◤篠峯 - 純米吟醸 山田錦『蒼』無濾過生原酒 29BY <奈良> ── dಠಠb「ちょっとまだ硬いです」#Dry/Wine Oriented/Fruity 




shinomine_蒼29b1
 ▲よく「老けてる」と言われてますが──1970年生まれの今年48歳──、オレからすれば、新垣先輩は高校三年生の時の方が老けてたよ。だって基本、あんま変わってねえもん (笑) 。


 
 ▲悪かないけど、一回聴けば十分ですね (笑) 。





 さて、引き続き、Yes!千代祭 (イエス!ちよさい) です。飲んだのが先週の木曜なので、ちょっと話が前後しますが、ぼちぼちこれの「夏色生酒Ver」がリリースされる頃でしょうか──KTRで6/14頃というアナウンスあった。違いは〝採ってる部分〟で、この無印は「中取り以降」で夏色は「あらばしりの終わり〜中取りまで」という話です。つまり、素直かつ合理的に考えれば、この無印Verの方が味乗りは良いということになるのかな。とはイエイ、夏色Verは「蔵熟」という属性も多少はあるので、飲む時期によって感じ方は変わるんだけどね。

 せっかくなので両方揃えてから味クラーヴェしようと思ってたんだけど、なんか開けちゃったよ (笑) 。6号酵母を使用してるからなのか──いや、堺杜氏なりの設計や意図なんだろうな──、千代酒造の速醸ラインの中では酸度がタカーメに出る傾向にあります。ちなみに「夏色生酒 28BY」はオレが唯一28BYで☆4以上を付けた「篠峯/ろくまる」だったはず。エンタテインメントに酸っぱいし、上質カジュアルな酒として、なかなかにちょうどいい具合の「旨すぎない酒」という感じですかね (笑) 。平日ランチに置き換えて考えてみなよ。毎日3,000円のコース、金が余ってても食べたいとは思わないでしょ?



shinomine_蒼29b2
 bottle size:720ml





【608】篠峯 -しのみね- 純米吟醸 山田錦『蒼』無濾過生原酒 29BY <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:山田錦/60%
▪︎酵母:協会6号
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+6/2.3/0.8 (※体感上アミノ酸度は1.2くらい)
▪︎ALC:15.8%
▪︎処理:無濾過生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2018年4月
▪︎管理状況:2018/5/2着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年5月10日 (木) /愛山45の次に2本目として開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




shinomine_蒼29by3



 立ち香──あああ。すでに蜜のポヨみ。平易な表現で申し訳ないけど、なんかイイ香りだなあ (笑) 。南国フルーツ的というか、ミンティーな清涼感もありつつ、原色カラフルにフルーツパーラー。でも、ちょっとだけ、お酢ライクなパツンとした酸の張りがある。全体には明白に酸っぱい酒の香り。

 どうだ?──。

 あ、旨い。ガスは「篠峯」の割りには少ないと感じたけど、舌に乗るとピリっと弾けるな。そして、29BYの「篠峯/ろくまる/櫛羅」の中で最も強くミネラルを感じる。なんだろうな。一口目のインプレッションを否定するわけじゃないけど、旨いとかじゃないんだよなあ (笑) 。なんかー、そうねー、言うなら、気分的には思考停止気味にクラフトビールを飲んでるような気分



shinomine_蒼29by4
 ▲キミは「メーク」の前に「歩く」な。


 とはイエイ、これはまだ開けちゃダメなヤツ。でも、骨格はいいし、麹の強さ (酒の重量感) もギリギリ手前でOKサイズに踏み留まってるので、そこそこ見晴らしはいいし、なによりシャキっと爽快。でも、香りほどには味は出てない。そして、逆に「そこにシビれる! あこがれるゥ!」っていう面がないわけじゃない。この時期にドッカン来られてもオマルもの。今はこれくらいのモノトーン風情でいいでしょ。これはもう1本買って「夏色生酒」と味クラーヴェしてもいいかな。



【浜辺美波/久間田琳加出演】ロッテ ガーナCM 「うちの母はじぶんに甘い篇」



 ワイングラス──。

 もうこれ、酸の香りは完全にお酢だわ。「篠酢 (しのず) 」。この骨格と味の出方なら、もう少し甘くてもいいけど、これは育てれば大丈夫そう。まだまだ味気ないけど、なんだかんだで飲めちゃうな。それこそ「ろくまる」なんかとブレンドすると良さげな感じ。

 そして「これ、本醸造なら最高じゃね?」的なニュアンスを感じる。少し邪魔というか、過剰な旨みのゴワッシュがあって、もっと──アル添ライクな──滑りがあると最高なんだけど、3ヶ月後には落ち着いてそう。まあでも、歴然と〝コチラ側の酒〟ですね。まるでレモンの皮みたいな酸と苦み。  





── 2日目。

shinomine_蒼29by6



 立ち香──もう半合くらいしかないけど。香りはトロピカル酢&木工用ボンド (笑) 。

 ちょっと粉っぽいんだよなあ。無濾過の合理性が見えにくい酒質というか。せっかく低アル寄りなのに、少し嚥下がハード。これでクリアな液性なら結構イイんだけどな。そこそこ辛いしなあ。

 これなんだっけ? 酸度タカーメだっけ? 2.0じゃきかないな。スゲえ酸っぱいよ (笑) 。

 ちょっと開けるの早かったですね。でも「凛々」よりは〝コチラ側〟ですね。「夏色生酒」の方が軽そうなので、そのときに無印Verがまだ買えたら飲み比べてもいい。moukan1973♀は結構好きみたいね。なんかオレの記憶の中では「謙信 越淡麗55 27BY」あたりを想ひ出させるんだけど、近いうちにそっちも開けてみよう。


moukan1972♂






日本酒 篠峯 on_list_unsufficient

Comment

Add your comment