もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤房島屋 - 純米 無ろ過生原酒 6号酵母 29BY <岐阜> #Dry 




boujimaya_6gou29by1.jpg

 ▼決して「マズイ」わけじゃない。その逆でこの顔。
boujimaya_6gou29by2.jpg
 bottle size:720ml





【668】房島屋 -ぼうじまや- 純米 無ろ過生原酒 6号酵母 29BY <岐阜>

所酒造 合資会社:http://www.ibi.or.jp/~bojimaya/


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:あけぼの (麹) 、五百万石 (掛) /65%
▪︎酵母:協会6号
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+6/1.7/1.5以上 (※アミノ酸度は体感。)
▪︎ALC:17-18%
▪︎処理:無濾過生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2018年5月
▪︎管理状況:2018/7/26に着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年7月31日 (火) / 酉与右衛門の次に2本目として開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




boujimaya_6gou29by3.jpg

ぱりぴTV浜辺美波1
 ▲案外このヌルいGrooveと相性が良い。アニメキャラゆえの容赦ない突っ込みも良い (笑) 。[動画



 立ち香──ちょっとキャラメルっぽい輪郭の甘苦酸のトライアングル。チヨメン6組とはまるで異なる方向性とキャラクター。最近飲んだ6号酵母の酒だと、タイプとしては「山本」なんかと同じ。ただ、この酒に愛らしい甘やかさはないです。やや草──の焚き火。好意的に見れば「個性的」とは言えるけど、単に「変な服を着てる田舎者」と言えなくもない。

 まあいいや、飲んでみる──。

 まあまあですかね──そう言うしかないというだけの意味で。ガスはなくもないが、ここではヌワイと言っておく。うーん、とりあえず「酸っぱい」とかはないです。フルーティーでもない。なんか焼き過ぎたパンケーキみたい。まるで炭のような苦みですね。甘くもないし香りもしないので飲めるというだけで、今のオレはこんな顔です。



boujimaya_6gou29by5.jpg



 うーん、イマイチ。つうか、やっぱアミノ酸度だよなあ。あとは硬水的なアタック感だよな。チロリに採って氷をポチャンしたけど、逆に熟味がワラワラと沸いて来るな。やや奈良漬け。甘くないレーズンというか、死後硬直したような閉じた旨み。加水火入れしたヤツを「ぬる燗」で飲むような酒じゃないかな。もしくは、常温をブランデーグラスでクルクルやりながらチビリチビリと──だとするなら、もう少し甘くてもいいけどな。

 あとはあれ。彩度を落とした「残心」みたい。とにかく苦い。そして、この苦みが炭のような焦げ感なんだよな。温度が上がると少し素敵にストレンジな草感に包まれた乳酸フレイヴァーも顔を出すけど、だったら「山廃の菊鷹」を飲めばいいだけの話

 ここの銘柄は見切ります。3本飲んだんだから、もういいでしょ?



火曜サプライズ浜辺美波
 ▲美波ちゃんは〝In-The-自然光〟で真価を発揮。『火曜サプライズ』ではウエンツ瑛士との闇コンビぶり──見える人しか見えない絆──がなかなか笑えた。



 少しだけ残しておいた「酉与右衛門」を飲むと激しく癒されるのナゼ (笑) 。「房島屋」はハードリカー系の内臓攻撃をカマして来るので、こういう酒が好きな人の感性を否定はしないけど、少なくともこの6号酵母に限って言えば、もう少し正しく造ることはできる。そもそも「あけぼの&五百万石」に何かの合理性があるとは思えない──価格を下げること以外。

 驚くべきことに、この酒には2日目があるので、評価はそこで。加水して燗につけてみますわ。これをmoukan1973♀に持たせるわけにはイカないので、これからもう1本開けます





── 2日目。

boujimaya_6gou29by7.jpg
 ▲映画の宣伝で来てるのに段取りを忘れて軽い放送事故レベルに沈黙も涼真に促されて慌てる風もなく何事もなかったかのように笑顔で対応。大物です。[動画

 



 まずは冷酒で──。

 だいぶ甘みも出て来たけど、これ重いなあ。酒としてあまりに不完全──なんでもかんでも「無濾過生原酒」で出せばいいというもんじゃない。冷酒のままじゃとてもじゃないけど飲めない。渋い、苦い、熟れ茶け具合が奈良漬けライク。



boujimaya_6gou29by8.jpg



 お燗──。

 あああ、イヤな牛乳感。全く旨くない。さよヲナラ。「not on my list - insufficient」でフィニッシュです。

 ちなみにmoukan1973♀には、この次に開けた酒60%、酉与右衛門25%、房島屋15%くらいの比率でブレンドしたものを少し加水して持たせたんだけど、普通に美味しく飲めたみたい (笑) 。


moukan1972♂






日本酒 房島屋 浜辺美波 not_on_list_unsufficient

Comment

Add your comment