◤旭興 - 夏のしぼりたて 等外米 無濾過生原酒 29BY <栃木> #【特にやる事ないから二人でワイン会6時間】▪︎Alpacaアルパカ ソービニオンブラン/シャルドネ・セミヨン▪︎Vincent et Sophie Moreyヴァンサン・エ・ソフィー・モレ サントネー レ・ザット ブラン2015▪︎Pascal Doquetパスカル・ドケ アルページュ プルミエ・クリュ ブラン・ド・ブラン エクストラ・ブリュットNV  




kyokukou_natsu29by1.jpg
 ▲ガーナとコラボ。[CMギャラリー

kyokukou_natsu29by2.jpg
 bottle size:720ml





【666】旭興 -きょくこう- 夏のしぼりたて 等外米 無濾過生原酒 29BY <栃木>

渡邉酒造 (by とちぎの地酒 月井酒店) :http://www.paw.hi-ho.ne.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:栃木県産酒造好適米の等外米 (品種は非公開) /50%
▪︎酵母:協会1401号&1801号
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+3/1.6/─
▪︎ALC:16%
▪︎処理:無濾過生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2018年6月
▪︎管理状況:2018/7/26に購入、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年7月27日 (金) /仙禽の次に2本目として開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




kyokukou_natsu29by3.jpg
 ▲moukan1973♀が貰ってきた非売品の『うまい棒 たこ焼き味 アパ社長リミックス』は通常の「たこ焼き味」より少し味が濃いらしいが、あまり興味はヌワイ。



 立ち香──少し怖い──あああ、やはりこれ系ですか。ムワンっ!「九郎右衛門」の愛山55というか、少し大仰な「雪の茅舎」というか、ナゼカ多くの日本酒ラヴァーが〝ベリー系〟と形容する、要するにアレなアレ。

 モウカン、行きまぁーすっ!──。

 なるほど、淡麗華やか吟醸ですね。ガスはないけど、酸の握力がそこそこあるので、ラムネっぽい甘酸同士の抱擁もあり、決して〝コチラ側の酒〟ではないけれど、なんだかんだで飲めます。やはり、香りからのヒント同様、ちょっとビビッドな「雪の茅舎」というニュアンスもある。



kyokukou_natsu29by4.jpg



 最近は個人的にちょっと「旭興」という銘柄をヲタ目線で再評価してる最中なんで、まあ、ここの杜氏が1801号酵母を使うとどういう酒が出来上がるのか知れたことは有意義でした。明日は酸化が進んで酸がキビキビしそうだから、ワイングラスで飲めば逆にアタック感が増してオレ好みにはなりそう。

 予めチロリに1合ほど採って小さな氷を入れておいた──。

 こりゃmoukan1973♀はダメだろうな (笑) 。明日は一日台風で雨みたいだから、昼間に黙ってこれを飲ませよう。



kyokukou_natsu29by5.jpg



 つうか、もう秋田──じゃない、飽きた。しかしまあ、この手の香りの酒って一体どこで誰に需要があるのかね。造り手としても、余計な忖度心理が働いてるんじゃないの?「三千櫻」の山田社長も言ってたけど、なんだかんだでこの手の香る酒は素人ウケが良くて売れるらしいし、かの「長陽福娘」の岩崎社長ですら、空港などでのオミヤゲ酒の売り上げは経営者としては無視できないみたいなこと言ってたからね。でも、本当に彼らはこういう味と香りを求めてるのかね? 実際には中心的な味わいの「三千櫻」や「長陽福娘」を飲ませた方が「旨い!」と言うんじゃないの?






kyokukou_natsu29by6.jpg

Alpaca / アルパカ ソービニオンブラン (チリ) 499円 (税抜)!


 別に「保険」というわけでもないんだけど、日本酒にハマる前にタマに買って飲んでた安ワインを改めて買って来た。今飲むと味覚アーカイブのどのへんにマッピングされるんだろう。「旭興」は1合で飽きるドングリ吟醸なので、ここでワインにスイッチします。


 ウスッパ (笑) ! スゲえ薄いんだけど、なんというか、無理のない正しい薄さというか、いやー、ブっちゃけ、1,300〜1,800円クラスのシャブリだのブルゴーニュだのを飲むくらいなら、これで十分だよ (笑) 。だって近所のスーパーで499円だよ? 水は水だけど、苦しゅうない水。酔える爽やかなブドウ酢という感じ (笑) 。



kyokukou_natsu29by7.jpg



 とにかく無理がない──この値段じゃ無理もできないんだろうけど。開き直り気味に薄い分、余計なアタックがないというか、ビール換算で言うなら、自分好みではない方向で味の出てるビールなら、味も香りもしない第三のビールを爽快な炭酸水として飲んだ方がマシという、あの感情に近いのかもしれない。しかもあれだね。改めて飲んでみると、舌の表面で微かなガスを感じるよ。



kyokukou_natsu29by8a.jpg
kyokukou_natsu29by8b.jpg



 まあ、あれです。日頃「シャンパーニュ」という高級ワインを飲んでる身としては、逆にそことの絶望的な比較を余儀なくされる中途半端なシャブリやブルゴーニュを飲むくらいなら、これはこれとしてアルパカっといた方が素直な気持ちになれるというものですね (笑) 。



kyokukou_natsu29by9.jpg



 なるほど。むしろ3,000〜5,000円クラスのシャブリやブルゴーニュが最も〝安物買いの銭失いな酒〟かもしれないですね。これはこれで「ワイン水」ではあるんだけど、3,000円クラスの水泡 (水のように薄いスパークリング) をさんざ飲んできた身からすれば、この値段での水ならば、逆に極めて清々しいとさえ思える





── 2日目。

 外は雨だし特にやる事ナシゴレンということで昼間の2時半くらいからダラダラ飲み始めたら6時間くらい経ってたの回です。
kyokukou_natsu29by10.jpg

浜辺美波酒飲みながら5時間観れるpng
 ▲実際には5時間じゃ済まなかったわけで・・・。[ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる? (2017/7/24) ][モデルプレス



 昼間に軽く一杯のつもりが、いつの間にか二人でワイン会に (笑) 。まずは黙ってmoukan1973♀にアルパカ「ソービニオンブラン」の残りを飲ませる。品種までは覚えてないが、ほんの4〜5年くらい前は
普通に飲んでたわけで、今の彼女にはどうヒットするんでしょうか。

 ブラインドで飲ませる──。

 ♡☺♡「ん? ネコンジェ来た? なんかスゴい猫のシッコを感じるんだけど。あああ、薄っす (笑) 。安い味。
 dಠಠb「想ひ出のアルパカだよ (笑) 。正解、猫のオシッコの香りが一番出やすいのがソービニオンブランという品種だから (笑) 。

 ♡☺♡「やっぱそうかー。合ってるでしょ? さすがにそれくらいアタシでもわかるようになったよ。
 dಠಠb「でもこれ、税抜で499円だよ? 最近飲んだ1,500〜3,000円クラスのシャブリやブルゴーニュとそこまで大きな差、ある?──シャンとの比較ではなくて。

 ♡☺♡「まあねえ (笑) 。たしかに3,000円であの程度ならコレでいいのか!? なんか徐々にネコンジェを感じなくなってきた。
 dಠಠb「余計な要素がないから、満足もない代わりに不満やノイズも同様に少ないというか (笑) 。




Alpaca / アルパカ シャルドネ・セミヨン (チリ) 499円 (税抜)!


 dಠಠb「特にやることないからこのまま飲みつづけるか。
 ♡☺♡「いいね! 美波ちゃんの出てる番組ちゃんと観たい。

 これはブドウ品種が「シャルドネ」と「セミヨン」のブレンド。香りは「ソービニオンブラン」の方が青臭いというか、草っぽいアロマ。こっちは言っちゃえば少しトロピカルな豊満がある。ま、あくまでもここでの相対の話だけど。

 ♡☺♡「あああ。ソービニオンブランの方がマシかな?
 dಠಠb「なるほど。この安っぽいミネラルが邪魔なんだよ。だったら何もないツルツルな酒の方がノイズが少なくて文句も出にくいというか (笑) 。

 ♡☺♡「たしかにミネラルはこっちの方が出てる。なんかイヤな後味。
 dಠಠb「このままウメムラのワインも開けちゃうか。






kyokukou_natsu29by11.jpg

Vincent et Sophie Morey / ヴァンサン・エ・ソフィー・モレ サントネー レ・ザット ブラン 2015 (4,471円)


 さすがに香るな (笑) 。樽のニュアンスが少しキツめというか、新樽なのか、結構ドライなキリキリしたニュアンスの樽香。うちで飲んだシャンパーニュだとミニエールとかデュフールなんかに近いニュアンス。アルパカとは別次元に別物だが、肝心なことは「満足度」なので、まずは飲んでみよう。

 ♡☺♡「あああ。複雑な味と香り (笑) 。でもシャンには及ばないし、この値段でこの程度ならアルパカでいいかも (笑) 。
 dಠಠb「余韻だけがやたら長い (笑) 。結構甘苦いな。酸も弱い。酸っぱさだけならアルパカの方が快活 (笑) 。この値段でこのレベルなら同じ値段で買えるシャンのNVを買った方が圧倒的にシアワセになれる。



kyokukou_natsu29by12.jpg



 結局、3,000円以上すると、どうしても心理的に感動を求めてしまうので、そこに到達できなければ満足はできず、満足できない以上、旨いと思えないわけだ。やっぱこの程度の枚数で感動できるほどブルゴーニュの世界は甘くはない。そもそもオレたちには〝ブルゴーニュのイクラ体験〟がないわけで、極上に至らぬレベルの酒を脳内で補填することができないんだな。だったらアルパカの延長線上でベターなモノを探した方が作戦としては合理的だ。[イクラ理論

 要するに、普段飲んでる「4,000〜7,000円クラスのシャンパーニュ」に匹敵する感動を同価格帯のスティルワインに求めるのは酷ということだわな。



 同じ値段ならシャンパンの方が絶対おいしい。
kyokukou_natsu29by13.jpg



 dಠಠb「なんかアルパカのソービニオンブランは温度が上がると完全に青畳のような香りになって来たな。あとは日本の緑茶 (笑) 。
 ♡☺♡「わかるぅ (笑) 〜。薄いんだけど、中途半端に高いワインみたいな余計な要素がないから気軽に飲むにはこれでいいかも。旨いワインを飲みたければシャンがあるわけだし。ていうか、この値段でリピは絶対ないわ。



kyokukou_natsu29by14.jpg
 ▲残酷なスプリット。



 さて、旭興です。

 酔った勢いでmoukan1973♀に飲ませようとしたんだけど、匂いだけ嗅いで拒否りやがった (笑) ──♡☺♡「無理無理!もうこの手の香りの日本酒は匂いだけで吐きそうになる!」。

 軽く掃き出しスタイルで唎いてみたけど、なんとなく乳酸っぽいタッチも出てきたような。確認作業は昨日済んでるので、別に捨ててもいいんだけど、一応、日曜に一杯だけ飲んでから考えるかな。別に出来の悪い酒だとは思わないけど、こういう香りの酒は、牛、本当に、勘弁 (もう、ほんとに、かんべん) 。なにか客観的に〝それ〟だと分かる表記が欲しいな。

 ま、この酒の場合はキチンと「使用酵母」を載せてるわけだからマシなんだけど、いつも言ってるように──先入観を持って欲しくないのでスペックは非公開です──って、そんなに尊い行為か? 一般消費者からすると、スゲえ迷惑な思い上がりなんすけど。それにドヤ顔で「非公開」を謳う酒こそオレにとっては先入観でしか見れないわ──だって造り手のスタンスがそもそも相容れないもの──つまり、キミとは気が合わない。



kyokukou_natsu29by15.jpg



 と、昼間から結構な時間を飲んでますが、本番はこれから。そう、今からシャンパンを開けるのさ!

 ブショネなどの不幸がない限り、間違いなく、先のブルゴーニュに勝ち目はヌワイ。



kyokukou_natsu29by16.jpg


 つづき





── 「旭興」の3日目。

kyokukou_natsu29by17.jpg



 これを飲むと、この手の酒としては、いかに「雪の茅舎 秋田南酒販青年会PB 純米吟醸『無逸』生酒 29BY」がWell-Madeであるかがよく分かる。もはやカプエチの大家ですよ、オレは (笑) 。

 締まりは出てきたんだけど、なんか辛くなっちゃったな。基本的には甘華やかだけど、そこそこ喉ティンコファイヤーですね。スパルタの一環で、嫌がるmoukan1973♀に無理矢理飲ませたら、♡☺♡「・・・飲めなくはないけど飲みたくない。」ということです。もうこの手の酒はこの世から消えてもらうか、ちゃんと外から分かるように、なんなら別の「特定名称」を付けてくれるとアリガタイですね。

 ま、予防策としては、もう二度と18号酵母系の酒は買いませんよ。面倒なのは、9号系でもこの香りの酒があることなんだよな。

 料理酒 (ニクユデヨウ=肉茹で用) に合流。


moukan1972♂






日本酒 旭興 not_on_list_good 浜辺美波

Comment

Add your comment