◤菊鷹 - 純米 8号酵母「菊一文字」無濾過生酒 29BY <愛知> ── dಠಠb「珍しく1800mlが2日半でなくなる」#Fresh/Fruity/Wine Oriented 




メニコン浜辺美波
 ▲平常、TV版は有村架純でNET版は美波ちゃん。今回はWEBのTOP画面で間接的に共演だが、First Shotは美波ちゃん。間もなく有村架純はお役御免か。[メニコンHP][2017/12/28/modelpress





 さて、菊鷹 (きくたか) です。速醸です。27BYまでは「山廃」でした。8号酵母の酒ですね。Wikipediaによると6号酵母の変異株なんだって。1978年に発売中止になって、2003年頃から地味に再び使われ出した模様。実は8号酵母の酒を飲むのは初めてだな。多酸系みたいなので、ほんのり期待してました。

kikutaka8号酵母29by3 これも「Hummingbird」同様、自家培養させた乳酸菌を使ってるのかな。飲んだ感じ、酸にそこまでのエッジはなかったけど、先に結論を言うと、あれです、初日の開栓直後の一杯目 (一口目) が一番旨いタイプの酒ですので、もしも720mlがあれば2〜3本くらいはストックしてもいいけど、残念ながら1800mlで良さの出る酒ではないです。オレにとっては「分単位でどんどん雑になる液性」ではあるけど、淡麗な透明感より舌にズリっと乗る量感豊かな酒の方が好きな人の方が多いと思うので、そこは個人の嗜好次第。

 それでも久々に「御三家 (篠峯/黒澤/長陽福娘) 」以外でマトモな酒を飲んだという印象。ワールドクラスではないけど、国内トップクラスではあるでしょう。実際、2日半で1800mlがカラになったので、なにより事実がその優秀さを証明しています。



kikutaka8号酵母29by2
 bottle size:1800ml





【654】菊鷹 -きくたか- 純米 8号酵母「菊一文字」無濾過生酒 29BY <愛知>

藤市酒造 (by 日本酒専門店 Sake芯) :http://sake-sin.blog.so-net.ne.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:富山県産 山田錦 (麹) 、兵庫県産 夢錦 (掛) /65%
▪︎酵母:協会8号
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:非公開 (+2/2.4/1.2のイメージ。)
▪︎ALC:16%
▪︎処理:無濾過生酒 (たぶん加水)
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2018年3月
▪︎管理状況:2018/7/5に着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年7月8日 (日) /1本目に開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable
▪︎備考:初日の開けたての一杯目は「excellent」です。磨き50〜55%くらいで飲みたい感じの酒です。

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




kikutaka8号酵母29by4



 立ち香──柑橘系の表情もあるけど、三温糖のようなローストされた甘みの風もそよぐので、ちょっと熟れた、赤茶けたブドウという感じ。山廃っぽい乳酸キャンディーなタッチもありつつ、草成分は今のところ少なめ。とはイエイ、酸の角は円く──8酵母由来なのか?──、どちらかと言うと柔らかく甘やかなニュアンス。ほんのり栗のような麹香。精米歩合65の割りには見晴らし良好な爽快さ。

 ここまでは悪くないですよ──。



kikutaka8号酵母29by5
 ▲「外開き」や「うすはり」より右の普通のグイ呑みが一番しっくり来る。



 ♡☺♡「あああ。旨いっ! なんか最近飲んだ何かの篠ちゃんに似てる。天然水のヤツ。
 dಠಠb「ソルダムの天然水、Blancのこと?

 ♡☺♡「そうそう! 違う? んっ? 最初は似てると思ったけど、もっと味は出てる。系統は同じだと思う。ああ、いいですね。こっからどんどん濃くなられても困るけど、酸っぱい酸っぱい。ああ、飲んじゃう系だね、これ。



kikutaka8号酵母29by7



 今は旨い。ガスはヌワイ──と言っていいレベル。ストラクチャーが緩いので、明日以降の伸びしろは期待できないけど、今は十二分に旨い。滑らかジューシイ。結構クリスタルよ。危ういバランスのジューシネスだけど、透明なエキス感に酸が反射する、まさに我々好みの液性。「Blanc」との一番の違いはストラクチャーもそうだけど、それよりもテクスチャー。あっちが化繊のナイロンなら、こっちは天然のシルク。水の硬度の違いもあるのかな。

 ♡☺♡「ほとんど味は覚えてないけど (笑) 、過去の『菊鷹』の中でもこれは好みな方。

 徐々に麹由来の旨みの立体も顔を覗かせるけど、まあ、許せる範囲の厚み。「飲む」というより、粒が小さくて皮が薄めの果実をプチュンと「噛み潰す」みたいなニュアンスのジューシネスなので、細部が雑でも、今は笑顔で乗り切れる感じ。いいんじゃないですかね。菊鷹ベースで言えば「山廃」みたいな地酒的秘境感 (草) はないけど「Hummingbird」ほどポップでもピーキーでもないし、エレガントな不良 (893) という存在感の質が好ましい。



kikutaka8号酵母29by6



 ろくまる夏色生酒──。

 ♡☺♡「あああ。やっぱ、この華やかさは苦手なんだよね。『菊鷹』の方がいいかな。
 dಠಠb「でも、味の消え方は『ろくまる』の方が美しいよ。比べてみればわかるよ。

 ♡☺♡「もしかして、雑? でも味は『菊鷹』だな。
 dಠಠb「精米歩合もあるけど、なんか分単位でどんどん雑味が湧いてくる感じ。ま、これくらい味がズリっと舌に乗る方が好みの人もいるだろうけど、一杯目の軽い感動はもうここにはないな。それでもクイクイ飲めるから、酒そのものは旨いんだろうね。一杯目の透明感を維持しつつ、ストラクチャーに堅牢さがあれば間違いなくワールドクラスだけど、この手のジューシネスは、その堅牢さを犠牲にして得られる属性だと思うから、仕方ないっちゃ仕方ない。



kikutaka8号酵母29by8
 ▲トマトカレーの2日目は更にトマトの味を足す。



 酸っぱいか酸っぱくないかで言ったら間違いなく酸っぱい日本酒なんだけど、8号酵母のなせる業なのか、そこまでツンケンした酸ではないんだよな。甘みの出方も円いし、細部にフォーカスすれば個性的でスタイリッシュな酒と言えなくもないけど、俯瞰して見れば、その細部のキャラクターにも一廉の中庸性があるので、全体としては、さっきも書いたけど、エレガントな不良というか、インテリの893というか、気品に満ちた表情を維持しようとする内面があるんだな。

 一馬力のイエノミスト (家呑み派) が1800mlを敬遠する気持ちは分かるけど、残り2合はオマケみたいなもんなんだから、劣化したら捨てりゃいいんだよ。それに、どうでもいい酒を2本買うくらいなら、これを1本買って半分残したって全然アリだと思うし。

 ま、他に美味しいと思える酒がオッパイある幸せ者が無理して1800mlに手を出す必要はないけど、ちょっと面白くて楽しい酒ではある。





── 2日目。

kikutaka8号酵母29by9
 ▲『ばかうけ 焼きとうもろこし味』は、相変わらずパウダーの質だけは高い (笑) 。「焼き鮭味」の時も思ったけど、この焦げ感の表現性は非常にリアル。煎餅Bodyが二流以下だから、総体として「旨い!」ということにはならないんだけど、新しいのが出ると、結局いつも買ってしまう。。



 ちょっと揺蕩う (たゆたう) ジューシネスなので、ここで崩れるかどうかに注目。なんか味がギュインと出てそうだけど、むしろアク抜けして、更なる透明度を獲得してほしいが、さて。

 立ち香──セメダイン、伸びテイン。それでもほんのりホロ苦く甘やかなタッチもあって、若いのにどことなくスモーキーな表情がある。ちょっと草なミネラル香も出て来ました。つうか、ピータンとか茹で卵の黄身のような硫黄っぽさすら感じる (笑) 。アルコールの浮き加減が若干ウォッカ様。



kikutaka8号酵母29by10



 少しは矯正されたのか?──。

 うーん、雑味が少し増したか。シルキーなテクスチャーが後退。

 チロリ経由──。

 効果抜群。まろやか&滑らか。やっぱ酸に円みがあるんだなあ。結構酸っぱいけど、攻撃性は低いというか、エッジ感はそれほどでもない。正直、初日の開けたては「excellent」カナート思ったけど、今はそこまでとは思えないかな。



kikutaka8号酵母29by11
 ▲ケンタッキーが無理なら「冷凍・唐揚げ」のCMに期待。[浜辺美波の唐揚げ食レポ@めっちゃ らんまん食堂][中目黒 - めっちゃ らんまん食堂



 でも、カジュアルでいいですよ。なんかリッチな白ワインみたいだし、節度あるポップネスで、高品質の陰でうるさく自己主張するほどのクドさもないし、下手な夏酒に手を出すなら、これを買った方が幸せになれるとは言える。

 ただ、やはり少しストラクチャーがユルいですね。オレ自身の味覚アーカイブだと、スゲえ酸っぱいビビッドな「みむろ杉 純米吟醸 露葉風 28BY」というか、もしくは滑らかエレガントな「鷹長 露葉風70 山乃かみ酵母仕込み 27BY」というか、そんな立ち位置の酒。もちろん「Hummingbird」と味クラーヴェしても面白いと思うけど。



kikutaka8号酵母29by12



 ろくまる夏色生酒──。

 昨日は〝相対的な口どけの良さ〟も感じたんだけど、うーん、こんなに華やかに香る酒でも淡麗な味筋というのは確かにあって、嚥下物語に無駄な展開はないものの、それでも味がねえ・・・という。





── 3日目。

kikutaka8号酵母29by13



 正確には2日目の寝酒なんだけど──。

 瓶の色がこれなんで、外からは見えにくいんだけど、そこそこオリはあるみたい。これだから本当は1週間は酒を休ませたいわけだが、まあ仕方ない。そして、残り3合を切ったあたりから、注がれた酒がそれなりに濁り始めてきた。それもあってか、ちょっと柑橘系フルーツの皮みたいな渋みがあるんだよね。これ自体は好物っちゃ好物なので特にノイズには感じないんだけど、それでも想ふのは、初日の一杯目の、あの透明感と球体感とエキスの輝き──これらが最後まで失われなければ──ということ。

 元々そういう酒を目指してるわけじゃないことは理解できるけど、この酒がワールドクラスの到達点に辿り着くためには、どこかの分岐で違った方角に舵を切るべきだっとは思う。蔵元と杜氏との間にいろいろありそうだけど、精米歩合50とか、純米大吟醸とか、そういう高級ライン (1800ml=3,800円〜) の酒、造らせてもらえないよね。うーん、このままの味わいで透明感さえあれば最高なんですけど、そういう意味では、非常に惜しいし悔やまれる。

 とはイエイ、最近では極めて珍しく2日半で1800mlがなくなりました。なので、たぶん旨いんだと思うよ (笑)

 あと、これは今が完全に飲み頃。熟成させて複雑みを増量させても面白いけど──草の芽生え (笑) ?──、それはそれでまた別の酒になるので、爽やかにクイクイ飲むなら今がベストとは言える。気が向いたら秋以降にもう一度飲んでもいいかな。720mlがあれば2〜3本ストックしてもいいんだけどね。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 菊鷹 浜辺美波 on_list_good

Comment

Add your comment