◤山本 - 純米吟醸 ドキドキ 29BY <秋田> 




yamamoto_dokidoki29by1.jpg
 ▲大手おかき煎餅の完成型。
 ▼コンビニ冷凍うどんの完成型。そして、いくら特殊な酵母を使おうが所詮は米の酒。どうにもならん。
yamamoto_dokidoki29by2.jpg
 bottle size:720ml





【678】白瀑 -しらたき- 山本 純米吟醸 ドキドキ 29BY <秋田>

白瀑・山本合名会社:http://www.shirataki.net


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:秋田県産 美山錦/55%
▪︎酵母:リンゴ酸を多く生成する特殊な酵母
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+2/3.2/※0.8のイメージ。
▪︎ALC:15%
▪︎処理:瓶燗火入れ生詰原酒?
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2018年6月
▪︎管理状況:2018/8/10に着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年8月21日 (火) /1本目に開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




yamamoto_dokidoki29by3.jpg



 moukan1973♀は、♡☺♡「スティルワインを持って行きたい」と言ってるが、とりあえずコレを開けてダメそうならソレデという感じで行こうと思う。つまり、これが問題なく旨ければワインは開けない。

 立ち香──あんま匂わんな。思ってたより香りに〝酸っぱさ〟をまるで感じない。薄ぼけたラムネに草のトッピングが少々。あああ、想ひ出した。あれだな。「山城屋」の生酛なんかに通じるコナクサ (粉草) な香りの風。

 ドレドーレ──。

 とりあえず、含んだ瞬間的に笑顔を形成させるほどには旨くない。お酢を水で薄めてシュガーレスのラムネ菓子を粉末にして入れたみたい。不思議な平面性は楽しいけど、その楽しさは必ずしも〝旨さについてのそれ〟じゃない。

 ガスはあるかないかレベル──「ヌワイ」と言っておこうか。基本的には淡麗な味筋なんだけど、少し麹香に糠っぽい酸を感じる。酸度はキッチリ「3.2」はあると思うな。言うなら、一応は〝レモンの一滴〟系の酸。日本酒ブロガーとしてのそれなりの優しさを気まぐれに出動させて、それでも「まあまあ」という感想は越え出ないかな。



yamamoto_dokidoki29by4.jpg



 ワイングラス──。

 あ、今わかった──この酒の物足りなさの本質が。全くフルーティーじゃないんだよ。ここまで酸度をブーストさせるなら、せめて何かの果実たれよ。似非果実の表現性と再現性に難有り。

 ここまで酸っぱいと表面的にワインに寄っちゃうから、日本酒どうのというより、味のしない駄作果実酒という不利なパラメーターにマイナス値が生じる。低アル的な軽さはあるので、無言&無表情で無理なく酔うことはできる。とはイエイ、日頃オレに追随してちゃんと旨い酒を拾ってる賢者たちは買う必要ナシゴレン

 moukan1973♀がブツクサ言うレベルなので、これからワイン、開けます。しかし「マカダミアおかき」は旨いな。軽く中毒状態。2018年の新商品の煎餅の中ではダントツの完成度。これが200円ちょいで買えたら、老舗の「高級おかき」は無用村の無用村長の無用ドラ息子だわ






「山本」が期待ハズレなのでワインを開けます!

◤Tomada De Castro / トマダ・デ・カストロ D.O. リアス・バイシャス アルバリーニョ「グラン・リバド」2016(1,814円)




yamamoto_dokidoki29by5.jpg
 ▲イマドキは映画でもヲトナがタバコを吸うシーンは自粛するくせにコモドがホテルで酒を飲むシーンはいいのか (笑) ?


 立ち香──おっ、こないだのよりいいな。パイナップル&黄桃だけど、酸の表情がビビッドにシトラス。

 含むと香りほどの質量はないけど、日本酒の純吟生原酒ライクな値段でこれなら、少なくとも「山本」よりは酒偏差値が上。それでもサンジュリアン邸で御馳走になった「Algareiro / アルガレイロ D.O. リアス・バイシャス アルバリーニョ 2011」には適わないけどな (笑) 。

 まあ、ビンテージが2016なので2〜3年くらい寝かせれば、このハチミツっぽいトロみも伸びるんじゃない? 個別記事にして人に薦めるほどのレベルじゃないけど、デイリーユースでこの値段なら悪くはないし──近所のスーパーで気軽に買えるなら思わずカゴに入れてしまいそうだ──、トロピカル系としてもモンペラ2015よりいい。酸は力強く、塩気のあるミネラルも嫌みないレベルで溌剌としてます。薄いは薄いけど、ハゲではない。あえての若々しい短髪。



yamamoto_dokidoki29by6.jpg



山本」はこの流れで嗅ぐともはや臭いな (笑) 。なんかの酒もそうだったけど、まるで生ゴミっぽい酸なんだよ。この酒はワインと一緒に飲んじゃダメです。持ってる人は何も考えず一気に飲み干しましょう。そこまで鼻がいいわけじゃないのなら、無理に探しに行ってはダメ。可能な限り冷やして、味の濃い脂っこいモノと一緒にガブガブ飲みましょう。





── 2日目。

yamamoto_dokidoki29by7.jpg



 立ち香──香りそのものの出力は基本的には穏やかで大人しいレベルだけど、ほんのりミルキーな皮膜もあって、そこに草っぽい香りが重なるというチグハグさに29BYの「山城屋」的な何かを感じる──わかった!──この草感、絆創膏 (バンドエイド) みたいなアロマだよ (笑) 。そういや昔、湿布アロマの酒 (木戸泉の白玉香) もあったけど、それの彩度ヒクーメVerという感じ。

 昨日よりはフルーティーな甘酸っぱさもあるけど、別に旨くはねえな (笑) 。なんかハズれてんだよ。原宿の竹下通りを歩いてる田舎の高校生 (地元ではそこそこイケてると自惚れてる) の服装みたいというか、狙ってるんだけどダサいみたいな (笑) 。こんなもんをモダンだのスタイリッシュだの言って持ち上げちゃダメですね。

 とにかく後味が不味いし、やっぱ少しでも温度が上がると生ゴミ臭い。moukan1973♀は飲まずに終わりそう。



yamamoto_dokidoki29by8.jpg



 そうこうしてるうちにワインが8本届いた。よく見ると同じドメーヌのアルザスワインを2本買ってた。同じロゴがあるじゃん。今気づいたわ (笑) 。右から3番目と4番目は諏訪のワイン王オススメなので、少し期待しておこうかな。4,000円以下のブルゴーニュはどこまでやってくれるんだろう。

 少し値の張る透明瓶のボルドーは諸々の合算でポイント25倍で買えた。ヴェリタスは年がら年中ポイント10倍やるから、なんだかんだで使いまくってるわ。

 さて、今から「酉与右衛門」でも開けようかな。


moukan1972♂






日本酒 山本 not_on_list_unsufficient

Comment

Add your comment