もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤本日の1曲♪【男汁FUNK】Slave - Party Lites (Joey Negro Boogiefied Mix/2018) 

genre tag:VOCAL HOUSE, FUNK, DANCE CLASSICS
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎つい最近リリースされたばかりの大人気シリーズ『Remixed With Love』の第三弾から。実はCDアルバムを新品 (基本CDは中古でしか買わない) で買うのは25年ぶりくらいなんだけど (笑) ──買う枚数が普通の人とは桁違いなのでいちいち新品なんかで買ってられない。まあ、どれもちゃんとしたクオリティなんだけど、個人的に「これセレクトするか!」というのがコレ。雄々しさファイヤーの男汁ファンクの金字塔ですね。それでいてエレガントで洗練されているという。同時代の同系統の名盤だと、特に「Odyssey - Inside Out (1982) 」なんかとは音楽的相関性タカーメです。いわゆる一つの〝泣き〟ですね。あと、Slaveと言えば、個人的には「Let's Spend Some (1980) 」はハズせない。ボーカルはAurraStarleana Youngですね。これを〝オサレ〟と言うんだよ。











 ▶︎Joey Negro Boogiefied Mix
 

 ▶︎Original (1981)
 

 ▶︎Odyssey - Inside Out (1982)
 

 ▶︎Slave - Let's Spend Some (1980)
 

 ▶︎Aurra - Such A Feeling (Shep Pettibone Mix/1982)
 

 ▶︎Disco Elements - Mysteries Of The Loop (1992) ←「Such A Feeling」のアカペラをまんま使い。
 

 ▶︎Slave
music_slave3.jpg

 ▶︎Joey Negro──マスターテープを手に入れるためなら何でもする男 (笑) 。
music_joey_negro4.jpg
 photo: slothboogie.com


VOCAL_HOUSE FUNK DANCE_CLASSICS

Comment

Add your comment