もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 今週の『歌謡ゲスオテン (通うゲス男テン) 』、初登場1位。一番悲惨なのは桐谷くん。ヒット&当たり役の予感もあっただけに。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤Alfred Gratien / アルフレッド・グラシアン グラン・クリュ ブラン・ド・ブラン 2009 




2018_11_13Alfred_Gratien4675.jpg
 ▲『ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2018』受賞おめでとうございます。[俺たちのTOKYO POP LINE][modelpress][授賞式の動画 ①][授賞式の動画 ②]←相変わらず司会者の子供をあやすようなトーク・ニュアンスがウザい。今こそ沢尻エリカの「別に爆弾」が欲しいぞ (笑) 。


ノエル・ア・ラ・モード2018
 ▲『ノエル・ア・ラ・モード2018』@伊勢丹新宿店本館6階・2018年11月20日 (火) 〜26日 (月) 開催。今年は経費削減なのか、会場に紙のMAPが用意されてないので、効率良く回りたいなら事前のプリントをお薦めする。[会場MAP


2018_11_13Alfred_Gratien5044.jpg
 ▲さっそく初日を覗いて来た。なかなかの盛況ぶり。販売員は「レアレア」煽るが、楽天でどっちも売ってるしコレより安い (笑) 。ただ、右の「パラディ 2007」は試飲すべき。うちで開けた「ケナルデル 2004」には及ばないが似たような熟成のニュアンスを体験できる。ちなみに今年はブラン・ド・ブランのミレジメは販売せず。


2018_11_13Alfred_Gratien5046.jpg
 ▲狂気のデパート価格。


2018_11_13Alfred_Gratien5048.jpg
 ▲同じ輸入元が展示してる「ピエール・ペテルス 2012」は薄い。NVの方が安くて旨い。






 毎度アクセスありがとうございます。


 Alfred Gratien / アルフレッド・グラシアンはシャンパーニュとっての実質的な首都とも言われるエペルネ / Épernayに拠点を置く1864年創業の老舗ネゴシアンで、約65のブドウ栽培農家と長期栽培契約を結んでおり、その総面積は約55ha分にも及ぶ。このエリアには、かのモエ・エ・シャンドンの他、ポール・ロジェペリエ・ジュエなども軒を連ねる。去年の伊勢丹シャン祭りで買ったヤツを遂に開ける。



Vallée_de_la_Marne_Epernay



 このメゾン最大の特徴は、すべてのベースワインを5年以上使用された中古の228L樽をシャブリの生産者から購入して一次醗酵・熟成させるということ。もう一つはマロラクティック醗酵は一切行わないということ。それもあって、よくクリュッグボランジェなんかと同じ文脈で語られることも多い。

 メニル、アヴィーズ、シュイィ、クラマン、オジェのシャルドネをアッサンブラージュ。ドザージュは9〜10g/1L、瓶熟成は約48ヶ月間。よく考えたら、これって一体いつのデゴルジュだろうな。2009なので、実際には瓶詰めされてから7〜8年は過ぎてるはずだけど。



2018_11_13Alfred_Gratien4684.jpg





◤Alfred Gratien / アルフレッド・グラシアン グラン・クリュ ブラン・ド・ブラン 20095,940 円)←De Sousa2本セットで11,880円

Tag Link



2018_11_13Alfred_Gratien4624.jpg



 というわけDE、旅行から戻った日に開けました。

 立ち香──まるでピノのような芳醇かつラブリーなベリー感に満ちてるものの、実際にはシャルドネ100%のブラン・ド・ブラン。タマにあるよな、ブラン・ド・ブランなのに愛らしくベリーなヤツ。そういう意味ではシャルドネ林檎とは対極に位置する香りMAP。

 これは問題ない──。

 ♡☺♡「ヤヴァイ。酸っぱい。結構酸っぱい。旨い。飲んじゃう系です。うぉ〜、酸っぱい。旨すぎる。こんなの家で飲んでたら外食がますます厳しくなるわ。



2018_11_13Alfred_Gratien4627.jpg


 素晴らしい。樽発酵による酸化のニュアンスは、焦げ感というよりは、まるで梅のような酸に結びつくタッチで表現されてる。ノンマロ蔵なんだけど、一定のまろやかさもありつつ、それでいて酸の鋭さはしっかり。透明な果実味の中にビッシリと敷き詰められた豊かなミネラル感──それが長い余韻の中でゆっくりと柔らかくほどけて行く様は余りにも美しい・・・。

 残念なことにコレ、数が少ないらしく、楽天なんかでも見掛けません。「ブリュットのミレジメ」と「パラディ」は売ってるんだけど、なぜか「ブラン・ド・ブランのミレジメ」はレア。コート・デ・ブランのブラン・ド・ブランとしては非常に優美かつ明るいトーン。まだまだフレッシュなので、ストックしてる人は慌てて開ける必要ナシゴレン。

 久々に高級ワイングラスで家呑みする当たりのシャンパーニュはこの上なく最高です。まさに翼を得た気分。


moukan1972♂moukan1973






Alfred_Gratien 浜辺美波 コート・デ・ブラン シャンパン シャンパーニュ Champagne

Comment

Add your comment