◤篠峯 - もろみ (活性にごり) 純米吟醸 生酒 27BY ── ♡☺♡「そこはあえてドライとは言いたくないんですけど、まあでも・・・」#Shuwa-Shuwa, Nigori 




 週末なのでシュワシュワ酒、開けます。我が家でもはじめていただきます。毎年12月にリリースされる活性にごりなので、超飲み頃に育ってそうです。期待です。

 秋山の店主が言うには、篠峯は火入れやにごり系などのVer違いも含めると120種類くらいの商品があるらしいので、まだまだわたしたち夫婦も篠峯ビギナーですね (笑) 。

 同じもろみの中取りVerもありますが、そちらはいずれ──27BYは出てない?──。原料米は「吟風&雄山錦」 (26BYは五百万石&吟風) ですが、どういう配分なのかはわかりませーん。酵母は協会9号を使用、磨きは50%です。これで4合瓶が1,400円 (税抜) なんて、なかなかにお手頃なプライスです。活性にごり系は年末年始にリリースされることの多いジャンルですが、ジワジワと暑くなってきた今こそ、飲み頃に育ったものを後追いするのも面白いかもしれませんヨ。

 参考までに、数値は「日本酒度:+5、酸度:2.0」になってます。




shinomine_moromi1.jpg

shinomine_moromi2.jpg
 bottle size:720ml





【111】篠峯 -しのみね- もろみ (活性にごり) 純米吟醸 生酒 27BY <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:




shinomine_moromi5.jpg オリの量は「而今にごり」の半分くらい、「廣戸川にごり」よりちょっとだけ少ない程度ですかね? とはいえ、一応「爆発注意」のアラート表示のある活性にごりなので、開栓と同時にオリがオートマティックに上昇してくるみたいです。ホントは最初に上澄みだけで呑みたいたいんですが、さて、どの程度のガスでしょう。開けますヨ〜。

╬ 開ける、上がってくる、締める、開ける、上がってくる ╬

 これを5〜6回ほど繰り返して、ようやく落ち着きました。結構元気でした。

 立ち香は乳酸系の甘やかなタッチ。活性にごり共通の、アレです。ニュワリとした麹由来の粘り気のある酸もありますね。まあでも、そこは篠峯、古臭い酒感はないです。香りは割と大人しめながら、吟醸レベルの滑らかな精米感もあります。

 含みます──。

 Wao、シャープ!

 ガスはシッカリあります。にごり酒としての質量感は、オリの量に比例して比較的軽やかです。全然重くないです。むしろ、半年ほど寝てたので、もっとトロんとした甘旨な感じを予想していたんですが、全然シャープです。


shinomine_moromi6.jpg 甘みの質量はゴーストレベルで、まるでカロリーオフ系の実体のない軽やかな甘さがほんのりと。そこはあえてドライとは言いたくないんですけど、まあでも、これをドライと表現する飲み手もいるはずだと思える程度にはドライですかねえ (笑) 。旦那は「別に苦くないじゃん」と篠峯擁護な感想を言ってますが、わたしは少し強めに苦みを感じました。

 今日は食前酒的に、先ずは120mlほど夫婦で酒だけ飲んでますが──食事はまだまだ先、わたしは今、出張の準備に取り掛かりました──、食前酒というより、完全に食事と一緒にガブガブ飲めるタイプの活性にごりですね。そういう意味では飲むというエンタテインメントに乏しい酒質ですが、このシャープな感じもなかなかに得難いです。

 温度が上がってくると酸に締まりが出てきます。「萩の鶴/猫ラベル生」なんかを思い出しました。これよりは更にシャープでキレますけどね。

 あ、少し温度が上がってきた方がわたしは好きです。こういう言い方は激しく好きじゃないですが、飲みやすいタイプのにごりです。

 つづきは明日になるかな? あと一杯くらい後で飲むかな? そこは全て旦那任せです


moukan1973





── 2日目。


shinomine_moromi3.jpg フイワー (ワイフ) が仕事で鹿児島に行っちゃったのでオレが書くぞ。いやあ〜、たまの独りはサイコウだぜ (笑) 。これで酒が強くて一升くらいペロっと飲めりゃ更に最高なんだけど、独りでテンション高めでも酒が強くなるわけじゃないところが切ないじゃないの。

 さて、ようやく甘酸っぱいタッチも出てきたけど、まあ、シャープ。ガスはほとんど抜けちゃったよ。約半年寝かせてこんなもんかあ。まだまだ味が完全には出切ってないような気もするなあ。全然フレッシュだよ。もっとドゥワっとモッツリ旨みと甘みが肥満気味に膨らんでてもいいんだけどな。

 ただまあ、そもそも篠峯は甘みや香りに大きく舵を切った味設計の銘柄ではないので、そこを求めるのは筋違いじゃないかという話もあるにはあるが、あるが、それでも、もう少しわかりやすく甘みを出してもいいと思うけどな。「ろくまる八反」も去年よりシャープなバランスだったし、全体にそういうニュアンスにマイナーチェンジしているんだろうか。

 残念だが、而今にごりの代わりにはならない──而今にごりに近いのは、むしろ「ろくまる雄山錦うすにごり」の方かな。


moukan1972♂






日本酒 篠峯

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To 黒っぽいねこさん

毎度です。

さっそく28BY、いきましたか。レポートありがとうございます。記事の27BYは「無味」でした・・・。残念ながらこれの26BYは飲んでません。今更ながら後悔してます。。

ニゴリ系は木香が出にくいらしいので、逆に28BYの一発目に選ぶならコレがいいかもしれませんね。近所の店 (マチダヤ) でも見かけたので、買ってみますかね。

「ろくまる雄山錦うすにごり26BY」、8月の時点でそこまでガス残ってましたか。それは楽しみです。

2017.01.10 Tue 00:22
Edit | Reply |  

Name - 黒っぽいねこ  

Title - 熟成?(26by)の方が良かった?

昨年12月に26byと28byをやりましたが、どちらも良かったのですが(28byの木香は全く気になりませんでした)、私としては26の方が味わいのある(ひいきがあるかもしれません)感じで良かったです。 28byも良かったのですが、少し寝てもらった方が好みでした。
ろくまる雄山錦にごり(26by)のガス感は異常だと思いますよ(8月ころの感想です、当時よりガス感があるかもしれません)。
2017.01.09 Mon 23:25
Edit | Reply |  

Add your comment