もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 日曜に「黒澤 Type-9」の1800mlを開けました。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤本日の1曲♪【UK SOUL】Dina Carroll - Ain't No Man/So Close (1992) #CJ Mackintosh 

genre tag:VOCAL HOUSE, SLOW JAM/BALLAD, UK SOUL, QUIET STORM, R&B
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎思考の道筋としては──記憶の芋づるとしては昨日のつづき。'90年代初頭の白人系UK SOULシンガーという括りですね。この時代の新曲として少し古風な表情を持つ「Ain't No Man」は何かのカヴァーではなく、Dina CarrollとプロデューサーでありリミキサーであるNigel Lowisとの共作。オレ個人はそこまで好きな曲でもないけど、大学生の頃、サークルの女のコなんかに頼まれてMIX TAPEに入れるとナゼカ好評だったりしたな。それよりオレが好きなのは「So Close」の方。US産のR&Bやブラコンでは表現できない抑制されたエレガンスがある。この手のオーセンティックなバラードとしては地味ながら傑出してます。アルバムのタイトル曲だけど、12inchも出てます。











 ▶︎Ain't No Man (Lowmac Mix)
 

 ▶︎So Close
 

 ▶︎Dina Carroll
music_Dina_Carroll1.jpg


VOCAL_HOUSE UK_SOUL QUIET R&B SLOW_JAM

Comment

Add your comment