もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 おっと、楽天の某酒屋が一部スポット的に「篠峯」の扱いを始めてた。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤Patrick Clerget / パトリック・クレルジェ AOC Saint-Aubin / サン・トーバン 1er Cru「Les Frionne / レ・フリオンヌ」1983 




2018_11_23Patrick_Clerget5248.jpg




 毎度アクセスありがとうございます。


 フィッチ (松屋酒店/株式会社レナ) の「お取り寄せメルマガ」で購入。在庫を抱えるリスクもあるので、店頭や楽天で扱ってる商品は一部で、実はメルマガで購入者を募って少し安く出すというスタイルでも商売してるんですね。もちろん、これらの中から楽天に出品される商品もあって──しかも楽天の方が安いしポイントが付いたりするから複雑な気持ちを抱えるリスクもあるけど (笑) ──、まあ、登録は無料だし、内容も結構マニアックなので、一応オススメしておきます。

 購入方法は欲しい商品をメールで返信して、到着後に「振り込み」か「代引」でカード決済はできません。あと、楽天で購入した商品を同梱できないので、その場合はメールでリクエストすれば (楽天経由で購入しなければ) 同梱可能です。要するに楽天でポチったワインは同梱できないということです。



2018_11_23Patrick_Clerget5255.jpg



 この「Patrick Clerget / パトリック・クレルジェ」というブランドは、いわゆる〝コレクション (セレクション)・スタイル〟の商法で、パトリック・クレルジェ氏が方々で買い付けて来た手頃で面白い名も無きワイン (もちろん試飲して旨いヤツ) に自社ラベルを貼って売るというスタイル。ちなみにブルゴーニュの日本人醸造家として近年注目されてる「Lou Dumont / ルー・デュモン」の仲田晃司氏が展開している「レア・セレクション」シリーズも全く同じ業態ね。[ウメムラで買えるレア・セレクション

 ま、オレの感覚に喩えると、方々から集めて来たマイナーなHouseの12inchに「Moukan's Selection」というレーベル・マークを貼り直して自社製品として売るみたいなもん (笑) 。なにせブルゴーニュ全体で一体いくつのドメーヌがあるのか!?というくらい無数のワインが蔵で眠ってるわけで──日本酒蔵なんかせいぜい1,500に満たない程度だけど、フランスなんかシャンパーニュ地方 (A.O.C. Champagne) だけで約5,000のブランドがあるんだぜ (笑) ?──、目利きがそうしたワインに対して自分のセンスで付加価値を与えるという商法は、特にコンディションの良い古酒を手軽に飲めることを考えれば非常に素晴らしいアイディア (これぞ「酒DJ」の正しい姿!) だと言える。






 photo: ワインのAnyway-Grapes



 というわけDE、近年「穴場」として注目されてるブルゴーニュの村名アペラシオン「Saint-Aubin / サン・トーバン 1級畑」の1983年モノが4,000円ちょいで買えるわけなので、これは味うんぬんというよりかは〝ロマンティックな時空旅行体験〟をディズニーランドやUSJの1日フリーパス券よりも安い値段で買うということと同義なわけだ (笑)




2018_11_23Patrick_Clerget4282.jpg





◤Patrick Clerget / パトリック・クレルジェ AOC Saint-Aubin / サン・トーバン 1er Cru「Les Frionne / レ・フリオンヌ」19834,093 円

Tag Link



2018_11_23Patrick_Clerget5261.jpg



 難波友在れ (なにわともあれ) 、興味のある人はいちいち細かい事を算段せずに実際に飲んでみることですね。コンディションは完璧です。ワインそのもののクオリティやキャラクターは正直「大したことない」とは思うけど (笑) 、複雑ではないものの、とにかくキレイに熟成してるので、思ってより全然フレッシュ。とはイエイ、香りは流石に完璧なブリュレです。まるで高級な洋菓子みたいで、この香りのためだけに4,000円を払うみたいな (笑) 。



2018_11_23Patrick_Clerget5270.jpg



 まあでも、純粋な白ワインとしても同じ価格帯の若いサン・トーバンなんかよりは魅力的なんじゃないの?──ルフレーヴの「マコン・ヴェルゼ」には敵わなくても。moukan1973♀も、♡☺♡「今日のシャンより旨い!」と言ってることだし。





── 2日目。

2018_11_23Patrick_Clerget5282.jpg



 さっそく細く酸っぱくなったような気も (笑) 。きっと1983年当時の「Saint-Aubin / サン・トーバン」はワイン愛好家から見向きもされないようなアペラシオンだったと思うので、そういう背景もあってのこの価格ということなんだとは思う。これがモンラッシェのグラン・クリュの古酒だったら余裕でゼロが2つは増えるわな。

 正直、これに4,000円を出すなら、あと2〜3枚ほど足してRMの熟成シャンパーニュを買った方がシアワセになれるけど、ほら、今回はロマンに対する評価だから。しかしまあ、よくぞここまでキレイに熟成したもんだ。もう一度言うけど、コンディションは完璧です。むしろもっとケレン味のある熟味が欲しいくらい。それこそ「神亀」の定番純米の方が綾瀬はるかに熟してるよ (笑) 。

 そうそう「木戸泉 - Afruge/アフス」が好きな人は普通に美味しく飲めると思うわ。この程度でもそっちよりは全然旨いから。ま、値段は倍だけどな。


moukan1972♂moukan1973






サン・トーバン Patrick_Clerget ブルゴーニュ白

Comment

Add your comment