もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 今季の「山鷹 (山廃の菊鷹) 」は軽く仕上がってるヤツが多そうな予感。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤裏篠峯 - ろくまる 純米吟醸 雄町「晩秋旨酒」無濾過生酒 29BY <奈良> 



rokumaru_omachi_banshu29by7.jpg
rokumaru_omachi_banshu29by1.jpg
 ▲怒ると怖い (面倒臭い) のがオレで、笑うと怖いのが貴乃花。同い年の獅子座。そしてコイケヤ『ズゴーン』の「海老まるごと」と「帆立浜焼き」はどっちも本気。すでに海老は2回食った。レベル高乃花。



 さて、実は生酒で飲むのは初めて、ろくまる雄町の「晩秋旨酒」です。というのも、今はあるか知らんけど、25BYでコレの「火入れ」を飲んでいて、なんか渋いな、という記憶しかなくて、以来、避けていて──去年、読者さんが28BYを薦めてくれたけど──、29BYに関しては、




【586】ろくまる 雄町 無濾過生酒 29BY <奈良>



ピンクラベルの通常Verがオレにはミーハーだったので、買うつもりはなかったんだけど──ちなみに26BYは而今ファンが泣き出すレベルの傑作──、タマにある話で、同じ「晩秋旨酒」の「八反」を頼んだらコレが届きました (笑) 。交換もできたんだけど、まあ、次回5%OFFにしてくれると言うので、今回は当たりに行こうカナートという話になりましたとさ。

 これ、蔵で生熟させた商品だと思うけど、ピンク瓶と同じ醪 (仕込み) かどうかは知りません。こういうことがあるので、やはり「仕込み番号」の記載は重要なんだよな。とにかくラベル情報にコチラの知的好奇心を煽るような情報が少な過ぎるから、飲み手のレベルも意識もなかなかアガらないんだよ。

 つうか、細かく書いたところで気にするヤツなんか極少数なんだから、蔵元も「先入観を持たずに・・・」とかいちいち気にする必要ないんだよ。そもそも簡単には人が「先入観」を捨てられないからこそ、いつまでも旨くもない銘柄が人気のままなんダローニ (笑) 。



rokumaru_omachi_banshu29by2.jpg
 bottle size:720ml





【694】裏篠峯 -うらしのみね- ろくまる 純米吟醸 雄町「晩秋旨酒」無濾過生酒 29BY <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:赤磐雄町/60%
▪︎酵母:明利系
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+2/2.0/0.8
▪︎ALC:16%
▪︎処理:無濾過生酒
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2018年9月
▪︎管理状況:2018/10/1着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年10月3日 (水) /山田錦40の次に2本目として開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




rokumaru_omachi_banshu29by3.jpg



 立ち香──あああ。ちょっと茹で卵の黄身のような還元臭があるけど (笑) 、これは直に取れるでしょう。「雄町」の生酒なんかにタマにあるよな。今日からコレを「雄町のオナラ香=雄ナラ臭」と呼びます。どうすかねえ。そこまでピンクの通常品ほどの派手な香りはないけど、それなりにトゥワンとしてます。ややオガクズっぽい渋酸を感じる。

 なにげに生は初めて──。

 別に旨いですやん (笑) 。ガスはある。これ、新酒のピンク瓶と同じ仕込みなのかなあ。なんか印象が全然違うなあ。いいかも。トロピカルにジューシイ。少し渋みも強いんだけど、だからこそ、あの安っぽいミーハーなアロマが脇役に沈む。必ずしも〝コチラ側の酒〟ではないけど、普通に旨いわ。よかった。



rokumaru_omachi_banshu29by4.jpg



 まあ、甘党には少し渋いだろうけど、コチラ側の人間にとっては問題ないです。意外に情報量が少なくて無駄がない。酸属性は「」ですね。スリムなラインに細長いジューシネスが流れ込むニュアンス。でもなあ、なんかイマイチ薄っすいなあ。そのぶん、何も考えずにガブガブ飲めるからいいんだけど。

 ま、チヨメン (千代メンバー=千代酒造の酒たち) の中の、秋のシックなカジュアルラインですね。「旨口」と呼べるほどの量感はなく、どちらかと言うと筋トレで少し引き締まった感じ。悪くはないけど、これ飲んだくらいでアーダコーダイーダヨーダ言われてもオマルという問題は残る。やはり29BYのチヨメン雄町なら、先ずは「Type-M」ですね。これを飲んでくれないと、少なくともオレとは29BYのチヨメンの話はできヌワイです。





── 2日目 with 長陽熟娘

rokumaru_omachi_banshu29by5.jpg
 ▲クランクアップしたようだけど、追加キャストの発表はまだ。



 やっぱ並べると口どけ&軽さは「熟娘」の方がこなれてる。「ろくまる」は木香&雄町由来の渋みもあるんだけど、酸にメリハリがあるので、逆にメロンではなくブドウ感の下支えになってるんだよな。熟娘は濃いけど軽い、ろくまるは薄いけど重い、みたいな相関性──わざと大袈裟に対比させると、そういう違うがある。

 つうか、久々にうすはりで飲んでるけど、この2つの酒との相性は悪くないな。ダイレクトにエキス感に触れられるし、透明感が増す。出来損ないのクソ酒だと逆にノイズばかりが強調されるんだけど、そこは御三家ということなのかね。なかなか良いです



rokumaru_omachi_banshu29by6.jpg



 そして、同時に飲むと、やはり娘は熟女。ようやく〝らしいバニラやプリンや草〟が出てきた。残り3合ないけど、徐々に諸々が剥がれて初日とは別の表情を魅せてくれるあたりは流石のポテンシャルか。

ろくまる」は一瞬だけ邪魔な「トゥワン」もあるんだけど、酸が暴力的なので、全体的にはスマートかつシャープな味筋。まあ、決してチヨメンの優等生ではないけど、進学クラスでなんとか頑張ってるシブトイ劣等生という感じかね (笑) 。やはり「Type-M」とは何もかものステージが違う。

 ♡☺♡「普通。普通だよ。」──だそうです。





── 3日目。

rokumaru_omachi_banshu29by9.jpg



 木香もあるけど、液性そのものは透明感に満ちてる。なんか今日はスっげえ淡麗なんだけど。最後の一杯は「on my list」だなあ。うすはりマジックなのか (笑) !?



rokumaru_omachi_banshu29by10.jpg



 ちなみに長陽熟娘も少しだけ舐めたけど、ますます草 (笑) 。3日目に暴れ出した18号酵母パートがナリを潜めて、今は非常に好ましく正しいバランスの娘の体現がここにある。旨いじゃないかバカヤロウ。あーあ、うちでストックしてる29BYの落ちこぼれたちも熟成させれば少しは飲めるようになるのだろうか。うーん





◤Clos des Lunes / クロ・デ・リュヌ AOCボルドー「リュヌ・ダルジャン」2016 2,138 円




rokumaru_omachi_banshu29by7.jpg
 ▲10月14日 (日) 22:30〜 日テレ・新日曜ドラマ『今日から俺は !!』に、美波ちゃんを始め、堤真一、小栗旬、山田孝之など、豪華キャスト12名がドラマ内のどこかでゲスト出演。ちなみに主演の金髪ボーイは榮倉奈々の旦那で賀来千香子の甥っ子の賀来賢人。コレもいつか何かをヤラかしそうな気がしてならない。どうも高畑息子と被る。つうか、29歳なの!? moukan1973♀がいつも嘆いてる、ロクに仕事もできないくせに変に悪びれないイマドキ30歳のサラリーマン役をやらせたら彼の右に出る者がいないことは認めるけど。♡☺♡「ここ直して」イマドキ30歳「最初にそうしろって言われなかったので。これだと問題ありますか?」的な (笑) 。←まずは謝っとけ! そうしないとオレが『すみませんが言えなくて』という曲で歌手デビューするぞ?







 立ち香──味、乗ってそ〜。なんか「2014」より蜜っぽいな。ちょっと甘やかな焼き菓子ライクなアロマにはシャンパンのような焦げ感も。そこまで柑橘ファイヤーじゃないんだけど。

 なんか2014より普通だな。微かにガスは感じるけど、そんなにガスが欲しけりゃ3倍の値段のシャンパンを飲むから別に。

 ややヌコか!?──正直、だいぶ期待ハズレ。なんか求めていたフルーティネスに全くコネクトできないんだよな。その代わり、この手の何かが足りないワインって、常にサイゼリヤの想ひ出にコネクトしてしまうんだよな。ま、この後、チロリタージュしてみましょう。



rokumaru_omachi_banshu29by8.jpg
 ▲セブイレブンの冷凍食品『具付き味噌ラーメン』の味噌ダレを使って、鶏もも肉、豆腐、野菜を煮る。トースターで15分。水はほとんど使わない。80mlくらい。〆は残り汁で焼きラーメン。



 空高くチロっとタージュ──。

 快活なアロマが沸いて来た。イイ感じの透明感。もう一声、舌に乗る果実味も欲しいけど、まあ、こんなもんかな。値段を考えると、先日のバロン・ド・ロートシルトとどっちを選ぶかは微妙だけど、やっぱ、あっちよりは確かな実体はあるんだよな。そして、いつも引き合いに出して悪いんだけど、バカ村ボルドーよりは綾瀬はるかにマシだしエレガントなんだよな。

 空き瓶の口からはシャンパンライクな焼き菓子の甘焦げたイイ香り。オシャレな菓子パン同様、食べる (飲む) 前が一番旨いパターン。


moukan1972♂






日本酒 篠峯 雄町 浜辺美波 not_on_list_good

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん

細かいことはどうでもいいっちゃいいんですが、雄町は「山廃」です (笑) 。7号酵母がめいさんの飲んだ雄町60で去年までは速醸、6号酵母の雄町66は28BYからの新商品で今年は蔵熟経由で10月にドロップ──28BYは春に生、秋に火入れ (木香を取るために活性炭で軽く濾過) ──、生酛は純米が元々の定番で、純大の山田錦50は28BYからの新商品。

つまり、非速醸のチヨメン29BYは、山廃が2種、生酛が2種、前者は雄町、後者は山田錦です。


2018.10.06 Sat 02:53
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

あ、あれ?

あ、そうでした、篠峯 生酛は純吟の雄町を呑んでたのでした…
勘違いでした…もう転入済みのようなので、記事楽しみにしてます(笑)

生酛繋がりで純米 山田錦とノミクラーベも楽しそう(笑)

山田錦は今から買います(笑)
2018.10.05 Fri 22:24
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

ロクオマの晩秋verは、さっき残りの120mlくらいを飲みましたが、アク抜けして──水っぽくなったとも言う (笑) ──、そこそこ透明感が出て、まあまあ良かったです。山田錦より麹にコシがないので、スリムで直線的な味筋です。少なくともピンクラベルよりはマシでした。少し渋いので、搾りの後半なんでしょうか。


──そうそう、ようやくTypeMが蔵元売り切れだそうです。Type9はまだあるのか…これもイケるのになあ(笑)

「Type-M」の売り切れに関しては、実は堺杜氏から聞いてました。ブログ内でさんざ推したので、もう今更どうのこうのはないです。幸い、1800mlと720mlが1本ずつあるので──「Type-9」も同様です──、ここからじっくり見定めてイキます。グラマラスかつフルーティーな26BYだと、今時期に最高潮に到達してたんですが、29BYは春を待つ必要がありそうです。「Type-9」は・・・たぶん手強いです (笑) 。


──生酛 山田錦 無濾過生原酒もKTRでは四合瓶だけになりましたね。しばらく寝かせても良さそうなので、これをお代わりするべきか…

あれ? これ、飲んでたんですか。この時期、マチダヤ仕様の生熟1800mlが毎年いつまでも残ってますので、まあ、旨ければそっちで持ってもいいカナートという感じです。木香問題がシリアスだった28BYでも普通に飲めたので、29BYもイケそうな気がしてます。割とカルピスな乳酸という記憶ですが、さて。


2018.10.05 Fri 21:38
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今日も引き続きろくまる 山田錦 晩秋旨酒を吞んでます。今夜吞みきるのかな…

さらにカジュアルで開けっ広げな感じになり、それなりに渋味も立ってきたので吞みきった方が良さそうです。これを吞まれたとしたら、やはりろくまる 雄町と同じ感想になりそうな気がします。

そうそう、ようやくTypeMが蔵元売り切れだそうです。Type9はまだあるのか…これもイケるのになあ(笑)

生酛 山田錦 無濾過生原酒もKTRでは四合瓶だけになりましたね。しばらく寝かせても良さそうなので、これをお代わりするべきか…
2018.10.05 Fri 21:18
Edit | Reply |  

Add your comment