もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

【10時13分】さっきYouTubeのサーバーが落ちた。意外に死ねる (笑) 。せっかく「Cook Do®」の新CMキタのに。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤裏篠峯 - ろくまる 純米吟醸 雄山錦 直汲 無濾過生酒 29BY <奈良> ── dಠಠb「ロクマリストにとって雄山錦は特別の酒」#Fresh/Fruity 




rokumaru_oyama29by1.jpg



 飲んだのが日曜なので写真がアレですが (笑) 、何年後かに見て懐かしくなることを意図してますので御理解ください、ろくまるです。多くのロクマリスト (ロクラー、ロクマリアン、ロクマンダー) にとって「雄山錦」は特別な商品じゃないでしょうか。まず、その醸造年度の先陣を切って11月か12月にドロップされるわけで、特にオレのような捻くれ者からすると「New Moonなんか買う奴め!」というルサンチマン的な高揚感すらある──自分もさんざ買ってたくせに (笑) 。

 明利系酵母を使用したキャッチーかつフルーティーな香りを楽しめるのが「ろくまる」の本来的なコンセプト (酒質設計) だったはずだけど── 「雄山錦」にだけ7号酵母もブレンド──、29BYは高グルコアミラーゼ生成の麹菌をすべての仕込みで封印してるので、一口の中の味の情報量は──少なくとも理論的には──抑えめに推移してるはず。とはイエイ、27BYなんかは別に最初から味が薄かったわけで、この有無で何がどうなるかより、我々にとって大事なのは飲んで旨いか不味いか、もしくは微妙かということだけです (笑) 。

 なにげに透明Verの「雄山錦」をフレッシュ・コンディションで飲むのは初めてだったけど、なかなかオモロイ酒ですね。うすにごりVerとは全く違う味わいで、特に初日と2日目の印象がガラリと変わったのが楽しかったです。「八反」と「山田錦」の透明Verも手に入れたので、コンプリートは近いです。「雄町」は透明Verだけで終わりそうだけど、まあこれはジャンル違いなので興味ないです──良くも悪くもすべての千代酒造の酒の中で最も千代酒造らしくない酒 (笑) 。←つうか、それがコンセプトなので人気は否定しない。実際26BYはスゲえ旨かったし



 ▼そして、この「雄山錦」の透明Verにだけ「直汲」という属性がオマケで付く。
rokumaru_oyama29by2.jpg
 bottle size:720ml





【604】裏篠峯 -うらしのみね- ろくまる 純米吟醸 雄山錦 直汲 無濾過生酒 29BY <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:富山県産 雄山錦/60%
▪︎酵母:明利系+協会7号
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+3.0/2.0/※うすにごりは1.0
▪︎ALC:16%
▪︎処理:直汲み無濾過生酒
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2017年12月
▪︎管理状況:2018/4/27に到着後、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年5月6日 (日) /凛々の次に2本目として開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




rokumaru_oyama29by3.jpg



※「凛々」経由で開けてます

 立ち香──7号酵母的な清涼感あるね。でも、冷たいとあんま香らない。やや辛口ライクなメントール感に優しい乳酸フレイヴァーが重なるけど、無理に探しに行けばの話。

 どうですか?──。

 ♡☺♡「ガス有り。すごい味が出てる気がするんだけど。なんか最後が木香っぽくて少しノイズかも

 味なんか全然出てないよクリスタル・ドライ。水で薄めたサイダーみたいだけど、らしいミネラルが望ましいサイズと出力で発散してるので、見晴らしは良く、ストラクチャーも堅牢。やや木香あるけど、基本的にはスリム&シャープな味筋で、奥から甘み&果実味がニュルりと溢れる流れ。この〝ニュルり〟な味の萌芽に微かな乳酸的立体がある──ような気がする。一瞬だけ「上喜元 渾身 29BY」のようなテクスチャーも想ひ出すんだけど、やはり、その洗練度は桁違い。オレが上機嫌になるのは間違いなくこちらの酒だ。



rokumaru_oyama29by4.jpg



 ♡☺♡」「アタシは凛々の方がクイクイ飲める
 dಠಠb「ウッソ!? それはないよ。断然ろくまるの方が軽いしクリア。スゲえシャープやん。そんなに木香あるか? 凛々、飲んでみ?

 ♡☺♡「たしかに重い (笑) 」←「凛々」の3日目の記事にここでつながる。
 dಠಠb「オレはスイスイ飲めるなあ。あんま味しないけど (笑)

 うすはりだと滑りが良くなりすぎて味気ないので、いつものグイ飲みの方が量感が少しだけグラマラスになって味を捕まえやすい。ガスは他の「篠峯」と同じレベルなので「直汲み」であることがガスの強さを担保してるわけではなさそうだけど、フレッシュネスはタカーメ。あとは7号酵母が明利系の像に対して研磨の役割を果たすので、液性に輝きがある。これを世間では「キレがいい」と言うんだろうけど、オレはそこから更に一歩進んで「刃物のキレ具合がいい」と表現しようか。液体をスパっと7号酵母のナイフで切り裂いた際に、その切面がキラ〜ん☆みたいな。





── 2日目。

rokumaru_oyama29by6.jpg



 立ち香──相変わらず匂わねえな (笑) 。

 おっ? 確かに味はそこそこ出てるな。タマにmoukan1973♀のエスパー的な遠視力がマグレで発揮される (笑) 。やっぱ旨いな、そこそこ。「凛々」よりジューシイだし「うすにごり」ともまた違う。

 なんというか旨みに弾力感があって、今日はあまり7号酵母的なテカりは感じない。それよりも粘性を帯びた、ややネチっとした甘酸同士の強い癒着があって、そのまま外に広がって旨口の球体を描くのかと思わせておいてだがしかし、フワっとミルキーな甘みの余韻を残しながら、あくまでもコアに向かう集中力を酸が主導する。つまり、旨口のプロポーションを完成させるのかと思うと、プチュっと潰れる──そう、まるで山廃的なプレス感を伴って。



rokumaru_oyama29by5.jpg
 ▲ガスはそこそこある。ちなみに写真は初日のモノ。



 これ、いいな。そして、口どけ抜群。クリアな液性ではなく、一瞬「旨口?」と思わせておいて──からの意外なストーリー展開を経ての手仕舞い。初日と全然味の出方が違う。もはや「同じ酒?」レベル。いや待て、オレ自身が昨日までの自分とは全くの別人になってるという心理ミステリーもあるんだぜ (笑) ?

 最後に残る潰れた苦みの中に、探せば「木香」もあるけど、オレはそんなに気にならないな。そして温度が上がると、乳酸ライクな甘酸っぱさが出て来るあたりが「雄山錦」なのかな。旨いですやん。ま、ロクマリストにとって「雄山錦」と「八反」が特別な酒米なのは半ば常識ですので、そのへんは頭に入れておいてもらわないとオマルという話ですね。

 堺杜氏、これ、山廃的な乳酸があったらスゲえ楽しい酒になるかもですよ。少しハイチュウ的な〝クニュり〟の立体感あります。新酒の「山廃うすにごり生」でガスがシュワシュワとか、どう考えても最高ですやん。先生、作って作ってえ (笑) 〜。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 篠峯 on_list_good

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん



毎度です。


──こいつを更にリピると思います。

それより、せっかくなので、同じ「雄山錦」の「うすにごり生」を飲んで更に知見を広げてみるのも一興です。やや木香が前に出るニュアンスもありますが、なにより「ろくまる」と言えば「雄山錦うすにごり」なので、もう都内で売ってる店は少ない──ていうか、ほぼないですが──、機会があれば。

あとは「八反」ですね。「雄山錦」よりトロピカルにキャッチーですが、今季は両Verとも26BY的な輪郭もあるので、早飲み仕様で使い勝手が良いです。


──篠峯純大雄町や愛山の様な妖艶さはありませんが

まあそれは、29BYの「Type-M」をじっくり飲んだ上で、改めて話を聴きましょうか (笑) 。「ろくまる」は「ろくまる」でイイですが、ハイスペックの「篠峯」とは、そもそもの「酒の詩学」が異なりますので、「Type-M」を飲んだ後に同じ気持ちでいることは難しいと思いますよ。

2018.05.24 Thu 02:15
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - 開花宣言

moukanさん

こんばんは。

意外なほどに骨でペラかった1800mlですが、開栓後二日ほど涼しげな納戸で常温放置した後に、熱湯消毒した720mlに注ぎ、1日野菜室で冷やしたやつをかれこれ3時間ほどダラダラ飲んでいます。

もうすぐ四号空きます。


篠峯純大雄町や愛山の様な妖艶さはありませんが、

やめられないとまらないカッパろくまる♬

そんな感じです。

こいつを更にリピると思います。

全く飲み飽きしません。

2018.05.24 Thu 00:51
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん



毎度です。

1800mlは息が長いので、まあ、これから味が出てくることもあるでしょうね。その代わり、その「味」が「重さ」となって現れることもあるので難しいです──特に開けたてで「薄さ」「軽さ」を感じた場合は。

反面、開けたてで「濃さ」「重さ」を感じた場合はアク抜けして逆に2〜3日後にクリアに感じられたり。結局「寝起き」「出社時」「夕方」「仕事上がり」というタイムライン上にある働く女性と同じで「中心の美」がどこにあるかでそれぞれの意味は変わるという (笑) 。10代なら「寝起き」が1番かもしれないし、20代なら「仕事上がり」が1番かもしれないし、40代のババアなら「出社時」がベストでしょう (笑) 。


──ガブガブ飲みたくて1800mlを買いましたが、720ml2本にしとけば良かったとショッパイ気分になりました。

そんなにすぐには売り切れないですし、特に1800mlは余りやすい傾向にあるので、酒屋で味乗りさせたらところを秋以降に拾うのもいいんですが、まあ、気づくと売り切れてることもあるので、そこはなんとも。

「純米 伊勢錦」をセラーから出しましたが、なかなか上澄みが完全分離しませんね。僕も「山城屋 1st class」あたり、ぼちぼち消化試合ですかね (笑) 。

ジュースを飲むようにガブガブやりたいなら「菊鷹 菊花雪」あたり、ボチボチ開けないと更に味が出てロック/水割り仕様になるでしょうね。これは本当は限界まで冷やしたいので、野菜室温度だと少し冷たさが足りないかもです。かき氷にかけても旨そうなくらい味が出てます。


2018.05.21 Mon 11:04
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - motto fat!

moukanさん

毎度です。
ろくまる雄山錦純米吟醸夏色生酒を一升でリピし、開栓してショットグラスで4杯ほど飲んだところです。

720mlとは大きく印象が違います。

ガスが微かであることと、口溶けの良さは変わりません。

GA、含んでからミドルにかけての膨らみと絶妙な甘味が全くなく、つまり味のりしていないので、骨みたいに細いです。
常温でも同様です。

720mlの時は常温になって表面化するオイル感と甘味のハーモニクスに最も魅せられたので、それが無いと物足りません。

という訳で、少なくともあと数ヶ月は寝かせた方が良いというのが、僕の感想です。

ガブガブ飲みたくて1800mlを買いましたが、720ml2本にしとけば良かったとショッパイ気分になりました。
2018.05.20 Sun 23:12
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん



毎度です。

本日通常Verのオカワリ分が届きました。夏色Verは次回に取り寄せます。

たぶん、採ってる部分が「荒走りのケツ〜中取りのアタマ」までなので、そのぶん、軽さ、透明感はあると思います。通常Verは少しモッチリした愛らしい量感もあったので、比較するのも面白そうです。


──ミドルからエンドにかけては苦味〜敢えて言うなら若いスウィーティーの様な甘みの少ないシャープな柑橘感〜がアクセントとなって余韻を綺麗に切ります。

若いスウィーティーの様な甘みの少ないシャープな柑橘感」──なるほど。そういう表現がありましたか (笑) 。素晴らしい。7号酵母由来の甘苦くも青臭いニュアンスですね。

やっぱ「雄山錦」には〝パキっと感〟があるんですよね。暑い季節のカジュアル使いに最適なので、このレベルの酒が他でも簡単に買えればいいんですが、これがなかなか (笑) 。


2018.05.18 Fri 00:42
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - やっぱ夏はスェメジャイン

moukanさん

毎度です。

来福初しぼり、熱燗にしました。
燗にしても、隠れキャラ(オレンジみたいな甘苦とかサツマイモの様なホッコリした甘みとか)は出ませんが、ブラウンお奈良アタックは消失するので、捨てずに飲み切れそうです。

そうそう、レスでご教示頂いた

ろくまる雄山錦純米吟醸夏色生酒29BY

をH酒店で拾いました。
未だ店頭に並んでおらず、倉庫から出してもらいました。
ショーケースには〝あの〟グリーンラベル 愛山純米66が大量に。。

一日冷やして、いざ開栓。
開栓時は目立ったガスプシュ無し。注ぐと微かに気泡。

立ち香は、熟れたマスカット&微かなセメダイン!イイね。アガります。(セメダインに)

含むと、おーっと素晴らしい口溶け。ピチャッと無駄に広がることなく、面の酸が効いてスタイリッシュな纏い。見晴らし良好です。
ミドルからエンドにかけては苦味〜敢えて言うなら若いスウィーティーの様な甘みの少ないシャープな柑橘感〜がアクセントとなって余韻を綺麗に切ります。

直汲無濾過生酒29BYとの違いは、含んだ瞬間の浸透度。

直汲無濾過生酒は含んだ瞬間の円さが良くも悪くも特徴的でしたが、夏色生酒は円さを感じさせない位の自然さで浸透します。

常温に近付くにつれ、液面の表層にはテラテラしたオイル感が出ますが、ストラクチャーの堅牢さは変わらず。

ドライシャープセメダイン溌剌派の方には、直汲無濾過生酒よりも夏色生酒をお勧めします。イイっすよ。

二日目は知りませんがね。(笑)
2018.05.17 Thu 23:08
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん



毎度です。

「うすにごり」の上澄みの方がシャープかつテカってますね。これは少し愛嬌のある酒質ですが、初日はそんなもんですね。いずれにせよ、雄山錦は少し変わってるんですね。「八反」も結構イイので機会があれば。「雄町」はkappaさんには全く以って不要です。「山田錦 うすにごり」は少し重いので、飲むならまだ先ですね。透明Verは近いうちに飲んでみます。

「雄山錦」と「八反」は透明&うすにごりで各1本ずつ届くので、改めて飲んでみます。このラインの酒は気にせず普段使いできるので重宝します。あまりに旨すぎても気軽に開けられないという問題が (笑) 。


2018.05.12 Sat 01:22
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - いいね!

moukanさん

毎度です。

先程
篠峯ろくまる雄山錦純米吟醸直汲無濾過生酒29BYを開けました。

立ち香はバニラマスカット

ガス有り
含むと角の円い酸を感じ、ドライな甘苦ですっと切れます。
主観的ですが〝円い酸〟って眠い訳では無いのです。
最初と最後の鋭利さがマイルドなだけで、中間はかなり鋭利です。
又、酸の配置は前面にありますね。

液性はクリアで、オイリーなテカリがありますね。見晴らし良好。ボディーもスリムで、こりゃ僕好み。うまっ。

含みと引けが明利で、途中は7号って感じます。

嚥下してから息が鼻から抜ける瞬間に木香を感じますが、大して気になりません。


これ、いいすねー。(具志堅さん風)
あくまでも初日の印象ですが。
2018.05.11 Fri 23:09
Edit | Reply |  

Add your comment