◤黒龍 - 大吟醸「しずく」29BY (9月下) <福井> ── dಠಠb「キング・オブ・クソザケ。この酒の素晴らしさが分からない人生で心底良かったとすら思う──ただし、RSよりOKNの方が旨いことだけは知ってるけどな。」#High Grade 




kokuryu_shizuku29by1.jpg
 ▲酒を酔うために飲まなくなって一番変わったこと──それは「辛い料理」を全く食べなくなったこと。これも当然「甘口」です。[15秒Ver][30秒Ver][なぜか〝お蔵入り〟になった干焼蝦仁][あらびき肉入りシリーズ

 ▼年頃の兄妹が一緒に料理しながら見つめ合うの状況はもはやファンタジーですらない (笑) 。これ、完全に新婚さんの絵な。兄妹設定を活かすなら、美波ちゃんが「うちの兄貴、料理が上手なんだ〜」と言って学校の友達 (男) を連れて来る。それを涼真が嫉妬して、意地悪でスゲえ辛い麻婆豆腐を作ってキャツに食わせる。男の子は余りの辛さに涙を流しながら無理して「お、お兄さん、りょ、料理、と、とっても、お上手・・・なん・・・ですね!」と言い、それを美波ちゃんが褒めたと勘違いして「でしょ!」と笑顔。涼真もドヤ顔。場面切り替わって兄妹が試食。互いに顔を見合わせて「おおおおおおおっ!!! (目が飛び出るほど辛い) 」。
kokuryu_shizuku29by2.jpg
 bottle size:720ml





【704】黒龍 -こくりゅう- 大吟醸「しずく」29BY (9月下) <福井>

黒龍酒造 株式会社:http://www.kokuryu.co.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:兵庫県東条産 山田錦/35%
▪︎酵母:自社培養酵母
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:非公開。 (※+4/1.5/0.9のイメージ。)
▪︎ALC:15%
▪︎処理:加水火入れ。一回? 二回?──もはやどうでもいい。
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2018年9月下旬
▪︎管理状況:2018/10/23に購入、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年10月27日 (土) /1本目に開栓。
▪︎JudgementOn List / Not On List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/unsufficient/faulty/undeterminable

※On Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On Listの「good」とNot On Listの「good」は同じではない。On Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「undeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




kokuryu_shizuku29by3.jpg
 ▲本当はオレたちだって「しずく」を飲んでこの表情をしたかったさ。



 先日「西荻窪」に行く用事があったので、近隣の酒屋に「冩樂 なごしざけ」を買おうと思って出向いたらまだ「雄町」があって「このへんが売れてから出します」と言われて、それで偶然にも目の合った「しずく」を買ったらエライ目に遭ったの巻です。


 立ち香──オールドスクールな吟醸蔵によくある、くぐもった粉っぽいバナナ香。「金賞」狙いの高精白の山田錦にありがちな華やかさは全くヌワイ。むしろなんか草っぽい雑味すらを感じるんだけど、これ本当に大丈夫なのか!?

 ♡☺♡「あああ。辛い。なんの感動もないよ、別に。ただ、まあ、アル添らしいスッキリ感はあるよ。妙にスッキリしてる。これ、磨きいくつ? 35? まあ、それなりだよ。



kokuryu_shizuku29by4.jpg



 コレを買うヤツは、オレも含め、バカですね。全く旨くない。喉を焼く辛みはない。ただ、渋くて苦いだけ。薬みたい。いいところを何も探せない駄酒。新生「生酛 山城屋」を水で薄めたみたい。食事の邪魔にはならないだろうけど、うちの冷蔵庫にとっては激しく邪魔。死んだ方がいいですね。こんなクソ酒を有難がってるヤツは、その広い心と優しさを活かして神父に転職した方が世のため人のため。

 ♡☺♡「5,400円も出してコレならシャンを買った方が全然いい。造った本人はコレを飲んでどう思ってるんだろうね。旨くもなんともない。

 酒屋も酒屋だよ。こんな酒、蔵元に突き返せよ。今さら「金を返せ!」とは言わない。そうではなく、まずはキミたちが自らの信憑性を取り戻すべきではあるだろう。こんなんじゃ「日本酒」が「世界のSAKE」になるまでに、まだまだ時間は掛かる。





── 夜に改めて。

kokuryu_shizuku29by5.jpg



 ・・・全く旨くない──ワインの後に飲んでも甘く感じないとは、一体どんだけ味気ないんだ。何を偉そうに。ゼロから出直せ、このヘッポコ老害酒。キング・オブ・クソザケ。ある意味、究極の厚顔無恥





── 2日目。

2018_10_21LAUNOIS3751.jpg
 ▲去年に続き、今年も「金沢マラソン」でゲストを務めた美波ちゃんはビジュアル的に今年最高の仕上がり。プロが自流でセットアップしたグラビアやCM映像より、自然界にシレっと舞い降りたところを素人がパシャパシャ撮った方が圧倒的にカワイイとか、ドイツもコイツもソイツもアイツも、これまたゼロから出直して恋。


 photo: tomtomn@tomtomn5



 少しギスギスが緩和されたので、別に旨くはないけど、初日よりはマシ。香りにケバい華やかさがないのはいいんだけど、そうかと言って「味吟醸」というわけでもなく、別にテクスチャーが美しくシルキーなわけでもなく、むしろ「袋吊り」という「酸化促進搾り」により、この華奢な酒には耐えられない渋みの立体さえ芽生えてます。「袋吊り=滑らか」は虚妄。「濾過あらばしり」の方がどう考えたってシルキー。

 これが「黒龍 しずく」と知らなければ文章を書くのも億劫なほどにジョウジェモニイ (どうでもいい) 酒です。早く忘れたいけど、クソ酒ほど忘れられないのがオレの性格の歪んだところ。実生活でも、楽しい事なんかすぐに忘れる。もちろん、イヤな事は一生忘れない (笑) 。





── 4日目。

kokuryu_shizuku29by6.jpg



 本日も素晴らしくジョウジェモニイ酒。こんなクソ酒を抽選販売とか──オレは普通に買えた──、ある意味、スゴい。コリっとした硬めの米の旨みに当たるので、意外に「お燗」なんじゃないの?──今日はやらないけど。

 日本酒を本格的に飲み始めて4年が過ぎたけど、こういうどうでもいい酒をちゃんと「どうでもいい」と言い切れるようになるためのキャリアなのかねえ。人は結構「権威」に弱いから。

 もしもこの酒が〝オレの理解できない次元で素晴らしい酒〟なのだとしても、それを理解できない味覚の持ち主であることを、心底良かったと思える。



kokuryu_shizuku29by7.jpg
 ▲そういや、中村倫也って日本酒好きなんだってな。ちゃんと旨い酒を飲んでるのかなあ。←余計なお世話 (笑) 。


 いや、ワイングラスの残りを捨てるのもアレなんで、グイ呑みに移して少しだけレンジ燗にしてみた。

 冷酒よりはマシ。その生来的な野暮ったさが見栄もなく正しく表に出るので好感度が上がります (地下深くまで潜ってしまった好感度が地上スレスレにまで戻ります) 。というわけDE、残りは熱燗で頂きます。これで捨てずに済みそうです。ありがとう、キャリア!





── 6日目。

kokuryu_shizuku29by8.jpg



 相変わらずRSは旨くも何ともヌワイ。渋っ。

 そうかと言って、別にお燗も特には旨くもないんだけど、米の甘みと旨みが膨らむので、食べ物的な量感が生じるということなんだよね。そこそこ辛口だけど、さすがに精米歩合35、八海山の本醸造とは滑らかさが違うなあ (笑) 。720mlがコンビニで980円なら買ってもいいかな──ウソだよ、買わねえよ。



 



 これ『芸能人格付けチェック』で1,500円くらいの味の濃い生酒と比較させたら、それなりの知識と経験がなければ──味がしないから逆にこっちの方が高いと分かるみたいな (笑) ──、まず「黒龍」に勝ち目はヌワイでしょうね。

 まだ1合弱ほど残ってるよ。マジで面倒臭い酒ですね。これを一口飲んで捨てられる人間に、そういうニンゲンにワタシはナリタイ


moukan1972♂moukan1973






日本酒 黒龍 浜辺美波 not_on_list_faulty

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

シャンパーニュですら、クリュッグのクロやサロンのオールド・ヴィンテージでもない限り、滅多に10万は超えませんせよ (笑) 。アンリオの「キューヴ 38」のマグナムですら10万以下で買えますよ。そもそも「黒龍」ごときが酒偏差値でコレに勝てるワキャないんですよ (笑) 。

アンリオ「キューヴ 38」
http://www.fwines.co.jp/pdf/news_20150318.pdf
http://mathusalem.jp/?pid=91085978


ホント、所詮は田舎者同士の〝馴れ合いワッショイ〟ですね。その前に「しずく」のテコ入れしろよと。恥ずかしいったりゃヌワイですね。

そこに「篠峯 愛山45生 2015」を紛らせておいたら幾らの値が付くんでしょうか (笑) 。


2018.11.02 Fri 21:50
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

そうそう、黒龍の例の熟成酒は四合瓶で10万円以上するらしいですね。

ソゾカシオイシインデショウー
2018.11.02 Fri 21:39
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To おみずさん



毎度です。

ちょっと久々でしたね。いやあ、うちら夫婦も、朝起きて最初の一言が「腰痛え」ですからね (笑) 。


──僕も10年以上飲んでないから今の味が全然わかんないんですけど昔からスッキリ甘いだけの酒でしたし甘さをとったら何も残りませんね。

ホント、少なくともこの29BYは全然甘くないですよ。むしろ渋いです。お燗にするとフワっと旨みが膨らむので、そこでようやく甘みが顔を出す感じです。なにせ超酸っぱいサンセールの後に飲んでも甘く感じないので (笑) 。

だったら分かりやすい金賞ライクな大吟醸──龍力の「米のささやき」的な──の方がマシですよ。


──が、夏吟は結構良かったです!(笑)

ここの酒って、安い酒の方が上質じゃないですか? ひやおろしの本醸造とか。僕も「生貯蔵 吟十八号」なんか、普通に好きなんですけどね。


──休肝日作りつつビール少しかウイスキーを舐める程度に飲んで寝る生活を送ってます。

マジで大丈夫すか!?

僕らは日本酒の量が減って逆に内臓への負担は減りましたが、ワインやシャンパーニュだと量を飲めるので、つくづく日本酒の生原酒は酔いのコスパが高いですね。1合も飲めばイイ感じに酔えますからね (笑) 。


──でも仙禽の赤とんぼは買って飲みましたよ!もうちょい熟成した方が甘味との調和が良さそうな気がして2本ほどストックしてますので体調と相談してそのうち開栓予定です。

中身26BYより軽いんですよね。味の情報量が少ないというか、ベテラン感がないというか。ですが、逆に同じ期間の熟成でここまで軽いので、中身26BYより長命かもしれません。室温が15℃くらいになったら春まで外に出しても面白いかもしれません。

いずれにせよ、仙禽のこの感じは実に久々じゃないでしょうか。もはやロマンであり、ノスタルジーですが。

お互い、健康には気を付けたいですね。酒が飲めないと夜が静かでソワソワして落ち着かないんですよね (笑) 。声まで小さくなって・・・。


2018.11.02 Fri 11:30
Edit | Reply |  

Name - おみず  

Title - 当たり屋お疲れ様です

ご無沙汰しております。
地元の誇る黒龍しずくはダメですか・・・
僕も10年以上飲んでないから今の味が全然わかんないんですけど昔からスッキリ甘いだけの酒でしたし甘さをとったら何も残りませんね。
蔵元や酒屋には猛省して欲しいですしドヤ顔でインスタとかにあげてるの見ると笑っちゃいます。
が、夏吟は結構良かったです!(笑)

最近アルコール摂取で発疹が出て体調が悪くなる頻度が高くて・・・
内臓がヤバいとかそういうのではないんですが・・・
日本酒は開けると飲み過ぎちゃうのでほとんど飲んでません。
休肝日作りつつビール少しかウイスキーを舐める程度に飲んで寝る生活を送ってます。
でも仙禽の赤とんぼは買って飲みましたよ!
もうちょい熟成した方が甘味との調和が良さそうな気がして2本ほどストックしてますので体調と相談してそのうち開栓予定です。
2018.11.02 Fri 11:12
Edit | Reply |  

Add your comment