◤酉与右衛門 - 山廃純米 自家田産 美山錦 直汲み 無濾過生原酒 29BY <岩手> #Fresh/Fruity/Dry/上沖産業『万能おかず生姜』 




yoemon_yamahai_miyama29by1.jpg
 ▲そこまで「万能」かどうかはわからんけど、ちょっと我が家で流行り始めてます。近所のスーパーに売ってる。セブンの3個パックの絹豆腐に割りとドバドバ厚めに乗せて、すりゴマ、小ネギ、マヨネーズ適量、ポン酢適量、moukan1973♀大絶賛。マヨが生姜のツンケンを緩和させるので、マヨがこのレシピの肝。あと、オレの場合は、タッパーに移したら、味の素少々、砂糖スプーン2杯くらいを最初からコレに混ぜておく。全体の味わいがマイルドになる。[万能おかず生姜][上沖産業][巻末で写真付きレシピ解説


yoemon_yamahai_miyama29by2.jpg
 bottle size:720ml





【680】酉与右衛門 -よえもん- 山廃純米 自家田産 美山錦 直汲み 無濾過生原酒 29BY <岩手>

川村酒造店:※現在HPはナシ。


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:自家田産 美山錦/55%
▪︎備考:ラベルのどこにも「自家田産」の表記はヌワイが、酒屋の販売ページには堂々と書かれてるし、実際、速醸のラベルには書かれてたので、たぶん自家田産。
▪︎酵母:協会7号
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+6/2.1/0.8 (※速醸の美山錦55:+6/1.9/0.9)
▪︎ALC:16-17%
▪︎処理:直汲み無濾過生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2018年4月
▪︎管理状況:2018/8/10に着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年8月22日 (水) /阿波山田錦50の次に2本目として開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




yoemon_yamahai_miyama29by4.jpg



 阿波山田錦50とつづけざまに飲んでます。

 立ち香──匂いはほとんど変わらんな (笑) 。

 あああああああ、なるほど。さすがにこっちには〝レモンの一滴〟があります。どっちもレベル的には同じ。ただ、当然「山廃」の方がスリムだし、一点コアへの集中力はある。

 まあ、そこそこイイ勝負。そして、忘れてた。「篠峯」との共通項なんか何もないよ──少なくとも重視するべきような属性としては。そこまで言うなら目の前に置いて同時に飲み比べしてみ? いろいろ見えてくると思うよ。強いて言うなら、出来のイマイチの鈍重な「篠峯」──たとえば「凛々 29BY」を飲んで「これなら酉与右衛門の方がマシだ」と思うことはタマにあっても、その逆──つまり「酉与右衛門」を飲んで出来の良い「篠峯」を想ひ出すことは絶対にヌワイということですね

 ただまあ、これはこれで悪くはないかな。ま、酸の表現性がフルーティーですね。とはイエイ、これが「亀ノ尾」の速醸に勝てるかどうかは疑問。早々に確かめてみようかな。



yoemon_yamahai_miyama29by5.jpg



 甘みの川の流れが「山田錦50」の方がたおやかで優雅なんだよね。「山廃」は酸アドバンテージは確かにあって、どっちを立てるかでしょうね。レベルは同じ。そんなことより、このALC.度数タカーメの生酒をガブガブ飲んでたら、まんまと〝唎き酒ラビリンス〟に突入したので、つづきは明日 (笑) 。

 まあ、普通ですよ。ただし、29BYに関しては、同じ「on my list - good」であっても、速醸の美山錦55よりはどっちも少しだけ上かな。ただ、そこまで区別するほどの大きな差はヌワイです。

 ところが「山廃」は温度が上がると少し麹香に望まぬ野暮ったさが出る。キンキンに冷えた温度なら「山田錦50」よりもスイスイ飲めるアドバンテージはあるが、全体のポテンシャルで言えば、少し見劣りする時間帯もある。まあ、そこは万能性の話なので、体操で言えば、内村の総合力にシビれるか、白井くんのアクロバティックなヒネリ技に歓喜するか、その程度の違いではあります。





── 2日目。

yoemon_yamada50_29by5.jpg



 今日は2本まとめて──。

山廃 美山錦」は、今、相対的にタカーメのアミノ酸度を感じた。ビシっと柑橘系の渋酸がある。まあ、よりジューシイなのは「阿波山田錦50」の方かな。今日は違いが凄くわかる (笑) 。「山廃 美山錦」はペタっとした旨みのプレス感がしっかり出てる。薄く伸ばしたジャムみたいというか。速醸の「阿波山田錦50」はふくよかですね。



yoemon_yamada50_29by6.jpg



 720mlの「酉与右衛門」をこの量で2日目に持ち越したことはないけど、1800mlより劣化 (変化) の定数はデカいです。どっちもガスは少し残ってるけど、なんというか「阿波山田錦50」の方はガスが溶けた際に放出する独特の香りと苦みが少しあるのと、一方「山廃 美山錦」は微かに穀物由来の藁っぽい渋みが出てます。

 ま、めいさんは「井筒長 純吟 直汲み」をストックしてたんでしたっけ? コンディションさえ正しければ──余計に過熟さえしていなければ──「篠峯 山田錦60 夏色生酒」の出番を待つまでもなく、負ける気は全然しないので (笑) 、残りの1本の720mlは是非「井筒長」とバトってみて下さい。



yoemon_yamada50_29by7.jpg



酉与右衛門」は幾つか飲んだけど、言うなら「良質普通選手権の優勝者」を決めるようなもんですね。どれか1本が他を差し置いて大きく抜け出すことは、今のところないです。あくまでも些細なベターを争う展開。ま、それでも〝コチラ側の上質カジュアル酒〟ですけど、それでもオレが素で「山廃 美山錦」を飲んでオカワリすることはないです

 そうそう、moukan1973♀にブレンド──「山廃美山錦70%、山田錦30%」くらいに少し割り水したモノ──を持たせたら、♡☺♡「旨い!」だってさ (笑) 。





 静かなる当たり屋。近所の成城石井で買ってみた。
yoemon_yamada50_29by8.jpg


◤Chateau Marjorie / シャトー・マルジョス AOCボルドー「ブラン」20121,825円




 チャリで5〜6分くらいの成城石井でプラっと適当に買ってみたら、フィッチでも扱いのある蔵元だった。以前、諏訪のワイン王が「ここでワインを買っちゃダメ」みたいなことを言ってたけど、ホントその通りでした (笑) 。やはり、経験者の言うことは、ある程度は、信用しないとダメですね──特にネガティヴ・ファクターに関する見識は。「賞賛」はアテにならんけど「批判」はアテになるというか。



yoemon_yamada50_29by9.jpg



 立ち香──爽やかなネーブル・オンレジ、キタ━━━(゚∀゚)━━━!! (笑) 。とはイエイ、やや乳酸の表情 (酸化のニュアンス) に〝くぐもり〟があるか!? 好意的に向き合えば、やや甘やかなバニラ。

 あとは「コンディション問題」に掛かってくる──。

 たぶん、ダメでしょうね。元から旨くない──「味がしない」とか「果汁感が薄い」とかのニュアンスではなく──、まさに生気のない死んだワイン (笑) 。ナニコレ!? 酷いな。露骨なブショネはないし、飲めないほどの劣化もないけど、少し余韻が汚いのと、ミネラル成分に不快な酸化のニュアンス有り。微かにガスはあるけど、全くもって活き活きとしてない。

 そしてヤヤヌコ (やや猫の小便) 。そして、モンペラ2015同様、余韻が安っぽく甘い。今ごろmoukan1973♀はコレを飲んで何を思うのかね (笑) 。

 しかし成城石井は随分と安く出してるな。もしや売れ残り品のバルク買いか!?





── 3日目。

 yoemon_yamahai_miyama29by15.jpg
 ▲自宅にターンテーブルまであるらしい (笑) 。行きつけは新宿のディスクユニオン。テクノ系が好きみたいね。NY派は全体から見れば少数派だし諸々ハードル高いから、素人がテクノを齧るのはよくある話。



 まずはワインの2日目から──。

 香りは悪くないんだけどね。でもこれ、ダメだね。スカスカやん、抜け殻。ヤヤモカ (ミネラル成分に熟味としてのモカ・フレイヴァーが少々) あるけど、とにかくバランスがチグハグ。「成城石井」でワインを買うのは──特に4〜5年以上前のヴィンテージを拾うのは──危険ですね。これ、正しいコンディションだと、どんな味なんだろう。楽天だと少し高いんだよな。気になるな。

 ちなみに昨日、moukan1973♀はオレの記事を読む前に飲んでたらしいんだけど、♡☺♡「安い味だけど、そこまで言うほど飲めなくはなかったんだけど (笑) 」と言ってました。日本酒であれワインであれ、口に入れたモノが美味しく飲めるのなら、それがどんなコンディションや品質であったとしても、無条件で、それはとても幸せなこと。



yoemon_yamahai_miyama29by16.jpg
 ▲長い時は4時間くらい店にいるそう。だったら渋谷に移動しろよ (笑) 。



 中身は「山廃美山錦60%、山田錦40%」くらいのブレンドです──。


 立ち香──悪くない。品の良いラムネ。テカっとキャンディーみたいな光沢感のある甘酸の発露は「山田錦」由来かな。

 まあまあですね、ホントまあまあ。初日の開けたてが一番旨い。余韻の中に少し藁っぽい渋酸というか──もちろん藁なんか食ったことないけど (笑) ──、ほんの少し、ほんの少しだけ泡盛チックな雑味を感じるのは、おそらく山廃パートの仕業。

 正直、少なくとも720mlを2本同時に開けちゃダメですね。徐々に普通以下の地平線が見えてきた。あと、ここの酒のスペックごとの味クラーヴェそれ自体が、あまり面白いモノじゃない。「山廃美山錦」はもう1本あるので、クソ酒が続いたら──もうそういう機会も今後ますます少なくなるとは思うけど──、単機発進で開けてみようと思います。あと、「亀の尾」は近所に1800mlしかないけど、たぶん買うと思います。何気に27BY、28BYと飲んでるので「定点観測」ですね。


moukan1972




 バカでもできる、できなきゃバカ確定の簡単レシピ『万能おかず生姜やっこ』!
yoemon_yamahai_miyama29by6.jpg
 ▲タッパーに移します。[万能おかず生姜][上沖産業

yoemon_yamahai_miyama29by7.jpg
 ▲オレ流の下ごしらえ。必須ではないけど、ワンランク上を目指したいなら、味の素を少々、砂糖をスプーン2杯くらい入れて馴染ませておくと辛みのアタックが緩和されます。

yoemon_yamahai_miyama29by8.jpg
 ▲セブンイレブンの3個パックの絹豆腐をここでは使います。水で軽く洗ったらキッチンペーパー2枚を重ねたまま縦に一度折り、豆腐に巻いて水気を取ります。皿ごと冷蔵庫でしばらく放置。ここで一つ断言しておこう。豆腐の水気を取る気のない人間は今すぐ退出願いますココが一番重要。いつものようにわかりやすい喩えを出してやろうか? アータ、風呂から出て髪を乾かさないうちにビショビショのままヘアムースを付けますか? 女性なら、顔がビショビショのまま化粧水を塗りますか?

yoemon_yamahai_miyama29by9.jpg
 ▲むしろ冷奴の調理にとって水気を取る以外に何か他にすることってあるの?

yoemon_yamahai_miyama29by10.jpg
 ▲怖がらずにドサっと乗せます。ちなみに包丁で豆腐をカットする必要はないです。プリンを食べるノリで。

yoemon_yamahai_miyama29by11.jpg
 ▲すりゴマとマヨネーズを適量。マヨで生姜の辛みを丸くします。ま、ビーフシチューにポーションを入れるみたいな意味合い? すりゴマの風味以外の効能わかる?──時間経過で豆腐から出る水を吸い取る効果が生まれるから最後まで味が薄まりにくくなるんだよ。

yoemon_yamahai_miyama29by12.jpg
 ▲小ネギをドサっと。余力のある人はココに胡麻油を少し足すといいでしょう。風味が増します。

yoemon_yamahai_miyama29by13.jpg
 ▲ポン酢を少量。生姜にしっかり醤油味が染み込んでるので、醤油ではダメです。ポン酢がない人は和風ドレッシングなんかで代用するといいでしょう。その場合は胡麻油は要らない。

yoemon_yamahai_miyama29by14.jpg
 ▲さらに上を目指すなら、黒酢をスプーン半分くらいかけるとコクが増します。これで完成。食べる時はスプーンを使うといいでしょう。これが「簡単」だと思えない人は家で旨いモノを食べることを諦めましょう。キッチンペーパーがない人も諦めて下さい。旨い料理を作る〝たった一つの掟〟とは「どんなに細かい工程であっても決して勝手に省略しない」ということです。つまりは、手を抜かない。そして、我が家の家訓──それは「キッチンペーパーとマヨネーズと粒マスタードはケチるな!」というものです (笑) 。


日本酒 酉与右衛門 on_list_good

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──まずまず呑めたようでやれやれです(笑)

まあ「酉与右衛門」はコスパの良いデイリーワインみたな存在ですかね。先に「阿波山田錦」を開けてしまったこともあり、少し「山廃美山錦」のインパクトが弱まってしまいましたが、どっちもレベルに大差はないです。ただ、ここの酒は720mlで翌日に2合とか残しちゃダメかもです。トータル的には1800mlの「速醸美山錦」の方が最後の一杯まで安定して飲めました。

というわけDE、1800mlの「亀の尾」を近いうちに買って来ようと思ってます。28BYは「山廃」が水だったので (笑) 、まずは「速醸」からエントリーしてみます。

「井筒長」は既に飲んでましたか。フルーティー系セメダイン酒の中ではなんだかんだで29BYのベストだと思うんですよね──酵母は1401号みたいですが。

どっかに軽くてスイスイ飲めるナイスセメダインないですかね (笑) 。ま、それが「酉与右衛門」なんですけど、現状。ここの酒はもう少し軽くてクリアなら文句ナシに「御用達銘柄」になれるんですが、やや旨みの切面に野暮ったさが残ります。僕のイメージの中では、もうワンギア、スカっと素早く旨みの質量感が抜けて欲しい時間帯が──特に嚥下の中盤にあります。


2018.08.27 Mon 11:21
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

毎度です。

まずまず呑めたようでやれやれです(笑)
こちらから探りに行くというよりは向こうから寄ってきてくれる、愛想の良いお酒でしたね。
阿波山田錦も手配しました。

ここのところストレスフルな状況が続いていたので、じっくり向き合うというよりは癒やしてくれる相手を求めてたんでしょうか(笑)

寝かして良くなるタイプじゃなさそうなので、キンキンに冷やして今日から一升瓶のをぐいぐい吞みます(笑)

井筒長 純吟 直汲は春頃に吞んじゃって、もう無いんですよ。
でも、何回か寝て起きたら30BYが出るんでしょうね。もうすぐ一年の2/3が終了です。
2018.08.26 Sun 18:02
Edit | Reply |  

Add your comment