もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

ტ 本日までの転入生 ── dಠಠb「珍しく買って来た1時間後に飲む」#旭興/綿屋/篠峯/愛宕の松  




 毎度アクセスありがとうござます。


 珍しく近所で買い物。しかも「旭興」と「綿屋」はすでに飲んでます。右は「シャンパーニュ」ではなく「クレマン」です。マチダヤで買って来た (笑) 。手前のエメンタールは賞味期限が7/26ということで、マチダヤ帰りのスーパー (みらべる中井店) で138円だった。本当は500円以上するんだと。[AOCクレマン



2018_7_12転入生1





ტ 本日までの転入生


◤旭興 純米吟醸 醴酛 (あまざけもと) 無濾過生原酒 29BY <栃木>
◤綿屋 純米吟醸 雄町55 28BY <宮城>
◤愛宕の松 純米吟醸 ひと夏の恋 29BY <宮城>
◤篠峯 純米吟醸 雄町 参年熟成 26BY <奈良>
◤篠峯 純米吟醸 山田錦「蒼」夏色生酒 <奈良>
◤クレマン・ド・ブルゴーニュ Claude Gheeraert ブリュット「ピュール・シャルドネ」NV



2018_7_12転入生2 旭興 (きょくこう) は「醴酛 (あまざけもと) 」っつう、まるで難問クイズに出てきそうな珍しい醸造方法だけど、味わいは「柔和な生酛」という感じ。このあと記事をUPします。「雄町 五割磨き」の「蔵熟・加水生酒Ver」を買いに行ったんだけど、店主に話が通じない。つうか、26BYも28BYもココで買ってるし、ポップの説明だってアンタが書いたんダローガ。それで記憶してないとか、オレには信じられない。

 綿屋 (わたや) は初呑み。ラベルを見ていたら店主がオレに語った「先日の試飲会でお客さんの評判が良かったですよ」という言葉なんかハナから信じちゃいないが、まあ、世の中、所詮はそんなもん。

 愛宕の松 (あたごのまつ) は久々かな。この夏酒は26BYで飲んでるけど、今のオレにはピタっと収まったりして。ほんのり甘酸っぱいチャキっと淡麗なセメダイン酒ですね。CUPサイズなので品質は難アリだとは思うけど、これは金曜に飲みます。いや、違うな。27BYでも飲んでたな。

2018_7_12転入生3 今年リリース分の参年熟成26BYはマチダヤの300mlのみということらしいけど、やっぱ瓶サイズというのはシビアな問題で、堺杜氏が言うには1800mlで熟成させて300mlに移してるらしいけど、その際に空気に触れるわけでして──瓶詰めマシンを使ってれば話は別だけど。ま、一応の確認ですね。オレはこれと実質的に中身が同じの「一火原酒 26BY」を1年3ヶ月熟成、2年半熟成状態で2回飲んでるから、要はそことの比較がテーマ。

 今度の「夏色生酒」は6号酵母の山田錦60ね。通常Verは少し重かったけど、こっちはどうでしょう。採ってる部分が違うけど、先日の「雄山錦」ような事態にはなりようがないので、旨ければラッキーということで


 右はブルゴーニュ地方のスパークリングワインである「クレマン・ド・ブルゴーニュ」というジャンル。楽天の方が300〜500円くらい安く買えるんだけど、試しで。

 なんでも シャンパーニュ地方 (コート・デ・バール) のオーブ県のすぐ隣のシャティヨネ地方のドメーヌで、かつてこのエリアのブドウはアペラシオンが制定される前まではシャンパーニュ用として使われていた歴史もあるんだって。「限りなくシャンパーニュに近いクレマン・ド・ブルゴーニュ」──この「限りなく」という言葉が少し引っかかるが──なぜなら「限りなくカレーに近いウンコ」は論理学的に歴然と「ウンコ」なんだよ (笑) ──、ま、夏の冷やかしイベントですね。

 さすがにこの1年半くらいで120本以上のシャンパンを飲んでるので、その〝限りなく〟の質量くらい、口に入れた瞬間に分かるからな。むしろブラインドで騙されるくらいのバカ舌があれば安く済むから財布にとってはその方が望ましいんだよ。あくまでも「旨ければ超ラッキー!」という心づもりで挑みます。[参考


moukan1972♂






日本酒 生酛 山廃 篠峯 雄町 旭興 愛宕の松 綿屋

Comment

Add your comment