酸のテンションだけは必要な量を獲得してるから、やっぱジューシイなんだよねえ。少し粘性のある蜜のようなコクにも当たるし、シャンパーニュに比べりゃ白ワインとしては薄いしミネラルもさほど感じないけど、ストラクチャーは決して貧相じゃない。 

 これで「三大ソアーヴェ」のエントリークラスは制覇したから、オーバー3000円の上級レンジがどこまでの世界観を見せてくれるのか、非常に興味ありますね。



2018_12_12gini6434.jpg
 ▲どう見てもどう演じても全く意志薄弱に見えない長澤まさみ。この頃は〝清純派の搾りかす時代〟ですね。これを経ての2011年の『モテキ』で再ブレイクです。



 ところDE、我らが「三大日本酒」って今はどの銘柄なんだ? やっぱ世間的には「十四代」「而今」「磯自慢 or 黒龍」ということになるのか???

 ここから演繹される事実は、おそらく「Pieropan / ピエロパン」「Inama / イナマ」「Gini / ジーニ」がオレの中での「三大ソアーヴェ」には相当しないであろうという、あまりにもシニカルな逆説性である (笑) 。ただし、トップ・キュヴェに関しては持ってる畑がモノを言うので、ここの3つはそれなりの矜持を示してくれるとは思うが。





── 2日目。

2018_12_12gini6459.jpg
 ▲宗佑 (錦戸亮) が周囲を傷つけ振り回すだけ振り回して、最後は何となく記号的に自殺。主要キャストの死の演出でここまで感情が揺さぶられないことも珍しい。出て来る言葉はただ一つ──「黙って消えて人知れず山奥で死ね」。



 やっぱコレ旨いな。2017ということは29BYか。完成度タケル。直前に「篠峯 秋晴」を飲んでて、まあ、そっちもそこそこイイ酒なんだけど、日本酒の場合、火入れだと逆に半年程度じゃ完全には仕上がらないわな。

 イナマはやっぱイマイチ。海藻系の旨みとミネラルだけはあるんだけど、イタリアワインとして、もうちょいフルーティーでもいいんじゃないの?とは思う。

 そして、やっぱジーニの方が果実味が濃い。酸に輝きがあるんだな。





 1973チャレンジ!!!
2018_12_12gini6470.jpg

 
 ▲弾き語りだし、さすがに口パクじゃない。尾崎豊が裏声を使う部分も地声の領域でカヴァーするあたりは流石。53歳か。ロック系のボーカリストとしては声は出てる方なんじゃないか? 53歳の職場の上司やボスが忘年会の二次会のカラオケでこれ並みに尾崎豊を熱唱する姿を想像してごらんよ (笑) 。やはり、彼はプロの歌手だったんですね。



 dಠಠb「ちょうど2つ開いてるから、好きな方を飲みなよ。
 ♡☺♡「こっち (イナマ) の方が薄い。じゃあ、こっち (ジーニ) で。

 決して「薄い」わけじゃないんだけど、鉱物感 (ミネラリティ) ばかりが前に出て、あまり果実味を感じられないんだよな。これは完全に好みの問題ではあるけれど、基本的にココはそういう問題だけを扱う場所なので。


moukan1972♂






Gini ソアーヴェ イタリア白

Comment

Add your comment