もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 おっと、楽天の某酒屋が一部スポット的に「篠峯」の扱いを始めてた。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤二代目BBS (オススメ、最近飲んだ酒の感想、質問、タレコミ、はじめまして、呟き等) #篠峯 - 純米大吟醸 愛山45 無濾過生原酒 27BY 4本目!1800ml <奈良> ── dಠಠb「旧評価システムで☆7に到達の神酒」Well-Cured, High Grade, Unique, Fruity 



2019.2.4
突然ですが、初代BBSが容量オーバーで「書き込み不可」になりましたので、こちらの記事のコメント欄を二代目BBS (掲示板) に採用します。初代BBS



bbs1.jpg
 ▲本来的には「篠峯 - 純米大吟醸 愛山45 無濾過生原酒 27BY 4本目!1800ml <奈良>」の記事になります。



 毎度アクセスありがとうございます。

 というわけDE、二代目BBSです。大まかなガイドラインは以下の通りです。

 

▪︎オススメ、MY鉄板&MY苦手銘柄
▪︎最近飲んだ酒の旨かった・不味かった
 (※記事と同じ酒はなるべくそちらへお願いします)
▪︎質問、相談 (誰が答えてもOK) ※「贈り物には何がいいか」にはみんな燃えそう (笑) 。
 (※ただし「而今」等のレア銘柄の入手方法に関する質問は基本NG方向で)
▪︎耳寄り情報&タレコミ&イベント情報 (宣伝&告知は常識の範囲でOK)
▪︎他愛もないツブヤキ (活性ニゴリを爆発させた、遠出して行った酒屋が休みだった等)
▪︎はじめまして、自己紹介




 既出の酒に関する感想はなるべくそちらのページに書いて下さい。守られない場合はこちらで勝手に相応しい場所に転載しますので、予め御了承ください。それでは宜しくお願い致します。


moukan1972♂






浜辺美波ドッキリ竹内涼真センセイ君主
shinomine_aiyama45_27by4_1.jpg
 ▲高見沢俊彦のサンジュスト感 (笑) 。[おにいさまへ…][COMPLETE Blu-ray BOX][第1話 (ニコニコ動画) ]



 さて、27BYの篠峯 (しのみね) です。我が家のストックも「櫛羅 純米吟醸 無濾過生原酒 2015」と「櫛羅 純米 無濾過生原酒」の720mlを1本ずつ残すのみとなりました。つい最近──でもないのか?──奈良の某酒屋で「蔵出しクラシック9」がシレっと販売されてたけど、買ったのはうちの読者なのかな? オレが3月に飲んだ時はまだまだエッジ感のあるタッチだったので、むしろ今時期の方が柔らかく仕上がってることでしょう。

shinomine_aiyama45_27by4_2b.jpg というわけDE、残念ながら「クラシック9」なんかより綾瀬はるかにスゲえのが、この「愛山45」ということになります。これまでに様々な状態で720mlを3本ほど飲んで来たけど、正直、今回の1800mlの前では所詮「余興」に過ぎなかったですね──いや、単なる駆け出し芸人による「前説」か。

 2016年の3月に上槽された酒なので、かれこれ2年4ヶ月モノですか。冗談抜きで造った本人が「搾ったばかりの頃は味しなかったですねえ・・・」と言ってたくらいですが、御安心ください、この1800mlは味しまくりです (笑)



shinomine_aiyama45_27by4_2.jpg
 bottle size:1800ml





【661】篠峯 -しのみね- 純米大吟醸 愛山45 無濾過生原酒 27BY 4本目!<奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:兵庫県産 愛山/45%
▪︎酵母:協会9号
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+4/1.8/0.8 (※日本酒度は「+5」という記憶だったんだけど。ちなみに27BYの火入れは+5/2.0/0.8です。ま、参考程度で。体感上はこの生酒も酸度が2.0くらいあります。)
▪︎ALC:16%
▪︎処理:無濾過生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H27BY/2016年3月
▪︎管理状況:2017/8/11に着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年7月15日 (日) /Blanc 29BYの次に2本目として開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




shinomine_aiyama45_27by4_3.jpg



 立ち香──そこそこボンタン飴だけど (笑) 、飲めば酸も前に出るでしょう。今のところ「紅茶」はない。「熟れた巨峰」もない。酸に寄り添うタイプの生老ね香というよりは、若干カカオ方面に舵を切ったか。ただ、そこまでローストされた焦げ感はない。これまでに追熟させた2本の720mlとはクワナリ違う仕上がり具合を予想させるが・・・。

 さて、どうか──。

 ♡☺♡「あああ、不思議な味。たしかに酸っぱさは出てる。旨い・・・。ただ、軽い重いで言ったらBlancより重いのよ。甘みも出てるし、なんかスゴい酒になってる気がする・・・旨い・・・。クイクイ系じゃないよ。ゆっくり飲む感じ。どっちか言うと酒単体で飲む感じ。酸が最高 (笑) 。



shinomine_aiyama45_27by4_4.jpg
 ▲〆サバには「Blanc」が合います。


 キタな。こう来るか。イイ意味で想定外。720mlとは別次元の仕上がり26BYともまるで異なる熟成式とヒストリー。旧評価システムで☆7に到達。恐るべし、醜いアヒルの子、27BY。

 まず、余韻が素晴らしく長く──ここまで余韻の美しい日本酒をオレは他に知らない──、霞がかった乳白色のクリーミイなテクスチャーが嚥下の彼方へ美しく棚引く様はもはや神秘的とすら言える。ガスは酒との完璧な合一を得て異次元にキメ細やか。時を止める最高の口どけ。

 液性も決して重くはない。もしもそう感じるのだとしたら、それは一重に透き通ったアタック皆無の淡麗な味筋に対して飲み手を幻惑させるには十分すぎるほどの熟成粒子が五味のパレット上に美的かつ緻密に散りばめられているからだ。その一つ一つを拾おうとする際に脳内処理が追いつかないと「重い」と感じるだけあって、この酒そのものが重いなんてことは一切ない。「重い」か「軽い」か言ったらむしろ「軽い」のであって、言うなら、これは「重い」のではなく「豊か」なのである

 残念ながら「櫛羅 2015」よりワンランク上。これこそが〝世界のSAKE〟であり、当然〝世界のNAKATA〟の知らない世界 (笑) 。去年の8月にオレに乗ってKTRで1800mlを買って正しく冷蔵管理していた人がもしもこの中にいるのなら、時は来た、今すぐ飲んでよし。氷温組はもう半年は引っ張れる。



shinomine_aiyama45_27by4_5.jpg



 ワイングラス──。

 どっかのバカに有料講座で教えてやりたいけど、こっちの方がガス感をより強く感じることの方が多いんですよ。なんか熟成酒なのに若々しいサイダー感すら出て来た。やっぱ、酸のポテンシャルが「櫛羅 (山田錦) 」より上だわな。まるで嚥下の川筋に流れる煌めく清水のよう。



明治アポロ1



 そして、ほんのりローストされた熟味と「愛山」という酒米の持つ甘酸が交錯する先には、なぜか一廉の〝アポロ感〟が現出する (笑) 。

 ♡☺♡「アポロわかるぅ〜。イチゴとチョコの組み合わせ好きなんだよねえ (笑) 。

 ちょっと値段が高いので未扱いの特約店も多いけど──マチダヤとかマチダヤとかマチダヤとか──、やはりシノミネストとしては『赤と黒』のチヨメンは外せない。29BYは少し鈍重なニュアンスもあるけど、ここは一つ黙って静かに1800mlを1〜2年くらい囲うしかないのか。





── 2日目。

shinomine_aiyama45_27by4_6.jpg



 立ち香──やはり徐々に酸が前に出て来た。カカオの畑の中から熟れたデラウェア (笑) ──と、これを書いてるのは昼間なので、飲むのは夜──の、はずだったんだけど、暑いし出掛ける用もないしで、シノブラ同様、三連休最終日の昼過ぎに二人でそこそこマトモに飲んでしまった。120mlくらい?

 香りに少し「紅茶」も出てきた。

 ♡☺♡「アタシこの匂い好きなの。 (Blancとは) 品格が違う。超旨い。ヤヴァイ。

 やはり720mlとは味の解像度が桁違い。音で言うとレンジ (カヴァー音域) が広い。今日は紅茶の表情が出て来た。酸が握力を増す中、相対的に余韻の長さは抑えられて、含んだ酒が嚥下の地平彼方に消えて行く流れよりも、自らの体内の奥へと吸い込まれて行くような力学へとシフト。ある意味、こちらの方がこの酒としては正しい姿ではある。初日の余韻の長さはある意味で「御褒美」のようなもの。

 ♡☺♡「アタシは今日の方が好き。一昨日のクレマンとは満たされ具合が違う。造った本人に飲ませたいよ (笑) 。ヤヴァイ、篠ちゃん旨すぎて止まんね。

 果実味倍増。噛んだ後に中から果汁がジュワの流れ。驚愕ジューシイ。エロティックなトロみを諫める高ポテンシャルかつエリートな酸。完璧や。まるで完璧な酒や。

 ♡☺♡「はい〝完璧〟頂きました (笑) 。日本酒はほとんどがクソだから、本当に旨いヤツはシャンより際立つ。総合ランクでは篠ちゃんの方が上。シャンはある意味〝高いレベルでのドングリ〟だけど、日本酒はここまで旨いと、逆にインパクトがスゴい。酒としてのランクがそこらの高級ワインより上なんじゃないかと思う。
 dಠಠb「そして忘れちゃならないのが、この異次元の旨さで1800mlが〝たったの5,400円〟っていう。日本酒の頂点がこの値段。スティルワインやシャンパーニュの頂点をこの値段で手に入れるには、窃盗にでもならない限り無理──経費が5,400円みたいな (笑) 。



shinomine_aiyama45_27by4_7.jpg



 我が家ブレンド──。

 ♡☺♡「随分とキリっとしてんなあ (笑) 。旨いっ! それぞれ美味しい。今ちょっとグレープフルーツを感じた。

 この流れで飲むと笑っちゃうくらい超ビビッド。やっぱ酸のキャラクターは27BYと同じだなあ。やや柑橘系の表情が出るというか。もしや29BYも最終的には何とかなるのか!?





── 3日目。

shinomine_aiyama45_27by4_8.jpg
 ▲『アルキメデスの大戦』、2019年夏公開。美波ちゃんが脇で出るらしい。それにしても菅田将暉は〝勉強のできる子〟の役が著しく似合わないな (笑) 。[2018/7/15/デイリー新潮



 Ya-Vibe (ヤヴァイヴ) 、日毎に旨くなる。今日はついに超絶フルーティーやん。〝洗練されたクリアな甘み〟がもたらす優美な余韻はまるで貴婦人の溜息のよう。甘酸同士の親愛なる抱擁が形造る美しい旨みの球体。これヤヴァイな。まだ4合くらい残ってるけど、なくなるのがサミスィー。720mlとはスケール感がまるで違う。最高だし、もう完璧。つうか、オレの中では、この「愛山45」に関してはもはや26BYを超えた 。再度言おう──「恐るべし、醜いアヒルの子、27BY」。

 ナニコレ、全く引っ掛かりがない。720mlには多少の辛みや渋みもあったんだけど、もうそれが完全にヌワイ。スゲえ。マジでスゲえ。これ神酒やわ〜。余韻の中にローストされたカカオの粉雪が幽玄に舞う。それでいて瑞々しいまでの美麗な果実味。果たしてオレとmoukan1973♀の他にこの状態の「愛山 27BY」を知ってる人間がこの世にいるのだろうか。



shinomine_aiyama45_27by4_9.jpg



 あっと言う間に酒だけで3杯も呑んでる。もうやめておこう。しかしこれ、死ぬほど旨いな。ある意味〝クリアな抜け感 (=脂の落ちた旨みがもたらす高貴なエキス感) 〟が出て来て、3日目して急に若々しくなったよ、ナニコレ。moukan1973♀、ごめん、キミは今日この酒を飲めないというのに、我慢できなくて更にオカワリして4杯も呑んじゃった (笑) 。

 最後にもう一度だけ言うけど、ナニコレ。これがあるから日本酒は侮れないよなあ。「生熟商品」はハイリスクで高コストだけど、ここに金を出す飲み手が増えることを願う。これ飲んだら、その余りの旨さに誰もがひっくり返ると思うわ。そして、感受性の鋭い正直者なら、これまでの自身の日本酒ライフに絶望するだろうよ。その意味でオレのこの4年間は、まさにこの1本を仕上げるためにこそあったと言ってもいいだろう。


 それがそこらに売っていないのなら、自分で造ってしまえ、☆7かな。






shinomine_aiyama45_27by4_10.jpg


 Domaine Daniel Seguinot & Filles / ダニエル・セギュノ「シャブリ」2015 (1,790円)


 あ、これシャンパンのブラン・ド・ブランに極めて香りが近いな。

 ワオ、これいいわ。まるで泡の抜けたブラン・ド・ブランみたい。塩気アプローチなミネラル感なので非常に馴染みのある味わい。香りに余計なケレン味もないし、なかなかいいね。もちろんコート・デ・ブランのエリート・シャルドネよりは果実味が薄いけど、これはなかなかコスパいいんじゃないか?

ダニエル_セギュノ1 清々しく爽快に青空な酸。これいくら? 税込で1,790円かあ。山田錦50クラスの価格帯で──とはイエイ、このエリアの日本酒の銘酒と張り合えるかは疑問だけど──、今日一日の手軽な幸福への担保を得られることを思えば、そこそこ財布に対してフレンドリーとは言える。

 グングン酸っぱいな (笑) 。明日、moukan1973♀に黙ってコレを持たせよう。ビックリするだろうよ (笑) 。しかし徐々に馬脚を現して来たか。やはり、何もかもが安い味わいではある。これの上級キュヴェが3,000円くらいで買えるみたいなので、機会があれば今度はそっちを





── 4日目。

shinomine_aiyama45_27by4_11.jpg



 だいぶ甘くなって来たけど、酸はどこまでも瑞々しく、やはり「山田錦」とはポテンシャルの違いを見せつける。残りが3合を切ったこともあり──この酒ってば、外からは目視できないけど、それなりにオリもあるので──、少しタンニンっぽい渋みが相対的に前に出てきた。バランス的には3日目──というより、残5〜6合くらいの状態が最高ということなんだろうな。

 どうしよう。週末にmoukan1973♀も飲むだろうし、ここらで一発「撹拌」してみるかな。



shinomine_aiyama45_27by4_12.jpg



 撹拌してみた──目視する限り、そこまで濁ってもいないし色も変わらんように見えるけど、さて。。

 少し苦みが増すカナーくらい。ああでも、だいぶ渋いな。逆に〝紅茶感〟は増すのか。なんかミルクで割っても旨そうなんだけど (笑) 。あああ、高貴に渋い。沸き立つアロマにもまるで燻された桜チップ──やや草?──のようなニュアンスも出てきた。これ、熟成した赤ワインで言うところの「腐葉土」や「森の香り」ってヤツ (笑) ? 少し土っぽい煙ったアロマ。

 いいじゃないか。あと2合半くらい残ってるので、週末にmoukan1973♀とワイングラスで頂こう。しかし最後の最後まで魅せてくれるな。まさに日本酒界の〝グラン・ヴァン (grand vin) 〟と呼ぶに相応しい威厳と品格。ヤヴァイ、徐々にこの渋みがクセになって来た (笑) 。AAE (ええい) っ! もう一杯だけ、もう一杯だけ・・・ (計3杯)





── 7日目。

kurosawa_yellow29by2_8.jpg



 ♡☺♡「アタシが最後に飲んだ時よりすごく濃くなってる気がする。ブランデー化が進んでるというか。
 dಠಠb「いや、逆だな。むしろ抜け感のある〝ピチャっとジューシイなタッチ〟が出てきたと思うな。酸の透明感の輝きが増してきた。瓶の中の空きスペースが多いから、イイ感じに液のプロポーションがスリムになって〝味抜け〟したというか。これは明日、改めてワイングラスで飲みたい感じだな。しかし愛山が表現する酸というのは──少なくともチヨ軍団の中にあっては──最上クラスのそれだな。まさにエリートさん (笑) 。





── 8日目の夕方。

 勝利 篠峯
shinomine_aiyama45_27by4_13.jpg



 ♡☺♡「旨い。こっちの方が (黒澤より) 上だな。紅茶出てきた。
 dಠಠb「そりゃそうだろ。☆7の神酒がそう易々と29BYのヤンチャボーイに打ち負かされるなんてことはアッテハナラナイんだよ (笑) 。まだまだ黒澤の黄色は将来が有望な子役に過ぎん。

 ワイングラスだと、まるで熟成したブラン・ド・ブランのような、少しバターっぽいオイリーでまろやかなコクが広がる。いわゆる「ボンタン飴」っぽい旨みの豊満は完全に消えて、いよいよ茶葉な渋みの芯がエリートさんと完全一体化。開栓して1週間が過ぎて残り2合弱の状態で飲んでるけど、やっぱ26BYよりフレッシュネスを維持してるし、なにより酸がこの段階でも瑞々しいことが奇跡。いやあ、旨いですねえ。 

 ♡☺♡「この渋みがいいね!
 dಠಠb「あとは、4日目の時も少し感じたんだけど、どことなく草っぽくて土っぽいアロマがあるんだよな。たぶん澱由来だとは思うけど、これがまた高級感というか神秘的な妖艶さを酒に与えてるんだな。残りはもう僅かだな。オレが月曜に飲んで終わりだ。淋しいな。





── 9日目。

shinomine_aiyama45_27by4_14.jpg
 左のブルゴーニュ、750mlで3,067円だってさ (笑) 。



 あああ、もう最高。最後の一杯まで逃さず最高。さすがにアレの後だと甘いしスイーツだけど、逆にアレに戻るとあっちが「」っていう (笑) 。

 ナンダコレ。もう完全にワールドクラスだよ。興味ないからまるで知らないんだけど、SAKE COMPETITIONって「篠峯」も審査対象だよな?──主催者のHガワ酒店で扱いあるし。審査員連中が漏れなくバカ舌なのは生姜はあるけどショウガナイとして、いやー、なんちゅうか本中華、昭和のおじさんとしては、もう笑うしかないくらい、アホらしくなって来ます──日本酒ブームとやらが (笑) 。



 



 いつも言ってるけど、オレが旨いって言ったら旨いんだよ。しかしまあ、こういう酒を知らずに「日本酒マニア」を自称する連中って一体なんなんでしょうね。ぼちぼち考えを改めた方がいいだろうね──〝その先〟へ行きたいのなら。

 まずは「冷蔵庫」を買いましょう。そして「通販」を解禁しましょう。できない?──なら、諸々あきらめるしかヌワイ、いろいろ無理だから。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 篠峯 愛山 on_list_marvelous 浜辺美波

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──某メルマガによりますと、菊鷹の山本杜氏が移籍するそうです。

前から「不仲」の噂もあったし、移籍先の蔵癖との相性問題があるにせよ、これでようやく彼の造る「山廃純米大吟醸」が飲めるかもしれないですね。


──先日、浜松町で日本酒のイベントに誘われまして行って来ました。一番の収穫は、仕込み水の飲み比べ(無料)でした。蒼空の仕込み水が想像上にねっとりしていて、楯野川と北光正宗の仕込み水が美味しかったです(笑)お酒については新たな出会いはなかったです…

「浜松町」と言えば「名酒センター」という謎銘柄の宝庫な角打ちがありますね。今行けば5年前より自分にとっての謎度は下がってそうですけど。あ、今見たら徒歩2分の場所 (大門) に移転したようです。

https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131401/13228091/


マチダヤ試飲会も仕込み水パラダイスなんですが、今年も行かないと思います。ただ、ワインの試飲もあるので、むしろそっち狙いか (笑) 。


2019.09.04 Wed 17:49
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

某メルマガによりますと、菊鷹の山本杜氏が移籍するそうです。

移籍先は佐賀県の光栄菊酒造というところだそうで、ググってみたところ2008年から酒造りをしていないようです。法人ごとどこかが買い取って、山本杜氏を引っ張ったような気がします。

ということで、レマコム(結構空いてた)と相談して、菊鷹の一升瓶を5本買ってみました。

新天地でも美味しいお酒を造ってくれることを期待して…る人がやることじゃないですね(笑)

先日、浜松町で日本酒のイベントに誘われまして行って来ました。一番の収穫は、仕込み水の飲み比べ(無料)でした。蒼空の仕込み水が想像上にねっとりしていて、楯野川と北光正宗の仕込み水が美味しかったです(笑)お酒については新たな出会いはなかったです…
2019.09.03 Tue 21:36
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──最初に呑んだのから数えると3本目(笑)全部四合瓶です。

えっ!? 通常瓶 (1800ml) を含めると4本ですか???──そりゃスゴい。


──最初のは相当好印象で、29BYの山田錦 夏色生酒のエピゴーネンとして存在意義を感じたんですが、

29BYの山田錦 夏色生酒のエピゴーネン」というのは少し違う気もしますけど (単純に「ろくまるの上級ライン」) 、

──同じ酒屋さんから買った2本でこうも印象が異なると戸惑います。

一つ考えられるのは酒屋の冷蔵ケース内での「保管の位置」です。紫外線を完全に遮断されていない状態で最前列に長く鎮座していた場合、背後の瓶より老ねるリスクは高まりますね。

特に「2本目は熟成感がムンムン…」ということなら「日光臭」の可能性も。確かこの「うすごごり」は瓶が透明ですよね。透明瓶だとますますリスクが高まりますが、まあ、そこは運なので仕方ないです。


2019.08.24 Sat 13:53
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

先日から篠峯 八反(35号) 純吟 うすにごり生酒(2019.03)を開けてます。

最初に呑んだのから数えると3本目(笑)全部四合瓶です。

やはり「うすにごり」は神経質というか、開けるタイミングがルーレット並みに読めないですね…

最初のは相当好印象で、29BYの山田錦 夏色生酒のエピゴーネンとして存在意義を感じたんですが、2本目は熟成感がムンムン…

諦め気分で今日3本目を開けたところ、これは一本目と同じ印象で、一日で呑み切れそうです。

ガスはグラスにびっしり付きますし、活性が衰えていないのが見て取れます。

ドライで、かつフルーティなのでクイクイ呑んじゃいますね。

同じ酒屋さんから買った2本でこうも印象が異なると戸惑います。

打率2/3ならしょうがないのかな…
2019.08.23 Fri 21:39
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──嚥下後の跳ね返りは皆無で、こんなに落ち着いた低アルは初めてのような気がします。

26BYや27BYだと「残草蓬莱 Queeen」という、原酒で12%の傑作があったんですが、今はどうなんですかね。「三千櫻 さくらにごり」は8%ですが、普通に酔うんですよね (笑) 。

「菊鷹 8号」は「低アル」というよりは「通常濃度」における「限界ダイエット」というニュアンスですね。

2019.07.25 Thu 12:56
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今夜も菊鷹 8号酵母を呑んでいて、もうすぐなくなりそうです。
6日目の今日が一番旨い(笑)
嚥下後の跳ね返りは皆無で、こんなに落ち着いた低アルは初めてのような気がします。

この後はType7を開ける予定で、贅沢な夜です(笑)
2019.07.24 Wed 20:21
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん


毎度です。


──開栓直後の完成度という点では30BYのHummingbirdは結構イケると思います!

ということは「Hummingbirdの方が旨い」という理解でいますので、こちらも──まだ買っていませんが──、楽しみにしておきます。ま、8号酵母は〝低アル酒〟という属性に対する評価もあるので、僕としては〝程良いサイズ感〟や〝中身のある軽さ〟こそが重要な評価ポイントになっては来ますが。


2019.07.21 Sun 21:34
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今夜は菊鷹 菊一文字 山廃 純米 無濾過生酒 8号酵母を開けまして、澤やまつもととプチ呑みクラーベです。

澤やまつもとは残り二合くらいで、若干の熟成香も出始めましたが美味しく呑めました。
仰るように、澤やまつもとと菊鷹は津軽弁と博多弁くらい違いましたね(笑)
8号酵母のお酒は本格的に呑むようになってから初めてだと思います。
何と言いますか、雰囲気トロピカル美人って感じですか。
Hummingbirdとの比較記事が楽しみです(笑)

開栓直後の完成度という点では30BYのHummingbirdは結構イケると思います!
2019.07.21 Sun 20:31
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──目を見張る…とこにはギリ至らない…Ambient以上では確実にあるんですがね。

の、割りには素敵な値段 (笑) 。ま、いろいろ手間が掛かってますしね。どうも「澤屋まつもと」からは「磯自慢」とか「飛露喜」等のオールドスクールな吟香 (くぐもったバナナ香) を感じることがあって、それがあまり得意ではないということもあるんですが、基本的にはカチっとしたスリムマッチョかつドライな味筋なので決して飲めなくはないのと、確かに再トライするには良い頃合いではあるかもしれません。


──おそらく強い酒質でしょうから、菊鷹 8号酵母と呑み比べてみたいと思います。

たぶん「遊園地 (菊鷹) 」と「区役所 (澤屋まつもと) 」くらい違うと思いますよ (笑) 。僕と同じ中身 (コンディション) であれば、8号酵母は「絶対に文句の出ない酒」だとは思います。むしろ僕の関心事は「Hummingbirdとどっちが旨いか」ですね。「澤屋まつもと」は、まあ、せっかくなので買ってみますかね。


──周りの蔵元擁護っぽい方から「あんたが思う旨い酒とはどういう酒なのか」と聞かれたので、「そんなもん呑んだ瞬間分かりまっしゃろ」とお返事したらやはり無言になっちゃいまして(笑)

僕なら「飲ませてやるから今からうちに来い」と言いますが (笑) 。


──合格点をそこそこに設定してると銘酒を見逃してしまいそうだということに危機感を抱かない方とは本音で話せなくなりそう(笑)

合格点をそこそこに設定してる」のではなく「何を飲んでもある程度は美味しく飲める」というのが正しいところだと思います。つまり「守備範囲」が広いわけで、目の前に「銘酒」が現れても「際立たない」んですね。「数ある美味しい酒の中の一つ」なわけなので、銘酒が凡酒に対して相対化されないんです。みんな仲良く「美味しいお酒」というわけです。

つい昨日、たまたま検索でSAKETIMESの黒澤レビューに辿り着いたんですが、なんか新鮮でしたね。コイツらがうちのブログを読んでも意味不明博覧会でしょうね。


黒澤 TYPE9 アッサリした飲み口とスッキリした甘さ、飲み易いのですが何かもの足りず。2019年3月26日」←普段どんだけクドい酒を飲んでるんだよ (笑) 。

https://www.saketime.jp/brands/897/

2019.07.19 Fri 21:45
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

目を見張る…とこにはギリ至らない…Ambient以上では確実にあるんですがね。

コストに見合う、、肝機能を無駄に消費しないという意味では「勝負になるのがそこそこある、他よりは確率が高い」蔵元ってとこでしょうか。26BYをここまで残しておけるという意味では、おそらくポテンシャルに気付いた数少ない蔵元と言えるとは思います。
でも問題なのは「」の中なんですよね。我々からすれば「結局旨いの?どうなの?」だけですしね。このロットは個人的には合格でした。「瞠目」はしませんでしたが。

おそらく強い酒質でしょうから、菊鷹 8号酵母と呑み比べてみたいと思います。

そうそう、前に書かれていた「金で解決できない」問題を某蔵元イベントの二次会で営業の方にぶつけてみたところ、無言になっちゃいまして。周りの蔵元擁護っぽい方から「あんたが思う旨い酒とはどういう酒なのか」と聞かれたので、「そんなもん呑んだ瞬間分かりまっしゃろ」とお返事したらやはり無言になっちゃいまして(笑)

合格点をそこそこに設定してると銘酒を見逃してしまいそうだということに危機感を抱かない方とは本音で話せなくなりそう(笑)
2019.07.19 Fri 21:42
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん

──たまにはどうですか?

飲まないと損するくらいに「旨い」ということでいいんですか?

2019.07.18 Thu 22:13
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今夜は澤やまつもと shuhari Jukusei×Yamadanishiki 2014「試験熟成」を開けました。

瓶詰 15.04/出棺19.05、アルコール度数16度です。蔵のセオリー的には一回火入れの加水でしょうかね。

酒屋さん曰く、「26BYの熟成系の中で一番ガスが強いロット」とのことで買ってみました。一升瓶のみで5000円くらいだったような…

確かにガスが口内に広がり、熟感もほとんどないです。壮年のおっさんが本能のいくつかを失っていくがごとく(泣)、適当に枯れて角が取れた味わいです。ずんずん呑んじゃいますね。改めて26BYの酒米がいかに特筆すべき出来だったかを思い知らされますね。

26BYの手描瓶第一弾以来、澤やまつもとを呑まれていないと思いますが、たまにはどうですか?このお酒は瞠目するべきレンジに近づいている、酉与右衛門よりはレギュラーに近い蔵元と思いますがいかがでしょうか。

あ、そうそう、竹雀 槽搾り 雄町 純吟 30BYは少なくとも造りに成功したお酒ではなかったです…(泣)
以前のイクラが20%ほど含まれていて、アル感はあるは、果実感はバーチャルに表面的で、呑みながら何度となくイクラに寄せたがる欲目を押しとどめる口内の感覚に、このお酒が「そう大したことない」と思い知らされるという、面倒くさいお酒でした。過去に呑んだ経験が評価の邪魔になった経験は何回かあったので、自分こそ面倒くさい酒呑みになったんだなと感じました(笑)
2019.07.18 Thu 22:00
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──昨日、我が家にも菊鷹 8号酵母と雲外蒼天 仕込み9号が届きました。実は菊鷹の山廃はお初です。

ああ、そっちイキましたか。まだ手配してませんが、僕は「仕込8号 自社培養酵母」の方をイクつもりでした (笑) 。

「菊鷹」の場合、速醸と山廃とではまるで別物ですね。速醸は良くも悪くもキャッチーかつカジュアルですね。山廃は若いと硬い場合も多いですが、仕上がるとグラン・クリュな複雑みを発揮することもあります。別銘柄に挑むつもりで飲んだ方がいいと思います。


──こいつは一体どうしたんでしょうか、蔵付き酵母の暴走だけでも無い様な…

日本酒は自ら糖化することできないので、酵母酵母言いますが、問題は「麹菌 (もやし) 」にあるでしょうね──特にイマドキ地酒の場合は。

これ、完全に「もやし問題」ですね。でもまあ、蔵付きの場合は何が降臨するかは「神のみぞ知る」なので、もしかすると、浮遊してる「明利系」や「18号酵母系」が着床したのかもしれません (笑) 。どっちも「黒澤」で使用してる酵母ですしね。

いずれにせよ、いちいち取り合うのもバカバカしい酒ですよ。うちにもう1本ありますが、奇跡は起きるんでしょうか。


2019.07.14 Sun 21:24
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

昨日から 黒澤 穂積を呑んでます。

こいつは一体どうしたんでしょうか、蔵付き酵母の暴走だけでも無い様な…
Type9は一本開けまして、これは30BYのトップですね。あともう一本しかない(泣)

酉与右衛門 自家田美山錦は苺としか言えない香りがムンムン(笑)
29BYの味筋に苺の香料だけ添加して、結果は台無し…

そうそう、流石に娘 9Eは購入後一ヶ月以内に呑んじゃいました。
いかにも引っ張り甲斐のない、重厚さに欠ける味わいだったので、酔えればいいって日にぐいぐい呑んじゃいました(笑)

昨日、我が家にも菊鷹 8号酵母と雲外蒼天 仕込み9号が届きました。実は菊鷹の山廃はお初です。
そして竹雀 純吟 雄町 槽搾り 生と悦凱陣 「興」うすにごり生 純米吟醸も(笑)

こっちは半分アタリ屋的ですが、味が出やすい30BYにちょっとだけ期待してます。
2019.07.14 Sun 19:13
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──南部関「ヒカリノミチ」花巻農業高校産ひとめぼれ 純米 (M7(自社酵母) / +7) これが一番かも

「一番」というよりも「 (親心的に) 推したくなる」という感じでしょうか (笑) 。「美山錦」はそんなに味が出てるんですか。「コンディション問題」もあるかもです。〝味出過ぎの酉与右衛門〟というのも風変わりで興味ありますが、まあ、素直に食用セメダインとしてスカっとドライにキレてくれなきゃダメですね。

そんなことより「長陽福娘 山口9E 30BY」、そこまで重要な酒ですか??? どうせめいさん、もう1本くらい持ってるんですよね? 割りと「進みの早い酒」だと思うので、甘くなる前に平らげた方がいいですよ。29BYよりは骨格も堅牢で余韻はドライですが、フルーティーな表情を全く感じさせないので、なんかもう「別にいいや」という感じです。

「黒澤 Type-9」は別格として、やはり「菊鷹 8号酵母」は避けて通れないでしょうね。僕もボチボチ「Hummingbird」を手配しますよ。これが「8号酵母」より旨かったら仰け反りますよ (笑) 。

あと、やはり「あべ」は「生酒向け」の酒質ではないですね。「木戸泉」もそうですが、狭〜い「日本酒」という井戸の中では多少は際立つんでしょうけど、世界中のバイヤーが蔵にコンタクトを取るとか、この程度じゃ、そういうのはないですよね。

その点「黒澤 Type-9 30BY」はまさにワールドクラス。出るとこ出たらヤヴァイことになるでしょうね。


2019.07.14 Sun 14:42
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

一通り呑みましたのでまとめをば。

× 自家田産美山錦 特別純米 (7号 / 55% / +6 / 1.8 / 1.0) 苺
△ 美山錦 山廃純米 (7号 / 55% / +6 / 2.5 / 0.9) ちょっと甘いけど
○ 亀の尾 山廃純米 (7号 / 60% / +6 / 1.9 / 0.9) ちょっと甘いけど
○ 阿波山田錦 純米 (7号 / 70% / +6 / 1.9 / 1.0) イメージ通り
○ 備前雄町 純米吟醸 びん囲い (7号 / 50% / +4 / 1.8 / 0.8) イメージ通り
○ 南部関「ヒカリノミチ」花巻農業高校産ひとめぼれ 純米 (M7(自社酵母) / +7) これが一番かも

以上でございます。一番の期待だった自家田産美山錦 特別純米、二番の期待だった美山錦 山廃純米が味出過ぎであきまへん…

他は持ち味が違いますがそれぞれ合格点ですね。
2019.07.13 Sat 19:36
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──結論としては29BYとは別物です。フルーティーさに欠け、渋味が支配してます…

そりゃ残念。


──ちょっと寝かせて渋味の後退を期待せざるを得ません。

「苦み」は取れること多いですが「渋み」はどうにもならないこと多いですよ。


──このお酒を含めて概観すると、30BYの篠峯は期待はずれと言わざるを得ない状況ですねえ…

そうですか? 別に普通ですよ。それに、めいさん、まだ重要なスペック、ほとんど飲んでないじゃないですか。純大なら「雄町50」「愛山45」、純米だと「遊々」なんかは毎年比較的安定してますよね。「伊勢錦66 うすにごり」あたりもリピートするとイイ夏酒になりますよ。あとは、29BYでクソだった「八反50」「愛山66」を逆張りするか。

もしくは、舌が肥えたんじゃないですか? 日本酒は「上を目指すことが難しい酒ジャンル」なので、一度「上」を知ってしまうと何もできなくなりますからね。「金」で解決できないことの、何と不自由なことか。


──堺杜氏はどう思っていらっしゃるんでしょうかね…

「味しない」って言ってますよ (笑) 。日本酒は「出たとこ勝負」なので、開けるまで何が出て来るのかわかりませんが、そのぶん、お安くなってますので。


2019.07.11 Thu 00:20
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今夜は篠峯 山田錦 蒼 純吟 夏色生酒(2019.6)を吞んでます。

結論としては29BYとは別物です。フルーティーさに欠け、渋味が支配してます…

6号酵母とは思えないアルコールのアタックも兼ね備えています。アルコール度数が15度なので軽さはあって呑み進められますが、ちょっと寝かせて渋味の後退を期待せざるを得ません。
このお酒を含めて概観すると、30BYの篠峯は期待はずれと言わざるを得ない状況ですねえ…

まあ、純大クラスのポテンシャルはあるのかもですがが、櫛羅 純吟のあっけらかんとした感じからして、ポテンシャルも危惧してます。こればっかりは保管環境含め、「神のみぞ知るセカイ」ってところですが…

堺杜氏はどう思っていらっしゃるんでしょうかね…
2019.07.10 Wed 22:16
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──アルコール度数が15%ということで加水なんでしょうか。

25BYや26BYは「加水」だったと思いますが、今は原酒みたいですよ。実際には「15.8%」なので〝ほぼ16%〟ですね。

http://www.nobori-sake.com/shouhin/nara_nihonsyu/tiyo/shino_omati.html#natsu


──ちゃんとできてるお酒なんですがねえ。惜しいなあ…

実はこの酒、マトモに「旨い」と思ったのって、25BYのマチダヤCUPくらいなんですよね。今季は「菊鷹」が低アル志向なので、もしかすると「あらゆる低アル酒」が「無意味の沼」に陥落するかもしれません。

「菊鷹 8号酵母」を飲めば分かりますよ。これ飲んだら、割りとシビアな状況 (他に飲むべき日本酒が少なくなる事態) に陥ると思いますね。ま、うちには他にイイ酒がゴロゴロあるので困りませんけど、日本酒オンリーの飲み手にとっては「悪魔の酒」になる可能性もあるかもしれませんね。


2019.07.07 Sun 20:57
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今夜は篠峯 雄町 純吟 -夏凛 無濾過生酒- (2019.06)を開けました。
こないだ、これと夏色生酒 山田錦が四合瓶で二本ずつ届きました。

アルコール度数が15%ということで加水なんでしょうか。「原」の字がないのでそう思わされます。
そして味わいもそんな感じなので、ついついそんな気にさせられます。

ガスはグラスにちょっと泡が付く程度にありますね。

甘さが十分にあるので、相対的に酸が負けていて、というかモッタリしています。
やはり29BYの夏色生酒 山田錦より鮮やかさが物足りない味わいになっています。

ちゃんとできてるお酒なんですがねえ。惜しいなあ…
2019.07.07 Sun 19:43
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


「南部関 (酉与右衛門の地場ブランド) 」はうちの近所のヨエモン屋では買えませんね。そんなにいいんですか。ホントでしょうね (笑) !!!


──このお酒なら、風の森が風邪から回復した姿をイメージしてもこっちを取ると思わせる出来映えですよ。

「風の森」は確か「山田錦80」がドライ設計だったのかな? 「山田錦60」の方かな? 「酉与右衛門」はさんざ飲んだので「風の森」はあと2本くらいは買ってみようと思います。

「Type-9」は氷温でもそれなりに熟成 (変化) は進むので、旨口に寄る前に引き上げた方がいいでしょうね。思っていた以上に甘みは伸びてるので、この先どうなるのか、これまでの黒澤経験はあまり役に立たなそうです。間違いなく30BYから少し種麹 (もやし) の種類 (もしくはブレンド比) を変えましたよね。やや高グルコアミラーゼなタッチを感じます。


2019.07.05 Fri 11:06
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

コメント機能の復旧、やれやれですね。

昨日から南部関 ヒカリノミチ(2019.4)を吞んでます。

この前に呑んだ雄町よりこのお酒の方がミニマルで、イメージ通りの酉与右衛門スタイルだと思います。抑制的で、酸は十分足りてます。もはやガスはなく秘境感には乏しいですが、一枚上の出来映えに感じました。

このお酒もアルコール度数は16度台ですが、昨日一合、今日残りをすいすい呑んじゃいました(笑)飯米とは思えない綺麗さがあります。

このお酒なら、風の森が風邪から回復した姿をイメージしてもこっちを取ると思わせる出来映えですよ。

菊鷹 Hummingbirdとの比較が日によってばらつきそうなイメージですね。

この後に控えている酉与右衛門も楽しみになってきました。

まあ、黒澤 Type9との比較だと分が悪いんですが、こちらはHummingbird同様「まだ買える」という大きなアドバンテージがあります(笑)
2019.07.04 Thu 22:06
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2019.07.03 Wed 21:43
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

ぼちぼち「旭興 雄町50」も拾いたいんですよね。なので、これもついでに行っときますかね。


──軟水なのかな、これで嚥下後に締まりがあるとさらに良いんですが、拡散しちゃう感じがもったいないです。

旨みや酸の集中力は数値だけじゃ測れないですからね。「良い篠峯」との「差」はココですね。この集中力があれば長命な酒になりますしね。それでも「山廃系」はそこそこあるんじゃないですかね。

たとえば30BYだと「黒澤」の集中力がイマイチ。そのぶん早く飲めるので手間が省けていいわけですが (笑) 。


──ミントっぽいドライ感もありますし。

いわゆる一つの「酉与右衛門メントール」ですね (笑) 。これは「7号酵母」由来ですね。ハッカ飴というかウォッカというか。ココを嫌う人も多いでしょうね。


2019.07.03 Wed 13:17
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今夜は酉与右衛門 備前雄町 純吟 びん囲い 直汲 無濾過生原酒 (2019.02)を開けました。

4か月寝てたからか、少し味が出て来てる感じがします。ほどよい甘味が良いですね。

ヨモギっぽい地酒感があって、7号酵母のクリア感も相まって呑んでます(笑)
アルコール度数も16度台なのでそこまで堪える感じでもないですよ。

ガスもなく、でもどちらかというとあらばしり寄りの瓶のような気がします。ミントっぽいドライ感もありますし。

30BYの篠峯 ろくまるよりは今時点では呑めますね。Goodはもらえそうです。

軟水なのかな、これで嚥下後に締まりがあるとさらに良いんですが、拡散しちゃう感じがもったいないです。
2019.07.02 Tue 21:56
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

まさにヨエラー、いや、ヨエモリスト、いや、ヨエモンダー、いや、ヨエモマン。

まあ、何も考えずにチャキっとクイっとやるには悪い酒じゃないですよね。ちょっとALC.度数はタカーメですが、むしろ夏向きの味わいのような。

そういや「菊鷹」が低アルの新商品 (?) を酵母違いで2本リリースしましたね。夏酒という位置づけなんですかね。ひとまず僕は「8号酵母」からエントリーです。


菊鷹 山廃純米吟醸酒 仕込8号 無濾過生 30BY
菊鷹 山廃純米吟醸酒 仕込9号 無濾過生 30BY

http://www.nobori-sake.com/shouhin/zenkoku_nihonsyu/fujiichi/item.html


2019.06.29 Sat 12:48
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

毎度です。

今日は先日注文した酉与右衛門軍団が到着しました。全部四合瓶で、直汲み・無濾過生原酒です。

自家田産美山錦 特別純米 (7号 / 55% / +6 / 1.8 / 1.0)
美山錦 山廃純米 (7号 / 55% / +6 / 2.5 / 0.9)
亀の尾 山廃純米 (7号 / 60% / +6 / 1.9 / 0.9)
阿波山田錦 純米 (7号 / 70% / +6 / 1.9 / 1.0)
備前雄町 純米吟醸 びん囲い (7号 / 50% / +4 / 1.8 / 0.8)
南部関「ヒカリノミチ」花巻農業高校産ひとめぼれ 純米 (M7(自社酵母) / +7)

さて、お代わりしたくあるような美酒に当たれば良いんですが。
2019.06.29 Sat 10:41
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──今夜は裏篠峯 ろくまる - 純米吟醸 雄山錦 夏色生酒 30BYを開けました。

これ、どういう理屈なのか、29BYに関しては「通常ヴァージョン」より「夏色ヴァージョン」の方が華やか指数タカーメでダメだったんですよねえ。


──29BYは買わなかったこのお酒、去年の年末に出た同スペックのうすにごりを寝かして上澄みだけにした、とかそういうわけじゃないですよね。

こっちは「中取り」という理解でいいと思います。


──でも、29BYの山田錦 夏色生酒と比べると、結構分が悪いことは否めませんね。

チヨメン6組の夏色は余裕をブっこいてると買い逃すので (笑) 、ぼちぼちエントリーします。


2019.06.24 Mon 21:21
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今夜は裏篠峯 ろくまる - 純米吟醸 雄山錦 夏色生酒 30BYを開けました。

29BYは買わなかったこのお酒、去年の年末に出た同スペックのうすにごりを寝かして上澄みだけにした、とかそういうわけじゃないですよね。

いわゆる「夏酒」としてはかなり甘味が出ていて、7号っぽさはあまりないです。でも、酸は足りていて、クリアだし、「低アルにしてリンゴ酸とかクエン酸出しときゃいいんでしょ」的な夏酒よりはずっと美味しいんですけど。

でも、29BYの山田錦 夏色生酒と比べると、結構分が悪いことは否めませんね。
2019.06.24 Mon 20:11
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──ご案内いただいたお店は自分の中では「酉与右衛門」屋さんで、気が付いたら酉与右衛門ばかり注文してしまいました(笑)

しかも古いヴィンテージもそこそこ残ってて、一体店の冷蔵庫の中はどうなってんだ!?という感じの酒屋ですね (笑) 。日輪田は「雄町45」の27BYあたりを攻めても面白そうなんですけど、少し怖い気も。。


2019.06.21 Fri 09:30
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今夜は早めに見切りを付けて黒澤 Type-S(二本目)を吞んでます。

ご案内いただいたお店は自分の中では「酉与右衛門」屋さんで、気が付いたら酉与右衛門ばかり注文してしまいました(笑)

30BYは深みに乏しいお酒が多い気がするので、酉与右衛門には期待してます(笑)
2019.06.20 Thu 20:43
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──今夜は日輪田 純吟 無加圧直汲 山田錦(2019.1)を開けました。

それ、11月とか12月にドロップされる、萩野酒造の最終便の、例のヤツですよね? つまりは、29BYと。


──これは今開けるべきお酒じゃなかった…

確かに、かの26BYを店で独自に囲って1年後にリリースした水新酒店は29BYを (たぶん) 販売してないですね。28BYで止まってます。

https://mizusinsaketen.com/?mode=grp&gid=1094556


2019.06.19 Wed 10:19
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今夜は日輪田 純吟 無加圧直汲 山田錦(2019.1)を開けました。

同梱でうっかり買っちゃった、うちのレマコムにあった、黒澤と篠峯以外の二本の内の一本(笑)

これは今開けるべきお酒じゃなかった…

今呑んでも平均以上に旨かったんですが、もっと熟成させてからだったら相当旨かっただろうなあ…と思わせる出来でした。

甘さが伸びて腑抜けたお酒なんだろうなあ、と覚悟して呑んだら想像よりずっと美味しくてちょっとビックリしました。ガスもわずかに残ってて、26BYのこのお酒や去年の赤トンボにさえ通じただろう道の上にある、ずっとまだ手前のお酒。若い芽を摘んだ気がします(泣)

もう買えない… ああ、やっちゃったなあ…
2019.06.18 Tue 22:32
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん

──「無濾過生原酒」加水じゃないらしいです。

おっと、まさかの低アル。
酸度はそんなもんじゃないですかね。「Hummingbird」も結構あったはずです。
ちなみにサンセールのソーヴィニヨンは酸度が「7.0」とかあるんですよね (笑) 。


2019.06.09 Sun 13:14
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

毎度です。

菊鷹 ~菊一文字~は以下のスペックだそうです。
麹:富山県産山田錦 掛:兵庫県夢錦
協会8号(泡あり)
アルコール度数14.8度
精米歩合70%
日本酒度+5・酸度2.8(!)・アミノ酸度2.0

「無濾過生原酒」

加水じゃないらしいです。
2019.06.09 Sun 12:56
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──田酒の純大四割五分(2018.10)を呑み切るのに時間がかかっちゃいまして、ようやく次のお酒にたどり着きました。

僕も日本酒2年生の時に飲みましたが。もう、この辺は時間の無駄だと思いますよ。店で1杯がちょうどいい感じですね。


──菊鷹 Hummingbird 30BY(31.3)を開けました。同梱候補として是非お試しください。

30BYの「菊鷹」は8号酵母の「菊一文字」に仄かな期待を寄せてるんですよ。原酒ではないですが、なんか今季は「ALC.14%」みたいですね。イマドキのモダン生酒でここまで加水するのは珍しいので、ちょっと面白いですね。

30BY
http://www.sake-sin.com/gazou/syouhin-annai/kikutaka/jyunmai-kikuichimonji-30by/backlabel.JPG

29BY
https://blog-imgs-117.fc2.com/m/o/u/moukan1972/20180708214848585.jpg


2019.06.08 Sat 11:14
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

田酒の純大四割五分(2018.10)を呑み切るのに時間がかかっちゃいまして、ようやく次のお酒にたどり着きました。

菊鷹 Hummingbird 30BY(31.3)を開けました。

あれは28BYでしたっけ。半年ほど寝てたお酒との、しかも記憶の中との比較なんで正確じゃないかもですが、このお酒もお薦めできる出来映えだと思います。

金沢酵母のうざったさは感じられず、カルダモンのような清涼感があって、軽いし酸足りてるしで良い感じです。

同梱候補として是非お試しください。

もう田酒がどんなお酒だったか忘れちゃいそうです。
2019.06.07 Fri 20:41
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──昨日、銀座のイマデヤを覗いたらReglus 生 30BYがあったんですが、「2年続けて美味しいお酒は少ない」の法則を思い出し(笑)買うのを躊躇ってしまいました。

「生酒」と「火入れ」はキャラクターが全く異なるので同じ地平では比較できないですよ。ただ、あの〝良さ〟は「火入れ」ならではだとは思うので、生は別枠で挑むべきでしょうね。


──それよりは、敗者復活戦で竹雀の雄町に当たってみようかと画策中です。美味しかったら即お知らせしますね!

マジすか (笑) 。「蒼」の「夏色生酒」もボチボチですか。今季は「Blanc」がイマイチだったので、チヨメン6組の意地を見せて欲しいところではあります。「超辛口 大吟醸 (6号酵母) 」は買うと思います。



2019.06.03 Mon 22:04
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

昨日、銀座のイマデヤを覗いたらReglus 生 30BYがあったんですが、「2年続けて美味しいお酒は少ない」の法則を思い出し(笑)買うのを躊躇ってしまいました。

それよりは、敗者復活戦で竹雀の雄町に当たってみようかと画策中です。
美味しかったら即お知らせしますね!

篠峯 山田錦 夏色生酒を待っている間にレマコムの空間を確保せねば…
2019.06.03 Mon 21:06
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

そういや、そんな酒もありましたね (笑) 。その感じなら無理して買う必要もなさそうです。

是非、若い状態の「Type-K」でも試飲してみて下さい。そんな酒、余裕で蹴散らすかと思います。


2019.05.17 Fri 21:16
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今夜は上喜元 生酛 八反 純吟 無濾過生原酒(19.3)を吞んでます。
+4はどこで見ても同じですが酸度はお店によって1.2~1.6までばらついてます(笑)

立ち香はバナナとセメダインで、今年も酸はまあまあ足りてます。

粉っぽい甘味と熟してない赤い果実のニュアンスがちょっと邪魔ですが、28BYのイクラに寄せて呑める程度には良く出来てます。

もうちょっと甘味が落ち着くまで引っ張っても良かったかも知れませんが、十分楽しめてます。
2019.05.17 Fri 20:22
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん、マイルドさん



めいさん


毎度です。


──ここんとこ風邪と出張でレマコム内の消費が進んでません(笑)

この歳になるとすぐに振り返すんですよね。。

「凜々 うすにごり」は26BYも飲んでますが、どうにも「凜々」は25BYのインパクトが強すぎて、それ以降は「う〜ん」という感じなんですよね。「篠峯」という名前が世間に知れ渡る最初のキッカケになった商品なので、何とか頑張って欲しいんですが。

このへんの価格帯の9号酵母だと「愛山66」の出来が良ければ面白い感じですよ。29BYは楽天レビューでも誰かが酷評するくらいに不出来だったので (笑) ──あれは腐造ギリギリな仕上がり──、30BY的な〝薄さ&細さ〟に少し期待してます。チヨメンの愛山班は、酸の高貴さにかけては、やはりエリート中のエリートだと思います。


──うおおおおっ!「3333」!!

おめでとうございます (笑) 。



───────────────────

マイルドさん


毎度です。


──もしかしたら黒澤の山恵錦と金紋錦でしょうかー?

正解です。「風の森」じゃないです (笑) 。流石でございます。


──今現在、日本酒のストックが黒澤のみなので、どれも開けられずにいるという状態です(苦笑)

「Type-9」の仕上がりを考えると、もしかしたら今季の901号酵母はアタリかもしれないのと、意外に早い段階で飲み頃が来そうな予感はあるので、山恵錦と金紋錦は今月中には味見します。1800mlは長く持てると思うので、720mlが良ければ買い増す予定です。

「酉与右衛門」も平均以上の日常酒としてはアリですよね。近所で買える720mlのバリエーションが減っちゃったんですけど、まあ「雄町70」くらいは拾ってもいいですかね。

まだ出てないと思いますが、個人的には「菊鷹 8号酵母」あたりには少し期待してます。「星泉 8号酵母 本醸造」にもアタリに行くかもしれません。あとは「あべ」の伸び代に少し期待です。参考まで。


2019.05.11 Sat 09:57
Edit | Reply |  

Name - マイルド  

Title - 

こんばんは。

約1ヶ月半ぶりに日本酒買われましたかモウカンさん。

もしかしたら黒澤の山恵錦と金紋錦でしょうかー?
外れたらすいません、出しゃばりました。

どちらも一升瓶と四合瓶をゲットして待機してました。
まだ開けてませんが。。。

今現在、日本酒のストックが黒澤のみなので、どれも
開けられずにいるという状態です(苦笑)
飲まないわけにもいかないので、岩手のよえもんを
買いながら、だましだまし、しのいでいます。

2019.05.10 Fri 21:49
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。


今夜は篠峯 凜々 雄町 純吟 生原酒うすにごり(2019.02)を開けました。

ここんとこ風邪と出張でレマコム内の消費が進んでません(笑)

大人のファンタグレープですね。ほとんど濁ってません(笑)グラスに付くガスもありません。
冷え過ぎの時点では渋味が強かったんですが、室温に近づくにつれて消え去り、アタックにエステル香が来て、その後は季節はずれの葡萄(笑)
9号酵母全開!です。

濁り成分が喰って味が削げたか、と一瞬心配しましたが大丈夫でした。やや甘味が伸びつつある感じなので、和食とも相性が良さげです。こないだ画像があった、厚揚げをグリルしたのなんかベストマッチって感じです。

アミノ酸度0.9で酸度2.0。HSGW風に言えば「BBQのお伴に!」

間口広めの「凜々」ラインとしての狙いは達成してるんでしょうが、流石に目が覚めるお酒ではないですね。

うおおおおっ!「3333」!!
2019.05.10 Fri 20:45
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──今夜は篠峯 凛々 雄町 純米吟醸を開けました。9号酵母でスペックは+7 / 2.2だそうです。

おおお。そりゃ例年以上にメリハリの利いた数値ですね。


──moukanさんが「ナタデココ」と呼んでるのはこれかな…

違いまーす。「ナタデココ」はワインで言うところの「ヨード感」ですね。「昆布ダシ」というか、これが最も端的に出てるのは29BYの「旭興 雄町 磨き五割 生原酒」です。それに若いチヨメンはアミノ酸度は全体に低めです。もしも退けにかけてアタックを感じるとすれば、それは素直に「酸度:2.2」の為せる業です。


──巨峰と言うよりはミニマルな若めの桃って感じの上品な感じ、ただフルーティさという面ではやや物足りない感じもします。

これはアリガチな表情ですねえ (笑) 。ブっちゃけ「凛々」は25BY以外で「おおおっ!!!」と思ったことはヌワイんですよ。


──ということは、開栓時期を見誤ったのかな…

めいさんの場合、単純に「古い酒」から先に開けることが正しいでしょうね。臆する気持ちは分かりますが、若い酒の早飲みより、寝かし過ぎによる飲み頃の喪失、こっちの方がシリアスです。

チヨメンの30BYなんか、よほどの計画性でもない限り、基本、すべて「先送り」でいいと思いますよ。それこそ、夏が過ぎてから残ってるモノを拾えばいいんですよ。今なら29BYの売れ残りに着目するべきでしょうね。


2019.04.18 Thu 20:59
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

お久です。

最近も日本酒はガンガン呑んでるんですが、報告に値するお酒に出くわさず…ええもう…

今夜は篠峯 凛々 雄町 純米吟醸を開けました。

9号酵母でスペックは+7 / 2.2だそうです。

ややニュウ、ガスはありません。特に嚥下後のモッタリ感から結構アミノ酸度の高さを感じます。
moukanさんが「ナタデココ」と呼んでるのはこれかな…

でも全体としてはドライ目で酸は足りてます。口に入れてすぐに感じる甘味をピシャッと押さえつけます。9号酵母由来の香りは控え目で、巨峰と言うよりはミニマルな若めの桃って感じの上品な感じ、ただフルーティさという面ではやや物足りない感じもします。

「軽い!」とごくごく呑めちゃうと言うわけでもないですし、フルーティさを楽しめるわけでもない、ということは、開栓時期を見誤ったのかな…
2019.04.18 Thu 19:44
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

娘の雄町は無難に通常ヴァージョンのアタリを待った方が安パイですよね。


──ちょっと開栓が早かったのか

雄町は基本すぐに開けちゃダメなヤツですね。若いとウォッカみたいに辛いんですよ。

どうでもいい酒でお茶を濁してるのなら是非「黒澤 Type-9」の30BYを行って下さい。


2019.04.02 Tue 20:35
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今夜は長陽福娘 純吟 雄町 限定生にごり酒(2019.2)を吞んでます。
+5の酸度1.85。雄町50%磨き。岩崎さんは酸度1.85が基準なのかなあ。よく目にする気がします。肩貼りには「生にごり酒」とありますが、裏ラベルには「うすにごり」(笑)

澱はレマコム効果でがっしりと瓶に貼り付いていて、「開封注意」も全く問題なく簡単に開封できました。

で、上澄みをば…直汲みじゃないのでガスはほとんどないですね…

ドライなラムネ酒で、直汲み山口9Eと比べるとブドウ風味は少ないですね…ちょっと開栓が早かったのか、娘にしては薄にごり特有の渋味が邪魔ですね。

山口9Eをおかわりした際に一本同梱したんですが、これは一本で正解でした。

2019.04.02 Tue 20:24
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──お燗の雰囲気を常温で呑んでいるかのような柔らかさもあって

これは的を得たイイ表現ですね (笑) 。


──今夜四合瓶を吞み切りそうです。

この720mlを一晩で飲み干せる肝臓があれば、めいさんの日本酒ライフは2019年も安泰ですね。僕なんか、想ひ出しただけで胸焼けしますよ (笑) 。

あと、たとえ「八反錦」がボチボチだからと言って、ここから「山田錦」に進むことは余りオススメしません。なんだかんだで「八反錦」は酒米キャラも相まって、これでも同一銘柄内ではモダンな方だと思いますよ。


2019.03.27 Wed 22:15
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今夜は宗玄 八反錦 純米 無濾過生原酒 No.21('19.2)を開けました。

書いてませんが金沢酵母だと思います。ガスなど微塵もありません(笑)

少しアミノ酸度の高さを感じるモッタリ感もありつつの、お燗の雰囲気を常温で呑んでいるかのような柔らかさもあって、田舎っぽいですが、それなりに愉しいお酒です。

お燗や二日目の変化を見極める間もなく、今夜四合瓶を吞み切りそうです。
2019.03.27 Wed 21:57
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──帰宅して目に付いた長陽福娘 山口9E 限定直汲を開けました。

あれ? 2本目ですか? それとも残りですか?

http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-1897.html#comment4036


いずれにせよ、なかなか良いようで。とりあえず2本くらい取りせてみますかね。


──ふっと目に付いた宗玄 八反錦 純米 無濾過生原酒 No.21ってのを買ってみました。

落ち着いて呑めるお酒であれば十分なのですが」とは真逆の酒だとは思いますけど、ちゃんと仕上がってれば悪い酒ではありません。能登流の「濃醇旨口」のサイズ感ですが、ニッキを使った和菓子ライクな甘さに出会うかもしれません。


2019.03.24 Sun 18:36
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

毎度です。

今週は出張ばかりでまともなお酒を一口も呑めず、なかなかにストレスフルでした(笑)

帰宅して目に付いた長陽福娘 山口9E 限定直汲を開けました。
肩貼りがシルバーのやつです。

キラッキラの酸でフルーティ。でも甘さが伸びたりはしていないので、赤いヤツよりも分かりやすい美味さ。これは良かったです。

今日の午前中は時間があったのでMTDYへ行ってみたところ、ふっと目に付いた宗玄 八反錦 純米 無濾過生原酒 No.21ってのを買ってみました。落ち着いて呑めるお酒であれば十分なのですがどうなることやら。
2019.03.24 Sun 16:40
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──良いこともあったし、帰ったら29BYの黒澤 type7を開けようかな。

意味なく引っ張っても正しい状態で飲めるわけでもないので、複数本あるのなら、定期的に開けるべきでしょうね。僕は結局720mlで大当たりは引けませんでしたが、要は「透明感」の獲得ですよね。

本当に旨ければ含んだ瞬間に分かりますよ。


2019.03.19 Tue 22:58
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

日曜日から出張中で、今日こそはちゃんと日本酒を呑みたいと思って酒屋さんに行ってもなかなか買いたいお酒に恵まれず、「ああ、めんどくさいおっさんになってしまった」と来し方を振り返ってどうでも良いお酒を呑んでおります。

帰宅したらしばらくは出張がなさそうなので、開栓後の時間経過にとらわれなくても良い日々が続きます。

良いこともあったし、帰ったら29BYの黒澤 type7を開けようかな。
2019.03.19 Tue 21:48
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 小尾けのびさん



毎度です。

「自然酒」ブランドは「硬水仕込みの生酛造り」なので、甘いは甘いですが、意外に骨格はパキっとしてます。


──こういうのを飲むと、日本酒という大カテゴリーで美味い不味い比べるのは不毛な気もしますね。

それより困るのは、飲むまで「甘いか辛いか」すら予想のつかない酒が多過ぎることですね。

あと、厳密には「美味い不味い」はありません。あるのは「出来が良いか悪いか」だけです。「美味い不味い」に関しては「個人が自由に感じること」で、一方「出来が良いか悪いか」は「酒そのものが自ら証明すること」です。


2019.03.12 Tue 12:58
Edit | Reply |  

Name - 小尾けのび  

Title - 自然酒

にいだしぜんしゅ 純米生原酒 生しぼり
以前の記事のものは廃盤になったので、比較的似たものを飲みました。

これは新しい味覚。これはこれで美味いと思いました。
朝の甘いヨーグルトに対して、夜のアルコールのある甘酒というか、健康になりそうな感じです。

こういうのを飲むと、日本酒という大カテゴリーで美味い不味い比べるのは不毛な気もしますね
ボクシングの村田と相撲の白鵬比べてるようで
2019.03.12 Tue 12:05
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん

いわゆる一つの「日本酒っぽくなくて飲みやすぅ〜い ♡」という、女子供に大人気の酒です (笑) 。リピートするのは自由ですが、だったら「REGULUS」を飲んだ方がスタンプが一つ増えますよ?

2019.03.08 Fri 20:59
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

あら、このお酒が人気だったとは露知らず。

丁寧なご説明ありがとうございます。

二日目もそこそこの安定具合は火入れの良さでしょうかね。

何も考えずに酔いたい時は良い感じなので、また買うかもです。
2019.03.08 Fri 20:54
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──出羽燦々100%を6割磨き、書いてないので加水・火入れでしょうか。

この酒は、確か「通年商品」かつ、基本「火入れ」なので、生の場合は必ず「生<要冷蔵>シール」が付きます。マロラクティック発酵なので「まろら」ですね。
https://www.saketen.co.jp/user/datas/item/I00000406/slide_img01.jpg


──これ、ちゃんと宣伝したらもっと売れそう(笑)

なに言ってんですか。これ、僕が日本酒を飲み始めた頃から普通に人気ですよ。蔵の大ヒット商品ですね。

クローズアップ現代『日本酒ルネサンス~人気の秘密に迫る~』
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3729/1.html


──「間口の広い(万人向けの)」完成度の高いお酒だと思います。

というわけDE、人気商品です (笑) 。

僕はもう、今さら飲む理由もないですけどね。


2019.03.07 Thu 21:42
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今夜は山形正宗 まろら(2019.02)を呑んでます。

出羽燦々100%を6割磨き、書いてないので加水・火入れでしょうか。

柔らかい乳酸に若干の苦味、和三盆風の爽やかな甘さ。香りはうるさくなく、室温まで上がってくると旨味が出て来ても全然行けます。

ああ、酸味をちょっと足したミルキーにしか感じなくなっちゃった(笑)

なんか、花見で唐揚げとかウインナーとかと屋外でわいわいやってたらすいすい呑まれちゃうような、「あれ呑みやすかったよな」とか後で言われそうなビギナーフレンドリーなお酒です。

これ、ちゃんと宣伝したらもっと売れそう(笑)

今日も通過儀礼を一つ通過した感じです…

と、ここまで書いて、28BYの菊鷹 Hummingbirdを思い出し、「これ、あの時ならお薦めしてたかも」と思いました。アミノ酸度はきっと1.0を切ってると思います。軽いんですよ。

燗を付けたら柔らかさも出て悪くない…

「間口の広い(万人向けの)」完成度の高いお酒だと思います。
2019.03.07 Thu 21:10
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

どうせロクな酒なんかヌワイのに、懲りずにアタリに行きますねえ (笑) 〜。感心しますよ──オレもか!

これ、今季から「生酛」になったんでしたっけ? 実は〝ちょっとだけ〟気にはなってんですが、他に飲む酒がたくさんあるのでスルーしときました。26BYまでは「クラシック仙禽」に「山廃 亀ノ尾」なんかもあったんですよね。これは結構オモロイ感じに赤茶けた味わいで、今、目の前にあればそれなりに重宝すると思います。


──呑んでいられるんですが、目を見開くような点は探しても見つからないです。

「モダン仙禽」は26BYの「山田錦 生原酒」が至高で、今となっては信じられないですが、ALC.度数が「16-17%」もあったんですよね。しかもナチュラルに無濾過な薄いオリが。

伝説 (☆7) の「赤とんぼ」も同じ26BYで、ここ最近の日本酒は「偉大なるヴィンテージ」である、このラインを未だに超えられずにいます。今季も別に大したヴィンテージにはなりそうもないですね。

米はブドウと違って保存が利くので、出来のいいヴィンテージは冷凍ストックしときゃいいんですよ。本当に旨い酒を造るためにできること、まだまだあるんですけど、造り手も飲み手も意識が低いので生姜はあるけどショウガナイです。

ま、そのうち厭世的な孤高の造り手がそういうブっ飛んだことをやってくれるとは思いますけど。というのも、ぼちぼち日本全国で「跡取りナシゴレン」の蔵元がガンガン出て来るので、ワインの「中古シャトー」の買い取りみたく、どっかの個人がそこで新たな挑戦をするんじゃないかと。これ、案外、日本酒ヲタの外国人がやりそうな気もしますけどね。

たとえば「大相撲」を始め、スポーツ界では遺伝子的なボーダレス化は止まりませんよね。うちの近所も道を歩けば外国人ばかりですし (笑) 。

そういや、温暖化でイギリスでもブドウが熟すようになったみたいですね。シャンパーニュの老舗メゾンも土壌の良い畑を押さえ始めてるようです。


2019.03.06 Wed 22:00
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今夜はモダン仙禽 亀ノ尾 無濾過生原酒(2019.1)を呑んでます。ベランダで2週間ほど放置してそのまま室温です。

実はレギュラーの仙禽を呑むのは初めて。羽水は呑みましたが「軽かった」以外の記憶が(笑)

ヌメッとした口当たり、火入れみたいな滑らかさ。ガスはありません。

ぬめりの向こう側に酸があり、グラニュー糖のような甘さ、その奥に生酛由来の乳酸感、一番奥から若干の渋味と熟感。

もうちょっとやんちゃ(笑)な酸やガスをイメージしてたんですが全然違って落ち着いたお酒です。

呑んでいられるんですが、目を見開くような点は探しても見つからないです。うーむ、残念ですが半分は残して一日は常温放置してみようかな。
2019.03.06 Wed 20:28
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

今週あたり「旭興」は拾いに行こうと思ってます。もともとそこまで酸を出す味設計ではないんですが、基本「淡麗」なので、シルエット (輪郭) がこの時期は少しボヤけてるのかもしれません。内側への集中力が増せば酸は感じやすくなるとは思います。あとは開栓後、1週間くらい冷蔵放置ですね。

「王祿」は──余韻はともかく──別に普通にキレイな熟成酒だとは思いますけど、この程度で「上を目指す」ことはできないです。高級割烹で素敵な和食コースと共に人にゴチになって初めて肯定的になれる酒だと思いますが、そんな機会は一生訪れないので無理です (笑) 。

「黒澤 Type 7」は抜栓後も安定してます。むしろ日に日に薄くなることで輝きを増すのがココの酒の魅力ですからね。ワインで言うところの「開く」のではなく、まるで「余計な要素が剥がれる」というニュアンスの変化ですね。あとは「穂積 生酒 29BY」の仕上がりに期待大です。

moukan1973♀のブラインドには続きがあって、そこは流石です (笑) 。


2019.03.03 Sun 13:41
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

毎度です。

今日は旭興 純吟 雄町 磨き五割 無濾過生原酒(31.1)を開けました。

若干、酸が足りてませんが、ガスも溶けている感じで器に付くことはありませんが、わずかなアルコールの浮きもありますが、良いお酒だと思います。
先日の特純 ひとごこちver. とは別物ですね。

うすはりでも楽しめるし、スイスイ進む軽さもあります。

望むらくは、開けるのが早かったかなあ。あと1~2ヶ月レマコムに寝かせておけば落ち着いた感じになったかな…

-チっ、moukan1973♀のヤツ、一口飲んだだけで当てやがった。

そりゃあ、当たりまっしゃろ(笑)
2019.03.03 Sun 13:28
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

今時期からそこそこ飲める甘めの「山口9E」はボルドー換算で言うと必ずしも「当たり年」ではありませんが (笑) ──この酒の今時期は屈強でドライな方が逆に今後の伸びしろが期待できる──、とりあえず、そのうち取り寄せると思います。

搾りたての日本酒で飛び上がるほど旨いと思える酒はもはや〝皆無〟なので、美味しく飲むにはいろいろと手間が掛かって面倒ですが、ホント、そのへんは時間を掛けずに「金」で解決したい感じではあります。

今日は29BYの「黒澤 Type-7」の1800mlを開けたんですが、やはり、ベラボウに旨いんですね。ただ、いくら「日本酒が安い」と言ったところで、ここに至るまでにこの酒それ自体は5本目の開栓 (720ml×2、1800ml×3) なわけで、トータルで10,000円以上は掛かってるんですよね (笑) 。

日本酒は〝その1本〟だけを飲むには安い酒ですが、その酒を最高の状態で飲もうとすると逆に非常に金と手間の掛かるジャンルと言わざるを得ませんね。

ワインと違って、生酒だと多くの場合、たった2年程度で飲めないほどに劣化することもしばしばなので、引き上げ時は本当に難しいです。冷蔵庫を占拠していると他の酒を買えないので、ますます面倒です。

人間の寿命には限りがあるので、だったら最初から仕上がってる高級酒を飲んだ方が結果的には安く上がると思ってみたり。

ホント、日本酒には頑張って欲しいと、最近では、つくづくそう思います。

2019.02.27 Wed 22:42
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今夜は長陽福娘 純吟 限定直汲生 山口9Eを呑んでます。
この前に米鶴 辛口純米 超しぼり立て生を呑んでました。

米鶴美味しかったですねー。辛口って書いてますが全く辛さを感じることなく一升をゆっくり呑み切れたあたり、酒質の強さも感じました。開栓から五日経っても大きく崩れることなくフィニッシュ。美酒でございました。

で、娘の山口9E。

ブルーやレッドと違って甘味が出てます。スペックは+4.0 / 1.6。この酸度が2を、せめて1.8を超えていたら…

でもちゃんと美味しいです。軽いし、スイスイ進みます。アミノ酸度は1未満だと思います。30BYの娘はブルーやレッドよりはこれだと思います。後味に甘味がペトッと残るので、これは気になるんですが、それでも。
2019.02.27 Wed 21:19
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

そんなに旨いんですか。

とりあえず「Type-9 活性にごり」と「櫛羅 純米 にごりざけ」の上澄みより旨かったら、改めてもう一度レコメンド下さい。

特に「櫛羅 純米 にごりざけ」を超えて来るイメージがないのと、うちには「高級シュワシュワ酒」が30本以上ストックされてるので (笑) 、よほどのことがない限り、たとえ安くても、今更なかなかこのへんに手は伸びないんですよ。


2019.02.21 Thu 19:54
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今日は黒澤 生酛 純米 96380 うすにごり生の2本目を開けました。

いやー、これは危険度が一本目の時より上がってます!
ゴクリゴクリと喉を鳴らして呑んでしまいそうな(笑)

ガスはうすはりの内側にびっしり付きます。これは呑んだ方が良いですよ。29BYよりはっきり美味いです。

アルコール度数が15%なんで、今夜四合瓶が空いちゃいそうな気が…
2019.02.21 Thu 19:21
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──まあ、その、早く無くならないかなあ(笑)

まあ、そんなもんでしょうね。「旭興」はカジュアルラインのスペックで〝媚る〟傾向があるので、基本、そこを拾ってはイケマセン。

人はとかく同梱がりますが、ロクでもない酒を引くということは、ある種の「機会損失」を被ることになるので、長い目で見れば、どんなに送料が掛かっても、必要な酒だけを取り寄せるべきでしょうね──1年に飲める酒の量は決まっているわけですから。


2019.02.13 Wed 22:12
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今夜は旭興 特別純米 無濾過生原酒 ver.ひとごこちを開けました。1801と明利酵母だそうです。
ブレンド発酵なのか発酵後ブレンドなのかは不明です。

まあ、その、早く無くならないかなあ(笑)

ガスなし、酸足りず、冷温で寝かせて甘味が伸びちゃったようなお酒で、いや、まあ、いいですわ…
2019.02.13 Wed 21:21
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To おみずさん



毎度です。

そして、生存報告ありがとうございます (笑) 。体調の方も何とか改善したようで何よりです。

29BYですが、一昨日「篠峯 山廃雄町66」を開けまして、これは非常に良いです。28BYのようなツンケンしたニュアンスはなく、ものすごく丸くて柔らかくて軽いです──常温で約2ヶ月ほど追熟させましたが。

実はあまりチヨメン6組っぽくはないんですが、よく考えたら、これが普通の6酵母の表情かもしれないですね。ややキャラメルっぽい甘酸っぱさが出てるので。


「冩樂」は「純米 初しぼり」を買い逃してそれきりです。「雄町 生」くらいは拾えたら拾ってもいいカナートいう感じです。


──僕もそろそろ御三家30byにエントリしていこうと思ってます!

「黒澤」と「長陽福娘」はまだ1本しか飲んでないので何とも言えないですが、おそらく「黒澤」は例年よりは味が出てそうな雰囲気なので、もしかしたら早い段階で飲み頃が来る予感も。

「長陽福娘」の赤いヤツが「辛口純米」並みの仕上がりなので、これを基準に考えると、今季の娘たちは体育会系の可能性も (笑) 。

チヨメン軍団は全体に27BYのような「薄さ」があり (ガス感も少し弱い) 、そこそこドライですが、今時期にリリースされてる酒は29BYのような重さがないので、割りと普通にスイスイ飲めます。ま、ドッカン星人たちは「味しねえ!」とか言いそうですが (笑) 。

今のところ30BYの「on my list - excellent」はないですが、仕上がり具合の良さで言えば、今後の伸びしろはないものの、なんだかんだで「米鶴 辛口純米」が一番イイと思います。買ってすぐに開けてちゃんと旨いという感じです。


2019.02.09 Sat 16:47
Edit | Reply |  

Name - おみず  

Title - 

毎度ご無沙汰しております(生存報告)。
僕もそろそろ御三家30byにエントリしていこうと思ってます!

写楽はもう終わった銘柄ではあるんですが今年は純吟の無濾過生が出てたので飲みました。
久しぶりの日本酒で抜栓一口目は美味いと思ったんですが飲み続けるとあんまり変化なく味が濃くなった程度でした。
シャラダインも薄めで見どころはあまりありません。
それと完全に飲み会用の無難酒として加茂錦の紅桔梗と黄水仙も飲みました。
こっちは29byだったかなーと思いますが、お上手な造りで無難酒として十分に活躍できました。
要するに普段あまり要らない酒ですねぇ。相変わらず後を引く蔵癖の野暮ったさが微妙です。
あと付き合い用に30byで鳳凰美田黒不死鳥とみむろ杉の辛口露葉風、写楽純米初しぼりもありますが・・・期待感ゼロです(笑)

体質改善できたので嫁も日本酒を飲むようになったので今年はボチボチ行けそうですのでよろしくお願いいたします。
2019.02.09 Sat 10:45
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - 二代目BBS、ここに見参!


というわけDE、初代が容量を超えたらしく「これ以上の書き込みが不能」になりましたので、以後、こちらに夜露死苦どうぞ。

2019.02.04 Mon 21:59
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──長陽福娘 山口9E 直汲は手配されましたか? 四合瓶はあちこちで欠品していて、WTNBに頼らざるを得ない状況に陥ってます。

まだ手配してないです。至高の27BYをたらふく飲んでるので、別にそこまで執着もヌワイです。ネット御三家は、販売履歴を分析するに、まだKNSしか入ってないと思いますよ? あそこ、最近はいつも一番乗りですからね。

本当に旨い酒は、金さえ出せばシャンパーニュでいつでも賄えるので、日本酒に対してはクワナリ悠長に構えてます──買えたら買う程度のモチベーションです。アタリは全体の1%もないですし、その1%を育てるのにも手間が掛かりますからね。

WTNBは「辛口純米」を僕が2本買って以降、他に誰も買ってないようなので、今季も余裕 (安泰) じゃないですか (笑) ?


──数年前の而今っぽい感じもありながら、粉糖のニュアンスがちょっと余計ですね。

お疲れ様です。


2019.02.04 Mon 21:40
Edit | Reply |  

Name - めい (moukan1972♂による転載)  

Title - 

おばんです。

今夜はよこやま SILVER 1814 生を呑んでます。
数年前の而今っぽい感じもありながら、粉糖のニュアンスがちょっと余計ですね。
ギンギンに冷やしてないとちょっと重さを感じます。

長陽福娘 山口9E 直汲は手配されましたか?

四合瓶はあちこちで欠品していて、WTNBに頼らざるを得ない状況に陥ってます。
ただ、新着順で並び直すと、「30BY」と明記されているのに「"西都の雫" 夏純米 うすにごり 29BY」の後に並ぶ恐怖(笑)

お電話した方が安全ですかね…
2019.02.04 Mon 21:39
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん



毎度です。

少し御無サターンでしたね。てっきり「ソツメン (卒業メンバー) 」入りしたのではないかと思ってましたので安心しました (笑) 。僕について来てくれれば必ずイイ景色を見せてあげますよ。


──今週末は篠ブラが届きます。

まずはココからですね。まだまだフレッシュですが、甘みも日に日に伸びて来てますので、1本目は数日休ませたらすぐに飲んで下さい。冷蔵管理できないなら2本目以降のストックはリスクですね。「来年の春まで残ってれば再飲」くらいのノリが望ましい──kappaさんサイズの酒ライフではあるでしょう。

ハイスペックな酒なので、それなりには強固だと思いますが、なにせ新商品で過去の検証DATAがないので、この先どういう変化の道筋を辿るのか予想できないんですね。

最大の不安要素は「速醸の低アル素性」です。原酒で16%ないので、溶けたアイスみたいにデレっと崩れる可能性も頭に入れておく必要があります。簡単に言うと「シロップ化」する可能性がないわけじゃないということです。「新政」みたいに元から甘い酒ならそれも「アリ」でしょうけど、これは酸っぱい酒なので (笑) 。

「生酛」なら腰に力あるので──「赤とんぼ」のように──多少は長生きすると思いますが、これは速醸らしい少し揺蕩う液性もあるので、そこがどうなるか。ま、美味しく飲めるうちに何度も飲むのが吉でしょうね。夏にピッタリですよ。

うちは残4本ありますが、720mlで派手に遊ぶのは1本くらいになると思います。もちろん、来年まで残ってれば遊びを追加してもいいですけど。一応、1800mlは長期熟成用にオカワリすると思います。チヨメンの「低アル・6号酵母・磨き50」の行く末を見守る役目が僕にはあるんですよ (笑) 。

愛山27BYは、ちょうど1年くらい前が初呑みですかね。その時点でも1年5ヶ月くらい寝ていたので、こういう事になるのなら、新酒のスカスカ状態も口にしておくべきでした。ま、そうならそうで、たぶん買い増すこともなかったかもですね。そこは日々の経験の集積です。

この1800mlは、720mlの3本で感じた辛みのアタックが完全消滅してたのと、やはり、この瓶サイズならではのレンジの広さ (スケール感) が別格ですね。さすがに4日目は甘くなって来ましたが、それでも「櫛羅」よりは奥床しいエレガンスがあります。なんだかんだで「山田錦」は「派手」ですね。

29BYの愛山45はどうですかね。少し麹が強いんですよね。今のところ「クリスタル素性」は感じませんが、これもどうなるかは「神のみぞ知る」という感じだと思います。

そう考えると、kappaさんを始め、一般的なライトユーザーは、まずは「早飲みタイプ」で旨い酒を1本でも多く口に入れることが先決です。その意味で「Blanc」は最強の早飲み系チヨメンですよ (笑) 。

2018.07.19 Thu 12:25
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - 崇高な果て

moukanさん

毎度です。

愛山45を追い続け、いよいよ迎えた大団円。状態は同じではないにせよ、素晴らしい表現と自身の体験を重ね合わせ、舐めるように拝読しました。

ーーー“moukan1973♀、ごめん、キミは今日この酒を飲めないというのに、我慢できなくて更にオカワリして4杯も呑んじゃった (笑) 。”ーーー

ナンジャコリャ?!が成せる技でしょうか。うっかり4杯とは。(ふふふ)止められないですよね。


そもそも馬力が無いくせに、駄酒ばかり買い貯めたものですから、ここのところ消化につとめている訳ですが、得られるものはあまり無く、異常な暑さも重なり何だつまらんです。
出かけた広島や福岡でも地元の日本酒を飲み漁りましたが、オっと思えるモノには遭遇出来ずでした。

今週末は篠ブラが届きます。

2018.07.18 Wed 23:15
Edit | Reply |  

Add your comment