◤Vincent Couche / ヴァンサン・クーシュ エクストラ・ブリュット「エレガンス」NV 2本目! 




2018_9_9Vincent_Couche8238.jpg
 ▲左はナンチャッテ系スパークリング「ラ・グランド・コート AOCクレマン・ド・ブルゴーニュ」です。たまの贅沢すらケチるド素人以外、店の煽り文句に乗せられて買ってはイケません。




 毎度アクセスありがとうございます。


 ヴァンサン・クーシュは、シャンパーニュ地方の最南エリアに離れ小島のように広がるコート・デ・バール地区のビュクセイユ/BuxeuilのRM。2008年からは完全にビオディナミ栽培に移行してます。コート・デ・バールには格付けクリュはないけど、今も昔もピノ・ノワールの名産地であり、実際このエリアには多くの人気/実力シャンパン・ハウスが存在してます。[シャンパーニュ地方の全体地図








【ビオロジック農法】

「有機栽培」のことを指し、「自然を尊重した農業形態」つまり、除草剤や殺虫剤などの化学薬品、化学肥料に頼らない農法のことをいいます。畑や作物にとって最も自然に近い環境作りを行います。



【ビオディナミ農法】

 化学薬品や化学肥料に頼らない自然な農法という点ではビオロジックと全く同じですが、ビオディナミ農法では、生物の潜在的な力を引き出し、土壌に活力を与 えて作物を育てるという点に重点が置かれています。その具体的な方法として、植え替えや剪定、接ぎ木など様々な農作業を、月や惑星の運行に則して行った り、プレパラシオンと呼ばれる自然の物質から生成された調合剤を畑に散布したりします。

 これはオーストリアの哲学者ルドルフ・シュタイナーの思想をもとに体系化された農法で、ギリシャ語でビオは「生命」、ディナミーは「エネルギー」、つまり植物が生きるエネルギーを引き出す農法といえるでしょう。


(出典:自然派ワインのお店 プレヴナン



 シャルドネに関しては、主に下の地図の左上隅「モンギュー/Montgueux」で栽培していて──聖地コート・デ・ブランと同じ白亜石灰質土壌──、ここのシャルドネを100%使用した「シャルドネ・ド・モンギュー」はコート・デ・ブラン以外のブラン・ド・ブランとしては際立つ酸とミネラルを獲得しているものの、たとえNVであっても、1〜2年は寝かせたいところです。以前、売れ残りを拾った1本目は問題なく仕上がっていたけど、別ロットの2本目はまだまだ細くて若いです。



Cote_des_Bar_Buxeuil.png



 ヴァンサン・クーシュはとにかく小売店 (酒屋) での扱いが少なく、それなりに有力なワインショップでも、まず売ってません。これは正規代理店の方針で──小売りを重視すると値引き交渉に付き合わされるのがイヤだそうで、この話は実際にオレが「ノエル・ア・ラ・モード 2017 伊勢丹新宿店」で担当者に聞いた話なので本当です (笑) ──、今はレストランやワインバーを中心に卸しているらしく、実際の値付けは凄まじい内容になってます。




 ▲「シャルドネ・ド・モンギュー」が8,640円!「クロエ」が12,960円!


 国内の小売りはヴェリタスがほぼ独占状態。

 ▲ヴェリタス価格は「シャルドネ・ド・モンギュー」が4,298円!「クロエ」は欠品中だけどオレは4,645円 (ポイント26倍) で買ったし (笑) !



 というわけDE、この「エレガンス」は2本目です。ヴァンサン・クーシュの、いわゆるエントリークラスの〝まずはココから系のNV〟ですね。前回はリピート判断を素早く行うために入荷後すぐ──1ヶ月以内?──に開けてしまったけど、泡はまだまだキレイにワインに溶け混んでいませんでした。この2本目は買ってから3ヶ月ほどセラーで休ませましたが、まだまだヤンチャですので (笑) 、もうすぐ届く3本目はしばらく放置しておこうと思ってます。

 それでも税込3,985円の限界地点だとは思います。しかも3本目はポイント35倍で買えたので、実質3,000円を下回り、ちょっとお高めのクレマン並みの値段でコレなので、普段シャンパーニュを飲まない人が気まぐれ起こして手に取るには「最大のチャンス来たる!」と思っていいでしょう。一度売り切れて再入荷してるので、またそのうち「10%OFF」だの「ポイント10倍」をヴェリタスは必ずやるだろうし、次はクリスマス用に狙いを定めてみてはいかがでしょう。ただし、最低でも2週間は泡を休ませてから抜栓して下さい



2018_9_9Vincent_Couche8243.jpg



 スペックの詳細をヴェリタスに確認したんだけど、セパージュのピノ・ノワール80%、シャルドネ20%以外のことはわかりません。一応、商品名に「エクストラ・ブリュット」と書いてあるので、ドサージュは6g/1L以下のはずだけど、飲んだ感じ、激烈に酸っぱいわけでもなく、そればかりか、完熟した果実の甘みもクワナリ出てたので、むしろ、もうちょい酸っぱくてもいい感じ。樽のニュアンスはそこまで感じないけど、部分的にとか──リザーヴ・ワインだけ樽熟とか?──、スパイス程度には使ってそう。マロラクティック発酵はやってると思うけど、これも部分的、もしくは抑制させたレベルだと思います。





◤Vincent Couche / ヴァンサン・クーシュ エクストラ・ブリュット「エレガンス」NV




2018_9_9Vincent_Couche8232.jpg



 ま、基本的には1本目とさほど状態は変わってませんね。まだまだ泡のキメは粗いけど、青臭いニュアンスはだいぶ取れて来た。香りは当然、ピノ主体の──多くの日本酒マニアが「而今」や18号酵母系のクドい酒なんかを飲んだときに「ベリー系」と表現するのとは真逆の方向で正しくベリーです。


 ▼1本目の印象
2018_9_9Vincent_Couche.png




 ただどうだろうね、1本目より薄く感じるのはオレの舌が肥えたからなのか、8月にバカ高いムニエやシャルドネを立て続けに開けてしまったからなのか、それとも瓶差による出来の良し悪しなのか。とはイエイ、隣のクレマンを「ブルゴーニュの味気ない炭酸水」に貶める程度には濃ゆいです (笑) 。



2018_9_9Vincent_Couche8252.jpg



 クレてやってもいいマンとの決定的な違いは、果実味の強さ (濃さ) は当然として、やはりその余韻における深みの差にこそある。ほとんどブラン・ド・ノワール並みにピノ・ノワールが前面に出ているこのクレマンは、シャンパーニュのそれと同じような立ち振る舞いで果皮由来の渋みが舌をアクセンテッドにジュっと締め上げるものの、そこに余韻美しいフルーティネスが乗って来ないから、単に味の薄いブドウ味の炭酸水なんだけど、一方のヴァンサン・クーシュは、ココに鮮やかなフルーティネスが乗って来るから、簡単に言うと、口の中がしばらく旨いんだよ (笑) 。それが消え行く様が淋し過ぎて、それでついついもう一杯もう一杯とやってるうちに瓶がカラになってしまう。

 ところがクレマンは最初から最後まで味がしないから、この〝もう一杯の作業〟がとにかく虚しく、それでうちのお姫様も、♡☺♡「もう飲みたくない」などと言い出す始末。

 泡のモコモコが気になる時はマドラーで優しく2〜3回ほどワインを撹拌させるといい。ワインとしての強さのあるキュヴェなので、少々泡が飛んだくらいでその骨格が揺らぐことはヌワイ。これが常にそこらで──たとえば近所のスーパーや酒屋で──3,000円で買えるのなら、こんなにシアワセな事はないわけだが、残念ながら、シアワセとは常に遠くの不便なところにある──もしくは近くにあったとしてもなかなかそれに気づけない。


moukan1972♂moukan1973






Comment

Add your comment