◤長陽福娘 - 限定直汲み 純米 山田錦 無濾過生原酒 29BY 4本目!1800ml <山口> ── dಠಠb「この酒のガスは旨くない。」 




ソノサキ ~知りたい見たいを大追跡!~浜辺美波
 ▲奇跡のヒゲマジャクシ (髭みたいなオタマジャクシ) 。[TVer



 もうそろそろ限界MAXでしょう、長陽福娘 (ちょうようふくむすめ) の赤いヤツ1800mlです。本数としては4本目ですね。さすがにこれだけ飲めば出来の良し悪し以外にもいろいろ見えてくるので、来年以降の購入/熟成計画にとっての大いなる知見を得た──くらいには思いたいところではあるが、実際にはさて。


musume_junmai_jikagumi29by4_2b.jpg 1〜3本目はすべて720mlで、年末に飲んだ1本目はフルーツパーラー系のカワイイ酒、3月16日に飲んだ2本目は少し酸に集中力が出て相対的にはタイトな味筋に、6月3日に飲んだ3本目は特殊な環境で管理していたのでカンロ飴ライクな光沢感が宿る旨口プロポーションが少し育っていたけど、それでも酒としては一番Well-Madeな仕上がりではあった。

 とはイエイ個人的には2本目と地続きな熟成ヒストリーのクライマックスとしての4本目であって欲しいところ。1800mlだし、そこそこイイ感じに仕上がってそうな気がしてるんだけど。

 というわけDE、最近にしては極めて珍しく、酒を飲む前に前説を書いてます。元々この酒は純吟の「山田錦50」のように長命だとは考えてないので、1年とか持つ気はヌワイです。ひやおろし一歩手前くらいで引き上げてスイスイ飲めりゃそれでいい。酸に傑作27BYのようなシャープネスとクリアネスがないので、スモーキーに熟れるギリギリ手前で引き上げたい。煮リンゴのニュアンスが出てると嬉しいのだけれど──ちょうど「赤×茶」のバランスが「赤」に寄るイメージだ。



 ▼番組中、ほぼ唯一の儚げな美人ショットの瞬間は、不意に訪れる僅か0.5秒の出来事。たぶんmoukan1973♀は余裕で見逃してる。新宿の夜空に、♡☺♡「マヂかぁ〜!」の声が木霊する (笑) 。
ソノサキ ~知りたい見たいを大追跡!~浜辺美波_超絶美人ショット
 bottle size:1800ml





【672】長陽福娘 -ちょうようふくむすめ- 限定直汲み 純米 山田錦 無濾過生原酒 29BY <山口>

岩崎酒造 株式会社:http://www.fukumusume.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:山田錦/60%
▪︎酵母:山口9E
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+4/1.85/─
▪︎ALC:17-18%
▪︎処理:直汲み無濾過生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2017年12月
▪︎管理状況:2018年12月末に購入、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年8月9日 (木) /1本目に開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




musume_junmai_jikagumi29by4_3.jpg
 ▲前半はホストクラブ潜入企画。ローランド様、言うねえ (笑) 〜。



 立ち香──あんま匂わないな。注ぐと液にそれなりのトロみ。人気フルーツパーラーは閉店。

 まずは飲んでみる──。

 点点点 (・・・) ・・・微妙 (笑) 。ガスはそこそこある。うーん、ドライつうか、ガス成分が酒に溶けたニュアンスの苦み。あのぉー、新酒時期のイチゴだののカワイイ成分の香りが削げて、逆にモノトーンなカプロン酸エチル香がマットに流れてくる感じ。旨みの球体にはカンロ飴ライクなテカり。つうかあれだな。28BYの「純吟 直汲み 山田錦50 吟醸酵母」の出来損ないだな。言っちゃえば「まあ、飲めますけど」というレベル。



musume_junmai_jikagumi29by4_4.jpg
 ▲写真加工でホスト/キャバ嬢の名刺を作成。企画としてはあまり面白くない。[美波ちゃんVer][涼真Ver



 あああ、徐々に香るね。とはイエイ、鼻の性能が平均レベルの幸せ者なら気にはならないのかな。基本的にはドライな味筋で、ガス感に併走するミネラル感が結構ワシャワシャしつつも軋むので、まあまあ苦いけれど、それなりには迸りのある嚥下物語。良く言えば「シャープ!」、悪く言えば「だから?」──。



musume_junmai_jikagumi29by4_5.jpg
 ▲愛知で月に600万も売り上げてた新人が東京で思うように自分を発揮できずに悩んでいたところにローランド様のこの一言。

musume_junmai_jikagumi29by4_6.jpg
 ▲周囲が少しドヨめくレベルに食い付く美波ちゃん (笑) ──「こんなイイ先輩、いない!」。



 別に悪い酒でも間違った酒でも出来の悪い酒でもないです。ただ、オレの口に合わないだけ。そこそこモダンにWell-Madeなところが逆に虚しいっていうね。それでも「生酛娘」よりはマシ。

 なんだろうなあ。少しアタック気味に甘苦い、無駄にスタイリッシュな旨口の米サイダーという感じ。なんだか余韻が汚い。ゆえにクドい。このへんは「生酛娘」を彷彿とさせる。

 とにかく脳内の認識コードを「ドライ」に寄せて飲むこったな、moukan1973♀よ。評価は2日目を飲んでから。



musume_junmai_jikagumi29by4_7.jpg
 ▲「ローランド様、多めでお願いします!」──。



 黒澤ホヅミ──。

 なんか苦くなっちゃったなあ。どっちも苦い。厳しいなあ、この日本酒道。  





── 2日目。

musume_junmai_jikagumi29by4_8.jpg



 そこまで熟してはいないんだけど、甘みは出てますね。今日はグイグイ甘いです。moukan1973♀、タイスープ (大丈夫) ?──♡☺♡「普通に旨かったんだけど?」──帰宅後にグイ呑みで一杯飲ませたら、♡☺♡「甘いな・・・」。

 ラムネっぽい甘酸に薄くカプエチが乗る感じが28BYの「夏吟醸」っぽくてイヤ。酒の出来そのものは悪くないし、たぶん、今キミが飲んでる酒よりは旨いんだろうけど、この味体験を得るためにわざわざ「長陽福娘」は買わないわけで。



musume_junmai_jikagumi29by4_9.jpg
 ▲主演舞台を務めあげるために朝からステーキを食べて体力を付ける八千草薫、87歳。



 うーん・・・。あくまでも「点点点な酒」ですね。720mlよりカプエチを感じるなあ。ドライながらも桃ミルクであり、少しキャラメルっぽい焦げみもあり、ガスが溶けたニュアンスの苦みに少し望まぬタイプのクセがあり、いちいち細部が気になるから全体としても今一つアガれないという。

 ま、端的に言って「酸っぱさ」が足りてないですね。27BYは冗談抜きで神酒。もしも今、目の前にあれば、720mlで1ダースは欲しいレベル。



musume_junmai_jikagumi29by4_10.jpg



 黒澤ホヅミ──。

 あああ、瑞々しい!酸っぱい!旨い!──と感じる、今宵。まだまだ雑だけど、ようやくブドウっぽいニュアンスも出てきた。このまま順調に熟れてくれれば27BYとはまた違った面白ワールドを堪能させてくれるのかな。

 期待しておこう──その前に常温スパルタ訓練中の720mlを夏の終わりに開けてみるか。



 Additional Notes 💬

dಠಠb
「まだ半分くらい残ってるけど総括。やはり最初からそこそこ香って味の出てる酒がオレの好みに大きく化けることはないですね。飲んでて一番旨かったのは3本目。2本目は1本目の延長として引き締まった〝まとまり〟は感じた。この1800mlは3本目の手前くらいの感じだけど、逆にガス感が増量してるかも。ちょっと重曹っぽい苦みが720mlより強めに出てて、それがグラマラスな甘旨に結びつくことでバランスが崩れる印象。半年前なら気にならなかったけど、値の張る泡を飲むようになったからなのか、もはや〝ガスの味〟にまで神経が及ぶ。これも酒によって微妙に違うしな。オナラにも様々な匂いがあるのと同じだよ (笑) 。この酒のガスは旨くない。

 




── 5日目。

musume_junmai_jikagumi29by4_11.jpg
 ▲以前、墓参りに行った先で買った『かりかりツイスト チーズ』はイマイチだったけど、この『おつまみ カリッとオニオン サワークリーム味』は100円で4個包装なら悪くない。イメージは〝甘くないカリントウ〟です。やや油の感じが安いけど (笑) 。



 あんまっ (甘っ) 。やっぱクドい。29BYは、もはやドッカン娘イヤー。とはイエイ、好きな人は好きでしょうね。味の出てるクドい酒でも、これより酷いヤツはいくらでもあるし、そんな酒でも「旨い!」と言う幸せ者は日本全国にゴロゴロいますんで。



musume_junmai_jikagumi29by4_12.jpg



 うーん、ちょうど28BYの「純吟 直汲み 18号&熊本酵母」を悪い方向にサイズアップさせた感じだろうか。もちろん細部にはこの酒が「長陽福娘」であることを指し示す様々な要素も確かにあるんだけど、全体には、まあ、クドいです

 さすがのmoukan1973♀も今日のこの状態には、♡☺♡「甘いな・・・」とポツり。それでも全部飲み切ったみたいだから、酒としてはそこまで歪でも不出来でもないんでしょうね。



musume_junmai_jikagumi29by4_13.jpg
 ▲中身は大凡で「櫛羅2015:10%」「愛山29BY:25%」「愛山27BY:65%」くらいかな。密かに300mlに採っておきました──正確には「櫛羅&愛山29BY」のブレンド300mlの隙間を「愛山27BY」で埋めておいた感じ。



 うちにある、もう一つの赤いヤツ──。

 神の雫。なんだこれ、超アンチエイジングしてるんだけど (笑) 。もう何もかもの次元が違う。住む世界が違う。比べちゃいけない。このキビキビした酸は29BYの「愛山」だろうな。ちょうど今日、来客があるので、そいつに飲ませてみよう。


moukan1972♂






日本酒 長陽福娘 浜辺美波 not_on_list_good

Comment

Add your comment