◤御前酒 - 菩提酛 特別純米 直汲み 無濾過生酒 29BY <岡山> 




gozenshu_tokujun_jikagumi29by1.jpg
 ▲断じて真木蔵人ではない。

maxresdefault.jpg


gozenshu_tokujun_jikagumi29by2.jpg
 
 これはどちらもマラドーナで間違いない。[スーパープレイ集
 ▼


 bottle size:720ml





【646】御前酒 -ごぜんしゅ- 菩提酛 特別純米 直汲み 無濾過生酒 29BY <岡山>

株式会社 辻本店:http://www.gozenshu.co.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:岡山県産 アケボノ/60%
▪︎酵母:蔵付き酵母
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+2/1.9/─ (※蔵元の販売サイトでは通常Verが「+2/1.6/1.1 」とアナウンスされてます。) ←飲んだ感じはこっちに近いイメージ。
▪︎ALC:17%
▪︎処理:直汲み無濾過生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2018年5月B (複数ロットが存在?)
▪︎管理状況:2018/6/11に着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年6月28日 (木) /篠峯2種の次に2本目として開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




gozenshu_tokujun_jikagumi29by3.jpg



 立ち香──タルい甘みの先読み。いわゆる一つの「綿飴」。全体には穏やかな香りの出力だけど、奥で奈良漬けの幻影も。

 全く期待はしてない──。

 ま、香り通り? そしてそこそこ雑。洗濯物の生乾き系の香ばしい──まるで何かの穀物の外皮のような含み香があるけど、奈良漬けパートはそれほどでも。


 なんだろうなあ。淡麗くど口? あああ、やっぱ麹由来の苦酸あるな。全く旨くない。これに比べれば速醸の「Cry Baby」は銘酒。「御前酒」は金輪際、もう自分じゃ買わないので、なにかスゲえ旨いヤツがあれば御案内ください。こんなものを「モダン」とは言わせない。

 余韻の、クスんだような焦げたような渋み、これが「奈良漬け」なんだよね。なので、奈良漬けの好きな人は気が向いたらトライね。「菩提酛」は文字のシェイプがエキゾチックでカッコイイのと、ロクに旨い酒も知らないくせに日本酒マニアが手軽に新しい何かを識った気になれるということについてのみ、間違いなく一定の存在価値があるが、オレにとってはクワナリどうでもいい。



gozenshu_tokujun_jikagumi29by4.jpg



 ワイングラス──。

 綿飴チックなアロマが膨らむのと、やっぱあるんだよなあ、穀物由来の生乾き臭 (笑) 。グイ呑みよりはマシな気もするけど──ノイジーな渋み&辛みが分散する──、それでも都会の洗練中年にとってはドエリャア野暮ったい酒ですね。旨くもなんともないし、これもmoukan1973♀が呑まずに終わりそう。

 この流れだと歴然と「木香」あるけど、それでも篠峯ブレンド (Azur+夏凛) はモダンでスタイリッシュだと思うわ。





── 2日目。

gozenshu_tokujun_jikagumi29by5.jpg
gozenshu_tokujun_jikagumi29by11.jpg
 ▲ラッキーの灯を消さないためにもね。ここまでの最大のラッキーはセネガル戦で柴崎のロングボールを長友が上手く足元に収められず、予想外の位置に跳ねて、まるでボール自身の意志で相手2人のディフェンダーを置き去りにして乾の得意な場所に勝手に流れて行ったこと。長友も思わず〝あらよっとターン〟で切り返し。ま、ここからの反射神経が素晴らしいんだけどね。さすがはMr.体幹 (笑) 。[長友の奇跡のトラップ][メッシの神トラップ]←トップスピードのまま後ろ向きで左太腿&左足の甲で連続トラップ。まるで自身の身体の中に二人の有能なアシスタントが住み着いてるかのよう。




 もう飲みたくないけど──。

 誰よりもクドいオレが言うのもアレだが、クドい、旨くない。ま、日本酒好きトヤラ全体で言えば「香り系のウルサイ酒」が好きな人の方が多いわけだから、オレが何かを語るような酒じゃないですね。ミスチルや米津玄師の曲の感想を求められても困るもの──薦められるのはもっとオマル (笑) 。

 甘露飴のような甘みに少し奈良漬けライクな熟れた渋酸が乗って、キレ悪く鈍重にワイルドな苦みと舌にビリビリ来る渋みを残して、それでも最後はベタベタした甘みが巻き返す。もしも「大観 特別純米 美山錦 しぼりたて 無濾過生原酒 29BY」が「酒」ではなく「果実」や「肉」だとしたら、それが腐った感じ。素晴らしくどうでもいい酒。爽やかなラベルに騙されてはいけない。



gozenshu_tokujun_jikagumi29by6.jpg



 残りは「にごり」と合体させて料理酒雪、ムカついたので「黒澤」を呑む──。

 なにこの神酒 (笑) 。次元と格が違い過ぎて、もはや同じ「日本酒」という言葉で括ることそれ自体がナンセンス。



gozenshu_tokujun_jikagumi29by7.jpg



 篠澤ブレンド──<篠峯「純米伊勢錦」28BY:50%、黒澤「穂積」29BY:30%、黒澤「Type7」29BY:20%>の残り2合強の空白を「黒澤Type9」で埋めて、これを常温で10日ほど放置して冷蔵庫に戻したモノ。最新版 (2018/6/30) はここに「櫛羅2015」と「金紋錦」を隠し味程度に入れ、そればかりか「Azur」と「夏凛」も穴埋めで少しだけ混ざってます。ここから「Moukan's ソレラ酒 2018」を育てる。土曜にmoukan1973♀に少し飲ませたら、♡☺♡「旨い!」と言ってたよ──少なくともアレよりは綾瀬はるかに旨い。

 うん、普通以上に旨いな (笑) 。香りもそうだけど、ヨーグルト味のキャラメル。だいぶアクが抜けて来た。篠峯はどこに隠れてるんだ (笑) ? ちょっと渋い梅酒みたいなタッチがあるので、ここだろうな。全体には滑らかで軽いなあ。むしろ「Type9」はどこに消えた!? ピンと酸っぱいのは「穂積」由来なのかな。



gozenshu_tokujun_jikagumi29by8.jpg



 少しオリがあるから攪拌しちゃおうかなー。

 粉っぽいテクスチャーの中に「生乾き臭」もあるんだけどな (笑) 。アーンモンドミルクというか。ココナッツというか。

 あああ、輪郭線が劇画調になるかなあ。渋みが増すのでワインで言うタンニン的なアクセンテッドな着地感が盛られるけど、そこが逆にフルーティーっていう。だいぶ円くなって来た。全体には「生酛由来のキャラメル」があります。旨みの出方がクリアなのは、ベースのブレンド酒が「Type9」よりも軽いから。

 DE、たまたま手に入った「御前酒の菩提酛」だけど、どっちがマシかで言うと、どっちもマシじゃないけど、インパクトなら「雄町にごり」の方じゃないの?──ただし、旨くない以上、オレにとっては何のインパクトもないけれど



gozenshu_tokujun_jikagumi29by9.jpg



 ワイングラス──。

 これも甘露飴&綿飴あるんだけどね。おっと〜? 今、ガスの幻影に出会う。吸うと微かに舌の上でチリっと来るな。旨いですやん。透明感はないけど、滑らか清らかな旨口という感じ。たぶん、今キミが呑んでる酒よりは旨いと思うよ。



gozenshu_tokujun_jikagumi29by10.jpg



 櫛羅2015ごだまさん家ヴァージョン──。

 スゲえシルキー (笑) 。今日呑んだ酒の中で最も美しいな。バカヤロウ、銘酒じゃないか。今日は酸が大活躍だな。やっぱ口どけだよなあ。キレイに熟成すると重力値が変わるんだよな。

 何か質問あれば下さい──いちいち誰にでも分かるような書き方はこれからどんどんしなくなりますので。とはイエイ、あまりにも下らない低次元な質問だと残忍な返り討ちに遭いますので、そこはくれぐれも御注意ください


例)オススメの黒澤を教えて下さい!←さんざ書いてるし、事あるごとに言ってる。







例)オススメの篠峯を教えて下さい!←オマエに飲ませる篠峯はねえっ!


moukan1972♂






御前酒 日本酒 生酛 山廃 not_on_list_unsufficient

Comment

Add your comment