◤篠峯 - 純米大吟醸 雄町 中取り生酒 クラシック9 (協会9号Ver) 27BY ── dಠಠb「今年は酵母違いで2種類リリース、というわけDE、飲み比べっ!」#Fresh, メガネ警察 




 ついにこの時が来てしまったか。頼むぞ。

 篠峯ファンなら誰もが「これだよ!」と推すこと間違いない、まさに銘柄を代表する「純米大吟醸 雄町50 中取り生酒」です。これを呑まずに篠峯は語れない。篠峯未体験の人に何か1本だけ薦めるとしたら、迷わずコレをチョイスする。25BYも26BYも呑んでる。そして、そのいずれも旨すぎでした。

 ただ、ここで一つ問題が。そう、それまで明利系と協会9号とのダブル酵母で醸されていたにもかかわらず、27BYからは、突如セパレイトされて別々にリリースされることになった。詳しい理由等のアナウンスはこちらまで届いてないけど、ま、杜氏が何かを閃いて、ちゃんとした根拠や狙いがあって、それで実際にやってみたんでしょう。




 ▶︎協会9号酵母Verと明利系酵母Verを同時に飲み比べ!
shinomine_jundai_omachi_nomikurabe2.jpg
 bottle size:720ml




 というわけDE、

今回は事前予約した販売店だけに用意された協会9号酵母で醸された限定Verと明利系酵母で醸された通常Ver (汎用Ver) を同時に飲み比べてみたいと思う。まずは2つのグラスに両方を入れて軽く一杯ずつ、そのあと、1合ずつじっくり飲むという流れでやりたいと思います。短いスパンで交互に飲んでも、意外に後味などを引きずって違いがアヤフヤになるので、この方法がベターという結論に、翠玉のときに達した。

 今日は協会9号酵母で醸された予約限定Verのレポートをします。同日中に両方飲んでるけど、明利系Verは昨日やりました。香りの強い方を先にやるのはどうかと思ったりもしたけど、逆にドライな9号Verを先にやった方が明利系Verの華やかさが強調されすぎると考え、こういう段取りにしてみた。

 協会9号Ver:「日本酒度:+5、酸度:2.0
 明利系Ver:「日本酒度:+1、酸度:1.8




 shinomine_jundai_omachi_classic1
 僕にとっての大切な酒で
 あの・・・僕の
“ノモーネ” ですね



shinomine_jundai_omachi_classic2.jpg
 痛オレ語で “愛する銘柄” って
 意味なんですけど






-o-o- EYEWEAR PATROL -oo4- ▶︎長友佑都


 ▼Clickで写真拡大▼
メガネ警察_長友2 アモーレ記念で長友をメガネ警察。

 基本、彼はアフリカン・テイストのある顔立ちなので、JAZZ MENが掛けるようなデカめのメガネは似合うっちゃ似合うけど、惜しいことに、これは流石にワンサイズ、ツーサイズ大きい。まるで子供が大人に変装してるみたいです。とにかく素人はメガネをデザインや色で選びすぎる。何度も言いますが、

 一番大事なのはサイズ感。


メガネ警察_長友1 小さめにしろ、大きめにしろ、顔のサイズにバランス良く収まってないと、途端に野暮ったくなります。どうしてもこのサイズで掛けこなしたいなら、もう少しドレッシーな、サングラス的な要素のあるデザインの方がいい。ストレート&クールにスクエア気味のウェリントンでキメたい場合、やはりサイズ感が一番大事になってくるので、遊びやハズした感覚で──ある種の変装ライクなアプローチで掛けるのは素人臭くなっちゃいます。

 結局、サイズの合ってないメガネを掛けてる人を見ると、メガネ上級者や風呂と寝るとき以外常にメガネを掛けてる人からすれば、「ああ、この人、たまの遊びで掛けてるだけなのね」と思ってしまうのです。要するに〝掛け慣れてないのがバレバレ〟で、見てるこっちが恥ずかしくなっちゃう。


 ▼Clickで写真拡大▼
メガネ警察_街のおじさん 街中の誰でもないおじさんでも、普段からいつも掛けてる人は、ちゃんと自分の顔に合ったサイズのメガネを選ぶもの。

 どうすか? このバッチリなサイズ感、長友と比べると、どっちがメガネ慣れしてるか、明白でしょ? デザインだの色だのは二の次、三の次、まずは自分の顔に合ったサイズのメガネを選ぶこと。そうして自分自身のサイズ感を把握した上で、そこからワンサイズ小さい物を選ぶとか、ワンサイズ大きい物を選ぶとかの遊び心が体得できるというもの。基本は大事よ

 ちなみにカラーレンズですが、オレンジ系ですかね? 若いヤツがこの色を掛けると、チンピラ・ルックになって安っぽく見えるんですが、このくらいの年齢になると、少しイカツイ感じが出て、雰囲気、出ます。






【117】篠峯 -しのみね- 純米大吟醸 雄町 中取り生酒 クラシック9 (協会9号Ver) 27BY <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:




 我々夫婦としては、この酒をこの時期に開けるのは初めて──というのも、例年だと、半年以上寝かせた状態で呑んでるから、リリースされてから3ヶ月程度で口に入れるのは実は初めてだったりする。27BYからは酵母別に2種類リリースされてるので、あえて早い時期にテイスティングして、旨かった方を一升瓶で買い直し、改めて寝かせてから年末に呑むというのが、今回早めに開けた理由というわけ。


▶︎共通記事──。

 2つのグラスに注いで立ち香を確認。およよ。香りが全然違うじゃねーか。

 明利系Ver・・・バナナ系のクリーミイさ、たかちよライクなパインタッチ、ある。全体にキャッチーに華やかで、シロップ様の透明感も見通せる。花邑や花陽浴などを想起させる、花の蜜様の甘やかさも。明利系つながりで、くどき上手や秀鳳なんかにも通じる舌触り豊かなニュアンスもあるが、我々の知ってる雄町感は少ない。

 9号Ver・・・香りは穏やか。リンゴ系の甘酸も感じさせつつ、ブドウやソルダム様の密度の高い酸も豊かで、全体に凝縮感のあるタッチ。風の森&謙信の愛山なんかに通じる果実感も。ミネラリーな濃醇さもしっかり。我々の知ってる雄町感は多い。


▶︎9号Verの記事──。

shinomine_jundai_omachi_classic3.jpg 含むと、ウホっ、雄町──

 あああ、むしろ篠峯らしいのはこっちの方だぞ。ガスでシャキっと切らせてジュワっとジューシー。味の詰まった凝縮感のある旨み──ミネラリーな濃醇さの中心に鎮座する酸がすべての味を形どるという明快な図式。しかしこれ、明利系Verとはまるで別の酒じゃねーか (笑) 。

 香りも甘みも前に出るタイプじゃないが、この口どけの素早さはスマートにジューシーで、アフターには程良い余韻もある。味吟醸ライクなニュアンスが支配的なので、わかりやすく楽しいフルーツ感や甘みは少ないものの、そうかと言って、必ずしもドライとまでは言い切れない。それでも全体としては、香りや味よりも、舌で受け止めるザラっとした心地良い質感が杯を重ねさせるタイプの酒質かな。ま、開栓のタイミングが少し早かったし、本当の飲み頃はまだまだ先かなあという印象。

 しかし2日目になると、バランス的に、やっぱもう少し甘さが欲しいと思ってしまう瞬間が何度も訪れることになる。ガスも残ってるし、タイトでスマートな味わいの凝縮感も健在だけど、甘みの伸びは皆無。

 初日に関しては、夫婦揃って「やっぱ9号Verっしょ!」とか言ってたんだけど、2日目に関しては、意外に明利系Verのまとまりの良さの方に軍配が上がるような気もする。そういう意味で、26BYまでのダブル酵母というレシピにはちゃんとした理があったんだよ。どうして27BYからセパレイトしちゃったんだろう。雄町的な凝縮感の表面に程よくデコレートされた華やかさ、このバランスこそが至高だったということが、今まさに証明されてしまった。

 ま、どっちも普通には旨いんだけど、求めるものも大きいし、実際、25BYと26BYには問答無用の旨さがあったことは事実だし、それらに比べると、どうしても見劣りしてしまうというのが正直なところかなあ。

 9号Verはもっと寝かした方がいいな。今の段階では全然フレッシュだし、果実の色はまだまだ青い。どーすっかなあ。一升瓶で買い直すとしたら、王道に篠峯らしい9号Verかなあ




── ブレンドしてみた。


 実は初日からちょいちょいブレンドしてた。ダブル酵母と同じ理屈にはならんけど、ま、遊びというか実験というか、26BYの味になるのかとか、軽い気持ちで。

 半々でブレンドすると、立ち香は意外にも9号系が勝ってる。シュっとしたタイトな酸にブドウ系の香り。だが、含むと明利系の華のある甘さが広がる。味の退けは素早く、キレよくジューシー。ああ、でもなあ、ちょっと味がブツかって甘苦くなっちゃうかなー。

 これなんだろ。苦みはね、酒質上、明利系の方が感じやすい。華やかで甘めの酒に共通の、あの苦み、あるじゃん。この苦みが9号系のタイトな酸とブツかるのかな。思ったより面白くないし、旨くもない。

 2日目も混ぜてみたけど、やっぱ苦みが前に出ちゃう。

 1日空けて、4日目に残りを飲んだ。比率は9号系の方が少し多め。今回はボトル内で完全に混ぜて馴染ませた状態なので、その場でカクテルみたいにブレンドしたわけじゃない。

 ようやく馴染んできたか (笑) 。やっぱり香りは9号系が前に出るんだよな。篠峯らしいタイトな酸に、明利系のクリーミイさがワンテンポ遅れて被さってくる感じ。バランス的に9号が少し多いこともあって、香りは非常に穏やか。ま、悪くはないんだけど、なんかフツーの酒になっちゃうかな。凝縮感がフニャっちゃうというか。温度が上がってくると少し苦み、水っぽさも。ま、このへんは4日目なんで許容っちゃ許容。

 ランク付けとしては、「初日の9号>2日目の明利系>初日の明利系>2日目の9号=ブレンド」という感じかな。

 全体に消化不良ではあったが、マズイわけじゃないだけに、なんか微妙。もうちょいフルーティーな甘さのある9号Verが一番いい。つまりはダブル酵母だよ。28BYからは元に戻してくれ、頼む。


moukan1972♂




日本酒 雄町 篠峯 メガネと酒

Comment

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.01.06 Fri 08:28
Edit | Reply |  

Add your comment