もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤Ca N'Estruc / カ・ネストラック DOカタルーニャ「L'equilibrista / レキリブリスタ」ブランコ 2013 




浜辺美波アルキメデスの大戦
 ▲2019年夏公開『アルキメデスの大戦』追加キャスト発表。動く美波ちゃんの映像を流したのは「めざましテレビ」だけ。有能。そして菅田将暉は竹内涼真と同様、全く「天才数学者」に見えない (笑) 。だったら『僕のいた時間』で共演した三浦春馬の方がまだマシ。そもそもキャスティングで客を集めるような作品じゃないダローニ。ちなみに画面半分下の写真は映画『亜人』でのおさげ。[めざましテレビ2018/9/25][東宝芸能公式Twitter][modelpress][映画『アルキメデスの大戦』公式サイト







 毎度アクセスありがとうございます。


 先日、松屋酒店 (フィッチ) の「お取り寄せメルマガ」で「Juillet Lallement / ジュイエ・ラルマン」と「Assailly / アサイィ」という楽天であまり売ってないRMシャンパーニュを注文した際、宮崎社長に「2,000円前後で〝デイリー使い〟できるスティルワインを見繕って下さい」とリクエストしたら、5本 (フランス、イタリア、スペイン、南アフリカ、チリ) をセレクトしてくれて、これはその中の1本のスペインXarel·lo/シャレロ/チャレッロ (ブドウの品種) で、お土産スポットとしても有名なバルセロナの高級ワインショップ「Vila Viniteca (ビラ・ビニテカ) 」が所有するワイナリーで造れらてます。




 ▲Ca N'Estrucのワイナリー。[出典



 醗酵はステンレス&オーク樽のダブル使い。熟成はオークで6ヶ月 (フレンチオーク:300L、500L、2500L、新樽比率は20%) 。「レキリブリスタ」とはスペイン語で「綱渡り師」という意味。これまた、どちらかと言うと赤の評価の方が高いみたいだけど、このブランもアタリです




2018_9_22Ca_NEstruc8920.jpg





◤Ca N'Estruc / カ・ネストラック D.O.カタルーニャ「L'equilibrista / レキリブリスタ」ブランコ 20132,268 円

Tag Link



2018_9_22Ca_NEstruc8814.jpg



 立ち香──RM系シャンパーニュから本格的に白ワインの世界に入った我々からすると、これまた非常に馴染みのあるアロマ。樽派のテロワール・シャンパーニュのような力強く内へ向かう濃醇な果実感は、少し青梅などのアロマも漂う。複雑性よりも明晰性を問う構成。

 ♡☺♡「あ、これ旨いな。濃い。酸っぱい。



2018_9_22Ca_NEstruc8824.jpg



酸っぱいことがそんなに偉いのか!?」──という反論は一切受け付けない。あくまでも我々は4,000〜7,000円クラスのシャンパーニュが酸基準。ここに満たないモノは全て薄く感じるんだから生姜はあるけどショウガナイ。

 これはアタリ完全にブルゴーニュ・スタイルの白。この値段なら大満足ですね。活力に満ちた透明な果実味を堪能できるタッチはまさにオレ好み。先日の南アフリカのマリヌーより味わいに集中力があるし、当然フィラディスのスペイン白「ボデガス・アバニコ/ゴデーリョ」より綾瀬はるかに旨い。これ、正月特番の『芸能人・格付けチェック』なんかのダミーワインに選ばれたら、モンラッシェより旨いと答える人、中にはいるかも (笑) 。







 1,000円台のワインとは明らかにレベルが違うし、ましてや同じ値段のブルゴーニュでこれより旨いモノが何本あるか。含んだ瞬間の目の覚める感じはウメムラ・セレクトの5,346円のブルゴーニュ (ミシェル・クレール) 並だよ。

 やはり、税込2,500円以下のワインで分かりやすくちゃんと味のするワインは貴重だ。ミネラルよりも素直な果実味を楽しむワインだが、鷹揚で人懐こい味の出方ではなく、一廉のブルゴーニュやRMシャンパーニュと同じベクトルのフィネスがあり、日常の晩酌をワンランク上のエレガンスへと導く。特別なワインではないが、なんでもない日常を少しだけ特別の何かにするくらいの度量はある。

 また買いたい──次は赤と一緒に。


moukan1972♂moukan1973






浜辺美波 Ca_NEstruc スペイン白

Comment

Add your comment