◤Slobodne Vinastovo / スロボドネ・ヴィナルストヴォ「Deviner / デヴィネール」2015 



となりの怪物くん浜辺美波
2018_11_18Slobodne_Vinastovo4916.jpg






 毎度アクセスありがとうございます。


 オレの不自然な闘いはもう少しだけ続く、スロバキアの自然派オレンジワインです。店主が「明日ちょうどスロバキアのワインで面白いのが入って来るので」と言うもんだから、その日は清算せずに、後日代引発送ということで乗ってみた。

 結論を先に言えば、すでに指摘している通り──「自然派ワイン」とは敷居の低いアンチ・アペラシオンなワインの集合体であり、イマドキの日本酒同様、適当に1本1本飲んでその場その場でそれなりの充実感が得られる、味そのものよりもムーヴメントそれ自体に乗りやすい楽しいジャンルである──というオレの認識はこれを飲んでも全く変わらないし、それらはまるで「必ず出口のある楽しいお化け屋敷」一つ一つのようでもある。

 これがシャンパーニュやブルゴーニュやボルドーなら1本飲んだくらいじゃ容易には出口は見つからないし、入り口に立ったのかすらも判別できないことが多いが──そもそも自分がどこにいるのかすらも全く認識できない──、自然派ワインなら話は別だ。それらは1本1本が完結した何かのパビリオンやテーマパークのようであり、飲み干せばそこには必ず一定の──「ああ、楽しかった (ああ、退屈だった) 」と言いながら笑顔でそこを通り抜けられる──優しい出口がある。そして次の新たなパビリオンへの挑戦にモチベーションの進路を切り替えて行く。

2018_11_18Slobodne_Vinastovo6d6bc.jpg この場合、大抵は酒に纏わる体験や現象は常に「個」の感性に還元され──少なくとも還元されたと感じることができ──、吹けば飛ぶような「砂状の個」をわざわざ海や沼に投げ入れることなどはしない。言わば、その世界に身を投じるか、その世界そのものを小さな自分自身の生活現象の中に取り込むかの違いではあるだろう。

 身の回りの調度品選びに関する自らのセンスを確かめるように、今日も海には潜らず、海岸でキレイな貝殻を拾っては写真に撮り、そして時にはそれらを部屋に飾る。常に安全で、身を滅ぼすような危険が一切なく、1つ1つの現象は今日も優しい風に揺られながら「個」の感性へと──まるで何かの夢から醒めるように──吸収されて行く。「自然派ワイン」という現象が「生活スタイル」の一要素として混ざりがいいのは、文学的に説明すればそういうことである。



2018_11_18Slobodne_Vinastovo4925.jpg





◤Slobodne Vinastovo / スロボドネ・ヴィナルストヴォ「Deviner / デヴィネール」20153,610 円

Tag Link



2018_11_18Slobodne_Vinastovo4892.jpg



 立ち香──ほう。なんかスゲえグレープフルーツ。酒つうかジュースの香り。ちょいペトロール香。いや、日本酒で言う7号酵母的なセメダインに近いか。♡☺♡「なんか美味しそうな高級ジュースの匂いがする (笑) 」。dಠಠb「違う違う! これ、伊勢角屋のペールエールの香りとほとんど同じだよ!」。♡☺♡「あああっ (笑) !」。すごく身近で馴染みのある香りだと思ったら、完全にペールエール系のCTフィールド全開 (しとらすふぃーるどぜんかい) 。

 旨いのか!?──。

 ♡☺♡「あああ。ジュースだねえ。アハハ。面白いというのとも違うんだけど、ワインっぽくない。薄いジュース? ただの不抜けたグレープフルーツジュースみたいなんだけど。旨くも不味くもない。よく分からない飲み物 (笑) 。



2018_11_18Slobodne_Vinastovo4896.jpg





 飲みやすぅ〜いッ!!!──味に「肉」がない。お茶みたい。カロリーゼロ飲料みたい。気の抜けたコクや旨みや甘みに乏しい伊勢角屋のペールエールみたい。やっぱオレにはアジアのストレンジなお茶という感じなんだよなあ (笑) 。骨格なんかヌワイ。ALC.も11%なので、酒としてのワイン度も薄め。しかしまあ、自然ワインというのは──「シャブリだってシャンパーニュだってそうじゃねえか!」と言われれば返す言葉もないけれど──、基本どれも同じ

 ♡☺♡「薄い。旨いシャンの味を知ってるから物足りない。アガれない。今日をこれで終わりたくない。」──「・・・けど、なんか段々ハマって来ちゃった (笑) 。軽くてALC.度数が明らかに低いから疲れないし、どっちか言うと昼間に飲みたい感じ。夜には物足りないけど。



2018_11_18Slobodne_Vinastovo4903.jpg
 ▲焼き卵かけ御飯チーズ乗せ。



 これを「面白い」と言われてもな (笑) 。オレの場合は常に〝面白さ〟より〝旨さ〟を重視するんだけど、次に店に行った時は少し込み入った話をさせてもらおうか。他人の感性がオレを感動の渦に巻き込むケースは極めて稀だけど、もう一度くらい彼 (年上の元ワイン業界で働いていた人) にもチャンスをやるか。逆の立場ならオレは1発で仕留めるけど、それはまた別の才能だから仕方ない。

 実はもう1本だけこの店で買った不自然なアルザスがあるんだけど、今のところ、普通に飲めるのは、白だとマザー・ロック・ワインズ、赤だとジュリアン & アラン・ギュイヨくらいかな。それでも普段飲んでるシャンパーニュの方が綾瀬はるかに旨いけど、値段が倍くらいするので、そこは当然か。


moukan1972♂moukan1973






自然派ワイン オレンジワイン 浜辺美波

Comment

Add your comment