◤綿屋 - 純米吟醸 雄町55 28BY <宮城> 



wataya_jungin_omachi28by6.jpg
wataya_jungin_omachi28by1.jpg



 初呑み銘柄です。近所の「旭興屋」兼「酉与右衛門屋」を覗いたら狙ってた酒がなかったので、dಠಠb「綿屋 (わたや) かあ・・・」なんて思いつつラベルを眺めてたら、店主が「先日の試飲会でお客さんに評判良かったのが雄町と亀ノ尾です」と言う。ちなみに「亀ノ尾」は1800mlのみらしい。裏のラベルを見ると「28BY」と書いてあって、熟感の出方について訊くと「そういうのは全然ないです」と自信を覗かせて答える。「火入れ」だし「加水」だしで、dಠಠb「軽く飲めますか?」と振ると、これまた自信たっぷりに「スッキリ飲めます」と言う。

 というわけDE、何も期待しないで──ただ少し、自分自身が初々しいキモティを想ひ出しながら──買ったその日に開けてみた。気まぐれってヤツは誰にだってある。



wataya_jungin_omachi28by2.jpg
 bottle size:720ml





【656】綿屋 -わたや- 純米吟醸 雄町55 28BY <宮城>

金の井酒造 株式会社:https://www.kanenoi.co.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:岡山県産 雄町/55%
▪︎酵母:宮城酵母
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+4/1.8/─
▪︎ALC:15% (加水)
▪︎処理:生詰? (要冷蔵のシール有り)
▪︎酒造年度/出荷日:H28BY/2018年4月
▪︎管理状況:2018/7/10に購入、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年7月10日 (火) /旭興の次に2本目として開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable
▪︎補足:旨くもなんともないけど、これはこういう酒なんでしょ?

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




wataya_jungin_omachi28by3.jpg



 立ち香──それなりに熟してんだろ、このウソツキ。耳鼻科に行けよ。それでも悪くはなさそうなブドウ感はあるものの、微かに生ゴミ系の乳酸アロマ (笑) 。

 大丈夫だろうな──。

 薄っす。いわゆる一つの「だから何?」系ですね。「先日の試飲会でお客さんに評判良かったのが雄町と亀ノ尾です」──はいはい。しかしこれ、知ってるな。こういう酒、前にも飲んだことあるな。そうだな、あれだな。アレの出来損ないだな。静岡蔵の雄町45の、なんだっけ、まあいいや、後で調べるわ──途中で想ひ出した「正雪 純米大吟醸 備前雄町 生 27BY」だ。



wataya_jungin_omachi28by4.jpg



 淡麗だから飲めるけど、まあ、普通ここが到達点なニュアンスの「普通さ」──つまり、造った本人が満足してそうなニュアンスを含み持つ「普通さ」地方に旅行や出張に出掛けて、空港や駅で謎コンディションの火入れの「純吟」を買うと、だいたい漏れなくこういう味になるという味 (笑) 。そうそう、あれだ。あれだよ、あれ。岐阜の酒屋の──そうそう、Sun-Tech、あそこから受け取る試飲サンプル、あれの大半がこういう味 (笑) 。

 でも、悪くはないですよ。楽しくも嬉しくもないけど、夏のぬる燗には良さ毛ボウボウ (よさげぼうぼう) だろうし、火入れらしいコリっとした旨みの固形にも出会えるし、まあ、適度な息抜きになりましたわ。





── 2日目。

wataya_jungin_omachi28by5.jpg



 本日3種類目。もうクワナリ酔ってるけど、一応。香りは・・・うーん、生ゴミ系のバナナというか、雑に澱み濁った静岡吟醸というか。だいたいメロンもバナナも生ゴミと大してアロマが変わらんよ。

 田舎の旅館に泊まった際に若くて可愛い給仕のお姉ちゃんが笑顔で運んで来てくれれば「美味しい!」とお世辞を言うことも吝かではないけれど、これで2,000円とは人生の厳しさだけしか教えてくれないですね。ハイスペックの素晴らしい料理酒をありがとう。



wataya_jungin_omachi28by6.jpg



 あ、ちなみに、実は夏のぬる燗は昨日あれから少しやったんだけど、別に大王ですね。無駄に酸っぱ辛くなる「あのパターン」と言えば、そこそこの日本酒マニアなら、意味、わかりますよね?──そういうことです。

 moukan1973♀は飲まずに終わります──彼女は今日ブログでオレがこの酒を買って飲んだことを知る──それはまさに、静かだが決して穏やかではない夫婦の伝言板。


moukan1972♂






日本酒 綿屋 雄町 not_on_list_good 浜辺美波

Comment

Add your comment