もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 チャリは寒いけど (逆に汗が冷えてスースー) 、お燗用の1800mlを買って来た。これでしばらくは安心。その店、去年から〝あの銘柄〟を扱うようになったのでオレにとっては更に便利。他に気になったのは「諏訪泉 阿波山田錦 Vintage 2015」とか、もはや「生酒コーナー」なんか見向きもしなかったよ (笑) 。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤Belle Glos / ベル・グロス ピノ・ノワール「Las Alturas / ラ・アルタラス」2016 




2018_11_5Belle_Glos4235.jpg





 毎度アクセスありがとうございます。


 宿泊先のステーキ・レストランで頼んだので、実際の売値は知りません。楽天にも引っ掛からないし、これの上級キュヴェ「Clark & Telephone Vineyard Pinot Noir Santa Maria Valley」の方が有名みたい。

Caymus Vineyards / ケイマス・ヴィンヤーズ」というナパ・ヴァレーのカベルネ・ソーヴィニヨンにおけるTOPワイナリーの親玉チャック・ワグナーの息子たちが手掛ける別ブランドで、この「Belle Glos / ベル・グロス」は次男が担当する、ピノ・ノワールに特化したブランドの模様。詳細は下記リンクをご覧下さい。



2018_11_5Belle_Glos4233.jpg





◤Belle Glos / ベル・グロス ピノ・ノワール「Las Alturas / ラ・アルタラス」2016たぶん店舗価格は3,000円前後と思われ

Tag Link



2018_11_5Belle_Glos4232.jpg



 ちょっと粋がってピノ・ノワールなんぞを頼んでしまったけど、普段シャンパーニュのピノ・ノワールしか口にしてない我々からすると、もはや甘口ワインという (笑) 。ジューシイで、まろやかなコクのある果実味たっぷり系だけど、まあ、人懐こいです。フィネスだのエレガンスだのとは無縁。



2018_11_5Belle_Glos4236.jpg



 ワインそのものは割りとどうでもよくて、とにかく我々が牛肉を──特に焼いた牛肉というモノを1年に数えるくらいしか食べないので、この400gのリブステーキをガツガツ食ってたら、途中で頭に血が上って──不意に心拍数が急上昇して (不自然に身体が滾って) ──めまいスレスレ気味にクラクラしちゃったよ (笑) 。

 余ったから部屋に持ち帰って翌日も飲んだけど、まあ、甘いです。不味くはないけど、別にまた飲みたいとも思わない。これだったら不自然な赤 (ジュリアン & アラン・ギュイヨ) の方が旨いし、やはりペスケラは旨かったんダナート (笑) 。

 ちなみにシャンパーニュは3種類だけオンリスト。ニコラ・フィアット、ヴーヴ・クリコ、そしてドンペリ (笑) 。



 

2018_11_5Belle_Glos妖怪ウォッチ



 あと、この状況を分かりやすく説明するのはオレの文才を以てしても非常に困難なんだけど、敢えて人の想像力を駆り立てるために諸々を省略してオチだけを書くと、このステーキ・レストランでは、なぜか有線で『妖怪ウォッチ 〜ようかい体操第一〜』が流れて来ました。田舎の国道沿いの深夜ファミレスでも、なかなかここまでの曲は流れて来まい。


moukan1972♂moukan1973






カリフォルニア Caymus_Vineyards

Comment

Add your comment