もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】日本酒は「2019 (R1BY) 」の発売ラッシュ中だけど、ワインはようやく各蔵の「2018」が上陸し始めて来たところ。日本酒とは違い、基本、飲みたいワインは近所の酒屋で買えないから、楽天に出回る数にも限りがあり、実は結構、人気蔵の瓶は奪い合いが激しい。ま、国も産地も数が桁違いだから、買うモノがヌワイという状況にはならないけれど。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤裏篠峯 ろくまる - 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒 29BY <奈良> 




rokumaru_yamada_normal29by1.jpg
 ▲無慈悲で名高いオレでもさすがに有村架純を少しは応援したくなる・・・。応援じゃないな。「大丈夫、みんなそうだから」と励ましたくなる。[日刊スポーツ映画大賞「新人賞」授賞式 with 有村架純1][日刊スポーツ映画大賞「新人賞」授賞式 with 有村架純2][日刊スポーツ映画大賞「新人賞」授賞式 with 有村架純3](※前年の受賞者がプレゼンターになるので、今年は美波ちゃんが2018年の新人賞受賞者に花束を渡すことになる。)

 ▼1,000円のテーブルワインにだって美味しいモノはあるし、キミだって十分にカワイイ──パン屋のレジに立ってれば間違いなく。[有村架純・写真集『Clear』][浜辺美波・写真集『voyage』
rokumaru_yamada_normal29by2.jpg
 bottle size:720ml





【614】裏篠峯 -うらしのみね- ろくまる 純米吟醸 山田錦 29BY <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:奈良県産 山田錦/60%
▪︎酵母:明利系
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+2/2.0/1.0
▪︎ALC:16%
▪︎処理:無濾過生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2018年2月
▪︎管理状況:2018/5/2に着、瓶を寝かせて10℃で管理後、数日前に冷蔵庫へ移動。
▪︎試飲日時:2018年5月19日 (土) /1本目に開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




rokumaru_yamada_normal29by3.jpg
 ▲酔い潰れて道端で寝ているわけではない。このポテンシャルでよくぞここまでのし上がった。まさに平成最後の偶発的シンデレラ。



 立ち香──そこそこトゥワン。甘そう。少し麹の香りが強いので、一歩間違えるとオレの中では〝生ゴミ〟のようなニュアンスにコネクトしてしまう。今すぐパッっと頭に浮かんだのは27BYの「鍋島 New Moon」とか。

 ♡☺♡「この間まで飲んでた『千代組』と比べるとねえ。正直『なんだこれ、旨いっ!』はない。他の銘柄で飲んだようなクオリティ。ドングリ系。どの口が言うんだという感じだけど (笑)

 ま、普通? うすにごりの上澄みの方がいいな。ちょっと旨みの出方が重いしクドい。酸の輝きも、あと1枚、足りてない。濁ったメロンジュースみたいというか。お餅指数タカーメ。ガスは「うすにごり」より弱い。

 まあ、明日の変化に期待かな。





── 2日目の夕食前。

rokumaru_yamada_normal29by4.jpg
 ▲何も考えずに買ってたら庫内がこんなになってしまった。



 香りは一連の「ろくまる 29BY」の中ではそこそこのクドさだけど、今日は飲めるな。ようやく望ましい酸のテンションが出てきた──♡☺♡「たしかに昨日よりいい (笑) 」。

 ちょっと重いけど、この酒としての正しさは素直に出てるとは言えるのかもしれない。ただ、ちょっと甘いかなあ。あとは麹が強いから、スカっとしたメロンやラムネや青リンゴというよりは、くぐもった香りの、まるで潰して黒ずんだバナナのようで、少し液性に透明感が足りない。それは「飲む」というよりは「食べる」に近いテクスチャーがあって、それがオレの求める「ろくまる」の理想とは少し乖離する。

 これはオレの中では決して〝キラキラ〟ではなく、どちらかと言うと透明度を下げた〝ギラギラ〟ですね。エキスへの酸が反射がまるて足りてないです。今時期のこの状態でも、2年近く寝かせた27BYを少しクドくした感じですらある。言っても仕方ないけど、当然、これの26BYは異次元



rokumaru_yamada_normal29by5.jpg



「櫛羅」の8日目──。

 内へ向かう集中力が桁違いだな。味はイマイチだけど、なにより「ろくまる」とは「酒に関する詩学」がまるで違うし、やはり魅せられるのはこちらの酒だ。先週ずっと飲んでたハイクラスの「篠峯/櫛羅」との相対化があるにせよ、少なくとも「ろくまる山田錦 透明Ver」に「うすにごり生の上澄み」ほど魅せられることはない。やはり、こと「ろくまる」に関して言えば「雄山錦」と「八反」がオレにとっての本命ではある

 まだ半分ほど残ってるので、この酒には3日目がある。

 それと、やはり「愛山45」はキッチリ720mlが採れてるので、冷蔵庫から出して故意に〝生老ね〟を誘発することにした。ぼちぼち気温も高い頃なので、香りで確認して引き上げる。まずは1週間、常温の暗闇で放置





── 3日目。

rokumaru_yamada_normal29by6.jpg




2018_5_21是枝裕和監督_浜辺美波
 ▲ま、昔の10代よりブスばっかだけどな (笑) 。そもそも女優に対して「演技が上手い」とか、漫才師/お笑い芸人に向かって「台本が面白い」と言ってるようなもんだろ。肝心なのは〝絵の強さ〟だろ。〝画面に収まり切らない異物感〟だろ。是枝監督は言ってることのスケールがいちいち小さい。[是枝裕和監督にインタビュー


 
 ▲全く関係ないけど──『逆噴射家族』(1984)



 立ち香──匂いは正直きっつい。明利系のトゥワン、そこそこ強烈。麹の強さもクドめに表出。


 これは歴然とジャンル外ですね。うすにごりVerで感じていたマイナス要素がそのまま──味も香りも旨みも──拡張された感じ。



rokumaru_yamada_normal29by7.jpg



うすにごり」ほど木香は感じないけど、オレにとっては、ややうるさいメロン吟醸という感じ。味の出方も大仰。これなら〝淡麗わた飴〟ライクな「中島屋」の方が、今夜どっちかだけ飲み続けろと言われればそれを選ぶくらいにはスカっとした軽さではある。

 実は昨日 (2日目の夜) にも少しだけ飲んだんだけど、そこから更に味が出てる印象。オレが「ろくまる」に求める透明なエキス感はないですね。端的に言って重いしクドい。



2018_5_13味クラッフェ櫛羅8



 DE、櫛羅の9日目ですよ〜。

 平成仕様のBUSUアイドル軍団 (クラスにいたらそこそこ可愛い程度) の中に突然〝体調不良 (決して本調子ではない) の昭和式超絶美人〟が乱入した感じ。比べちゃいけない。一緒に飲んじゃいけない。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 篠峯 浜辺美波 not_on_list_good

Comment

Add your comment