もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

☆短期集中連載☆【Xmas Recommended Champagne】は【16】まで更新。(12/15/15:43)
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤篠峯 - 山廃 純米吟醸 雄町 7号酵母「秋色生原酒」29BY <奈良> 




shinomine_akiiro29by1.jpg



 篠峯 (しのみね) です。今年から「山廃」に変更された──来年以降どうなるかは分からない──「秋色生原酒」は「雄町60&7号酵母」というが基本的なレシピで、28BYに新発売された「山廃雄町66」は6号酵母なのでお間違いのないよう。一緒に「生酛 純米 (山田錦&7号酵母) 」と味クラーヴェしましたが、我々夫婦の意見は同じで、残念ながら旨いのは生酛の方です

 オレ個人の認識としては、チヨメン雄町は、今のところ「Type-M」があれば、少なくとも「秋色生原酒」は要らないです。もっと言うなら、今回のように傍に「生酛 純米」を置きながら飲むと、これはなかなか減らないです。




shinomine_akiiro29by2.jpg
 bottle size:720ml





【696】篠峯 -しのみね- 山廃 純米吟醸 雄町 7号酵母「秋色生原酒」29BY <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:赤磐雄町/60%
▪︎酵母:7号酵母
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+10/2.4/1.0
▪︎ALC:16-17%
▪︎処理:中取り生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2018年8月
▪︎管理状況:2018/10/1着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年10月8日 (月) /1本目に開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




shinomine_akiiro29by3.jpg



 立ち香──開けた直後に雄ナラ香 (笑) 。この生乾き臭というか硫黄温泉臭は、雄町の生酒なんかでタマにあるけど、必ずしも味に反映されるわけでもないので、瓶内で溜まったガス成分由来の、いわゆる「還元臭」かもしれない。穏やかながら、系統としては「Type-M」なんかでも探せる、やや光沢感のある日本酒的なブドウ。スリムにフルーティー。ほんのり木香ライクな渋みのヒント。「生酛」と比べると、若干の〝くぐもり〟を感じる。

 ♡☺♡「あああ。乳酸。飲みいいです。嚥下がスムース。ちょい苦い?

 ドライでシャープ。液性が、ややゴワゴワと不透明かつ、ドクドクと高血圧。29BYの「凛々」や「田圃ラベル Azur」なんかを飲んで感じた、オレ基準での、少しクドめの量感を得る。「日本酒度:+10」という属性はどこに掛かっているのだろう。喉を焼くような辛みはなく、どちらかと言うと、むしろ引き締まったミネラリティを誘発するタイプで、良く言えば「筋肉質で堅牢」──悪く言えば「見晴らし悪く鈍重」。そして、味わいは、やや平面的かつハードボイルド。要するに「これじゃなくちゃダメなんだ」感に乏しい──これに尽きる





── 2日目

shinomine_kimoto_junmai29by5.jpg


 まとめてイキます。

 立ち香──「生酛」の方がポチャっとした果実感。赤い果実のニュアンス。「山廃」はややスモーキー。色は「生酛」の方が黄色い。ちなみに昨日言うのを忘れたけど、どちらにもガス感はあります。

 まあ、より旨いのは間違いなく「生酛」の方ですね。舌に粘度のタカーメの甘酸っぱいジャムが乗っかるようなニュアンスが明るくチャーミング。そこらの田舎臭い銘柄の酒だと人懐こくて野暮ったくなっちゃうんだけど、流石は堺杜氏、これだけチャーミングな味わいであっても、一定のエレガンスと洗練は決して失わない。

 一方の「山廃」は少し苦く──ホロ苦いのではなく、酒にしっかり溶け込んだ、酸や辛みと手を取り合うタイプの苦み──、それゆえ、余韻の最終段階には望まぬ跳ね返りがあり、酒の表情としてはハードボイルドかつ無口。退けにかけて乳酸フレイヴァーの戻り香があるものの、言うほどそこまで「山廃」っぽくないのと、7号酵母に求める光沢感が少し足りないのとで、やっぱチヨメン雄町は、基本「Type-M」があれば、これは要らないです。そこまで悪い酒ではないけど、他に出来の良いチヨメンは、少数だが、確実にいて、これがそれらの同じクラスに入ることは、少なくとも我が家ではヌワイ。



 2018年09月10日『海老のにぎわい』新発売!
shinomine_kimoto_junmai29by6.jpg
 ▲三幸製菓『海老のにぎわいは、まるで無数の「かっぱえびせん」の1つ1つがジブリ・アニメのような動きの中で寄せ集まって1つの巨大な海老モンスターになったかのような味わい。つまり、これを「海老おかき」ではなく、巨大&硬化した「かっぱえびせん」と認識すると意外に楽しい。moukan1973♀曰く、♡☺♡「エビの味は濃いけど、少し粉っぽい。」ということだが、これは油の量で調整できる。当社比『贅沢かき餅』並のオイリーさがあれば、少なくとも、オレの胸を打つことは可能だ。



生酛」の方の方がキャンディーっぽい乳酸に弾力感があって、直接旨みの立体性に寄与するからキャッチーだし、なにより非速醸の酒を飲んでる充実感や楽しさにコネクトしやすい。28BYからの新商品である、9号酵母のちょっとお高い「生酛 純米大吟醸 山田錦50」なんかより──少なくとも「今の純米」と「あの日の純大」との比較においては──全然イイ。もちろん、最終的にどうなるかはわからんけど。

 2つを並べて飲んでいると、ついついオカワリの手が伸びるのは「生酛」の方だ。銘柄やスペックや味や香りのタイプを問わず、オレにとって良い酒に共通のした属性──口内の見晴らしが良く、酒の隅々までクッキリと焦点が合い、透明感があり、そして口どけが軽く飲み疲れしない──を装備しているのは、間違いなく「生酛」の方である。まだまだ細部に仕上がり不足の面があり、目を見張るほどの「美酒」には育っていないが、現時点でも十分に旨い。そして、半年後の1800mlの方が、たぶんこの720mlより、綾瀬はるかに旨いはずだ。





── 3日目。

shinomine_kimoto_junmai29by7.jpg
 ▲火曜ドラマ『中学聖日記』より。大学生やヲトナ役が高校時代を回想しているのではなく、単に19歳の新人が学ラン着て中学三年生を演じてるだけ。さすがにこれは無理がある。婚約者のいる平凡で真面目な女教師が思春期の鬱屈した15才に恋するという設定だけど、これだと、ただのイケメンを好きになる絵にしかならない (笑) 。つまり「それ、ありえないっしょ!」という驚きが絵の中に全くヌワイ。普通、15才って見た目が子供だからね──たかだか「私立ちんげ学園」の三年生。そんな「15才」という概念を数字の説明だけで済ますのって、モノ作りとしては信じられないくらい雑な処理。まずは「絵」で「15才」を説明しないと。コメディならいいけど、不気味なくらいシリアスなドラマでこれをやられても・・・。



 ▲いるじゃん、人気実力者が。2004年6月17日生まれの14才。彼が婚約者から有村架純を奪うところがスリリングなわけだろ (笑) ?



 ブレンド──山廃:50%、生もと:40%、熟娘:10%くらい。

 立ち香──おっと娘パートのバニラを感じる。

 問題なく旨いのはいいとして、もはや、元ネタ3本のそれぞれの表情が感じられず、全く別の酒として生まれ変わってる (笑) 。瑞々しい透明感のあるフルーティネスは「生酛」で、おそらく「山廃」は「熟娘」と結びついて、元来の苦みに甘やかなバニラアイスやプリンのフイレヴァーが重なる流れ。



shinomine_kimoto_junmai29by8.jpg
 ▲有村架純が婚約者を捨ててまで鈴木福くんに走るという設定、これを「絵」で説明する必要があるんだよ。いくら手垢にまみれてないからって、それを新人のイケメン19才に丸投げするのは、いくらなんでも酷だろ。つうか、原作を少し改変して、別に『高校聖日記』でよくね? ま、そこはあえて『浪人聖日記』にして有村架純を家庭教師役にした方が卑猥でいいけど。



 ワイングラス──。

 酸の集中力は増すけど、やや筋肉質な味筋になるので、どちらかと言うとグイ呑みの方がチャキっと愛らしくジューシイ。しかし「熟娘」は強えな (笑) 。隠し味くらいしか入ってないのに、このブレンドの行方を完全に支配してるわ。これはシャルドネにとっての「樽」のような存在なのだろうか。一気に奥行きのある複雑性が増す。

生酛」は1800mlで拾いたいな。思ってたより筋がいいし、この抜け感のあるクリアネスというのが今のオレのテーマであるので、透明なエキス感とフルーティネスに出会えた時点で、迷わず声を掛けるんですよ──「ねえねえ、そこの透明ちゃん、オレと一緒に深い眠りにつかない?」ってさ。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 生酛 山廃 篠峯 雄町 not_on_list_good

Comment

Add your comment