◤山泉 (黒澤) - 生酛 純米 無濾過生原酒 清水屋オリジナル限定予約酒 29BY <長野> #Okan/Rich/Umakuchi 




yamaizumi29by1.jpg



 長野県南佐久郡小海町の「清水屋」という酒屋が出来の良いタンク──中身は「マルト (◯の中に「ト」と書く) 」という「井筒長 (地場ブランド) 」の商品──を選抜して詰めてもらってるオリジナル酒で、造ってるのは黒澤酒造です。この山泉 (やまいずみ) というのは、その清水屋が戦前に酒造りをしていた時の銘柄みたいね。


yamaizumi29by3.jpg なんでも「予約限定」ということで〝旨すぎリスク〟に備えて720mlを2本ほど買って、1本は3℃ (冷蔵庫) 、もう1本は9-10℃ (ワインセラー) で3月末からストックしてましたが、実際にはリスクはありませんでした (笑) 。

 元ネタが「井筒長」だからなのか──今そのことを想ひ出した──いや、最初から覚えていなかった──、やはり普段飲んでる「黒澤」よりも野暮ったいというか、スタイリッシュなモダニティというのは皆無だけど、逆に地酒スタンプラリー派 (死ぬまでに1つでも多くの銘柄を制覇したい真面目な日本酒マニア) の寄り道駅としてはそこそこ魅力的なドスコイ生酛じゃないですかね。もう、このワンフレーズがこの酒の全てを言い当ててると思うので、気になる人は来年予約したらいいよ。オレはもういいや (笑) 。



yamaizumi29by4.jpg

yamaizumi29by2.jpg
 bottle size:720ml





【686】山泉 -やまいずみ- 生酛 純米 無濾過生原酒 清水屋オリジナル限定予約酒 29BY <長野>

黒澤酒造 株式会社:http://www.kurosawa.biz


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:信州産 美山錦 /65%
▪︎酵母:901号
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+3/2.0/─
▪︎ALC:18.5%
▪︎処理:無濾過生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2018年3月
▪︎管理状況:2018/3に着。9-10℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年9月11日 (火) /5日目の櫛羅の次に2本目として開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




yamaizumi29by5.jpg



 先に櫛羅の5日目を飲んでます。


 立ち香──随分と素直な乳酸だな。「黒澤」っぽさが少ないというか。やや甘やかでミルキー。

 クリアな液性ではなさそう──。

 ちょっと甘いかなー。綿飴とか北海道バター飴ライクな甘乳ですね。余韻はドッシリと苦め。「黒澤」の中のモダニティが後退して荒々しい野武士イズムが割り増された感じ。これなら「直汲みイエロー」の方が上だし、当然「Type-7」なんかとは同じジャンルとして語ることすら不可能。



yamaizumi29by6.jpg
 ▲さっきのブタちゃんたちがこうなりました。



 なんか田舎の野太い生酛という感じですね。ま、明日以降、いろいろやってみますが、本当に旨い酒は開けたての一杯目からグイグイ来ますので、そういう意味では期待ハズレだけど、漢字ドスコイのマニアックな地酒をスタンプラリーするのが趣味の人なら「レベル高い!」とか言うんじゃない? 実際、そんなに悪い酒じゃないけど、なんだか「黒澤」にしては少し野暮ったいし、なによりドゥワっと濃醇に重甘い。

 割り水してワイングラス、もしくはお燗、そのへんでどうなるか。とはイエイ、ドスコイ生酛が好きな人なら大絶賛系だと思うし、言わずもがな「長陽福娘」の生酛なんかよりは当然マシ。そしてこの流れで飲む「櫛羅」のなんと透明感のあることよ (笑) 。





 2日目のシャトー・レ・テュイルリー
yamaizumi29by7.jpg



 シャトー・マイ・オシッコ (格付けナシ) ──みたいな (笑) 。さすが安ワイン。今日は見る影もなく薄いし、全く旨くない。日本酒と違ってワインはある程度「高い金」を出せば旨い酒にありつける可能性はググっと上がるけど、まだまだ抗いたい





◤Chateau Villotte / シャトー・ヴィロット AOCボルドー ブラン・セック 20151,458 円




yamaizumi29by8.jpg
 ▲さっき大先輩の〝逮捕の達人〟清水健太郎がTVでアドバイスしてた。明らかに清原も危ないけど、大丈夫なのか?──愛は足りてるのか?


 
 ▲作詞・作曲・編曲:つのだひろ



 立ち香──なんかボルドーらしからぬ、焼き菓子ライクな焦げた甘み。トーストやブリオッシュすらある。

 もしかしてアタリなのか?──。

 はい、私立ドングリ学園 (フランス支部) に新しい仲間が加わりました。そして、とりあえずタカムラのスタッフがまるで使えないバカ舌 (無気力舌、商人舌) ということだけはわかりました。この人たち、本当に我々に美味しいワインを伝えたいという気概があるんでしょうか。素人騙してブイブイ言わせてる安っすい水商売としか思えません。

 前にも言ったけど、だったら8,888円セットとかにして──なんなら10,000円でもいいよ──せめて1本くらいは「おっ?」となる瓶を入れておけよ。素人だからって舐めんなよ





── 2日目。

yamaizumi29by10.jpg
 ▲〝逮捕の達人〟こと清水健太郎が抜け殻的な遠い目をしながら三田次男に熱いアドバイスを展開。『青の洞窟』はポテトミートグラタンを作るのに便利。今月は2回も3連休がある。試練。



 ワイングラスはアルコール成分が揮発してクワナリ辛い。グイ呑みの方が甘酸っぱさに出会えるけど、今日はどっちも荒々しく苦い。「マルト」は基本、加水火入れ用の酒なので、無濾過生原酒であることの合理性は低いのかもね。



yamaizumi29by11.jpg
 ▲記者に「今はもう大丈夫なんですよね?」と訊かれてこの表情 (笑) 。ただ、実際には「疑ってるんですか?」と丁寧語だったのに、この字幕には少し悪意を感じる。



 一度チロリに酒を戻して小さな氷を入れて少し時間をおいて薄めてグイ呑みで飲んでるけど、多少は滑らかになってシビアな嚥下を緩和してくれるものの、それでもまあ、そんなに進む酒ではないですね。疲れる

 明日はALC.14%くらいまで加水してお燗にするかもしれないが、ちょっと長野牛乳なタッチがあるので、そこはどうか





◤Chateau de la Thebaudiere / シャトー・ド・ラ・テボディエール AOCミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ シュル・リー 20161,382 円




yamaizumi29by12.jpg
 ▲ちなみに缶ビールはワインを2本買ったら近所の佐々木酒店のオバちゃんに貰った。店に入る時は「こんにちわ〜」、買って出る時は「また来ま〜す」──そして本当にまた行ってまた買う。これを3回もやればもう常連ですよ (笑) 。



 フランスはロワール地方の旨安アペラシオンですね。基本、早飲みタイプのチャキっと酸っぱいワインで、だいたいが1,500以下で買える。逆に高級キュヴェの方が珍しい。「ミュスカデ」のAOCは他にも3つあって──「AOCミュスカデ」「AOCミュスカデ・デ・コート・ド・ラ・ロワール」「AOCミュスカデ・デ・コート・ド・グランリュー」──中でもこの「AOCミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ」が全体の約80%を占めているそう。つうか、特に後者の2つは楽天でもヒットしないから、日本に入れてる輸入元は少なそう。

 クセのないレモン水ですね。微かにガスの粒子。同価格帯のヘッポコ・シャブリと比べるとミネラルより果実味が前に出るのがミュスカデなのかね。食中は意外にハチミツのようなコクも感じる──甘くはないけど──いや、徐々に甘みを感じるようになって来た。香りにも洋ナシ、青リンゴ、マスカットなど、淡いグリーンのニュアンス。そしてほんのりローストされた薄茶のミネラル香。週末の嵐を待つ静かな平日をじっとやり過ごすための酒としては及第点ですかね。



yamaizumi29by13.jpg
 化粧した東出くんではなくモデルで女優の中条あやみちゃん21歳。さすがに高校生役には無理がある (笑) 。つうか大学生でもリアリティない。ハーフ女優は短命なので──沢尻エリカみたいに日本人顔に寄れば別だけど──、5年後、彼女が映画で主演をやってる可能性は極めて低い。後ろからどんどん若くて活きのイイのが迫って来るから。[映画『3D彼女 リアルガール』予告



 シャトー・レ・テュイルリーとシャトー・ヴィロットのブレンド──。

 猫つよし──「猫ひろし」もしくは「舘ひろし」の発音で。乙女の濾過尿。まあでも、ギリでトロピカルにも寄れるかな。しかし薄いな (笑) 。そして、日本酒同様、同じような比率でブレンドした場合、全体の印象はキャラの濃い酒に傾く。この場合はシャトー・レ・テュイルリーですね。

 これを飲むと、相対的にではあるけど、シャトー・モンペラが随分とマシな酒だったことを想ひ出す。1,000円台の旨安ボルドーを探す旅はまだ始まったばかり





── 3日目 (お燗) 。

yamaizumi29by14.jpg



 割り水して50℃までアゲます──。

 生酛らしさを一番正しく感じれる。キリっと辛口だけど内包された甘酸っぱさがパチンと弾けるので、アクセントになっていいよ。ブっちゃけ、今はALC.14%くらいだと思うけど、これくらいがちょうどいい。ちゃんと酸っぱい。

 そこまで滑りがいいわけでもないけど──ツルピカなテクスチャーではないけど──、ズジャっとタンニン的な渋み (酸) を伴った着地感があるので、味の濃い肉料理なんかに合いそう。ワインで言ったら赤ワイン系統ですね。あとは、それこそカレーやビーフシチューなんかにも合いそう (笑) 。



yamaizumi29by15.jpg
 ▲普通に美少年 (笑) 。



 こりゃ無理に冷酒で飲むコタァーナイな。もう1本は寒くなったら鍋のお供にしよう。日本酒って、お燗にすると途端にアンビエントな酒に様変わるので、逆に今の我々にとっては、案外この方向性での関与が正しいのかもしれない。大したことない酒をいちいち分析的に飲んでも楽しくないわけで、このレベルの燗酒なら、台所から笑顔を奪うこともないし、冷めても味は崩れないし。

 近いうちに「八海山 特別本醸造」の1800mlを伊勢丹新宿に買いに行こう (笑) 。なにげにこの酒をキチンと冷蔵管理してる店って少ないんだよな





◤Cono Sur / コノスル ソーヴィニヨン・ブラン「レゼルバ・エスペシャル」20151,188 円




yamaizumi29by17.jpg
 ▲真面目か! きっとキミは一般人になった方が幸せな家庭を築ける。イイお父さんになれるよ──オレとは違って。



 よくコンビニやスーパーなんかでガンガンに売ってる自転車のロゴでお馴染みのチリ産ワインですね。安いラインの松竹梅の「松」のソーヴィニヨン・ブランを選んでみたけど、これでもこの値段です。日本酒の純米生原酒より安いです。

 モノ・セパージュ (単一品種) で仕込んだワインがたくさんあるので、品種ごとのキャラクターを知るためにズラっと並べて味クラーヴェする初心者も多いそう。一番安いシリーズなら700円ちょい。そういやアルパカもチリワインだったな (笑) 。チリって、2015年に日本への輸出量がフランスを抜いて1位になったんだって。安心旨安のコスパがウリで、それなりのワイン好きでも今や一目置く存在みたいです。ここの最高級品のシレンシオは同価格帯のフランスワインに負けない中身らしいけど。







 立ち香──マロっぽい乳酸を感じるけど、さて。そして、なんか2,000円台のボルドーみたいなフルーティネスを感じるんだけど (笑) 。シトラス果汁の、適度に肉付いたグラマラスな球体感。

 もしや旨いのか!?──。

 2,000円台のアタリのボルドーサンセールには及ばないけど、タカムラのバカ舌ボルドー金賞6本セットよりは綾瀬はるかに満足できるし、これで1,000円ちょいならアリです。

 基本的には薄っぺらいんだけど、適度に甘みがあるので、簡単に言うと、スゴくわかりやすい味だし、酒としての気難しさなんか全くないよ 。逆に言うと、同価格帯の中途半端なボルドーは才能に乏しい作家の書いた純文学みたいだけど、これは読んだそばから内容を忘れる (飲んだそばから味を忘れる) お手軽だけど暇潰しには持って来いのミステリー小説みたいというか (笑) 。



yamaizumi29by16.jpg



 そして余韻に草ミネラルを感じる──「鉱物」というよりは「ホコリ (繊維質) 」っぽいミネラル感 (笑) 。そう考えると、先週のサンセールは特に劣化してたわけでもないのかな。やや青カビっぽい草っぽさというか粉っぽさというか。

 まあ、クリスマスでもないのに日頃から高級シャルドネ (シャンパーニュ) ばっか舐めてる我々からすると、ちょっと甘いしミネラルもさほど感じないけど、それでも、1,188円ならアリ──1本あたりの単価を下げるためにも。それでもどうかな。やっぱり同じ値段のソーヴィニヨン・ブラン系なら「アラン・ブリュモン ガスコーニュ・ブラン2017」ではあるのかな。もちろん、500円のアルパカのソーヴィニヨン・ブランよりは旨いですよ。ALC.13%だからそれなりに味は濃いし。

 これ、スーパーなんかで売ってる一番安いシリーズでどの程度なんだろ。そっちは700円くらいだよな。あと、ぼちぼちスティルワインをLIST化しないと記憶の混濁が・・・。どうやったら無駄なく手軽にまとめられるか、連休中にウンコしながら考えます──基本ウンコは日に2回で割りと滞在時間は長い方です。


moukan1972♂






日本酒 生酛 山廃 黒澤 not_on_list_good

Comment

Add your comment