◤MONTHLY REPORT - 2016/4 (日本酒:花陽浴, 黒龍, 花邑, 翠玉, 萩の鶴, 篠峯, ゆきの美人, 此君, 悦凱陣, etc.)  



MONTHLY REPORT ── 2016年4月に呑んだ日本酒のまとめ

▪︎2016/4月 (合計18本=1升瓶×6本、4合瓶×8本、その他×4本)


Moukan's tag:




画像CLICKで該当記事にJUMP

悦凱陣

 悦凱陣

花陽浴

 花陽浴

正雪

 正雪

篠峯

 篠峯

大治郎

 大治郎



黒龍

 黒龍

花邑

 花邑

日輪田

 日輪田

萩の鶴

 萩の鶴

愛宕の松

 愛宕の松



此君

 此君

相模灘

 相模灘

三千櫻_山田社長

 三千櫻

百春

 百春

翠玉

 翠玉



suigyoku_jungin_nama1.jpg

 翠玉

篠峯

 篠峯

ゆきの美人

 ゆきの美人




ARTICLE ON SAKE
 ◎=Highly Recommended ◯=Recommended △=Not Recommended

【077】 悦凱陣 純米酒 無濾過生 オオセト 26BY最終便 <香川>
【078】 花陽浴 純米大吟醸 山田錦 おりがらみ 無濾過生原酒 27BY <埼玉>
【079】 正雪 純米吟醸 CUP 27BY <静岡>
【080】 篠峯 純米吟醸 五百万石 中取り生原酒 27BY <奈良>
【081】 大治郎 純米 CUP 花見酒 うすにごり 生 27BY <滋賀>
【082】△黒龍 純米大吟醸 生酒 火いら寿 27BY <福井>
【083】◎花邑 純米吟醸 雄町 生酒 27BY <秋田>
【084】 日輪田 しぼりたて 山廃純米 生原酒 27BY <宮城>
【085】 萩の鶴 純米吟醸 別仕込 生原酒 猫ラベル 桜Ver 27BY <宮城>
【086】 あたごのまつ マチダヤ限定CUP 特別純米 中取り PLATINUM 26BY <宮城>
【087】◯此君 純米大吟醸 玉栄45 無濾過生原酒 27BY <鳥取>
【088】 相模灘 純米吟醸 雄町 瓶囲い 無濾過生詰 26BY <神奈川>
【089】◯三千櫻 純米 さくらにごり 愛山 27BY <岐阜>
【090】◯百春 特別純米#12G 直汲み 無濾過生原酒 雄山錦 27BY <岐阜>
【091】 翠玉 特別純米 生酒 27BY <秋田>
【092】◯翠玉 純米吟醸 生酒 27BY <秋田>
【093】 篠峯 純米 山CUP 27BY <奈良>
【094】◯ゆきの美人 純米大吟醸 27BY <秋田>




MONTHLY REPORT - 2016/4

 毎度アクセスありがとうございます。

 4月はブログの開設準備に追われ、少し日本酒を開ける量が減ってます。だって、開けると書かなくちゃならないじゃん (笑) 。

 今ここで白状すると、4月はここ1年の中で、缶ビールを一番多く飲んでしまった。このMONTHLY REPORTカテゴリが整えばようやくブログの骨格が完成するので、5月はだいぶ楽ができそう。文章を書くこと自体に努力は必要ないんだけど、HTMLやCSSの設定やデザイン、その他、諸々の細かい単純作業に時間を取られちゃって。

 HTMLは少し知識あるんだけど、今の時代にはあまり役に立たないっていう。まあそれでも、17〜8年前に音楽関連のHPを運営してたので、その時の知識が大いに役には立ったよ。

 それでは参ります。


hanamura_jungin_nama4.jpg 先ずは花邑。これは意外なところで意見が割れた (笑) 。

 日本酒感想日誌
 【531】花邑 純米吟醸 雄町 生 27BY

 ところどころ分かる部分もあるし、ところどころ分からない部分もあり、互いが全く同じ味の酒瓶を開けたかどうかは永遠のミステリーなんだけど、たとえば他の酒でも、同じ頒布会に参加してた読者の感想だと、オレが△を付けた而今/千本錦も普通に旨かったみたいだから、これもロットによる誤差というふうに一応は理解してる。ま、そのへんも込みで楽しいのだけれど。オレが前日に黒龍/火いら寿を開けていたから、それとの比較で特に旨く感じた流れがあったことは否定しないが、まあでも、オレは超美味しく呑めたので、これはこれでラッキーだったと思っておく (笑) 。


suigyoku.jpg 翠玉飲み比べは純吟の圧勝。花陽浴/純大山田錦は少し甘みが暴れすぎかな、オジサンには。最初の一口目はイケるんだけど、次第に飽きてくるつうか。反対に最後まで捉えどころがなくて面白かったのが篠峯/純吟五百万石。◯があまり付かなかった今となれば相対的に◯でも良かった気もするけど、はじめての篠峯には薦めないという意味で無冠扱い。悦凱陣は相模灘とブレンドさせて今も常温で生存中。どんどん面白くなってる。サツマイモみたいな含み香が話題の百春/G酵母も面白かったな。

 萩の鶴と日輪田は少し期待ハズレだったけど、普通には旨い。別撰を大絶賛した手前、そこはシビアになってるのかも。シビアと言えば黒龍/火いら寿。これ、マジで要らんわ。ブラインド大会で上位に入るとは到底思えない。


shikun_jundai45_nama1.jpg 初呑み銘柄で良かったのは此君。この純大は此君の中では甘めみたいだけど、モダンさの中にも真面目な味わいもあって好印象。他の酒も呑んでみたいと思った。三千櫻/さくらにごり愛山は一部で「これは日本酒じゃない」という評価もあるようだけど、「これは文学じゃない」とか「これは科学じゃない」とかの、あまり説得力も魅力も感じられない凡庸な言説。そこは日本酒の懐の深さと広さ、可能性の無限性と捉えた方が楽しいし面白い。

 ゆきの美人は10年ぶりに呑んだけど、今なら美味しく呑める。ま、スペックもそれなりだけど。店のPOPに「超激旨!」と書いてあったから買ったというのもあるんだけど、そこまでかとは思うけどな。でも、次は愛山か美郷錦あたりは呑んでみたい。旨すぎない酒の存在もオレには大切なので。


moukan1972♂






日本酒

Comment

Add your comment