◤木戸泉 - 山廃 特別純米 自然米 無濾過生原酒 29BY <千葉> 




kidoizumi_shizenmai29by1.jpg
 ▲美波ちゃん経由からの『崖っぷちホテル!』を通じて、三代目J Soul Brothers──「長珍」の桑山専務の奥様も大ファン──という存在を今回はじめてマトモに認識した。あのムサくてゴチャゴチャした軍団にあっては、この薄っすい田舎の女学生みたいな岩ちゃんですら、混ざりが悪いという点で一応はそれなりに抜きん出て見えるということがわかった (笑) 。

 ▲しかし、あのやたらデカくて (身長187cm) 首の太いヤツ、彼がリーダーだったのね。あと、グループ名が違えど、歴然と〝EXILE唱法〟とでも言うべき、あの発声スタイルは共通なのな。まるでイマドキの若手女性声優がみんなで寄ってたかって〝アニメ的発声法〟を無意識に共有してるのと、現象としては同じな。その意味で『となりのトトロ』における糸井重里 (草壁タツオ) は業界の破壊者ですね (笑) 。つまり、東出くんがアニメに進出したら糸井重里を超えることだけは間違いない。あ、ジブリにも宮崎駿にも全く興味ないです。うちは夫婦で出崎統派ですので。



kidoizumi_shizenmai29by2.jpg
 bottle size:720ml





【630】木戸泉 -きどいずみ- 山廃 特別純米 自然米 無濾過生原酒 29BY <千葉>

木戸泉酒造 株式会社:http://kidoizumi.jpn.com


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:埼玉県産 自然栽培米 (山田錦?) /60%
▪︎酵母:蔵付き天然酵母
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:非公開 (※+1/2.6/1.3のイメージ)
▪︎ALC:18%
▪︎処理:無濾過生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2018年4月
▪︎管理状況:2018/6/2に購入、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年6月8日 (金) /黒澤の次に2本目として開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




kidoizumi_shizenmai29by4.jpg



 Additional Notes 💬

dಠಠb
「no-on-my-listの酒は前説を書かないことにしてるので、ここで補足と結論を。普通の透明な生酒の『木戸泉』は久々。この銘柄とは抱き合わせというか噛み合わせがイマイチ悪いので──常に『まあ、わかるけど』の域を出ない──、これでダメなら誰かの激推しが降って来るまでもう買わない、と少し気合いを入れて挑んだものの、まあ、案の定宍戸錠新庄剛志という感じで、この感覚、なんだろうな。お笑い芸人で言うと、見た目も芸風も他とは少し変わってるけどオレにとってはちっとも面白くないヤツみたいな。簡単に言うと、要するにツボじゃない──周囲がみんなゲラゲラ笑ってるのに特にそれを訝しがる風もなく単にオレだけが素直に退屈な状況。それでも〝地酒的秘境感〟だけは二人前以上にあるので、新宿の伊勢丹でも扱いが始まったことだし、自称日本酒マニアの皆様は是非一度お手に取ってその味をお確かめ下さい。オレはもういいや。やはり、この銘柄からは洗練を感じない。」







 立ち香──そこそこクセのあるフルーツ酢。いいですよ〜、これくらい攻めて来ても全然 (笑) 。なんか野菜室の奥で忘れ去られた巨峰が自家発酵してブランデーになっちゃったみたいな感じ。グラスに注ぐとトロっとしてるね。

 これまでの中で最も期待でオッパイが高鳴る──。


kidoizumi_shizenmai29by3.jpg 香りのまま (笑) 。つうかこれ、本当に29BY? なんかスゲえ熟してるな──派手な熟味はないので、単に過剰に味が出てるということだけど。いや、肩ラベルに「2017BY」と書いてあるから29BYなのか。うーん、いろいろやりすぎてる割りに大して面白くないという、声とリアクションだけがデカいお笑い芸人みたいな酒。そして原酒のままじゃ重い。とりあえず、オレの求める山廃イズムはここにはない。ワイン用語で言うところの「鈍重」な酒。こんなもんを「個性」だの「技術」だのとは言わせない。

 当然、横にあるワイングラスの「黒澤ブレンド」を飲むと断然スタイリッシュだし、この言葉は好きじゃないけど、これがいわゆる一つの「個性的」な味わいだよ。



kidoizumi_shizenmai29by6.jpg

 



 チロリに氷を落として撹拌して少し薄めてワイングラスで──。

お奈良老ね うーん、頑張って「オマエらとは違うし」と言ってるんだけど、純粋な問答用無用の旨さがここにあるのかと訊かれれば、そりゃあ、クラスのみんなとは違う格好して原宿を歩いてるけど、オレからすりゃ田舎のプレスリーが上京してるようにしか見えないというか。

 それにオレの中では甘いんだか酸っぱいんだか苦いんだか辛いんだかよくわからん酒。高級スーパーで能書き豊かな少し高めの舶来品のクランベリーのドライフルーツを買ったら味がイマイチだったみたいな、そろりとした気怠い虚脱が心の空に少々。徐々に「お奈良老ね (オナラひね) 」の想ひ出にコンバイン。



kidoizumi_shizenmai29by5.jpg
 ▲踊ってる岩ちゃんをmoukan1973♀と最近はじめて観て、なぜか大爆笑。最終回で踊れよ!



 これだったら、アフスのように火入れを熟成させた方が表情に精悍さが出るよね。決して「生酒」向きの酒質ではないな。それよりも煮詰めてシロップにしたら旨そう (笑) ──もしくは過激に生老ねさせたものをバニラアイスにかけて食う。

 イマドキ、たかだか29BYの山廃でここまで大仰に味を出す蔵があるのも驚きだけど、これが「個性」と言うのなら、そういうことなんでしょう。これ、冗談抜きの本当の話だけど、今、台所に小虫が飛んで来て「黒澤」ではなく「木戸泉」のグラスの縁に止まったから、こっちの方が蜜な甘みは出てるんだろうね。人間様にはわからないけれど。 





── 2日目。

kidoizumi_shizenmai29by7.jpg
 ▲それこそ「いぶりがっこ」系の味わいじゃねえの (笑) ?


2018_6_10浜辺美波崖っぷちホテル厨房組1
 ▲左に回して上下左右をカット。[6/10 (日) 9話予告]←10話 (最終回) で視聴率が10%に届いたら、それこそ大逆転 (インヴルサ) だけど、それは無理。主役の二人 (岩田剛典&戸田恵梨香) より厨房組 (中村倫也&浜辺美波) の方が人気出ちゃったけど、最終回は主役二人の子供時代のエピソードがメインだろうから数字を稼げない (笑) 。



 ♡☺♡「疲れたカラダに酸が効きます。スッキリしてんな。まあまあか?
 dಠಠb「一応、個性的な味わいの銘柄で通ってるんだけどね。

 ♡☺♡「そんなに個性は感じない。やっぱ黒ちゃんとか飲んじゃうと、あれが個性じゃん。美味しい個性というか (笑) 。
 dಠಠb「ちょっと重いのと、酸が甘みをすべて掬ってくれないから、やや余韻がベタつく。あとは、この時期からイキナリ熟したみたいな味の出方で、オレにはクドい。クドいけど面白くないという、まるでルー大柴のような酒 (笑) 。まあでも、これはこういう酒なんでしょ? 塩っぱくて茶色い漬け物をアテにどうぞ。


moukan1972♂






日本酒 生酛 山廃 木戸泉 浜辺美波 not_on_list_good

Comment

Add your comment