もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 低アル志向の「菊鷹」は一定の成果を上げているだけに、山本杜氏の移籍は痛い・・・。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤本日の1曲♪【男汁FUNK】Slave - Party Lites (Joey Negro Boogiefied Mix/2018) 

genre tag:VOCAL HOUSE, FUNK, DANCE CLASSICS
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎つい最近リリースされたばかりの大人気シリーズ『Remixed With Love』の第三弾から。実はCDアルバムを新品 (基本CDは中古でしか買わない) で買うのは25年ぶりくらいなんだけど (笑) ──買う枚数が普通の人とは桁違いなのでいちいち新品なんかで買ってられない。まあ、どれもちゃんとしたクオリティなんだけど、個人的に「これセレクトするか!」というのがコレ。雄々しさファイヤーの男汁ファンクの金字塔ですね。それでいてエレガントで洗練されているという。同時代の同系統の名盤だと、特に「Odyssey - Inside Out (1982) 」なんかとは音楽的相関性タカーメです。いわゆる一つの〝泣き〟ですね。あと、Slaveと言えば、個人的には「Let's Spend Some (1980) 」はハズせない。ボーカルはAurraStarleana Youngですね。これを〝オサレ〟と言うんだよ。











 ▶︎Joey Negro Boogiefied Mix
 

 ▶︎Original (1981)
 

 ▶︎Odyssey - Inside Out (1982)
 

 ▶︎Slave - Let's Spend Some (1980)
 

 ▶︎Aurra - Such A Feeling (Shep Pettibone Mix/1982)
 

 ▶︎Disco Elements - Mysteries Of The Loop (1992) ←「Such A Feeling」のアカペラをまんま使い。
 

 ▶︎Slave
music_slave3.jpg

 ▶︎Joey Negro──マスターテープを手に入れるためなら何でもする男 (笑) 。
music_joey_negro4.jpg
 photo: slothboogie.com


VOCAL_HOUSE FUNK DANCE_CLASSICS

Comment

Add your comment