もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 日本酒を飲んで心底「面白い」と思ったのは久しぶりかも。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤篠峯 - 純米吟醸 八反 中取り 無濾過生原酒 29BY <奈良> #日新製菓『サラダふくべ煎』 




shinomine_hattan29by1.jpg

shinomine_hattan29by2.jpg
 bottle size:720ml





【598】篠峯 -しのみね- 純米吟醸 八反 中取り 無濾過生原酒 29BY <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:広島県産 八反35号/50%
▪︎酵母:明利系
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+3/1.8/─
▪︎ALC:16%
▪︎処理:中取り生酒
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2018年2月
▪︎管理状況:2018/4/27に到着後、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年4月30日 (月) /1本目に開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




shinomine_hattan29by3.jpg
 ▲「あしたのジョー煎餅 (草加せんべいスタイル) 」は大人を試す650円という強気プライス。オレに買わないという選択肢が用意されていないことが悔しい。[お土産コーナー



 立ち香──ちょっと草と粉があるな。まるで詰まったような、内へ向かうミネラリティのヒント。香りは穏やか。遅れて明利系ライクのミルキーなメロン。望むような透明感──というかキラキラ感に乏しいんだよなあ。オレの中で「明利系酵母を使った篠峯」というのは、とにかく液性の光沢感 (テカり) だけが重要だから。これは天気で言えば「曇り」だよ。

 不快な華やかさはないけれど──。

 ♡☺♡「あああ、まだ味がこれから出るんだろうけど、あたしはこれくらいでいい。旨い



shinomine_hattan29by4.jpg



 さすがにこれは早まった (笑) 。まだ全然味が出てない。瓶とラベルの色そのまま、ややウリ科な青臭さもありつつ、閉じたミネラル感がエキスの透明性に影を与える。やや渋いけど、重くはないかな。結構ドライだな。木香は今は全く感じない。味筋としては「来福 初しぼり」なんかに近い。あれをモノトーンで素っ気なくした感じ。今はまだ骨格だけの酒ですね。ガスも弱いなあ。

 ♡☺♡「最初はアレだったけど、今は割と平々凡々な感じ。他の銘柄のヘボい酒に比べたら全然いいけど、篠ちゃんとしては普通。あたしの中では他の銘柄とはステージが違うから、こないだの『而今』や『新政』よりは全然いい。だって、あの2本は口に含んで『もういらない』って言ったんだよ (笑) ?



shinomine_hattan29by5.jpg
 ▲日新製菓『サラダふくべ煎』、これ旨いな。スカイツリーに入ってる「二木の菓子」で買って来た。『ねぎみそ煎』は買ったことあるなあ。和風のカツオ出汁を感じる。あとは、なんか煮たまごの白身みたいな甘みも (笑) 。そして、まるで和風塩ラーメンみたいなコクがある。口どけいいよ。重くないけど、サクサク指数はタカーメ。2袋買っといて良かったわ。オレの中では、立生堂『純米せんべい』のカジュアル版という感じ。毎日食べるなら『サラダふくべ煎』だな。♡☺♡「これ、旨い!」←だからオレが「旨い」って言ったら旨いんだよ。

 ▼案の定「魚介エキスパウダー」が。
サラダふくべ煎原材料1




 温度が上がるといろいろ出て来るな──トゥワン、メロン、ウリ酸。まあまあかな。ちょっと粉っぽいし、旨みの出方が鈍重。この「八反50」には透明なエキス感を求めてるので、少し違和感。それでも飲めるっていう。

 これは熟成向けじゃないかな。おそらく27BY同様、ミネラルが剥離する。食中はますます味しねえ。まさにスイカやプリンスメロンの皮を齧ってるかのよう (笑) 。





── 2日目。

shinomine_hattan29by6.jpg
 ▲オレの勝手な邪推だけど、最近の長澤まさみは、半ば反抗的にエロを封印してる気がしてならない。主演女優の舞台挨拶でこの衣装はないわ。ここから「洗脳騒動」とかに巻き込まれなきゃいいけど。なんかねえ、変な話、一時期X-JAPANのTOSHIがスゲえ普通の格好になった時と同じ匂いを感じるんだよ。ただの「 (カラダじゃなく) 女優としてのアタシを見て!」的な切望なら別にいいんだけど。



 粉メロンなニュアンスで渋い。そして苦い。「篠峯」の酒でこういう味の出方の酒はあまり記憶にないなあ。ミネラルの暴走。そして、最近 (オレの中で) 流行りの〝お餅の酸〟がネトっと出てるっていう (笑) 。旨みの弾力性が餅ライクなんだよなあ。

 ワイングラスだと──う〜ん、これは今時期に出荷しちゃダメなヤツね。スゲえ硬い。明利系の「篠峯」でここまで閉じた味わいの新酒は初めて。なんかギスギスと渋い火入れみたいですらある。つうか、この酒米と酵母が描き出すはずの〝透明なエキス感〟が全くないし、当然、そこに酸が反射することもないから、端的に言って、ちっともジューシイじゃない



shinomine_hattan29by7.jpg



 少し割り水した方がいいけど、所詮は相対的に「マシ」というだけで、絶対的に味が向上するわけじゃない。今時期にこの生原酒を軽快かつスムースに飲むことは極めて難しいので、日本酒キャリアの年数を問わず、知識と洞察の浅い飲み手が「生酒=フレッシュで旨い」という蒙昧を携えて手に取ると必ず痛い目に遭う。そうかと言って、もう1本買って熟成させるほどのポテンシャルも特には感じない。だったら「ろくまる八反 うすにごり」だよ。

 ガッツリ割り水してALC.15%くらいにして常温付近が一番マシって、やっぱこの酒としては何もかもにおいて成功してる要素はないな。これなら味のしない27BYの新酒コンディションの方が軽快なだけマシ。もちろん、これの26BYは至高な。とにかく液性に輝きが一切ない。それが問題。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 篠峯 not_on_list_unsufficient

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

あ、これでしたか。話の流れで「ろくまる八反」の透明Verのことだと思ってました (笑) 。

この純吟50は「ろくまる」より上級の仕上がりにならないとウソなんですが、今季はダメですね。ドライですが、旨みというか、アミノ酸はそこそこ強く出てるので、結構重いですね。それでも「巖 authentic」の例もあるので、もしかしたら半年くらいでフワっと軽くなることもないとは言えません (笑) 。

それでもわざわざ買い直しませんね。だったら「ろくまる八反」をオカワリしますよ。


2018.05.06 Sun 17:16
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

毎度です。

二、三週間前にこれを吞んだんですが、とにかくドライで青臭くって吞みづらかったです…

ろくまる 山田錦(透明版)のフレンドリー具合からしたら、あまりにもツンケンしてて、とても兄弟酒とは思えなかったです。

早まったですねえ。
2018.05.06 Sun 15:16
Edit | Reply |  

Add your comment