ტ 本日までの転入生 ── dಠಠb「来週は少しブログをお休みします」#篠峯/櫛羅/旭興/謙信/中島屋/東一 




 誰にだって幸せになる権利はある──。

 というわけDE、来週は少しブログをお休みします、というのは最近流行りの (嘘) で、日曜から1週間、「Type M」「愛山45」「櫛羅」「旭興」の4本を1800mlで同時に開けて過ごすことにしました。もちろん、レポートというか、記事は普通に書きます──普通に書いたことなんて今の今まで一度もないけど。

 うちの場合、旨いと720mlは1日でなくなるので、2日目以降、じっくり酒を追えないということになり、上記の4本はもっといろんなことを知りたいと思わせてくれる貴重な29BYだし、moukan1973♀も♡☺♡「これで1週間うまい酒だけ飲めるんだイエ〜イ!」と喜んでおります。彼女には日々オレの当たり屋行為に付き合わせてる面がないわけじゃないし、これも家族サービスの変種でしょうか。

 それに、同じ酒を720mlと1800mlで同じ時期に飲み比べるということも今まで意識してやったことはないので、それなりの野心もある。これが「オタク」や「マニア」や「コレクター」とは根本的に階層の異なる「研究者」気質ってヤツですよ。オレは知りたいことしか知りたくないんだよ。



2018_5_12転入生1
 ▲右上の2本は一緒に撮影するのを忘れてしまったので強引に貼り付けた。あと、赤い愛山は27BY。29BYの1800mlはこれから買いに行く──まだ売ってるよな? 売り切れだと訂正処理が面倒だぜ (笑) 。




ტ 本日までの転入生


◤篠峯 純米大吟醸 雄町 中取り生酒「Type M」29BY <奈良>
◤篠峯 田圃ラベル「Blanc (白) 」純米大吟醸 伊勢錦50 生原酒 29BY <奈良>
◤篠峯 田圃ラベル「Vert (翠) 」純米吟醸 亀ノ尾55 無濾過生原酒 29BY <奈良>
◤櫛羅 純米吟醸 中取り 無濾過生原酒 2017 (29BY) <奈良>
◤篠峯 純米大吟醸 愛山45 無濾過生原酒 29BY <奈良>
◤旭興 純米吟醸 雄町 磨き五割 無濾過生原酒 29BY <栃木>
◤旭興 純米吟醸 雄町 磨き五割 無濾過生 28BY <栃木>
◤謙信 純米吟醸 越淡麗55 生酒 29BY <新潟>
◤中島屋 純米 無濾過生原酒 29BY <山口>
◤東一 純米大吟醸 山田錦39 生酒 29BY <佐賀>



2018_5_12転入生2 篠峯 (しのみね) の「Type M」と「櫛羅2017」と「愛山45」はさっそくのオカワリ。正直どれもまだまだピークに達してるわけじゃないけど、この時期の1800mlの味の出方がどうしても知りたいので開ける。つまり、この3本は、もう一度1800mlを買い直すことになる。だからあまり買わないでネ。

 田圃ラベルの「Blanc (白) 」は「山田錦60 (9号酵母) 」→「伊勢錦50 (6号酵母) 」にモデルチェンジ。結構いろんな酒屋で「Branc」というスペルミスを見掛けるんだけど (笑) 、これはブラン・ド・ブラン (Blanc de Blancs=白の白=白ブドウを使った白いシャンパーニュ) の「Blanc」な。ALC.15.7%と、若干の低アル志向。



2018_5_12転入生3



 はい、要注意!──旭興 (きょくこう) です。右下の写真をよ〜く見比べて下さい。左が「生原酒」で右が「生」です。この2本、そもそも違う商品でリリース時期も異なります。「生原酒」は新酒シーズンに出ます。「生」は今時期に「蔵熟」というコンセプトを経由した上で、少し加水された状態でドロップされます。見た目がクワナリ似てる上に「雄町50」という属性まで同じなので注意が必要です。

2018_5_12転入生4 オレが26BYで飲んだのは後者の「蔵熟Ver」のような気がしてきてるんだけど (笑) 、そこまでは覚えてない。ただ、先日飲んだ「生原酒」より香りがカラフルで味にも熟成由来のクスミもあったので、もしかしたら「蔵熟Ver」だったのかも。

 DE、ここからも重要。この28BY (29.6) だけど、実は昨日開けて飲んだら、すでに望まぬ熟香&熟味がそこそこ育ってました (笑) 。たった1年でこれかい。液性そのものはクリアかつ美しいのでスイスイ飲めるけど、少なくとも第一段階のピークは過ぎてます。

 謙信 (けんしん) はラベルが地味で色の違いしか付けなくせに、スペックによって味わいがガラっと変わる。この「越淡麗55」はそれなりにスマートな酸がキビキビと機能してる印象なので、27BY以来のエントリー。味もバッチリ覚えてるので、比較はできると思います。


2018_5_12転入生5 それでもヤメラレナイ当たり屋行為、中島屋 (なかじまや) です。初呑みです。いつも「酉与右衛門」を漁りに行く近所の酒屋で扱ってて、25BYの頃からポップに書いてある「特徴的な酸がうんぬん・・・」という文言は気になっていたんだけど、これ、もしかして今こそ当たりに行くべきなんじゃないかと思った次第。

 東一 (あずまいち) を家でちゃんと呑むのは初めて。基本は火入れの銘柄だよね。昨日「櫛羅」を買いに行った酒屋で「生酒」が3種類くらい横に並んでたので、中でも一番高いヤツを買って来た。2,700円 (税込) かな。そんなに香らないみたいなことが書いてあったけど、別に信じちゃいない。今さら佐賀の酒は怖いけど、卒業を賭けて挑む (笑) 。つうか、この値段の純大で満足したこと、ほとんどない。

 さて、今宵はなんのシャンパン開けようかな。

 それでは皆さま、酔い週末を。


moukan1972♂






日本酒 篠峯 櫛羅 旭興 中島屋 東一 謙信 雄町 愛山

Comment

Add your comment