◤篠峯 - 純米大吟醸 雄町 中取り生酒 明利系Ver 27BY ── dಠಠb「今年は酵母違いで2種類リリース、というわけDE、飲み比べっ!」 




 ついにこの時が来てしまったか。頼むぞ。

 篠峯ファンなら誰もが「これだよ!」と推すこと間違いない、まさに銘柄を代表する「純米大吟醸 雄町50 中取り生酒」です。これを呑まずに篠峯は語れない。篠峯未体験の人に何か1本だけ薦めるとしたら、迷わずコレをチョイスする。25BYも26BYも呑んでる。そして、そのいずれも旨すぎでした。

 ただ、ここで一つ問題が。そう、それまで明利系と協会9号とのダブル酵母で醸されていたにもかかわらず、27BYからは、突如セパレイトされて別々にリリースされることになった。詳しい理由等のアナウンスはこちらまで届いてないけど、ま、杜氏が何かを閃いて、ちゃんとした根拠や狙いがあって、それで実際にやってみたんでしょう。




 ▶︎明利系酵母Verと協会9号酵母Verを同時に飲み比べ!
shinomine_jundai_omachi_nomikurabe1.jpg
 bottle size:720ml




 というわけDE、

今回は明利系酵母で醸された通常Ver (汎用Ver) と、事前予約した販売店だけに用意された協会9号酵母で醸された限定Verを同時に飲み比べてみたいと思う。まずは2つのグラスに両方を入れて軽く一杯ずつ、そのあと、1合ずつじっくり飲むという流れでやりたいと思います。短いスパンで交互に飲んでも、意外に後味などを引きずって違いがアヤフヤになるので、この方法がベターという結論に、翠玉のときに達した。

 今日は明利系酵母で醸された通常Ver (汎用Ver) のレポートをします。同日中に両方飲んでるけど、9号Verは明日やります。香りの強い方を先にやるのはどうかと思ったりもしたけど、逆にドライな9号Verを先にやった方が明利系Verの華やかさが強調されすぎると考え、こういう段取りにしてみた。

 明利系Ver:「日本酒度:+1、酸度:1.8
 協会9号Ver:「日本酒度:+5、酸度:2.0





shinomine_jundai_omachi_meiri1.jpg
 「失礼ですけど休肝してますか?」って
  言われたんですよ



shinomine_jundai_omachi_meiri2.jpg
  しとるかい してないわ





【116】篠峯 -しのみね- 純米大吟醸 雄町 中取り生酒 明利系Ver 27BY <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:




 我々夫婦としては、この酒をこの時期に開けるのは初めて──というのも、例年だと、半年以上寝かせた状態で呑んでるから、リリースされてから3ヶ月程度で口に入れるのは実は初めてだったりする。27BYからは酵母別に2種類リリースされてるので、あえて早い時期にテイスティングして、旨かった方を一升瓶で買い直し、改めて寝かせてから年末に呑むというのが、今回早めに開けた理由というわけ。


▶︎共通記事──。

 2つのグラスに注いで立ち香を確認。およよ。香りが全然違うじゃねーか。

 明利系Ver・・・バナナ系のクリーミイさ、たかちよライクなパインタッチ、ある。全体にキャッチーに華やかで、シロップ様の透明感も見通せる。花邑や花陽浴などを想起させる、花の蜜様の甘やかさも。明利系つながりで、くどき上手や秀鳳なんかにも通じる舌触り豊かなニュアンスもあるが、我々の知ってる雄町感は少ない。

 9号Ver・・・香りは穏やか。リンゴ系の甘酸も感じさせつつ、ブドウやソルダム様の密度の高い酸も豊かで、全体に凝縮感のあるタッチ。風の森&謙信の愛山なんかに通じる果実感も。ミネラリーな濃醇さもしっかり。我々の知ってる雄町感は多い。

 ごめん、今日はここまで、飲みすぎた──。

 明利系レポートは日曜の昼間に書くわ。やっつけで書いても意味ないし。

 つづきは明日・・・。評価グレードも明日やります


── というわけDE、つづき。


 ウホっ、華やか (笑) ──

 明利系というと、個人的には真っ先に山形の「くどき上手」なんかを舌に思い出すけど、こうやって酵母違いの同じ酒を並べて呑み比べると、これまで酵母違いで酒の味を確認 (認識) とかしたことがなかったから、なかなかに興味深い。さすがに「くどき上手」や「秀鳳」や「花邑」や「花陽浴」までは甘くはないけど、篠峯にしては、かなり珍しいタイプのフェミニンな吟醸香であることは確か。

 とはいえ、そこは篠峯、すぐに味がタイトにキレて行くから、上記の酒とは違い、それなりに凝縮感はある。ファーストタッチの華やかで蜜様の含み香からサスティンにかけては透明なエキス感──ここの時間軸の中では花陽浴のような軽さもあるが、退けのクリアさ、味の手仕舞いの素早さについては、花陽浴のような重さやアタック感はない。辛みで切らすというよりは、シュっと消えてなくるフェード感だ。ガスは篠峯レベルでは弱めだけど、そこらの直汲み以上にはある。これがあるからジュワっとキレるんだな、結局。

 まだまだ全体に堅さもあり、わりと苦みもしっかり出てるが、贔屓目に言えば〝フレッシュ〟の範疇。呑みつづけて行く中で、そこまで〝甘い酒〟を呑んでる気にはならないかな。我々夫婦の知ってる雄町酒の典型には収まらないタイプの酒質だけど、最近呑んだ中では「花邑/雄町生」なんかもあったから、これを随分とスリムでタイトにしたニュアンスと説明しても、それほど的は外れてないと思う。

 どうなんだろコレ、篠峯としてはチャレンジタンクというコンセプトなのだろうか。これは9号Verの記事で書くけど、むしろ明利系Verの方が番外編という気がしてならない。それくらい、篠峯にしては、いつもとフェイスの異なる酒質。こういうの好きな人って普通にたくさんいると思うけど、これを篠峯と思ってくれてもファンとしては複雑な気持ちもあるわけで (笑) 。

 評価グレードは2日目を呑んでからにします




── 2日目。


 立ち香はくどき上手や秀鳳なんかにやっぱ近いけど、篠峯らしい酸度の高さは明白に感じられる。甘めの山形酒は酸度が低めでツルツルだけど、そこは篠峯、ジリジリした酸の緊密さはある。

 香りの派手さに比して、味としての甘さは控えめ。旨みのサイズも小ぶりでキュートな面もある。今日は酸が主役の味わい。初日よりは味にまとまり、あるかな。でもまあ、篠峯の雄町を飲んでる感じは全くないよ。

 酵母をセパレイトして、一体なにがやりたかったんだろう。別にダブル酵母でいいじゃん。杜氏に特別の野心や、内に溜め込んだ擦れっ枯らしがないのであれば、28BYは元に戻してくるでしょう。その方が絶対にいい。じゃなければ、9号酵母での仕込みをエクストリームに突き詰めるしかない。明利系の雄町でデレっとした酒を作る必要は、篠峯にはない




── ブレンドしてみた。


 実は初日からちょいちょいブレンドしてた。ダブル酵母と同じ理屈にはならんけど、ま、遊びというか実験というか、26BYの味になるのかとか、軽い気持ちで。

 半々でブレンドすると、立ち香は意外にも9号系が勝ってる。シュっとしたタイトな酸にブドウ系の香り。だが、含むと明利系の華のある甘さが広がる。味の退けは素早く、キレよくジューシー。ああ、でもなあ、ちょっと味がブツかって甘苦くなっちゃうかなー。

 これなんだろ。苦みはね、酒質上、明利系の方が感じやすい。華やかで甘めの酒に共通の、あの苦み、あるじゃん。この苦みが9号系のタイトな酸とブツかるのかな。思ったより面白くないし、旨くもない。

 2日目も混ぜてみたけど、やっぱ苦みが前に出ちゃう。

 1日空けて、4日目に残りを飲んだ。比率は9号系の方が少し多め。今回はボトル内で完全に混ぜて馴染ませた状態なので、その場でカクテルみたいにブレンドしたわけじゃない。

 ようやく馴染んできたか (笑) 。やっぱり香りは9号系が前に出るんだよな。篠峯らしいタイトな酸に、明利系のクリーミイさがワンテンポ遅れて被さってくる感じ。バランス的に9号が少し多いこともあって、香りは非常に穏やか。ま、悪くはないんだけど、なんかフツーの酒になっちゃうかな。凝縮感がフニャっちゃうというか。温度が上がってくると少し苦み、水っぽさも。ま、このへんは4日目なんで許容っちゃ許容。

 ランク付けとしては、「初日の9号>2日目の明利系>初日の明利系>2日目の9号=ブレンド」という感じかな。

 全体に消化不良ではあったが、マズイわけじゃないだけに、なんか微妙。もうちょいフルーティーな甘さのある9号Verが一番いい。つまりはダブル酵母だよ。28BYからは元に戻してくれ、頼む。


moukan1972♂






日本酒 篠峯 雄町

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To 日本酒初心者さん

毎度です。。。

なんか、申し訳ないというか、篠峯の素晴らしさを全く伝えられなかった27BYでした。でも、26BYは驚愕の完成度だったので、そこは28BYに期待といった感じ。

この純大は、事実上、26BYを以て終売です。今後もしばらく酵母を分けての仕込みが続くみたい。ダブル酵母時代が懐かしいぜ・・・。

江古田の秋山に「ろくまる八反うすにごり26BY」が売れ残ってるかもなので、機会があれば是非。日誌係氏をして「而今よりも而今」と言わしめた酒のうすにごりヴァージョンなので、問題なく旨いかと。オレも年内に出向く予定なので、残ってたら、たぶん買うかもしれない。

とりあえず、28BYの篠峯はオレが責任を持って毒味するので (笑) 、イイやつがあったら記事の中で檄推しします。すぐに売り切れるような銘柄でもないので、新酒であっても、飲み頃に育った夏場前に買うのもありですよ。

報告ありがとうございました──言いにくいだろうに、わざわざ (涙) ・・・。


──ちなみに、うら○酒店に 千代 純米吟醸 が入荷してて、篠峰の取扱いを期待してたりします。

ウォッチしてまっせ (笑) 〜。
あれ、どういう経緯というか、流れなんだろうね。
「篠峯」ではなく「千代」とか、逆にマニアックなんだけど (笑) 。
2016.11.16 Wed 21:35
Edit | Reply |  

Name - 日本酒初心者  

Title - 数日前に呑みました。

おひさしぶりです。

初の篠峰で購入時はかなり期待してましたが、開封前にモウカンさんがupのレヴューみてガックリ。
んで、少し寝かせて、期待せずに開封(笑)

いいとこは、ガス感ですかね~?甘さも感じれるし、良さげな感じもありましたが、個人的には、
苦みが結構というかかなりでてるなと。この苦みが結構尖った苦みで、27byで言えば、
屋守 純吟 直汲み 八反錦を思い出すものでした。
この苦みがもっとまろやかなら、ありかなと。
屋守は一週間くらいで苦みが少し落ち着いたので、このまま一週間くらいあけてから呑もうかなと。
ちょっと、という今のとこかなり残念ですが(金額的にも)、28byはモウカンさんのレヴュー次第で買おうと思います。

まぁ、このブログでモウカンさんが篠峰推ししてなかったら、呑んでない銘柄かもですが、
呑むと不思議と身近に感じるので、きっと28byも何か買うことと思います。

ちなみに、うら○酒店に 千代 純米吟醸 が入荷してて、篠峰の取扱いを期待してたりします。



2016.11.16 Wed 20:51
Edit | Reply |  

Add your comment