もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 日曜に「黒澤 Type-9」の1800mlを開けました。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤本日の1曲♪【DEEP HOUSE】Art Department Presents Martina Topley-Bird feat. Mark Lanegan & Warpaint - Crystalised (Director's Cut Signature Mix/2013)  

genre tag:VOCAL HOUSE, DEEP HOUSE, ROCK/POPS, NEW WAVE
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎昨日のつづき。Frankie Knuckles (DJ) とEric Kupper (Keyboardist) が2009年に立ち上げたユニットDirector's Cutからのセレクト。極めてFrankie Knuckles的なテイストが色濃く出てますね。オレの言う、いわゆる〝New Wave的ナヨイズム〟に対するNYハウス式アプローチですね。この辺は逆にBlazeやThe Basement Boysには出せない、ゲイ・ミュージックとしてのハウス的な一面 (ダークサイドのParadise Garage素性とも言える) が高次元に濾過されつつ正しく抽出された、極めてエッセンシャルなFrankie Knucklesサウンドであり、ある意味、上級リスナーとそれ以下とを隔てるボーダーラインになり得る意匠。これでDubも素晴らしいとなりゃあ、MP3ファイル主体の今となっちゃ、アナログ盤 (12inch) が高値で取引されるのも無理のない話。個人的にも〝この感じのFrankie Knuckles〟を聴いたのは久々だし、死ぬ間際までちゃんとこういう音を作れていたことに少し感動。











 ▶︎Directors Cut Signature Mix
 

 ▶︎Directors Cut Unmarked Dub
 

 ▶︎Original
 

 ▶︎Martina Topley-Bird & Mark Lanegan
music_Martina_Topley-Bird_Mark_Lanegan1.jpg

 ▶︎Frankie Knuckles (1955-2014)
music_frankie_knuckles1.jpg

 ▶︎Eric Kupper
music_eric_kupper1.jpg
 photo: PR TIMES


DEEP_HOUSE VOCAL_HOUSE POPS NEW_WAVE

Comment

Add your comment